星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

iPhone

iPhoneSEの価格と新機能!au・docomo・ソフトバンクの発売日は?

更新日

事前にリークされていた通り、Appleの製品発表会で、新たなiPhoneである『iPhoneSE』を発表しました。

ただ、残念ながら、『iPhoneSE』は新型モデルというわけではなく、簡単に言ってしまえば、

「『iPhone6s』の性能をした『iPhone5s』」

ということになります。

そして、アップグレード版『iPhone5s』である『iPhoneSE』が販売されることが決まったため、『iPhone5s』の販売は終了に…

それでは、当記事で、早速、『iPhoneSE』の価格や予約情報について、まとめてみようと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

iPhoneSEの新機能は?6sと同じ?

iPhoneSE2

3月21日に発表された新たなiPhoneである『iPhoneSE』。

具体的に、『iPhoneSE』とはどのような製品なのでしょう?

先ほども述べた通り、簡単に言えば、

「アップグレード版『iPhone5s』」

であり、要するに、中身を最新に対応させた『iPhone5s』なのです。

そのため、目新しい機能は全くありません。

見た目もこのように、『iPhone5s』そっくりですよね。

iPhoneSE

見た目と言えば、『iPhone5s』にはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色がありましたが、『iPhoneSE』は、ローズゴールドが加わり、4色から選べるようになります。

『iPhoneSE』の機能面は『iPhone6s』とほぼ同じで、1200万画素の背面カメラを搭載、4K動画撮影できたりする点や、使っているCPUも同様です。

また、『iPhoneSE』に搭載が噂されていた『3D Touch』機能の搭載は見送られたようですよ。

このように、『iPhone6s』を購入したり、購入予定の方にとっては、新機能もなく、なんとも魅力の薄い『iPhoneSE』なのですが、Appleとしては、あらゆる顧客のニーズに応えたいという思いから、『iPhoneSE』を発表したのではないか?

と、筆者は思っています。

新機能のない『iPhoneSE』最大の魅力は、『iPhone5s』と同じ大きさである4インチという点にあると思うからです。

iPhoneは、初めて発売された時の3.5インチから、現在の『iPhone6s』では4.7インチにまで巨大化しています。

筆者もそうなのですが、手の小さい人だと、片手で持ちにくく、操作が不便だと感じる方もいたのではないでしょうか?

店頭で実際に手で持ってみて、操作がしにくいから『iPhone6s』の購入を諦めた…

そういう方向けのiPhoneが、今回の『iPhoneSE』なのです。

『iPhone5s』くらいの大きさがちょうどよかったため、新型購入を控えていたり、iPhoneに買い替えようかと思っていても、巨大なサイズや高価格から敬遠しているという方も、一定数は存在していることでしょう。

これらの不満の声を解消し、『iPhone6s』、『iPhone6s Plus』、『iPhoneSE』の3機種で、あらゆる顧客のニーズに応え、幅広い支持層を増やそうというAppleの戦略なのでしょうね。

ただ、1つ残念なこともあります。

それは…

『iPhoneSE』の本体容量が、16GBと64GBしか用意されていないということ。

使う機能によっては、すぐに容量がいっぱいに…

ということもありえそうですね。

後述する価格的にも、『iPhone6s』に手が届かないという方向けの『iPhone6s』…

それが『iPhoneSE』だと考えるのが、よさそうです。

 

iPhoneSEの価格はいくら?

お金

いわばアップグレード版『iPhone5s』として発表された『iPhoneSE』。

気になるのは、やはり『iPhoneSE』の価格ですよね。

『iPhone6s』では9万円超え、『iPhone6s Plus』は10万円超えと、ここ最近のiPhoneは、そう簡単に手の出せる価格ではなかっただけに、今回の『iPhoneSE』の価格が気がかりだという方も多いのでは?

さて、『iPhoneSE』の価格はいくらになるのでしょうか?

まだ、au、ソフトバンク、docomoといった大手キャリアでの価格は発表されていませんが、キャリアフリーで使用可能な、SIMフリー版の『iPhoneSE』の価格は発表されています。

『iPhoneSE』のSIMフリー版の価格は…

16GBが税込み57,024円、64GBが税込み69,984円となっています。

キャリア版も、本体価格そのものはそこまで変わらないと思うので、キャリア版の『iPhoneSE』の価格は、16GBが57,000~60,000円、64GBが69,000~72,000円あたりで落ち着きそうですね。

では、16GBと64GBの場合、どちらを買うべきなのでしょうか?

ちょっとでも安くしたいと考えるならば、16GB版を購入するということもありえるのかもしれませんが、基本は64GBをおすすめします。

なぜかというと、

「少しでも安くしたい!」

と考えて、『iPhone5』時代に16GB版を購入し、後悔した筆者の例があるからです。

何もアプリを入れない、写真や動画を撮らない、というのであれば、16GBでもいいのかもしれませんが、そのような使い方をするのであれば、そもそもiPhoneでなくてもいい!となりますよね。

筆者の場合は、いくつかのゲームアプリを入れたり、SNS用にアップロードする写真を撮っていました。

しかし、使っているうちに容量がパンパンに…

泣く泣く写真を削除したり、いくつかゲームアプリをアンインストールして、なんとか容量を確保したという経験があります。

そのため、

・1日1枚以上は写真を撮る

・ゲームアプリなどを入れたりする

・4K動画撮影機能を使う

・音楽をたくさん入れて聴きたい

というような方は、1万円という差はありますが、『iPhoneSE』の64GBを買うことをおすすめします。

と、言うよりも、64GBでないと、ほぼ確実に後悔することになってしまいます。

あらゆる機能を使って、不自由なく『iPhoneSE』を利用したいのであれば、64GBを購入しましょう!

iPhoneSEの各キャリアの予約情報をチェック!

パソコンを見る男性

Appleが、2016年3月31日に発売する『iPhoneSE』。

au、ソフトバンク、docomoといった大手キャリアの予約情報や発売日は、どうなっているのでしょうか?

早速チェックしてみます。

auの『iPhoneSE』

真っ先に『iPhoneSE』についての取り扱い情報を発表したのが、auです。

auの『iPhoneSE』は、2016年3月31日に発売が決定。

予約は、2016年3月24日(木)の16時01分から、全国のauショップ (iPhone取扱店)、auオンラインショップで行われます。

キャンペーンなどについては、別途連絡予定とのこと。

ソフトバンクの『iPhoneSE』

ソフトバンクの『iPhoneSE』も、2016年3月31日に発売されます。

予約開始はauと同じく、2016年3月24日(木)の16時01分からとなっていて、全国のソフトバンクのiPhone取扱店とソフトバンクオンラインショップで受け付けるそうです。

docomoの『iPhoneSE』

docomoの『iPhoneSE』も、2016年3月31日に発売されます。

予約についても、これまた上記2社と同じく、2016年3月24日(木)の16時01分からとなっていて、受け付けは、ドコモ販売店の店頭とドコモホームページで行います。

 

以上が、大手携帯キャリア3社の予約情報になります。

要するに、大手3社はいずれも3月24日(木)の16時01分以降から予約受付を開始し、3月31日に発売するようですね。

『iPhoneSE』は、実質0円制度が廃止されてから、初めてとなる注目商品になるわけですが、料金プランがどうなるかは気がかりですね。

現段階では、料金プランについて、3社とも何も発表しておらず、続報待ちということになりそうです。

 

まとめ

Appleが実質上のアップグレード版『iPhone5s』となる『iPhoneSE』を発表。

au、ソフトバンク、docomoの大手キャリア3社は、いずれも2016年3月24日の16時01分に予約開始、2016年3月31日に発売すると決まりました。

『iPhoneSE』については、大雑把に言ってしまえば、

「見た目は『iPhone5s』、中身は『iPhone6s』」

というだけの製品です。

しかし、かなり高価格だった『iPhone6s』とほぼ同じ性能で、大きさも小さく、価格も安いiPhoneということになりますので、

「『iPhoneSE』なら買ってもよさそうだ」

と思っている方が、結構多いそうです。

筆者も、買い替えるなら『iPhoneSE』かな、と思うようになりましたし、興味のある機種ではありますね。

各キャリアの料金プランはまだ発表されていないので、購入の判断は料金プラン次第となりそうですが…

iPhoneの購入は、決して安い買い物ではないので、じっくり比較・検討していきたいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-iPhone