星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

入学式

入学式の父親におすすめおしゃれな髪型3選!子供にも人気?

更新日

『入学式の髪型』といえば、ネットで検索しても分かるように、たいていは、母親か子どもたちの髪型のことで検索されていますよね。

入学式の父親の髪型に関しては、ほぼ無縁の世界と考えられているところがあるようです。

確かに、近年は、男性も髪型を気にするようになりましたが、一昔前は、短髪でナチュラルな髪型が主流とされ、中には、無頓着に髪の毛が長くなって、自分自身が暑苦しくなったから短くする、という方もいるようです。

しかし、いくらあまり気にする必要が無いからといって、極端におかしな似つかわしくない髪型で、入学式などの場に出席したら浮いてしまい、主役であるはずのお子さんたちに恥をかかせることになってしまいます。

そこで、本記事では、入学式に出席する父親に、おすすめのおしゃれな髪型を3点ご紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

父親だって入学式の髪型をおしゃれに!

男性

よく巷では、母親が子供の入学式に出席するために、美容室に通い、おしゃれな髪型をセットしてくるという話を耳にしますよね。

子供の晴れ舞台ですし、おしゃれに着飾り、良い入学式にしたい、と考えていらっしゃるお母様たちが多いのかもしれませんね。

ただ、あくまで、子供が主役の入学式ですから、いくら気合が入っているからといって、奇抜な髪型はNGです。

それ故に、お母様たちも、あまり目立ち過ぎないようにしながらも、おしゃれな髪型でと考え、ネットでもどんな髪型が好ましいのか調べられていらっしゃるのでしょう。

このように、世のお母様たちは、子供の入学式に出席するために、髪型一つとっても、いろいろ気を使っているらっしゃるわけです。

しかし、意外にも父親は、あまり入学式での髪型のことを気にされていないという方が多い様に見受けられます。

もちろん、父親である男性はショートヘアにされている方が多く、それ故に、パーマをかけたり、髪を結ぶことなどほとんどありません。

逆にロングヘアの父親となると、女性とは異なり、それだけで浮いてしまいます。

そういう背景もあるのか、いっそのことスポーツ刈りくらいにして、父親として髪型を意識すること無く、済ませるという方が多いのかもしれません。

とはいっても、それは一昔前の話で、最近はおしゃれを気にする父親も増え始め、ショートカット一つとっても、様々な髪型が見られるようになってきました。

だからこそ余計、子どもたちが主役の入学式には、父親であってもおしゃれな髪型となるように、気にする必要があるといえます。

まぁリーゼントパンチパーマが、入学式の髪型として、NGなのは周知の事実だと思います。

ただ、中にはそういうことすら理解されていない父親がいらっしゃるみたいですし、万が一、変な髪型で入学式に出席されたら、子どもたちが恥をかいてしまいかねません。

当然そんなことが起こったら、その後、家族全体が気まずいことになってしまうだけでなく、子どもたちが学校でいじめに遭うなんて悲劇が起こらないとも限りません。

あくまで、入学式の主役は子どもたちであって、親御さん達はエキストラにすぎないのです。

たとえ父親だからとしても、あまり浮かない程度におしゃれな髪型には気を配りましょうね。

 

入学式で父親のNGな髪型とは?

NGな髪型

NGな髪型

入学式で父親が出席する際、子供のことを全く考えること無く、自分が目立ちたい一心で、奇抜な髪型で出席される父親がいらっしゃるという話をたまに耳にします。

まぁ、中には父親が外国人で文化の違いからそのような髪型がNGであることに気が付かずにそのままに出席される方もいらっしゃるのかもしれません。

例えば、ジャマイカでは一つの信仰の証として流行したドレッドヘアも、日本では恐ろしい奇抜な髪型と映ってしまうことがあります。

基本的には、そのような髪型は、NGとされていますが、そのことに気が付かず、入学式に出席されてしまうというケースもあるでしょう。

あくまでドレッドヘアは、例えとして用いただけで、この髪型だけがダメと言っているわけではありません。

他にもリーゼントパンチパーマなど、奇抜な髪型は、個人を主張するには、ふさわしい髪型かも分かりませんが、子供が主役の入学式にはふさわしくありません。

一時期に流行した髪先を若干尖らせながら、動きを付けて見せるツンツンヘアも、ファッションスタイルの一つとしては魅力的ではありますが、子供の入学式の髪型としては完全にNGです。

ちなみにツンツンヘアといっても、俳優:瑛太さんが一時期に見せていた動きを付けることによって刺々しさを和らげているツンツンヘアもあれば、X JAPANのHIDEさんが、かつてされていたあからさまなツンツンロングヘアなどバリエーションは、実に様々…

これらの髪型は、あくまで個人を目立たせるためのファッショナブルな髪型であり、入学式に出席するための髪型とはまた大きく異なります。

このツンツンヘア、ドレッドヘア、パンチパーマ、リーゼントなどの奇抜な髪型は、いくらなんでも入学式では確実に目立ち浮いてしまいますので、ふさわしい髪型とは言えません。

逆に子どもたちが恥をかいてしまいかねない髪型でもあるので、少なくとも日本の入学式の髪型としては全てNGです。

たとえジャマイカで崇高されているドレッドヘアであっても、郷に入れば郷に従えという言葉があるように、日本の入学式では例外なくNGです。

文化が違うからといって言い訳など一切通用しませんので、大切なお子さんのためにも、絶対に、日本の入学式で相応しくない髪型で出席しないよう心がけておくほうが無難でしょう。

 

入学式にふさわしい!父親のおしゃれな髪型とは?

さわやかな髪型

さわやかな髪型

入学式にふさわしくない髪型は、先ほどお話したようにパンチパーマやドレッドヘアなど、周囲が見て人目で奇抜と分かるような特殊な髪型だとご理解いただけたと思います。

では実際に父親が入学式に出席する際にふさわしいおしゃれな髪型とは、どんな髪型を指すのでしょうか?

基本的には、爽やかで清潔感が得られる髪型を指します。

『爽やか』というくらいですから、ロングヘアよりはショートヘアの方が好ましいでしょうし、ここは日本なのですから、金髪ではなく黒髪であるということは言うまでもない話です。

しかし、ただの黒髪ショートヘアと言っても、昔のようなスポーツ刈りという髪型ばかりではなく、とくに近年は、いろいろと、男性の髪型にもこだわりが見られているようです。

ひとえに決まりきった、『この髪型に絶対にしなければならない』という決まりもありませんし、奇抜すぎるのはNGとしても多少の個性は、見せてもいいでしょう。

そこで、実際に入学式におすすめの父親の髪型の参考例を3点ほどご紹介します。

おすすめの髪型1 トップを少しだけ立たせる若者風ショートヘア

きっちり七三分けとなると、あまりにも堅苦しくて浮いてしまいそうになりそうですが、前髪を大まかに七三分けにしつつも、きっちり分けるのではなく、おおまかにセンターより左寄りに、ふんわり分けるイメージで髪型を整えていきます。

ここでの大きなポイントは、若干トップを浮かせることにあります。

ビチッと七三分けにしてしまうと、あまりにもカチカチで何か年配者の髪型という印象もあり、とてもおしゃれとは感じられないと思います。

もちろん七三分けを非難したわけではなく、これは時代的な流行的概念であり、今の時代は、ふんわりヘアをされている方が多いので、きっちり分けは浮いてしまうと思います。

そういう観点からここでは

『おしゃれではない』

と言っているだけですので、誤解の無いようにお願いします。

さて、話を元に戻しますが、トップだけをさり気なくちょっとだけ立たせると、すごく若い印象をあたえることが出来ます。

もちろん、これは筆者個人の見解の部分が強いのですが、実際に芸能人でもこのような髪型にして、若くさわやかな印象を与えている方はいらっしゃいます。

その一人が、俳優の妻夫木聡さん。

妻夫木さんは現在35歳で、現在、山田洋次監督の映画『家族はつらいよ』に出演中ですが、この映画での彼の髪型はかっちり決まっていて、若干年配者気味に見えてしまいます。

一方、2014年1月公開の映画『ジャッジ』に出演していた頃の髪型は、若干ふんわりトップを立たせていることで、20代後半のようにも見えてしまい、それだけで随分と印象も変わります。

この頃の妻夫木さんの髪型は、先ほどお話した髪型とは異なり、左右逆となっている印象は伺えますが、基本的な部分はそれほど変わりなく、若くおしゃれに見せたい父親たちの良い参考になるかと思います。

ちなみに、こちらは、映画ジャッジの舞台挨拶の映像で見せる妻夫木さんの髪型です。

たった2年の違いしか無いのに、全然イメージが違って非常に爽やかに見えるのは、妻夫木さんの個性もありますが、髪型の違いも大きく影響していることがよく分りますね。

ちなみに、少し立たせるテクニックとしては、シャワーを浴びて根本までしっかり濡らした上で、ドライヤーを使い、ちょっとだけ立たせるようにブローするとうまくいくそうです。

あと、この髪型の最大のポイントは、ちょっと大雑把にさせることにあります。

きっちり七三分けでも無ければセンター分けでもなく、なんとなく左右のどちらかに寄せて、トップだけさり気なく少し立たせる髪型なので、この大雑把さ加減が、柔軟な若者風を演出してくれているのだと思います。

ぜひ、みなさんも一度試してみてくださいね。

おすすめの髪型2 優しい父親を連想!爽やかなショートヘア

爽やかで清潔感を感じさせるショートヘアなら、大概は優しさを感じさせる髪型と印象をあたえることが出来るのだと思いますが、より優しい印象をあたえる髪型として、ここではご紹介したいと思います。

基本的にはオールバックみたいに、髪の毛全体をかき分けセンターを中心に左右にふんわり分ける髪型です。

もちろん
七三分けの様にかっちり分けるわけではなく、センターわけではあるものの、ふんわり分けるのがコツです。

芸能人でこの髪型を例えるのは難しいのですが、若干イメージとしては2015年5月公開の映画『イニシエーション・ラブ』に出演していた頃の松田翔太さんの髪型が、ニュアンス的に近いような気がします。

ちなみに、こちらは、その予告映像ので見せる松田翔太さんの髪型です。

実際観てもらうと、この映画での松田翔太さんの髪型は、ちょっととんがりすぎている様な印象がありますが、この髪型をベースにもう少し髪をかきあげ、柔らかくふんわり2ブロック分けして、若干トップを立たせると、優しいお父さん風に変わります。

まぁ、もともと松田翔太さんは目鼻立ちがはっきりされている方なので、余計にきつく感じてしまうところもあるのかもしれません。

しかし、やり方を少しアレンジすると、非常に優しく見えるため、入学式の父親の髪型としてはおすすめですよ。

おすすめの髪型3 どっしり構えた落ち着いた髪型

今度は、これまでの二つのおすすめ髪型とはちょっと様相が違い、どっしり落ち着いた父親を印象づける髪型です。

まずは、前提条件として、ミディアムヘアくらいの髪のボリュームがることが必須です。

それくらいの髪のボリュームがある方は、まず髪全体を濡らし、一旦前髪を垂らしながら、ドライヤーを使って全体に空気を入れながら立たせていきます。

その際のポイントとしては、ウニみたいに完全にとんがらせるわけではなく、根本だけを立たせるようにドライヤーをかけていくことにあります。

ふんわりとエアーを入れて立たせることで、後は毛先の重みで髪の毛が倒れて来るので、それを、若干動きをつけるようにちょっとクシュクシュとほぐしてあげれば完成します。

あくまで無造作となるように、軽くクシュクシュしてあげる程度抑えておく必要はありますが、この無造作ヘアにすると、若い印象をあたえるだけでなく、落ち着いたお父さんの印象をあたえることもできるので、意外とおすすめです。

この髪型に近い芸能人を例えると、2015年9月公開の映画『ピースオブケイク』に出演されていた頃の綾野剛さんの髪型が結構それに近い印象があります。

ちなみに、こちらが、その映画の予告で映る綾野剛さんの髪型です。

綾野剛さんは役柄に合わせて変幻自在に髪型を変えるところがある方なので、時折、奇抜に見えてしまう印象もあります。

しかし、この映画『ピースオブケイク』に出演していた時の綾野剛さんは、どことなく落ち着いた大人の男性という印象を感じさせてくれます。

なお、この髪型に関しては、多少天然パーマの人は、上手く演出できるところがあります。

天然パーマは、コンプレックスと感じている人も多いのですが、このコンプレックスを逆手に取った髪型とも言えるだけに、試してみる価値はありますね。


 

あくまでここでご紹介した入学式におすすめの父親の髪型は、その例の一部にしか過ぎません。

まだまだ、たくさんの髪型は存在しますし、ここでご紹介した例も含め、男性も女性ほどではないものの、髪型一つで印象が大きく変わります。

爽やかで清潔感を感じさせる若い父親や、落ち着きのある父親という印象に変わることが出来ます。

そしてそれは、入学式にふさわしい髪型の範疇で、実現可能な演出なので、是非試してみたいものです。

もし、おしゃれな父親が入学式に出席すると、それだけで、子供達の受けも良くなるはずですし、なにより、お子さんたちも自慢の父親として誇ることも出来るでしょう。

間違っても奇抜で目立ちすぎる髪型はNGですが、だからといって地味すぎる髪型にする必要は全くありません。

せっかくなら自慢の父親として、子どもたちからも喜ばれたいものですし、是非これらの例を参考に、おしゃれな髪型で入学式に出席してあげてくださいね。

きっとお子さんたちも喜んでくれることと思いますよ。

 

まとめ

入学式に出席する父親の髪型は、母親の髪型とは大きく異なり、それほど大きな感心を持たれているかというとそうではないといえます。

しかし、だからといって入学式に出席する父親の髪型が何でもいいわけではありません。

中にはNGとみなされる髪型もありますし、実際に髪型一つで男性も印象が大きく変わることも事実です。

もちろん入学式の主役が子供であることは、忘れてはいけないことですが、父親もせっかく入学式に出席されるわけですから、少しおしゃれに髪型を整え、子どもたちに喜ばれる髪型で入学式に出席してあげたいものですね。

この記事で紹介した参考例はごく一部ですが、是非これらを参考に素敵な髪型で、おしゃれな父親として入学式に出席してあげてくださいね。

入学式の記事はコチラもよく読まれています!

入学式の父親のおしゃれな服装は?スーツの選び方をチェック!

小学校入学式!男の子の服装はおしゃれにブランドスーツがおすすめ

小学校入学式の子供の服装はレンタルがおすすめ!バーバリーも!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-入学式