星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

グルメ

ボラが臭いしまずい原因とおいしい食べ方3選!名前が語源に?

投稿日

皆さんは、ボラという魚をご存じでしょうか?

「臭くてまずい」

と言われているボラですが、実は、そうでもなく、意外とおいしいんですよ。

おそらく、ボラを一番多く見かけるであろう、汚い川や沿岸などで釣ったものしか知らないから、『臭くてまずい』と思ってしまう方が多いのだと思われます。

そこで、当記事では、ボラという魚について、

  • 食べてみたら味は本当においしいのか?
  • どのようにして食べるのがおすすめなのか?

などについて、ご紹介しようと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

ボラの味がまずいと言われるようになった原因は?

ボラの大群

ボラというと、

「臭いしまずいし…」

という印象を持つ方が多いかと思われます。

しかし、そういわれるようになってしまったのは、高度経済成長期以降の話であり、それ以前は、とてもおいしい上に、ある程度まとまって獲れると評判で、高級魚としても親しまれていたんですよ。

それに今でも、冬の時期の寒ボラはおいしいと評判で、かなりの美味と言われているそうですよ。

さて、そんなボラですが、ボラというのはボラ目・ボラ科の魚で、全世界の熱帯・温帯に生息している大型魚です。

日本では北海道以南の沿岸や川などで見ることができます。

地域によって呼ばれ方が様々で、イセゴイ、ナタネボラ、マボラ、ツクラ、クチメ、メジロ、エブナ、ハク、マクチ、クロメ、シロメなど…

実に呼び名が多いですね。

ボラは大きいものでは体長80cmを超え、大型魚らしく、力強いのも特徴ですね。

成魚のボラと衝突して、サーファーが負傷したり、競艇選手が失神してしまうという事故まで引き起こしたことがあります。

釣りをする場合、ボラは引きが強いため、釣りごたえがありますし、イシダイのような、もっと引きの強い大物を釣るための釣り人のトレーニング相手としても、もってこいの魚です。

ボラが臭くてまずいと言われるようになってしまったのは、ボラ自身が水質汚染に強く、汚染された川や海でも生きていられることが原因であり、きれいな海に生息しているボラは、脂が乗っていてとてもおいしいのです。

ボラが臭くてまずい、と言われるようになったのが、高度経済成長期の水質汚染以降であり、それ以前はおいしいと評判だった…

この一文だけでも、なぜ臭くてまずくなったかは、おわかりになるかと思います。

まぁ、このあたりはスズキと同じとも言えますね。

結局、ボラの味は水質に左右されやすく、獲れる場所によって味も変わるというわけです。

ボラが汚染された地域に住んでいるのではなく、ボラの住んでいた地域を、人間が汚しただけの話なのです。

ボラは水底のデトリタスを食べたりする雑食性なため、人間が汚染した川や沿岸では、ヘドロが溜まっていることがあります。

こうしたヘドロまで食べてしまうことで、ボラ自体が臭くなったり、まずくなってしまうということ。

綺麗な海で獲れたボラはかなりおいしいと評判ですから、一度、売られている寒ボラなどを購入してみてはいかがでしょうか?

きっとボラに対する認識が「まずい」から「おいしい」に変わりますよ。

 

ボラは『とどのつまり』の語源だった?

驚く男性

さて、そんなボラですが、実は名前が「とどのつまり」という言葉の語源になっているという説があるのをご存知でしょうか?

ボラはブリやクロダイと同じ出世魚で、成長とともに名前が変わるのが特徴です。

主な地域別の成長に合わせた呼び名の変化が…

関東での『ボラ』の名前

オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド

関西での『ボラ』の名前

ハク→オボコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド

高知での『ボラ』の名前

イキナゴ→コボラ→イナ→ボラ→オオボラ

東北での『ボラ』の名前

コツブラ→ツボ→ミョウゲチ→ボラ

となっています。

関東、関西では、最終的に名前が「トド」になっていますよね。

つまり、トドになったら、

これ以上は成長しない → トドで成長は詰まる → とどのつまり

と、いうわけなのです。

「トド」という名前だと、どうしても、哺乳綱ネコ目(食肉目)アシカ科トド属の、あのトドを想起してしまいがちですが、実は、ボラのことだったのですね。

また、「ボラ」という名前はこのほかにも、

「いなせ」

「おぼこい」

といった言葉の語源にもなっているという説があるそうです。

ボラは、ほぼ全世界で生息しており、日本でも北海道以南ならば、確実に見かけることができる魚であるため、庶民からも馴染みがあったのでしょうね。

もともと広く認知されている魚だったからこそ、数多くの言葉の語源にもなったのでしょう。

これで思った以上に、ボラは身近な魚なのだと再確認できました。

 

ボラのおいしい食べ方を紹介!

男性

臭いし、まずいイメージが先行していますが、実はおいしいボラ。

冬の寒ボラは、鯛に引けを取らないおいしさだとも言われているほどです。

ここでは、そんなボラのおいしい食べ方をいくつかご紹介します!

ボラのおいしい食べ方1 刺身

まず、ボラのおいしい食べ方の代表格が、刺身です。

ボラの刺身は、とくに冬になると、脂が乗ってとてもおいしいと評判です。

なかなか見ませんが、市場で売っているボラの刺身は、綺麗な海でとれた、いわゆるおいしいボラなので、買って損はしませんよ。

自分で獲ったボラを捌いて刺身にする場合は、少しポイントがあります。

ボラの臭みは、内臓や鱗の臭い魚肉に移ってしまうことが原因で、これが移ってしまうと、刺身でも臭いがきつくなってしまいます。

そのため、捌く際には鱗は取らず、捌いた後、最後に皮引くときに、鱗も一緒に引いてしまうのが、肉に臭いが移らず、効率もよくなるそうです。

そうすると、とてもおいしく、ボラの刺身をいただくことができますよ。

ボラのおいしい食べ方2 味噌汁や鍋の具材にする

もう1つ、ボラは味噌汁や、鍋の具材にしても、おいしく食べることができます。

とくに鍋の具材にする場合は、冬の時期ということが多いですから、寒ボラと言われ、おいしい時期のボラの食べ方にはぴったりです。

綺麗な場所で獲れたボラは癖があまりないので、どんな味付けの鍋にも合う万能選手とも言える具材となって、鍋を華やかにしてくれますよ。

また、味噌汁にする場合は、ボラをつみれにして入れてもおいしくなります。

ボラのおいしい食べ方3 フライにする

刺身や鍋の具材にする場合のボラは、綺麗な海で獲れたボラや、冬の時期の寒ボラでないと、なかなかおいしくいただけません。

では、味が落ちる夏の時期などはどう食べればいいのか?

そこでおすすめするのが、フライにしてしまうことです。

お好みのソースで味わうことができますし、冬に比べて味の落ちている夏場でも、ボラをおいしく食べられます。

また、揚げるという意味では、ボラを天ぷらにしてしまってもいいですね。

冬の時期以外でボラを食べる際は、揚げたりすることをおすすめします。


以上が、ボラのおいしい食べ方となります。

ちなみに、自分で作るには、非常に難しく手間もかかるのですが、ボラといえば、カラスミですよね。

カラスミは、地域によってはサワラやサバなどを使いますが、有名な長崎県産のカラスミは、ボラの卵巣を使っているのです。

意外に知られていないので、

「えっ? カラスミってボラなの?」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが…。

頑張れば、自家製でカラスミをつくることもできなくはないので、レシピなどを調べ、実践してみるのも、いいかもしれませんね!

 

まとめ

臭くてまずいというイメージがついてしまっているボラですが、実は、とてもおいしい魚として、昔から親しまれていました。

一部地域では、ボラは高級魚として取り扱われています。

では、なぜ、ボラは臭くてまずいというイメージがついてしまったのか?

その原因というのは、ボラの住んでいる川や沿岸を汚染した、我々人間だったのです。

釣り人の嫌われ者になってしまっているボラですが、人間が勝手に汚染しておいて、その汚染した地域に住んでいるからというだけで嫌われ者になってしまうボラがなんともかわいそうでなりません…

スーパーなどで並んでいるボラは、綺麗な海で獲れたボラを使っているので、間違いなくおいしいと言えます。

全てのボラが臭くてまずいわけではないので、ぜひ、店頭で見かけた場合は、食べてみてください。

きっと、そのおいしさに、ボラへの印象ががらりと変わると思いますよ。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-グルメ