星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ

サザエさんのタラちゃん(タラオ)の嫌われ発言!実は性格が悪い?

更新日

国民的アニメ『サザエさん』の中で、礼儀正しく、かわいらしい印象のキャラクターとして認知されているフグ田タラオこと、タラちゃん。

しかし、タラちゃん(タラオ)といえば、ネットでは、

『タラヲ氏ね』

のネットスラングに代表されるように、かなりの嫌われキャラとして有名です。

では、タラちゃん(タラオ)は、なぜここまで嫌われているのか?

当記事では、『サザエさん』のタラちゃん(タラオ)の嫌われる理由について、発言や性格を考察していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

アニメ『サザエさん』のタラちゃん(タラオ)が嫌われてる?

タラちゃん(タラオ)といえば、『サザエさん』のキャラクターの1人で、マスオとサザエとの間に生まれた子供ですよね。

アニメ『サザエさん』の初期のころには、

「開けろ!子供をいじめんな!」

という暴言を吐いたりする、今からは想像もできないほど、やんちゃな子供でした。

これは、もともと漫画『サザエさん』のタラちゃん(タラオ)が、割と過激な性格だったから…ということらしいですね。

しかし、さすがに全年齢対象のアニメでタラちゃん(タラオ)の設定をそのままにするのは、物議を醸すかもしれない…

ということで、今の素行不良でないタラちゃん(タラオ)ができあがったのです。

 

そんなタラちゃん(タラオ)ですが、実はかなり嫌われているそうです。

とくにネットでの嫌われぶりは半端ではなく、

『タラヲ氏ね』

というスラングが生まれてしまうほど…。

実際のところ、筆者もタラちゃん(タラオ)については、

「イラっとするなぁ…」

と感じさせられることがあります。

まあ、小さい子供特有の鬱陶しさがあるのはもちろんですが、それを抜きにしても、

「タラちゃん(タラオ)、性格悪すぎない?」

と思う場面が多々見られるのです。

では、なぜタラちゃん(タラオ)は、筆者を含め、ここまで嫌われてしまうのでしょうか?

 

タラちゃん(タラオ)が嫌われる理由・背景と行動や発言

『サザエさん』のキャラクターの一人であるタラちゃん(タラオ)が嫌われている…。

ネットをみない人にとっては、なかなか信じられない話と思います。

では一体なぜ、弱冠3歳の子供がここまで嫌われているのでしょうか?

 

その理由を探っていくと、確かにタラちゃん(タラオ)を嫌いたくなる気持ちもわかる気がするでしょう。

理由としては、あのノリスケが嫌われるのに近いものだからです。

ノリスケ(サザエさん)が炎上!過去のハイエナ発言と問題行動とは?

タラちゃん(タラオ)が嫌われている理由は、ズバリ!

タラちゃん(タラオ)の性格・行動・言動

にあります。

3歳の子供としても、とても許せない部分が多々見受けられ、それを知ってしまった人には、常に嫌われてしまっているのです。

それもそのはず、タラちゃん(タラオ)の性格は、客観的に見ると相当ネジ曲がっています。

礼儀正しく見える表の顔の裏には、相当に腹黒い部分も隠れていると見られておかしくありません。

その代表的なものを、ここにピックアップしておきます。

タラちゃん(タラオ)が嫌われる性格・行動・発言

  • 自尊心が非常に強く、自分が傷つけられると激落するが、平気で他人を馬鹿にしようとするところがある。
  • 食べ物に対して執着心が強く、常に自分だけで独占しようとするところがある。
  • 基本的にネガティブシンキングで、後ろ向きな発言も多く見られる
  • 身勝手なところがあり、責任をもって行動することがない、なにか悪いことをしてもカツオやワカメの責任にして逃げる癖がある。
  • 気分屋な一面もあり、その時の気分次第で、平気で他人を裏切る。
  • 一人で何もできず、カツオやワカメに依存することが多い。
  • 自分の非は認めないくせに、人の非は徹底的に攻撃する。
  • 世間の目を気にして、表面上はいい子を装っているところがある。
  • カツオやワカメの秘密などを暴露したり、時に暴言・失言も見られる。

以上が、タラちゃん(タラオ)が嫌われる裏の顔(性格・行動・言動など…)。

人としては許しがたい部分がありますよね。

中でも、

『口が軽く、平気で裏切る』

という部分は、あまりに自己中心的として、タラちゃん(タラオ)が一番嫌われている部分でもあります。

例えば、タラちゃん(タラオ)のよく面倒を見てくれるカツオのことを、平気でサザエにチクるなど…。

また、

『世間の目を気にして、表面上はいい子を装っている』

くせに、

『自尊心が強い、ほしいものを常に自分だけで独占しようとする』

という部分は、まさにクズと言っていい一面です。

これを簡単に言うならば、

ぶりっ子

なのでしょう。

こういったぶりっ子な一面も、タラちゃん(タラオ)が嫌われる一因。

3歳のくせにあまりに可愛げがなく、生意気すぎるゆえに嫌われるのかもしれませんね…。

 

また、こういった性格の悪さから嫌われていくと、次第に今度は

「タラオが歩く時の効果音がうざい」

「あの喋り方が神経を逆なでしてイライラする」

と、タラちゃん(タラオ)が歩く時の効果音や、タラちゃん(タラオ)の『ですます調』のセリフも鬱陶しいという意見も見られるように…。

 

また、2016年最後の放送回でも、

「タラオ消えろ!」

と大批判されるエピソードがありましたので、紹介していきましょう。

そのエピソードが、『ハチとタラちゃん』という話。

伊佐坂先生の家の犬・ハチが、注射を恐れ、磯野家へやってきた話なのですが…。

ここでタラちゃん(タラオ)は、

「注射のときは僕がついてってあげるですよ」

と言い、何とか磯野家の軒下に逃げ込んだハチを呼び戻すことに成功します。

しかし、ここでタラちゃん(タラオ)は、嫌われる要素の1つであるネガティブ思考を発動。

『痛い注射を打たれたハチが、自分のことを恨むかも』

そう感じ、同行するのをやめてしまったのです。

結局、ハチは単独で注射を受けに行くことになったのです。

当然ながら、はじめは『同行する』と言って、それをしなかった嘘つきのタラちゃん(タラオ)を許すはずがありません。

ハチは、タラちゃん(タラオ)を避けるようになったのです。

あろうことか、タラちゃん(タラオ)はそのことについて、

「カツオお兄ちゃんのせいです!」

と、なぜかカツオに責任転嫁。

まったく理解のできない行動ですよね。

ネガティブ思考に続き、タラちゃん(タラオ)が嫌われる理由の1つである、他人へ罪をなすりつけるまで見せつけ、ネットでは、

「嘘ついたお前のせいだろ」

「またタラオが得意技のなすりつけをしやがったか」

「ほんとクズだなこいつ」

とタラちゃん(タラオ)に対し大批判…。

その後、タラちゃん(タラオ)は、ハチに許してもらおうと色々な策を講じますが、どれも不発に終わってしまいました。

そしてタラちゃん(タラオ)が落ち込んでいると、タマがなぐさめに寄ってくるのですが…

「タマは犬じゃないです」

と言って拒絶。

これについても、

「八つ当たりやめろ」

「このままタマにも嫌われとけ」

とまたもや大批判されるのです。

この話は、まさにタラちゃん(タラオ)の性格が悪いと言われる部分のオンパレードだったと言えるでしょう。

これらを見ると、確かに、タラちゃん(タラオ)は性格に問題があり、嫌われても仕方がないと、改めて感じさせられますね。

 

まとめ

大人気アニメである『サザエさん』の主要キャラクターのタラちゃん(タラオ)は、ネット上では

『タラオ、ウザい』

と、存在そのものを完全否定!

今回は、タラちゃん(タラオ)が、そんな嫌われ方をしている理由などを紹介しました。

タラちゃん(タラオ)には、おそらく悪気があったわけではないと思います。

しかし、だからこそ余計に憤りも感じますし、タラちゃん(タラオ)に対して、嫌悪感を露わにする人が出てきてもおかしくありません。

それに日曜日の夕方に、このようなブラックな子供が出てくることも、憂鬱な月曜日を迎える前にイライラさせられ、余計に気分が悪くなってしまうでしょうね…。

今後も、このイメージは変わることなく、タラちゃん(タラオ)は嫌われ続けると思うと、不憫ですが…。

まぁ自業自得ですし、何とも複雑ですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-アニメ