星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

民進党の支持率が低い理由・原因は具体性のない政策と民主党?

更新日:


民主党と維新の党が合流することで、発足した民進党。

発足から1年以上が経ち、現在では蓮舫氏が代表になったわけですが…

相変わらず、民進党は支持率が低いですよね。

野党として全く支持されていない民進党…。

そもそもなぜ民進党は全く支持を得られていないのでしょうか?

当記事では、民進党の支持率が低い理由について、探ってみました。

スポンサーリンク

民進党の支持率は相変わらず低い…

民進党2

維新の党と民主党が合流するという経緯で結成された民進党。

しかし、結成後から早くも民進党はつまずいていました。

というのも共同通信が、結成直後の2016年3月26~27日に行った電話調査で、

民進党に期待すると答えた人は…

わずか26.1%

民進党に期待しないと答えた人は…

なんと67.8%

見事というくらい、

『民進党に期待しない』

と答えた人が過半数を超えています。

さらに、民進党の政党支持率についても酷いことになっており、わずか

8.0%

結成当初から、この有様だったのですが、最近では議員の離党も進んでいますよね。

たとえば東京都では、都議会民進党を離れ、都民ファーストの会との連携を目指す人が続出しました。

また、国会議員としては、離党詐欺と言われ、離党する離党すると言いながらも、なかなか離党しなかった長島昭久氏が、共産党との共闘に疑問を感じ、

2017年4月に、ついに離党をしました。

結成から1年が経ちましたが、民進党は現在進行形で崩壊しています。

2017年7月の世論調査では、民進党の支持率は前回に比べ、1%下落し、

6.3%

という低支持率に…。

2017年の都議選で自民党の敗北ばかりが取り上げられていますが、実際のところは、地方政党の都民ファーストの会が圧勝しただけ。


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.