星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

民進党の支持率が低い理由・原因は具体性のない政策と民主党?

更新日

民主党と維新の党が合流することで、発足した民進党。

発足から1年以上が経ち、現在では蓮舫氏が代表になったわけですが…

相変わらず、民進党は支持率が低いですよね。

野党として全く支持されていない民進党…。

そもそもなぜ民進党は全く支持を得られていないのでしょうか?

当記事では、民進党の支持率が低い理由について、探ってみました。

スポンサーリンク

アドセンス

民進党の支持率は相変わらず低い…

民進党2

維新の党と民主党が合流するという経緯で結成された民進党。

しかし、結成後から早くも民進党はつまずいていました。

というのも共同通信が、結成直後の2016年3月26~27日に行った電話調査で、

民進党に期待すると答えた人は…

わずか26.1%

民進党に期待しないと答えた人は…

なんと67.8%

見事というくらい、

『民進党に期待しない』

と答えた人が過半数を超えています。

さらに、民進党の政党支持率についても酷いことになっており、わずか

8.0%

結成当初から、この有様だったのですが、最近では議員の離党も進んでいますよね。

たとえば東京都では、都議会民進党を離れ、都民ファーストの会との連携を目指す人が続出しました。

また、国会議員としては、離党詐欺と言われ、離党する離党すると言いながらも、なかなか離党しなかった長島昭久氏が、共産党との共闘に疑問を感じ、

2017年4月に、ついに離党をしました。

結成から1年が経ちましたが、民進党は現在進行形で崩壊しています。

2017年7月の世論調査では、民進党の支持率は前回に比べ、1%下落し、

6.3%

という低支持率に…。

2017年の都議選で自民党の敗北ばかりが取り上げられていますが、実際のところは、地方政党の都民ファーストの会が圧勝しただけ。

民進党などの野党は、全く存在感を示せていないのです。

このままいけば、間違いなく、今後も民進党は低迷を続けるでしょうね。

それにしても、なぜ民進党はここまで支持率が低迷しているのでしょうか?

 

民進党の支持率が低い理由・原因とは?

民進党の支持率がここまで低い理由や原因を考えてみると、

結局は民主党でしかない

という結論にたどり着きます。

これはどういうことかといえば、まず民進党は

民主党と維新の党の集まり

ですよね。

そして、当時のおおさか維新の会と分離した維新の党というのは、代表を務めていた松野議員にしろ、幹事長を務めていた今井議員にしろ、

もともとは民主党に所属していた人たち

なのです。

さらには、結いの党のメンバーだった議員にも元民主党の人が多いです。

結局、過去に民主党に所属していながら、民主党を批判して離党した人ばかりが、再び民進党へ舞い戻って合流したのです。

つまり、民主党以外の民進党の議員は、元民主党議員の出戻りと言ってもよく、民進党と名を新たにしたところで、

メンバーは大半が民主党、元民主党の議員

なのです。

これでは、民主党時代から何も変わらないですし、期待もされません。

旧維新の党に限って言えば、政界のニューリーダーとして期待されていた橋下徹さんもいません。

旧維新の党に所属していた議員は、ほとんどが選挙戦自体では破れ、比例代表で復活しての当選者です。

つまり、橋下徹さんという大きな看板に、コバンザメのようにくっついていただけ…。

本来ならば、議員としての資格がないような人たちが合流したため、国民感情としても、

「信頼できないな…」

と思う人が多いのだと思います。

 

また、これ以外にも民進党の支持率が低い理由はあります。

というのも、政策面でも期待されていないのが、民進党の現実です。

それどころか、最近に至っては、

「民進党は安倍政権批判しかしてないし、もっと具体的に政策で訴えろよ!」

と、国民の怒りを買っているように見えます。

これは民主党時代から変わらないことですが、民進党は、社会不安を煽るだけ煽っておいて、ただ与党を批判するだけ。

では、批判するだけの具体的な対案を出すのかというとそうでもなく、もはや

『ただのクレーマー』

と同じような存在になっているのが、現在の民進党と言えるでしょう。

最近の話でたとえるならば、2017年の東京都議選でおこなった、各党の党首の演説に注目してみましょう。

まず、自民党の応援演説は、次のような内容でした。

候補者を紹介し、現在の都議会のことから、東京都が絡んでくる国政のことまで幅広く演説していますね。

本来、これが政党のあるべき姿だと思います。

では、一方の民進党・蓮舫代表はどのような演説内容だったのでしょうか?

これは驚きましたね!

都議選の応援演説に来たはずなのに、都議会のことや候補者の紹介などは半分以下。

その演説の大半が、安倍政権批判に費やされています。

これにはネットでも批判が噴出し、

「都議選で政権批判って、何考えてるの?」

「都民の暮らしを選ぶ選挙で政権批判とか、やっぱり蓮舫バ◯だわ」

「こいつ、もしかして今の選挙が都議選って理解してない?」

と散々な言われよう。

結局このように、都議選だろうが何だろうが、場所を選ばす、1に政権批判2に政権批判…。

と、政権批判しかせず、全く民進党としての政策を語らないため、支持率が低いままなのでしょう。

国民の目も節穴ではなかったようで、やはり民主党時代と何も変わっていないと思っている人は多いようです。

代表も蓮舫氏、そして幹事長に失敗した時代の野田氏を据えている時点で、民進党が昔から何も変わっていないことを象徴しているようなもの。

まぁわれわれ国民としては、このように民進党が相変わらず醜態を晒し続けてくれれば、

「こいつらには投票しなくて済むな」

と、ダメな政党アピールをしている民進党への投票が回避できるので、地雷を発見しやすい意味では、いいことかもしれませんね。(笑

 

まとめ

民主党と維新の党が合流して誕生した民進党ですが、政権批判といい、具体性のない政策といい、あらゆる点において民主党と全く変わっていません。

変わったところは名前だけではないかと言っていいほど、何も変わっていないのです。

さすがに国民もそれを見抜いているため、民進党の支持率は相変わらず低迷を続けています。

ぜひ民進党には、これまでの方針や体制を一新し、国民が納得できるような素晴らしい政策を打ち出してほしい…。

そう思う次第ですが…

おそらく、民進党にそのような力はないのでしょうね。

残念でなりません。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事