星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

民進党の支持率が低い理由・原因は具体性のない政策と民主党?

投稿日

先日、民主党と維新の党が合流することで、正式に発足した民進党。

最大野党として、国民からの期待も大きい…

と思われていましたが、とても残念なことに、世論調査では、半分以上が

「期待しない」

と回答しているそうです。

(筆者として、これにはまぁ当たり前のことだろうと思ったので、正直、何も疑問は抱きませんでしたが)

では、なぜ、世間から民進党の支持率は低いのでしょうか?

当記事で、結成から早くも民進党の支持率の低い理由・原因について、探ってみようと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

結成からいきなり民進党の支持率が低い…

民進党2

維新の党と民主党が合流し、結成された民進党。

しかし、結成後から、早くも国民からはソッポを向かれ期待されておらず、支持もされていないと言うことが、世論調査ではっきりとしてしまうことになりました。

共同通信が、2016年3月26、27日に行った電話調査で、民進党に期待すると答えた人はわずか26.1%で、期待しないと答えた人はなんと、67.8%

見事というくらい、『民進党に期待しない』と答えた人が過半数を超えています。

さらに、民進党の政党支持率についても酷いことになっており、わずか8.0%

これは、2月に同社で行われた世論調査で、民主党と維新の党の支持率を足した数字すらも下回ってしまっているのです。

また、同時期にNNNが行った調査でも、民進党に期待すると答えた人はわずか26.6%

期待しないと答えた人は、59.7%に上り、やはり期待されていないようです。

そもそも、民進党は、全く新しい政党というわけではなく、しょせんは民主党議員、もしくは元民主党議員の集まりです。

要するに、名前を変えただけで、『民進党は民主党』である、という認識のほうが、世間では強いのではないでしょうか?

民進党にフレッシュさの欠片もなければ、名前が変わったところで、何も変わるとは思えないわけですし、支持率の低い野党同士が集まったところで、何を期待すればいいのでしょう?

結局、何も変わらなさそうだという呆れともいえる感情が、民進党に期待しないと答えた人の割合や、支持率の低さに影響してしまっているのでしょうね。

また、民進党の結党大会では、お粗末なシーンがいくつか見られました。

結党大会の議長である坂本祐之輔議員は、早速、民進党を民主党と言い間違えれば、岡田代表は『シンシン党』と言い間違える始末…

さらに岡田代表は、子育て政策を前面に出していこうというアピールも含めて、政調会長に起用された山尾志桜里議員を、役員選任の提案の場面で、名前を呼び忘れてしまったのです。

結党大会からこんなお粗末なことをしているようでは、民主党は名前が変わっても、相変わらず民主党であり、やはり期待するだけ無駄なのかもしれませんね。

 

民進党の支持率が低い理由・原因とは?

ばつをする男性

では、なぜ民進党の支持率は、ここまで低いのでしょう?

その理由や原因を考えてみると、先ほども述べた、結局は民主党でしかない、という結論にたどり着きます。

これはどういうことなのかというと、まず、民進党は民主党と維新の党の集まりですよね。

そして、おおさか維新の会と分離した維新の党というのは、代表を務めていた松野議員にしろ、幹事長を務めていた今井議員にしろ、もともとは民主党に所属していた人たちです。

さらには、結いの党のメンバーだった議員にも、元民主党の人が多く、結局、過去に民主党に所属していながら、民主党を批判して離党した人ばかりが、再び民進党へ合流したのです。

つまり、民主党以外の民進党の議員は、元民主党議員の出戻りと言ってもよく、民進党と名を新たにしたところで、メンバーは大半が民主党、元民主党の議員なのです。

これでは、民主党時代から何も変わらないわけですし、期待もされませんよね。

旧維新の党に限って言えば、政界のニューリーダーとして期待されていた、橋下徹さんもいません。

旧維新の党に所属していた議員は、ほとんどが選挙戦自体では破れ、比例代表で復活しての当選者です。

つまり、橋下徹さんという大きな看板に、コバンザメのようにくっついていただけ…

本来ならば、議員としての資格のない人たちが合流したため、国民感情としても、

「信頼できないな…」

と思う方が多いのだと思います。

また、政策面でも、あまり期待されていないというのが、民進党の現実です。

民主党時代から変わらないことなのですが、民進党は、社会不安を煽るだけ煽っておいて、問題となっている事柄の仕組みを理解し、現実的な政策を打ち出す能力が皆無に等しいのです。

例えば、何かと話題になった、保育園に入れなかった方の匿名ブログを取り上げ、このブログの内容をきっかけに、民進党は、待機児童を減らすために、保育士の給与を引き上げる法案を提出すると発表していますよね。

待機児童を減らすために、保育士の給与を上げるというのは、全く的外れなことであり、それが待機児童の解決に繋がるとは思えません。

まず、待機児童を減らそうと思うのならば、保育所を増設できるような制度・環境整備が必要になるのではないでしょうか?

保育所が少ない、認可されるための規制が厳しすぎて企業参入などがしづらいという現状もあります。

保育士の給与を引き上げれば、保育士の待遇改善にはつながるかもしれませんが、待機児童問題の根本的解決にはなりませんよね。

つまり、民進党がしようとしていることは、ただお金をばらまいて、有権者に媚びを売っているだけなのです。

また、民進党は、ざっくり言ってしまえば、返済不要の奨学金である『渡しきり奨学金』の創設も検討しているようです。

『渡しきり奨学金』の創設するのはいいですが、その財源はどこから出すのでしょう?

そもそも、奨学金制度は、現在でも、特に優秀な成績を収めたりした人であれば、奨学金の返済を免除されますし、学校や自治体によっては、返済不要の給付型奨学金をもらえるところもあります。

奨学金の申請が通ってしまえば無料、なんていうことは、弱者保護と言いながら、まともに学費を払っている人への差別…

それこそ、新たな格差が生まれてしまいかねません。

結局、民進党は、考えなしにとりあえず国民のウケが良い政策を言っておけ、という民主党が国民を煽って政権を奪った2009年から何も変わっていないように思えて仕方がありません。

問題の本質が理解できずに、的外れな政策しか打ち出せない…

そんなことで、よくも政権交代を狙うなどと言えたものです。

民進党が打ち出す政策の数々は、万年野党で落ち着くような政党がやることであって、日本の政治を担当する与党のすることではありません。

民主党時代の嘘ばかりのマニフェストを経験した国民からしてみれば、

「はいはい、またお得意の嘘八百を並べてるんだな」

と、同じ手は食わないと感じる方もいらっしゃることでしょう。

民進党の顔ぶれ、そして打ち出す政策の現実味のなさ…

これらの理由・原因が重なりに重なった結果、民進党の支持率が出だしから低迷、ということになってしまったのです。

 

民進党に対するネット上の反応は?

怒る男性

民進党の支持率が低迷していることについて、ネット上では、どう受け止められているのでしょうか?

「前回の教訓で、国民も騙されなくなったな」

「名前を変えただけで中身が変わってないんだし、当然の結果だ」

「ペンネームを変えただけかな?」

「なるほど、集まってくれたおかげで、投票してはいけない人間がわかりやすくなった」

など、やはり、民主党時代と何も変わっていないと思っている方が多いようです。

代表は岡田氏、そして幹事長は枝野氏と、ただ民主党からスライドしただけというような人事が、まさに、民進党が民主党時代から何も変わっていないことの象徴ですよね。

民進党の議員たちは、心機一転を図れたと思っているのかもしれませんが、国民はそこまで甘くはありません。

民進党の本質が変わっていないことを見抜き、その門出から厳しい目で見ているのです。

今まで通り嘘八百を並べるのではなく、現実的で、問題の根本に迫った政策を打ち出さない限りは、支持率は下がる一方だと、民進党の議員には強く自覚してほしいですね。

 

まとめ

民主党と維新の党が合流して誕生した民進党ですが、役職といい、具体性のない政策といい、あらゆる点において、民主党と全く変わっていません。

変わったところは、名前だけではないかと言っていいほど、何も変わっていないのです。

さすがに国民もそれを見抜いており、民進党に期待しないという人は過半数を優に超え、支持率も、民主党と維新の党を足した数字を下回るか、ほぼ横ばいになるかという結果ばかり。

民主党時代と同じことを続ければ、民進党は早くもお先真っ暗でしょう。

ぜひ、民進党には、これまでの方針や体制を一新し、国民が納得できるような素晴らしい政策を打ち出してほしい…

そう思う次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事