星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

99.9のドラマストーリーあらすじと出演者キャスト紹介!相関図は?

投稿日

みなさんは、日本の刑事事件で、起訴された容疑者が裁判で有罪になる確率は、どれくらいだと思いますか?

実は、容疑者たちが有罪になる確率は、99.9%とも言われているのです。

そうすると一見、日本は世界一の有罪国として、諸外国よりも治安が保たれていると思われがちですが、あくまでそれは表向きの顔でしかありません。

その裏では、全くの無実の罪を着せられ、冤罪によって人生を奪われた人物もたくさんいます。

今回のドラマ『99.9』は、そんな刑事事件にメスを入れ、有罪率99.9%の裏に隠れた誤認逮捕・冤罪で苦しむ人達を救おうと奮闘する男たちのドラマとなっています。

本記事では、このドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』のストーリーあらすじや、出演者キャスト、そして相関図をご紹介します!

スポンサーリンク

アドセンス

ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』とは?

99.9

みなさんは、日本の司法制度について、どのようなお考えをお持ちでしょうか?

確かに、日本の裁判の有罪率99.9%と、一見確かなように見えますし、それによって日本の治安は守られている、と見ている人だっています。

しかし、その裏では、何の罪もない人たちが、無実の罪を着せられて、国家権力の私利私欲のために人生を叩き潰されている者も、中にはいるという事実を、決して忘れてはいけません。

本来、冤罪で苦しめられてきた人物の名前を出すべきではないのだと思いますが、既に世間のほとんどの人が、この事実をニュースで把握していること、そして、いかに日本の司法が、保身のために裏でどんな悪質なことをしているか知ってもらうために、あえてお話ししていきます。

みなさんは、とあるパチンコ店から女児が誘拐され、命を奪われたとして大々的にニュースなどでも取り上げられた『足利事件』を覚えていらっしゃるでしょうか?

この事件は、日本が裁判有罪率99.9%を保ちたい威信のために、菅谷利和さんという何の罪もない人の人生を奪い、逮捕・起訴・実刑を与えたとんでもない冤罪事件。

警察や司法の思い込みと、誤認による逮捕・起訴・実刑を与えたことを認めたくない(または検挙して手柄を上げたい)組織ぐるみのいい加減な捜査によって、彼は犯人にされてしまったのです。

その決め手となったのは、いい加減極まりないプロファイリングによる思い込み(情況証拠によって菅谷さんの名前が出ただけでマークし続けたという代物)と、女児の下着に付いていた体液のDNAが、菅谷さんのものと一致したという2点。

しかし、プロファイリングは、根拠にならないくらい手薄なものでしかなかったのです。

DNAに関しても、当時の技術では、稀に全く別人のものであっても一致する場合があったわけで、それだけで逮捕することすら、本来はありえない失態でした。

しかし、その失態を警察のみならず検察・裁判官すら認めず、実刑まで与えてしまった…

結局、菅谷さんは、約17年半もの間、仕事・時間・自由も奪われ、まさに人生そのものを奪われています。

しかも、この事件を担当された、当時の担当検事は菅谷さんに一言の謝罪もしておらず、一部では真犯人はこの人物ではないか、という噂もあるくらいです。

まぁ真犯人であるというのはあくまで噂でしかありませんが、共犯とみなされてもおかしくないほどの大罪であることには違いなく、実に許せない冤罪事件が含まれていることを決して忘れてはいけないのです。

それにしても、何故このようなことが起こるのか…

警察官・検察官は威厳を持っているという奢りが、そこに存在しているから他に考えられません。

確かに警察は犯罪を未然に防ぎ、被害をこれ以上拡大させないために存在する立派な機関、職種です。

そして、検察は、これら刑事事件などを検証し、容疑者を起訴していく仕事として重要な職種を任されています。

最も重要なのは裁判官で、最終的に、有罪か無罪かを判決を下す大切な役割を担っているのです。

にも関わらず、この冤罪事件では、17年半もの間、真犯人を野放しにするだけではなく、菅谷さんという一人の何の関係もない人物の人生を奪ってしまったのです。

もちろん、当時の裁判官は、このことに陳謝しています。

しかし、検察は一切陳謝すること無く、今なお疑っているという話もあるほど…

それは、過信とも言える、自分たちの捜査の自信と、絶対にミスなどありえないという奢り・プライドが、冤罪という罪を犯したことに対して謝罪の意思すら示せないように見えます。

また、一方では、検察は、有罪と確定できるものしか起訴しないと耳にします。

ただ、一つだけ言わせていただきたいのですが、もし、本当に疑わしきものは罰せずと、起訴しないのであれば、このような冤罪事件は絶対に出てくるわけがありません。

あくまで、有罪と確定できるものしか起訴しないという、検察の言い分は、ただの表面上の言い訳でしかないと思うのです。

実際には、有罪として持ち込めるものは、多少強引であろうが、仮に冤罪であったとしても、そんなことには関係なく手柄のためだけに、起訴に持ち込もうとしているプライドの面があるのではないでしょうか。

確かに99.9%という裁判有罪率は高いものでありますが、このように、大きな落とし穴もたくさんあり、その結果、冤罪によって苦しめられている人がたくさんいるという事実を知っていただきたいのです。

警察・検察のやっていることが、決して万能ではなく、時に大失態することだってある!

そしてとくに、警察・検察の人たちは、間違いを素直に認め、謝罪することを学ばなければならなないのだと、強く胸に刻んでほしい…

筆者は、日々起こる冤罪事件について、強い憤りを持つとともに、警察・検察達の行動を審査する弁護士が増えていき、すべてのことにおいて、事実に基づき捜査がしっかり行われていくことを望んでいます。

現代社会では、残念ながら、そのようなことはほとんど起こらないような気がしてなりません。

しかし、ドラマ『99.9』の中では、勧善懲悪としてというべきか、99.9%の裁判有罪率の裏に潜む冤罪という悪魔に立ち向かいます。

わずか0.1%の可能性を徹底的に検証し、万が一無罪であるにもかかわらず、有罪とされているならその判決をひっくり返すため奮闘する…

そんな、刑事専門弁護士の姿が描かれていくドラマとして、この2016春からドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』が放送されます。

『99.9』の主演キャストは、松本潤さんが演じ、その相棒というか、常に反発しあうパートナーとして香川照之さんがコンビを組みます。

松本潤さんが演じる深山大翔(みやまひろと)という人物は、犯罪を美化しない潔癖な人物であり、また、一方では、100%事実が確定しないかぎり、その判決が正しいとは認めない、検察側からしてみれば、非常にたちの悪い人物。

ちなみに彼の口癖は、

『0.1%に事実が埋まっているかもしれないでしょ』

ですが、そんな考えで捜査を続行し、弁護活動する弁護士は、まずこの世にほとんどいないと言っていいほど、実に熱血漢で正義の為に生きている人物と言っていいでしょう。

一方、香川照之さん演じる、佐田篤弘(さだあつひろ)は、

『裁判には勝たなければ意味が無い』

を信条とする、キャリア・実績の高い弁護士です。

しかし、彼は、正義のためにではなく、裁判に勝つことを自分のメリットと考え、そのためのみに動くため、周囲からの人望は全くありません。

当然、0.1%のために動くなんてことは、彼の哲学から反することであり、深山とは事あるごとに衝突しまくります

このドラマ『99.9』では、単純に正義のために動くだけではなく、そういう組織内での、衝突をクリアしながら、事件そのものの完全決着(100%の事実究明)を掲げて奮闘する弁護士主役のドラマなのです。

『99.9』の詳しい出演者キャストやストーリーあらすじは、後ほどご紹介しますが、ドラマの展開次第では、勧善懲悪系ドラマとして、描かれる可能性は十分あるでしょう。

また、松本潤さん演じる「深山大翔」が、熱く自身の掲げる正義の為に全力を尽くしてほしいと期待しているドラマファンは多いと思います。

どこまで0.1%にこだわり事実を究明していくのか…

その姿に、これまで冤罪で苦しんできた人たちのいろんな想いを乗せて、期待していきたいと思います。

『99.9』のドラマ本放送は、2016年4月17日(日)21:00スタート。

ぜひ、みなさんも、このドラマ『99.9』を見ながら、正義がどこにあるのか。

事実に基づく捜査とはどういうものなのか、を噛み締めながら御覧ください。

そして、今回の記事で、足利事件の冤罪により苦しんできた菅谷利和さんのような冤罪被害者が一人でも少なくなってほしいと願っています。

 

ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』の出演者キャストと相関図

99.9

99.9

冤罪被害を防ぐため、検察が起訴し、裁判によって一度判決が下された、裁判有罪率99.9%の事件を再度検証し、残り0.1%の可能性を潰して、完全なる事実を割り出していく刑事事件専門の弁護士の姿を映しだしたドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』。

先ほど、主演キャストの松本潤さんと、相棒の香川照之さんのことはお話しましたが、他にも榮倉奈々さんを始め、『99.9』には魅力あふれる出演者キャストが起用されています。

では、早速『99.9』のその他の出演者キャストをご紹介していきましょう。

『99.9-刑事専門弁護士-』出演者キャスト一覧

斑目法律事務所(刑事事件ルーム・弁護士)

深山大翔(33):松本潤
佐田篤弘(刑事事件ルーム室長)(47):香川照之
立花彩乃(深山のライバル弁護士)(27):榮倉奈々

斑目法律事務所(刑事事件ルーム・パラリーガル)

明石達也(40):片桐仁
藤野宏樹 (44):マギー
戸川奈津子(41):渡辺真起子

斑目法律事務所(企業法務専門弁護士)

志賀誠(46):藤本隆宏
落合陽平(志賀の直属の部下)(27):馬場徹

斑目法律事務所(その他)

斑目春彦 (65):岸部一徳
斑目法律事務所の所長、優秀な弁護士のヘッドハンティングも積極的に行い、一代で日本4大法律所の一つと言われるまでに斑目法律事務所を大きくした、超やり手弁護士。

東京地方検察庁

大友修一(検事正) (60):奥田瑛二
丸川貴久(検事) (36):青木崇高

その他

佐田由紀子 (36):映美くらら
佐田篤弘の妻、現在は娘が出来たことをきっかけに専業主婦をされていますが、元国際線の CA で、容姿端麗・語学堪能と三拍子揃った完璧なセレブ妻。

坂東健太(44):池田貴史
深山が居候する小料理屋の店長。
過去に、坂東が巻き込まれた刑事事件で、深山に助けてもらった事があり、その恩義に帰すべく、深山に小料理屋の2階を無償で貸し出している。

加奈子(24):岸井ゆきの
深山が居候する小料理屋の常連客で、自称シンガーソングライター。
深山に邪険にされながらも、完全なる片思いで通い詰める精神的タフな女性。

以上が、ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』の出演者キャスト一覧となっています。

実際に『99.9』の出演者キャストを見ていくと、実に魅力あふれる方ばかりが揃いましたよね。

病院の院長や、会社社長など、各業界のトップを演じることも多い岸部一徳さんが、今回も斑目法律事務所所長として登場します。

さらに、大御所・奥田瑛二さんも東京地方検察庁の検事正役として登場します。

岸部一徳(左)、奥田瑛二(右)

岸部一徳(左)、奥田瑛二(右)

この2人の大御所が『99.9』に登場するだけでも、魅力的なのに、脇役として何かとドラマ出演されているマギーさんも出演しますし、実に魅力を感じるキャストが揃っているというのが、率直なところです。

果たして、この魅力あふれるキャストたちが、今回のドラマ『99.9』をどのように演出してくれるのか…

いろんな角度から見て楽しみたいものですね。

 

『99.9-刑事専門弁護士-』のドラマストーリーあらすじ

99.9

日本の司法で判決された99.9%の裁判有罪率を持つ刑事事件にメスを入れ、100%の事実となるまで、刑事事件を検証していく弁護士たちの奮闘劇を描いたドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』は、まさに、99.9%という一側面の裏に隠れた闇に、メスを入れる希望あるドラマです。

0.1%の奥底に事実が眠っていて、その事実を無視したがために、冤罪を着せられ人生を犠牲にされたら、みなさんどう思われますか?

『99.9』は、そんな冤罪被害者を救うきっかけになるようなドラマでもあり、ドラマ『半沢直樹』のような完全懲悪も期待できるドラマとのことですが、やはり気になるのは、そのストーリーですよね。

では、早速簡単ながら『99.9』のドラマストーリーあらすじを見ていきましょう。


 

深山大翔(役:松本潤)は、何度も無罪を勝ち取る実績ある弁護士ではあるものの、何故かお金にならない刑事事件ばかり引き受けている貧乏弁護士

ある日、その実績を買われ、日本4大法律事務所の1つ、斑目法律事務所所長・斑目春彦(役:岸部一徳)からヘッドハンティングを受け、社会貢献の名目で新設された斑目法律事務所の刑事事件専門チームにパラリーガルの赤石達也(役:片桐仁)と共に移籍…

しかし、バディを組むはずの室長・佐田篤弘 (役:香川照之) は、はかなりの曲者で深山とは水と油の関係。

そもそも佐田は、大企業の顧問弁護士を務めながら、巨額の成功報酬を得てきた民事のスペシャリストであり、そもそも1文の得にもならないような刑事事件などには、全く興味を持たない弁護士。

あくまで、斑目から1年後のマネージングパートナー昇格を条件に出され、渋々移動を了承したに過ぎないのです。

だからこそ、ほぼ99.9%確定している刑事事件を検証しようとする深山の行動には、常にイライラしっぱなしで、衝突も絶えません。

そして、もう一人、深山にとっては面倒な弁護士が…

その弁護士は、立花彩乃(役:榮倉奈々)という女性弁護士です。

彼女は、努力型の秀才でありながら、言われたことに120%で返そうとするタイプの弁護士なのですが、根が真面目すぎるというべきなのか、型破りな発想を持てない部分を持ち合わせています。

99.9

深山にとって厄介な女弁護士・立花彩乃(役:榮倉奈々)と室長・佐田篤弘(役:香川照之)

しかも深山をライバル視する割には、刑事事件ルームに嫌々移動となり、なんとも面倒な印象が強い。

そんな人物たちと、刑事専門弁護士としてチームを組むこととなった深山たちの下に、早速、事件の弁護依頼が舞い込みます。

依頼人の赤木義男は、運送業の経営者。

流通業界の風雲児としてメディアを賑わせたネットショップの社長が命を奪われ、事件の容疑者として逮捕されたのです。

しかし、本人は、酒に酔っていたために事件当日の記憶が無く、事件の関与を否定し無実を訴えます。

しかし、検察庁の調べによると、指紋の付いた凶器や防犯カメラなどの物的証拠に加え、被害者からの仕事の契約を一方的に打ち切られた憎しみという動機も…

これらの証拠によって、赤木の犯行はほぼ間違いないものと思われ、逮捕されていたのです。

検察は、有罪確実な案件しか起訴しないから、日本の刑事事件は起訴されると99.9%有罪になると、検事出身の佐田は語りだし、赤木に罪を認めさせ、反省を示した上で情状酌量を勝ち取る道を探るのが弁護士の仕事と深山に促します。

しかし、深山はそれに納得することはせず、

『肝心なのは調書より事実。99.9%有罪が確定していても、0.1%に事実が隠されているかもしれない』

と反発し、諦めず事件の真相を救命しようとします。

そして、事件の状況を丁寧に検証する深山の脳裏に、一つのある可能性が浮かんでくるのですが、その可能性を探るためには佐田の力が必要で…

果たして、深山たちは事件の真相を明らかにすることができるのか?


 

以上が、ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』の簡単なストーリーあらすじです。

物的証拠もあり、さらには十分な動機だって揃っているわけで、どう見ても圧倒的不利な状況であることに違いないのですが、そんな状況下でも、真っ向から事件と向き合い真実を究明することが出来るのか…

そして、赤木の無実を、深山達は証明出来るのか…

99.9%の裏に隠された、冤罪という検察の致命的ミスにメスをいれることが出来るのか…

その真相は、すべてドラマ『99.9』で描かれていきますので、気になる方は、ぜひ、2016年4月17日の放送をご覧下さいね。

 

まとめ

日本の裁判有罪率は99.9%とかなり高い実績を残していますが、その裏には、あまりにも卑劣な捜査によって強引に有罪とした事件もたくさん存在していると思います。

そんな目に遭ってしまえば、実社会では、国家権力に遮られ、涙を飲んで人生を棒に振るしか道は無いのかもしれません。

しかし、この2016春放送するドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』では、わずか0.1%の可能性を追求し、冤罪被害から救うべく立ち上がる一人の刑事専門弁護士が登場します。

そして、その男が周囲の弁護士たちと衝突しながらも、事件に隠された事実を究明していく姿が、このドラマ『99.9』で映しだされていますので、きっと勧善懲悪のストーリー展開も期待できると思いますよ。

事実という名の正義を観たい方は、ぜひ、このドラマ『99.9』を御覧くださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ