マナリアフレンズの放送延期の理由・原因!アニメ開始はいつ?

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マナリアフレンズ


グランブルーファンタジー同様、人気ソーシャルゲームの一つとして提供されている「神撃のバハムート」。

その中でも人気のイベント「マナリア魔法学院」がアニメになる…

そんな触れ込みで、2016年4月から放送予定だったはずの、TVアニメ『神撃のバハムート マナリアフレンズ』(以下マナリアフレンズ)。

しかし、放送直前で突然放送延期がアナウンスされ、今なお放送予定が未定となっていますよね。

多くのファンを失望させる結果となった、この放送延期の理由は何だったのでしょうか?

そこで、本記事では、このTVアニメ化が予定されていた「マナリアフレンズ」の放送延期理由・原因を探ってみたいと思います。

[adsense]

「マナリアフレンズ」の突然の放送延期発表

マナリアフレンズ

ソーシャルゲームの一つとして人気を博している神撃のバハムート。

2011年9月1日のリリース以来、テレビCMなどの影響もあり、ゲームユーザーだけでなく、多くの人たちにその名を知られる人気ぶりを見せています。

その中でも、漫画化もされている人気イベントが「マナリア魔法学院」。

このマナリア魔法学院の最初のイベント「マナリアに咲く双輪の華」を原案として、テレビアニメ化が決定。

タイトルもマナリアフレンズと変更され、2016年4月よりULTRA SUPER ANIME TIME枠で放送予定でした。

かつて放送された、「神撃のバハムート GENESIS」で、TVアニメ化の実績は十分。

キャストも、水樹奈々さん・日笠陽子さん・井上喜久子さんなど、豪華声優陣が起用され、後は放送を待つばかり…

当然、多くのファンが、マナリアフレンズも放送されると期待されていたのです。

・アニメ「マナリアフレンズ」の突然の放送延期

ところが、「マナリアフレンズ」の公式サイト及びTwitterにて、放送を直前(2016年3月8日)に、いきなりアニメ放送延期が告げられます。

さらに、予定されていた先行上映会も中止に…

多くのファンは、完全にアニメ放送されるものと考えていたわけですし、まさかの出来事にショックも計り知れません。

それも、数ヶ月遅れで放送されるならまだしも、公式サイトでは、今なお放送予定が未定とされているのです。

当然というべきか、スタッフのところには、原作としてCygamesの名が記載されているだけで、その他のスタッフに関しては全く不明。

あくまで分かっているのは、一部キャスト(声優陣)のみという状況です。

放送前には続々追加情報も公表され、誰もがアニメ放送されることを信じて疑わなかっただけに、まさに青天の霹靂…

・マナリアフレンズ放送延期に世間も大混乱…

この作品のベースとなる「神撃のバハムート」は、ソーシャルゲームとしておなじみの「グランブルーファンタジー」に並ぶヒット作品。

当然、マナリアフレンズとしてテレビアニメ化されると発表され、世間は大注目していたはず…

それだけに、この突然の放送延期には、世間も大混乱しているようです。

もちろん、世間といっても、社会現象になるほど大混乱していたわけではなく、多くのファンを巻き込んでというニュアンスが正しいとは思います。

ただ、少なくとも、放送直前だったことも踏まえて、制作サイドもファンも困惑していたことに違いはないでしょう。

それだけ、マナリアフレンズの放送中止は、多くの関係者に衝撃を与える出来事だったのです。

「マナリアフレンズ」放送延期の理由・原因は?

マナリアフレンズの突然の放送中止発表に、ファンは騒然としているわけですが、決して無い話ではありません。

制作の遅れ、監督による事情で制作が遅れてしまうなんてことも実際に他の作品でも見られることはあります。

その代表と言える作品が、庵野秀明監督が手がける映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版: ||」。

・「シン・エヴァンゲリオン劇場版: ||」も制作が遅れていた…

この作品は、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に続く作品として手がけられ、エヴァシリーズ完結編として公開される予定でした。

たしかに、具体的な公開予定日が発表されたわけではありませんでした。

それでも公式サイトまで立ち上げられていたので公開を期待するファンも続出。

その間には、庵野秀明監督が、映画「シン・ゴジラ」制作に携わることとなり、ますます制作が延期となってしまいます。

そして、その背景には庵野秀明監督が、燃え尽き症候群にかかってしまったのではないかと噂されたことも…

このように、制作が遅れてしまい、まだ公開に至っていない作品はいくつか存在しています。

マナリアフレンズもその中の一つとして理解すれば、まだ、多少ショックも和らぐかもしれませんね。

・気になるマナリアフレンズ放送延期理由は?

それにしても、気になるのは、何故、マナリアフレンズが突然放送延期となってしまったかということです。

しかも、諸般の事情とだけ説明するにとどまり、具体的な理由・原因を何一つ語らず2年という月日が過ぎようとしているのです。

では、この諸説の事情とは一体何なのでしょうか?

・原作元のCygamesの著作権絡みの問題の可能性

アニメ放送延期を受けて、原作元のCygamesのアニメ事業部所属・竹中信広さんは、

「これも私の不徳のいたすところと猛省しております。このままでは終わりません。少しの間、期待をして待っていていただけると嬉しいです。」

と語っているので、少なくとも、Cygames側が著作権絡みの問題として拒んだ上での放送中止ということではなさそう…

・キャストによる都合の問題の可能性

一方、キャストも、公式サイトで発表されたまま、特に変更されたなんて話も聞かれませんし、今なおクレジットは残っています。

しかも、その年の3月26日・27日に、キャストを交えた「マナリアフレンズ」トークイベントが開催されているのです。

このトークイベントは、東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan 2016」のCygamesブースで行われたトークイベント。

キャストである日笠陽子さん、福原綾香さん、井上喜久子さんが、この日会場に訪れたファンに向けて、

「制作現場は愛を持って作品に向かっているので期待してほしい」

とコメントされていらっしゃいます。

ということは、キャストがドタキャン降板したことによって放送延期となったわけでもなさそう…

・制作サイドによる諸事情の可能性

あとは残すは、制作サイドに何かしらの問題があったかということくらいしか考えられません。

先程もお話した通り、公式サイトからは、制作スタッフのみクレジットから消されています。

もし、継続して制作に携わっているなら、キャスト同様、クレジットから姿を消すなんてことは無いでしょう。

ちなみに、かつて記載されていた制作スタッフの名は、

監督・シリーズ構成:ほしかわたかふみさん、
キャラクターデザイン・総作画監督:石原恵さん、
アニメーション制作:スタジオ雲雀ほか

となっていました。

そこで、彼らに何か問題が起こっているのか調べてみたのですが、これといった話は特に見当たりません。

一部で噂になっているアニメーション制作会社・スタジオ雲雀の倒産という声もありましたが、実際のところ倒産している様子は見られません。

それどころか、2018年も精力的に活動している様子が伺えます。

その他にも、ほしかわたかふみさんや、石原恵さんにスキャンダルが勃発したとか、健康上の理由が生じていたという話も一切聞かれません。

なので、

「制作スタッフによる諸事情としか考えられない」

と、筆者の見解を先程述べましたが、それも可能性としては薄そうです。

・ますますわからなくなる放送延期理由

正直、何一つ説明がなされておらず、全く放送延期の理由が皆目検討つかない状況のマナリアフレンズ。

でも、確実に放送延期の理由・原因はあるはずです。

何一つ理由もなく放送延期して、今なお放送予定が未定だったとしたら、それこそファンを冒涜していることになります。

では、一体、マナリアフレンズに何があったというのでしょうか。

・もしかしたらグラブル騒動が理由?

ここから先は、完全なる筆者の憶測でしかありませんが、もしかしたら、グランブルーファンタジーの騒動が、大きく関係しているかもしれません。

そもそも、マナリアフレンズのベースとなっている神撃のバハムートとグランブルーファンタジーは同じCygamesからリリースされています。

では、グランブルーファンタジーによるトラブルが、他ならぬCygamesによるスキャンダルによるものだとしたら…

当然、マナリアフレンズにも、何かしらの影響がもたらされると考えても決しておかしくはありませんよね。

実は、2016年1月に、グランブルーファンタジーで消費(課金)を煽った誇大広告が見られ、騒動が引き起こされています。

ファンたちの間ではアンチラ事件と呼ばれ、大きな騒動になったんだとか…

・アンチラ事件って何?

そもそも、このアンチラ事件とは一体どんな事件だったのか…

ここで、簡単にあらましを説明します。

当時、グランブルーファンタジー内で、年末年始のガチャイベントが開催されていたらしく、その際に実装されていたのがアンチラを含む4キャラでした。

このキャラたちはガチャで引き当てないと手に入らないキャラクターなのですが、本来、6%の当選確率のはずが、課金しても一向に手に入らない…

・多額課金を煽った嘘のイベントの実態とその後の対応

そこで、ユーザーの一部が、実際に検証してみたところ、6%どころか通常の確率と考えられている3%の確率をも下回っていたことが判明。

当然、そのことを知らずに多額の課金を施しガチャしていたユーザーたちは激怒!!

結局、Cygames側は、お詫びとして宝晶石というガチャを引くための課金アイテムを変換することで対応していました。

ただ、問題はそこではありません。

問題はアンチラを手に入れるために多額の課金をさせてしまったことにあります。

一部聞いた話によると、70万円も課金し、結局一体も手に入らなかったという被害者もいらっしゃったようです。

たしかに、返金対応されているのであれば、これでなかったこのにしてもらうことも出来たのかもしれません。

しかし、返金の代わりに運営側から贈られたのは宝晶石…

それで、アンチラも手に入らず、ただユーザーをより怒らせただけでした。

・さらに続くグラブル騒動(ステマ編)

ユーザー達の怒りを激化させ、ますます大きなスキャンダルとなったグラブル騒動には続きがあります。

なんとこのゲームのキャラクターの声を担当されていた声優さんを使って、ステマ騒動まで引き起こしていたと疑惑が浮上してしまうのです。

運営元は、この疑惑に関しては否定されていましたが、ファンは納得できず、また、この一連の事件で多額の課金をしていた人が消費者庁に相談へ…

内閣までも巻き込むようなとんでもない事件と発展してしまったというのです。

・結局グラブル騒動が、マナリアフレンズ放送延期の理由?

この大きなスキャンダルが勃発してから、3ヶ月後には、マナリアフレンズの放送が予定されていた…

そのことを考えると、何かしら大きな影響を受けたと考えてもおかしくはありませんよね。

これだけの事件を起こしてしまい、イメージを失墜させてしまったわけですから、当然、制作サイドが離れていくことも予想されます。

あくまで、筆者の憶測ではありますが、このグラブル騒動がきっかけで、制作サイドが離れ、放送延期となったのではないでしょうか。

・Cygamesのアニメ事業部所属・竹中信広の言葉に隠された意味

先程お話ししたように、Cygamesのアニメ事業部所属・竹中信広さんは、

「これも私の不徳のいたすところと猛省しております。」

と語られていました。

正直、筆者は当初、この意味がよく分かりませんでした。

私の不徳といっても、制作サイドやキャストの不祥事や諸事情で放送延期になったとしても、私の不徳とまで責任を追わせるのはあまりにも不自然です。

そんなことを言い出したら、常に関係者の身辺調査が必要となってしまいますし、こんなことをし始めたら、クリエイティブな作品は何一つ作れません。

なので、猛省の必要は無いと、筆者は考えていましたし、何故、竹中信広さんがそこまで自らを卑下してしまう発言をするのか疑問でした。

・竹中信広の言葉の裏にはグラブル騒動が隠れていた…

ただ、これが、グラブル騒動によって、マナリアフレンズの放送が無期限延期となっていたのだとしたら、話は全く変わってきます。

グランブルーファンタジーのプロデューサーは、木村唯人さんと春田康一さんで、竹中信広さんは全く関係ありません。

しかし、同じCygamesの社員であることに変わりはありません。

となれば、会社を代表として謝罪したと考えることだって十分可能です。

つまりグラブル騒動にまつわるCygamesの大スキャンダルが、マナリアフレンズ放送延期の最大の理由・原因と考えられるのです。

・グラブル騒動の余波を受けてマナリアフレンズ放送延期?

もちろん、これは、筆者の憶測によるものが極めて強い話です。

ただ、グラブル騒動が起こったことは明らかな事実です。

もちろん、それが理由で他の作品に影響を及ぼしたなんて、恥の上塗りをしているようなもので、事実だとしても公表することなんて出来ません。

なので、確証はありませんが、そういった諸々の事情があって、マナリアフレンズの放送が延期された可能性は極めて高いと思いますよ。

それが事実だとしたら、非常に残念極まりない話ですが、これも、マナリアフレンズが歩む運命なのかもしれませんね。

今後マナリアフレンズは放送されるの?

さて、今なお放送予定のめどすら立っていないマナリアフレンズですが、今後、放送されることはあるのでしょうか?

一応、本作品のベースにある「神撃のバハムート」の、アニメ第2期作として、

「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」

が、2017年4月に放送されています。

ちなみに制作スタッフは、第一期とそれほど陣容も変わっておらず、こちらに関しては、グラブル騒動による極端な影響は受けていないのでしょう。

だからこそ、2015年に制作し2年がかりで放送にこぎつけたという部分はありますが、放送中止という事態には陥らなかったのだと思いますよ。

では、マナリアフレンズはどうなるのか…

・マナリアフレンズ放送の可能性は低い?

そもそも、制作スタッフが全く違っているので、かつての陣容で進めていくことは不可能だと思います。

では、アニメ「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」のスタッフを起用し制作できないかと言われても、それは、難しいと思います。

まず、同じ神撃のバハムート内の作品だとしても、マナリアフレンズは、また趣向が異なります。

つまり、スタッフを変えて一から取り直さなければならないのです。

とはいえ、一部は撮影も済まされているでしょうし、そこを引き継いでやっていくのは至難の業…

・新スタッフも尻拭いは嫌なはず…

一からやり直していくなら、まだ可能性もあるかもしれませんが、他の制作スタッフにしても、尻拭いで作品を作らされるのは嫌でしょう。

あくまで、これも憶測でしかありませんが、おそらく、マナリアフレンズが放送されることはもう無いと思いますよ。

ファンにしてみれば、非常に残念な話ですが、それも一つの運命として受け入れるしかなさそうですね。

ただ、何度も言いますが、これはあくまで筆者の憶測であり、決定ではありません。

もしかしたら、奇跡がお起こり、いつの日かマナリアフレンズが放送されるかもしれません。

ぜひ、その日が来ることを楽しみにしたいものですね。

まとめ

2016年4月に放送を予定されていた、アニメ「マナリアフレンズ」ですが、放送1ヶ月前にして突然の放送延期が告げられてしまいました。

その理由・原因は、今なお、諸般の事情としか明かされておらず、全く理由が掴めておりません。

ただ、憶測上ではありますが、先のグラブル騒動が大きな余波を生み、マナリアフレンズ放送延期に至ったものと思われます。

そして、今後の放送予定も、めどが立つことはなく、永久にお蔵入りになるのではないかと思います。

ただ、確定した話ではありません。

奇跡が起こって放送されることに淡い期待を寄せて、マナリアフレンズ放送の日が訪れるのを待ちたいと思う次第です。

ページトップへ