星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ

だがしかしのアニメ2期の放送日はいつ?1期の最終回ネタバレと感想

更新日:

コトヤマ先生原作の漫画『だがしかし』のアニメは、2016年1月8日~3月31日の間で放送されました。

そんな『だがしかし』…。

なんと2017年8月に、『だがしかし』アニメ2期・『だがしかし2』放送決定の情報が公開されました!

では、一体いつ頃にアニメ2期となる『だがしかし2』が放送されるのか?

当記事で、アニメ『だがしかし2』の放送日やストーリー、新キャラクターについてお話していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『だがしかし』1期第12話(最終回)のストーリーおさらい

だがしかし12話6

さて、『だがしかし』のアニメ2期となる『だがしかし2』の放送が決定したわけですが…。

まずは、アニメ1期の最終回が、どのエピソードだったのかを振り返っていきましょう。

 

『だがしかし』アニメ1期の最終回となったのは、原作漫画では単行本第3巻に収録されている第49話『さくま式ドロップス』の回でした。

(厳密には、『だがしかし』は第○話ではなく、第○かし、と表記するのですが…)

ココノツは、雨に降られ、駅で雨宿りしていると、そこへやってきたほたると遭遇。

ほたるが雨の中を濡れながらも歩いていた理由は、

佐久間製菓『サクマ式ドロップス』を探していたから

というものでした。

ほたるから『サクマ式ドロップス』分けてもらったココノツですが、引いたのはハッカ味…。

そのハッカ味を巡るエピソードというのが、この話の本題なのですが…

アニメ1期の最終回と言うこともあるからか、アニメでは少しオリジナルストーリーが加えられていて、

『ココノツがほたるのお菓子探求の旅の邪魔になっているのではないか?』

という悩みを打ち明けるというシーンもありましたね。

そんなココノツに対し、ほたるは、

「そもそもが思い違いだ」

と、言い放ち、ほたるにとって、シカダ駄菓子へ通っているのは、駄菓子屋として楽しいから。

駄菓子巡りの旅も、行こうと思えばいつでも行けることを伝え、最後は晴れた空の下を2人でどこかへ歩いていく展開で『だがしかし』最終回(第12話)は幕を閉じる…。

というストーリーでしたよね。

実は、このアニメ『だがしかし』は、原作の順番通りではなく、かなりバラバラなストーリー展開になっています。

最終回の最終シーンは、『さくま式ドロップス』の回でしたが、これは先ほども触れた通り、原作漫画の単行本第3巻・第49話に当たります。

しかし、最終話の最初に登場したエピソード『食べルンですHi』。

その次に登場した『さくらんぼの詩』。

原作漫画では単行本4巻・第63話、64話

に該当する話です。

 

そんなアニメ『だがしかし』ですが、アニメ2期ではどのようなストーリーが展開されるのでしょう?

続いては、アニメ2期となる『だがしかし2』の情報について、お話していきます。

 

『だがしかし』アニメ2期放送が決定!放送日はいつ?

『だがしかし』のアニメ放送が終わってしまい、

「2期はまだなのか!?」

と、筆者も楽しみにしていた『だがしかし』アニメ2期…。

ようやく

アニメ2期『だがしかし2』の放送が決定

と、2017年8月9日に発表されました。

待ちに待った『だがしかし』アニメ2期が、ついに放送決定となり、嬉しい限りです。

ちなみに放送時期ですが…。

2018年放送

とのこと。

まだ詳しい時期は判明していません。

『だがしかし2』の放送日については続報待ちとなりそうですね。

 

『だがしかし2』は、PVも公開されているので、こちらをどうぞ。

PVを見る限りでは、またアニメ1期のようなノリで…。

と思われるのですが、見知らぬ人物が何人か登場していますよね。

では、続いて、アニメ2期となる『だがしかし2』のストーリーや、新キャラクターを紹介しようと思います。

 

『だがしかし2』の新キャラクターとストーリーあらすじ

早速、PVに登場していた2人の新キャラクターやストーリーについて、紹介していきましょう。

尾張ハジメ

右側の人物が、新しいキャラクターである尾張ハジメです。

強烈なネタバレになってしまいますが、ほたる失踪後に、入れ替わりとして登場したのがこのハジメでした。

尾張ハジメは20歳で、シカダ駄菓子に住み込みで働いている女性店員。

もともとは、大学中退後に、シカダ駄菓子店の近所に新設されたコンビニで働いていたのですが…。

あまりにも朝に弱い体質の為、なかなか職場になじめず、遅刻ばかり…。

ついには解雇となってしまい、

「給料を全部家賃にする」

という条件のもと、シカダ駄菓子で働くこととなります。

隙だらけで、

「~ッス」

という口癖。

さらにはドジ連発だったり、かなりだらしない性格なのですが…。

実はTOEIC900点という実力を持っていて、雑学も嗜む頭のいい女性でもあります。

枝垂紅豊

紅豊は、シカダ駄菓子の近くにできたコンビニのエリート店長。

名前は、"べにゆたか"と読みます。

エリートというものの、その手腕は怪しく、コンビニなのに3,500円のケーキを置いたりしているようです。

"枝垂"という名字からわかるように、実は枝垂カンパニーの次期後継者と言われていた御曹司

つまり、ほたるの実兄に当たる存在です。

しかし、紅豊は駄菓子より、コンビニにおいてある食玩やカードゲームのほうが好きでした。

そのため、枝垂カンパニーを継ぐべきなのか悩み、出奔していたところを、ほたると再会。

それでも、まだ跡継ぎになるつもりはないようです。

先述したケーキの件で、アドバイスをしたココノツを自分の部下にしようと考えているようで、

  • シカダ駄菓子の跡継ぎにしたいヨウとほたる
  • 自分の部下にしたい紅豊

という、兄妹である意味、ライバル関係になっているとも言えそう。

 

続いては、アニメ2期となる『だがしかし2』のストーリーあらすじについて予想しましょう。

まず、PV内に冬の景色、そしてハジメ、紅豊が登場するということから…

夏休みが終わり、秋~冬のストーリーが描かれる

と言っていいでしょう。

ちなみに、先ほどハジメの欄で隣にいたほたるがホームランバーを持っていたことから…。

これに察している原作ファンもいると思います。

ほたるは、ホームランバーの当たりをココノツに渡したのを最後に、冬になるまで失踪してしまう

のです。

そしてここから『だがしかし』は、読者も置いてけぼりになるくらいの新展開へ突入します。

ほたるが失踪したかと思えば、

ヨウが骨折で入院し、ココノツが店長代理として店を任されることに。

しかし、夏休みが終わってしまい、秋になると当然ながら学校があります。

そして、ココノツが学校に行っている間の店番が必要となるわけで…。

ここでハジメの出番!というわけですね。

この他にも、紅豊がコンビニを構えて登場し、駄菓子屋の最大のライバルとなったりするなど。

ほたる不在も濃いキャラで埋めている、そんな秋が繰り広げられます。

そして季節は冬。

ここでもガラッと様相が変わり、ココノツの漫画家としての要素もストーリーに関わってきます。

店のこともこなしながら、描き上げた漫画を持ち込みに行くのですが、編集者の人にボロクソに批判され落胆…。

そこに突如帰ってきたほたると遭遇…。

など、ギャグももちろん健在なのですが、ちょっとしたシリアス要素も入ってくるため、常に駄菓子ネタが繰り広げられるわけではなくなると思います。

まあ、世の中の駄菓子には限りがあるため、駄菓子ネタもいつかは尽きてしまいますからね。(笑

そのため、アニメ2期である『だがしかし2』は、

シリアスなエピソードの割合が増える

と見ていいでしょう。

とくに、ほたる失踪から再会までの秋~冬の時期のエピソードは、『ほたるロス』になるおそれもあります。

ほたるが、しばらく登場しないかもしれない…。

そのことを忘れないようにしましょう!

 

まとめ

アニメ『だがしかし』の2期となる『だがしかし2』が、2018年に放送されると発表されました。

新キャラとして、尾張ハジメ、そしてほたるの兄である紅豊が登場。

この新キャラの声優が誰になるのかも気になるところです。

具体的な放送日や声優情報など、今後の続報も楽しみになってきましたね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アニメ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.