星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

早子先生のドラマ出演者キャスト一覧と実年齢!撮影ロケ地も紹介

更新日

20代女性の約7割が『結婚願望アリ!』なんて話もあるくらい、結婚に憧れている女性は何時の世も多いですよね。

そんな中、気がついたら、いつの間にか結婚適齢期を過ぎてしまう女性もちらほら…

実は、ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』の主人公も、結婚に憧れながらも、充実した教師生活を続けていく中、独身生活が続いているアラサー女性。

それ故に、『早子先生、結婚するって本当ですか?』は、多くの女性がどこか共感しながら、思わずクスッと笑ってしまうような婚活ドラマとなっています。

それにしても誰が、このドラマにキャスティングされているのか気になりますよね。

また、婚活ドラマの様相を呈しているので、モデルとなる人物の実年齢や、ロケ地情報も気になると思いますので、本記事で関連情報としてご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

早子先生、結婚するって本当ですか?の出演者キャスト一覧

hayako_KH3
2016年も早いもので、もう春が到来!!

4月に入り、新学期・新生活を迎える若者たちも多くいらっしゃることでしょう。

また、年度が新たになるということもあり、新しいことにチャレンジするには、うってつけの時期ではないでしょうか?

そんな2016春にピッタリのドラマが、いよいよ2016年4月14日(木)からスタートします。

ドラマのタイトルは、『早子先生、結婚するって本当ですか?』

主演は、2014年10月期のドラマで、同じフジテレビ・木曜劇場枠『ディアシスター』にて、主演キャストを務めた女優:松下奈緒さん。

松下奈緒さんについては、こちらの記事でも

松下奈緒さんは、どことなく優等生キャラをよく演じられている女優さんですが、今度のドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』では、幼いころ結婚に恋い焦がれながらも、とくにこれといった婚活をしてこず、いつしか独身のまま時を過ごしてしまったアラサー女性を演じられます。

しかも、松下奈緒さんが演じる立木早子という人物は、実在の人物で、サバサバした性格ながらマイペースで、体育会系のノリを持ち、子どもや同僚たちからも人気の小学校の先生という3枚目キャラ。

松下奈緒さんのこれまで演じたキャラと全く異なる人物です。

そんな3枚目キャラである立木早子というキャラが、ある事件をきっかけに、婚活に勤しむようになっていくドラマが、『早子先生、結婚するって本当ですか?』なのですが、ドラマに出てくる早子先生だけが婚活をしているわけではありません。

早子先生の同僚教師も、早子先生と共に婚活同盟を結び、婚活に勤しんでいらっしゃいます。

原作『早子先生、結婚するって本当ですか?』では、一人ずつ、素敵な男性に巡りあい、婚活を卒業していくわけですが、その姿や、各先生達のキャラクターなども実にコミカルに描かれています。

そんなコミカルな設定だからこそ、春の時期にぴったりなドラマとして、『早子先生、結婚するって本当ですか?』を観ることができると思います。

では、少し前置きが長くなってしまいましたが、ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』の出演者キャストを、ご紹介していきますね。

『早子先生、結婚するって本当ですか?』キャスト一覧

婚活同盟メンバー(平和町小学校教員)

立木早子:松下奈緒
久我山ミカ:貫地谷しほり
成増梅子:佐藤仁美

千駄木廉太郎:八嶋智人
原作上ではメインキャラというわけではなく、もしかしたら存在しないかも…
ただ、何故かドラマでは婚活同盟の一員として合コンなどに勤しんでいる

港草介:間宮祥太朗
一応、独身ということで、半ば強引に婚活同盟に巻きこまれてしまうが、本人は結婚する意志は無く、婚活同盟一員としても嫌々入っているだけの存在

婚活同盟メンバー(同僚教員以外)

羽村舞:舞羽美海
ミカの友人でOL

平和町小学校教員(既婚者)

神田和夫:田野倉雄太
本郷潤吉:山内圭哉

秋川莉々(保険医):小芝風花

立木家の人達

立木辰志(父):尾藤イサオ
立木尚子(母):松坂慶子

守山風子(妹):川栄李奈
かつて会社員として働いていた先輩と数ヶ月で結婚し、現在名古屋で生活している。
時折、早子の恋のアドバイザーを務めるしっかり者。

以上が、『早子先生、結婚するって本当ですか?』の主な出演者キャスト一覧となっています。

基本的には、原作『早子先生、結婚するって本当ですか?』のキャラクターがそのまま登場している印象ですが、数名違うキャラが登場していたり、設定が同じかどうかも怪しいキャラがドラマに登場します。

最も分かりづらいのが、川栄李奈さん扮する早子の妹:森山風子です。

川栄李奈

川栄李奈

原作では、システムエンジニアをしている2児の母で、ぶんちゃんというニックネームの妹という設定(実際のところはどうか不明)なのですが、ドラマ上では、ぶんちゃんのぶの字も出てこず、名古屋で生活という具体的な地名が出てきています。

一応、人妻という設定は合致していますが、それが、子持ちなのかどうかも分かりませんし、会社務めしているという原作とも設定が違うような気がします。

ただ、このドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』の、ある種、キーパーソン的な人物とも言える、重要な役どころではあると思うので、川栄さんがどのように演じていくのか非常に楽しみですね。

あと、原作上では、婚活同盟のメンバーには、男性は存在しませんし、「羽村舞」というOLも登場していません。

ちなみにまい先生(どんぐりちゃん)は、中学校の音楽講師で、OLではありませんし、これも原作とはキャラが全く異なります。

おそらく、今回『早子先生、結婚するって本当ですか?』をドラマ化することで、大幅に設定も変えてきているのではないかと思いますが、その部分でどのような盛り上がりを見せてくのか…

とくに演者として、八嶋智人さんというムードメーカーがいらっしゃいますし、いろんな意味で楽しみたいものですね。

 

早子先生の年齢がネットで大盛り上がり?

早子先生、結婚するって本当ですか?

ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』の中に登場する主人公・立木早子(小学校の教員)の実年齢について、ネット上で何か大盛り上がりとなっているという話を耳にします。

筆者も何かと気になり、「早子先生」というキーワードでGoogle検索してみると、確かに年齢という関連ワードが浮かび上がります。

そもそも、『早子先生、結婚するって本当ですか?』が実話といっても一部フィクションの部分が混ざっていますし、年齢が早子先生の実年齢と異なることもあると思います。

筆者は少なくともアラサー女子の婚活と捉えているので、そこまで気にするようなことなのかと思っていたのですが、早子先生のブログでは37歳から婚活という話もあったそうですし、ドラマとブログの内容が異なる部分も多々見られます。

やはり、『早子先生、結婚するって本当ですか?』の原作ファンの方たちは、とくに、ドラマとの違いが気になるみたいですし、アラサー視点とアラフォー視点でも、婚活に対する考え方は異なるみたいで、そのためなのか、早子先生が何歳なのか気になっているのでしょう。

そこで、筆者が調べてみたところ、早子先生の年齢は、ブログでは37歳と表記されていると、ある情報サイトに記載されていることが発覚しました。

ただし、それは一部の情報サイトが記載されていただけの話であり、この原作である立木早子さんの著書『早子先生、婚活の時間です』では36歳、『早子先生、結婚はまだですか?』では37歳、そして、シリーズ3作目である『早子先生、結婚するって本当ですか?』では38歳と表記されています。

そのため、現在の立木早子先生の実年齢は、37歳ではなく38歳ではないかと思われます。

とはいえ、フィクションの部分が、多く含まれているという話なので、実年齢がズバリ38歳かどうかは、確かめようがありません。

まぁ、多少誤差はあるとしても、早子先生は、アラフォーなのは間違いなさそうですね。

一方、ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』では、松下奈緒さんの年齢(31歳)に近づけるためなのか、34歳の設定に変更されています。

確かに、31歳の松下奈緒さんが、いきなり40近くの歳の女性を演じると、その世界観やニュアンスが若干崩れてしまうのかもしれませんし、出来れば年齢を近づけたいと、ドラマ制作サイドは考えてもおかしくはないでしょう。

朝ドラなどで、似つかわしくない年老いたおばあさんの役を演じられることもありますが、それは、若いころの役も演じた上での話ですし、そういうことでない限り、年齢を近づけ、よりリアリティに映し出すのはセオリーなのだと思いますよ。

何故、早子先生の年齢を、ドラマでは34歳にしたのか、その理由は推測の域を出ませんが、いずれにしてもアラサー女子として、いろいろ気持ちもわかると思いますし、(ドラマの早子先生と)同じ年代の3枚目的な女性教師を、どのように松下奈緒さんが演じられるのか、楽しみですね。

 

早子先生、結婚するって本当ですか?の撮影ロケ地は?

早子先生、結婚するって本当ですか?のロケ地

早子先生、結婚するって本当ですか?のロケ地

最後に、このドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』の撮影ロケ地についてです。

これを現在わかっている範囲で、ご紹介していきます。

ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか』ロケ地は、今のところは、神奈川県横浜市中区の元町中華街駅周辺としてだけしか分かっておりません。

これは、ある情報サイトにて掲載されていた情報でしか無く、それくらいしかドラマのロケ地情報ははっきり分かりませんでした。

あくまで、ブログ上での4コマまんがエッセイを原作としたドラマですので、具体的な地名も出てきていないみたいですし、『早子先生、結婚するって本当ですか?』のドラマ制作としても神奈川東京などの関東周辺で撮影した方がやりやすいと考えたのでしょう。

その上で、『早子先生、結婚するって本当ですか?』原作の世界観があまり壊れない場所と考えた結果、神奈川県横浜市中区の元町中華街駅周辺で撮影されたのかもしれませんね。

あくまで、このロケ地でドラマ撮影された理由に関しては、筆者の個人的推測でしかありませんので、確証はもてません。

当然、『早子先生、結婚するって本当ですか?』原作の舞台が『横浜』という話はどこにも出てきていませんし、断定も出来ません。

あくまで横浜で撮影が行われていたという話に過ぎず、今後、横浜以外でも撮影されるかもしれませんので、ロケ地情報は、随時注目していきたいと思う次第です。

ただ、一方で、『早子先生、結婚するって本当ですか?』は、どこにでもある小学校を舞台にした、アラサー女性の婚活が、一つのドラマテーマとなっていますので、身もふたもない話ではあるのですが、それほどロケ地は気にする必要がないのかなぁなんて思ったりして…

あくまで、こういう場所で撮影したんだ、という軽い気持ちで捉えるくらいでちょうど良いのかもしれませんね。

 

まとめ

ドラマ、『早子先生、結婚するって本当ですか?』の放送が近づいてきたことで、今まで見えていなかったことも、少しずつではありますが色々と見えてくるようになりました。

はじめ、ドラマでは妹キャラが登場しないものと思っていたのですが、実は、川栄李奈さん演じる森山風子という妹キャラが登場することが発覚…

その他にも、ドラマならではのキャラが登場したりと、原作『早子先生、結婚するって本当ですか?』との変化点もいくつか見られ、より世界観に奥行きが広がっているような印象も見受けられます。

ただ、ドラマロケ地や、出演者キャストよりも、このドラマの見どころは、アラサー女子の婚活にありますので、そこを軸にいろいろドラマならではの設定を楽しみながら拝見したいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ