星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

小林誠司の出身高校をチェック!巨人の正捕手にはなれない?

更新日:

2013年のドラフト会議で巨人から1位指名をされた小林誠司選手。

これまで巨人の正捕手の座を守ってきた阿部慎之助選手の後継者として、かなりの期待をされていました。

しかし、現在では、巨人ファンからも、

「(小林誠司は)やはり控え捕手向きなんだよな…」

と、なかなか大成しないところを見続けているせいか、見限られてしまっていることも…。

とはいえ、小林誠司選手の社会人時代は名を馳せた捕手として有名でした。

では、社会人時代はともかくとして、小林誠司選手の高校時代が気になりますね。

はたして出身高校はどこだったのでしょうか?

きっと小林誠司ファンの多くが、高校時代のことや、同期(同級生)のことなど、気になっていると思います。

当記事でその辺りの話を紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

巨人・小林誠司の2016年の成績をチェック!

日本生命から2013年にドラフト1位で巨人から指名された小林誠司選手。

現在、正捕手候補の筆頭として巨人を支えているわけですが、つまらないボーンヘッドや、リードの甘さなど、どうも守備面で不安ばかりが見られるような選手だと、筆者としては感じています。

小林誠司選手の打撃については、

2016年は規定打席到達者の中で最低の打率

だったため、もはや期待する気持ちも萎んでしまうような酷さ。

打撃はともかく、守備面だけでもしっかりしてほしい…

というのが、巨人、いや、それだけに関わらず、現在のプロ野球の正捕手事情かと思います。

実際に、小林誠司選手に不満を抱いている巨人ファンも多いようで、

「肩と顔はいいんだけど、その他がもう少し伸びてくれないとなぁ…」

「どうしても2番手向きなんだよね…もっといい捕手来ないかな」

と、強肩だけは売りではあるものの、なかなか守備面で成長が見られないことから、小林誠司選手は、控えキャッチャー向きだとすでに諦めている方も…。

現在のままだと、小林誠司選手の他に魅力的ないい捕手が育った場合、巨人、中日の両方でサブキャッチャーとしてベンチを支えていた小田幸平選手のような地位で、今後のプロ野球生活を終えてしまいそうですよね。

とはいえ、小林誠司選手に全く進歩が見られないわけではありません。

2015年の序盤は見るに堪えないというほどのひどい有様だったリードも、一度2軍落ちを経験してからは、少しは改善されるようになりました。

しかし、リード面は改善の兆しを見せているものの、相変わらずエラーが多いんですよね。

まだ経験が足りないのか、2016年になっても、時折つまらないボーンヘッドをやらかしているところを何度も見かけています。

中日の試合を個人的に注目して見ているので、小林誠司選手のプレーは生粋の巨人ファンほど知っているわけではありません。

ただ、2016年の小林誠司選手というと、9月2日からの東京ドームでの中日戦3連戦がかなり記憶に残っています。

9月2日は、平田選手のタイムリーが飛び出した際、

小林誠司選手が痛恨のボーンヘッドで、村田ヘッドコーチに公開説教を受けている

シーンがありましたよね。

さらに後日は、今度は甘いタッチだったがためにボールがこぼれてしまい、8回に逆転を許すというシーンもありました。

今後、小林誠司選手が巨人の正捕手として定着するためには、つまらないミスを減らし、守備面・リード面ともに今以上の成長は必須です。

 

巨人・小林誠司の出身高校は?

小林誠司選手といえば、注目を浴びるようになったのは社会人野球の日本生命時代で、それまではドラフト指名されなかったという選手です。

それだけに、小林誠司選手は、一体どこの高校出身だったのか気になる方も多いみたいですね。

では、小林誠司選手の出身高校はどこだったのかというと、ずばり

広陵高校

です。

広陵高校は、もはや語るまでもない広島の名門校。

ここから数々のプロ野球選手を輩出しています。

硬式野球には、かなりの力を入れている学校で、他県からも高校野球のために入学する生徒もいるようですね。

小林誠司選手も、元々は大阪府堺市の出身ですが、高校生の時に広島・広陵高校に進学しました。

では、小林誠司選手に、プロ野球で同期(同級生)の選手はいるのでしょうか?

続いては、小林誠司選手の同期のプロ野球選手を紹介していきましょう。

 

小林誠司の広陵高校時代の同期は誰?

小林誠司選手の広陵高校時代の同期には、野村祐輔投手、土生翔平選手、上本崇司選手(いずれも広島東洋カープ在籍)の3人がいます。

彼らが3年生当時は、土生翔平選手が主将を務め、春の選抜はベスト8、そして夏の甲子園の準優勝に大きく貢献しています。

とくに、野村祐輔投手は、小林誠司選手が高校3年の時にバッテリーを組んだ相手。

佐賀北旋風が巻き起こった2007年の夏の甲子園の決勝戦は、いまだに忘れられませんね。

試合は8回裏に、副島浩史さんにまさかの逆転満塁ホームランを野村祐輔投手が打たれてしまい、甲子園の魔物の恐ろしさを実感させられた試合でもあります。

この時、小林誠司選手はミットを叩いて悔しがっていたそうです。

とはいえ、その後、副島浩史さんは大学時代に怪我をして野球の舞台から去っていき、野村祐輔投手は、今や広島のエースにまで成長しています。

あの田中将大投手と斎藤佑樹投手の関係もそうですが、甲子園の結果なんて、その後の野球人生においては、あてにはならないものですね。

人生何が起こるかわからない…

そう思わされる2007年の一幕だったと思います。

 

小林誠司以外の広陵高校出身のプロ野球選手は?

西村健太朗

西村健太朗選手

では次に、小林誠司選手のように、広陵高校出身のプロ野球選手はどれくらいいるのでしょうか?

さすがに名門校というだけあって、プロ野球選手がそれなりにいることが確認できました。

現役プロ野球選手の有名どころでは、先ほど挙げた広島カープの選手以外にも…

  • 西村健太朗投手(巨人)
  • 吉川光夫投手(巨人)
  • 上本博紀選手(阪神)
  • 有原航平投手(日本ハム)

などがいます。

ちなみに、上本博紀選手は、上本崇司選手の実の兄です。

また、現役を引退した選手では、阪神の金本知憲監督や、福原忍コーチ、巨人の打撃コーチを務めている二岡智宏コーチもいますね。

心なしか、現役選手・コーチ陣では、広島・巨人・阪神の3球団に在籍している方が多いように思います。

広島は地元なのでわかりますが、阪神・巨人に多いのは、何か理由があるのかも…。

 

まとめ

巨人の小林誠司選手の出身高校は、広島の名門・広陵高校です。

高校時代の小林誠司選手は、

  • 春の選抜でベスト8
  • 夏の甲子園で準優勝

で大きく貢献しています。

高校卒業後は同志社大、日本生命を経てドラフト1位で巨人に入団。

また、広陵高校時代の同期として活躍しているプロ野球選手には、広島に在籍する野村祐輔投手、土生翔平選手、上本崇司選手がいます。

所属する巨人では、二岡智宏コーチや西村健太朗投手、吉川光夫投手が該当します。

その他にも広陵高校出身者には、現在阪神の監督を務めている金本知憲監督が有名ですね。

そんな広陵高校出身の小林誠司選手は、巨人の正捕手に挑もうとしています。

仮に巨人の正捕手ということになれば、間違いなく歴史に名が残ります。

また、周囲もそれを望んでいますし、小林誠司選手には頑張って、正捕手の座をガッチリ手にしてほしいところですね。

小林誠司の記事はこちらもよく読まれています!

小林誠司の出身大学は?ドラフト1位以外は社会人って本当?

巨人・小林誠司はキャッチャー失格?阿部が再び捕手の理由とは?

小林誠司(巨人)捕手が宮澤智アナと破局した原因・理由は成績不振?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.