星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

ラニーニャ現象の夏は猛暑?その意味と日本への影響を解説

更新日:


みなさんは、ラニーニャ現象を知っていますか?

エルニーニョ現象とともに、なにか気候に影響を及ぼす現象という認識はあるかと思いますが、具体的に知っている人は少なそうですよね。

さて、このラニーニャ現象が発生すると、日本にはどういった影響を及ぼすのでしょうか?

当記事では、ラニーニャ現象と、ラニーニャ現象が及ぼす日本への影響について、調べてみました!

スポンサーリンク

2016年に発生したラニーニャ現象とは?

ラニーニャ現象

ラニーニャ現象といえば、2016年9月頃に発生したと気象庁から発表されました。

とはいえ、大半の人は、

「ラニーニャ現象って何?」

と思っているでしょう。

そこで、まずはラニーニャ現象とはどんな現象なのか、そこから解説していきたいと思います。

 

まぁ簡単に言ってしまえば、言葉の意味通り、エルニーニョ現象と対になる現象なわけですが…。

通常であれば、赤道付近には貿易風という東風が吹いていて、周辺の海水は西へ流されていますよね。

そして、それを補うように深海から冷たい海水が湧き上がるのです。

しかし、何らかの原因で東風が強くなってしまうと、暖かい海水はさらに西へ追いやられるようになります。

その結果、冷たい海水の湧き上がりが強まってしまい、

太平洋赤道域の中部(日付変更線付近)から南米のペルー沖にかけての広い海域で、海面の水温が平年に比べて低い状態

になります。

この現象が、ラニーニャ現象です。

もっとざっくりとラニーニャ現象について解説すると、

先ほどの海面の水温が低くなった状態が、1年以上続いた時がラニーニャ現象

と解釈していいでしょう。

これが、エルニーニョ現象と逆の状態というわけです。

『エルニーニョ』と『ラニーニャ』。


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.