星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

佐藤亜美菜の現在とAKB48卒業理由とは?アニメ声優の評価を考察!

更新日:

国民的アイドルグループAKB48の元メンバーの佐藤亜美菜さんが、AKB48卒業後、露出度が激減したようです。

声優として活動を始めたようですが、実際のところ声優として活動できているのか…。

佐藤亜美菜さんの現在を気にしているファンも多いようですね。

彼女自身、神セブンに入っていたメンバーでもなく、あるいは既に引退しているのかもしれないと心配するファンも少なくないのでしょう。

また一方では、佐藤亜美菜さんの卒業理由を気にしている人もいるようです。

そこで、本記事では、彼女の現在の活動やAKB48卒業理由、そして、声優としての彼女に対する評価をまとめていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

佐藤亜美菜のAKB48卒業後の現在は?

佐藤亜美菜

佐藤亜美菜

元メンバーの倉持明日香さんや、おバカキャラとしてブレイクした大家志津香さんと同期で、AKB48の4期生だった佐藤亜美菜さん。

彼女は既に所属事務所として、声優タレントが所属する芸能事務所・大沢事務所に所属しています。

そして声優として、海外ドラマの吹き替えやアニメの声の出演、ラジオのパーソナリティとして活躍しています。

ちなみに、大沢事務所という名前を聞いたことがない人も多いかもしれませんが、決して無名の芸能事務所というわけではありません。

主な所属タレントを見ると、

  • 『境界のRINNE(的場ナツミ)』
  • 『AKB0048 next stage(10代目 秋元才加)』
  • 『バクマン。(蒼樹紅)』

など多数の有名作品に出演している声優・川澄綾子さんを始め、多数の有名声優が所属していることが分かります。

もちろん、この中には大ベテラン声優もいます。

TVアニメ『サザエさん』で波野タイ子の声を演じている逢川亮子さんもその一人。

これだけの名優が所属しているわけです。

ただ、どうしても声優は顔が出ない声だけの仕事なので、活躍している姿がわかりづらいということもありますね。

 

少し話がずれましたが、そういう顔が目立たず声の仕事をしている佐藤亜美菜さんは、AKB48時代から冷遇を受けていた事もあったようです。

影で努力しながらも知名度は、それほど高くなかったことが実情で、それは今も変わりないようです。

しかし、意外なところで佐藤亜美菜さんは声優として大活躍しています。

河北麻友子さんがイメージガールとして定着している化粧品ブランド『CANMAKE東京』のテレビCM。

その中で、2017年、女の子の人形とやり取りするCM作品が放送されたことを知っているでしょうか。

筆者も見ていてもスルーしていたのですが、実はこのCMのナレーションや人形の声を佐藤亜美菜さんが担当していたのです。

その他にも、海外ドラマ『エンパイア 成功の代償』や、アメリカのコメディ映画『Dearダニー 君へのうた』のなどの吹き替えもしています。

佐藤亜美菜さんが干されていたかと思いきや、実情は全く異なり、順調に声の仕事を中心に、声優として活躍しているのです。

声優の代名詞とも言えるアニメ声優としての仕事も、

  • 『AKB0048 』
  • 『坂道のアポロン』
  • 『森田さんは無口』
  • 『夢色パティシエール』

など、多数の作品に出演していた佐藤亜美さんは、継続してアニメ声優としても大活躍。

とくに大人気アニメ・ゲーム『アイドルマスターシリーズ』で演じる橘ありすは、佐藤亜美菜さんの声優としての代名詞にもなっているようですね。

筆者もいろんなサイトを通じて彼女のことを調べてみると、声優としての仕事として、真っ先に挙がってくるのがアイドルマスターでした。

チョイ役であろうが役名がある中で、代名詞とも言えるキャラクターが存在していることは実に素晴らしいことです。

今後も、声優として多くの作品で活躍していく佐藤亜美菜さんの姿を見せてほしいと期待しています。

 

佐藤亜美菜のAKB48卒業理由とは?

佐藤亜美菜の卒業

AKB48時代はアイドルになることが終着駅と考えていたために、運営側との折り合いがつかず、冷遇を受け続けてきた佐藤亜美菜さん。

そのため、選抜総選挙では一次選抜入りを果たすも、気がつけば一部のファンを除いて、ほぼ無名状態が続いていた中で卒業となりました。

さらには、スキャンダルによって、完全に干されてしまった変な噂も流れていたようです。

確かに、たびたびスキャンダルは起こしていたのかもしれません。

しかし、もしそれで干されてしまったのだとしたら、既に声優としての活動もできずに芸能界を引退していたはずです。

そういった動きがなく、声優として活動していたということは、そこまで大きな問題ではなかったということなのだと思います。

やはり、有力な卒業理由は、アイドルになることそのものが、佐藤亜美菜さんにとっての終着駅だったためでしょうか。

あまり固執することなく、AKB48時代に見つかったやりたいこと(声優としての仕事)に対して前向きになり、卒業を決めたのでしょう。

彼女にとって運命を決めた、アニメ『AKB0048』の出演とラジオ番組『オールナイトニッポン』の出演が、

声優としての仕事の面白さ

に気づかせ、転向を決意させるきっかけになった…。

筆者の見解としては、そのように感じています。

まぁ、AKB48に所属したままでは、声優としての仕事にも制限が加えられてしまいます。

何よりも佐藤亜美菜さんの場合、背中を押してくれるわけではなく、冷遇を受け続けるだけですので、卒業を決めるのは妥当な判断と言えるでしょう。

実際にAKB48という後ろ盾がなくとも、特徴的なアニメ声に加え、『オールナイトニッポン』で鍛えられたトークスキルを持っているのです。

アニメ声優はもちろんのこと、ナレーションなど声の仕事の需要が高まり活躍も十分見込めます。

佐藤亜美菜さんも『AKB0048』の出演などをきっかけに声優としての自信を持つことができたみたいです。

念願のラジオのパーソナリティにも就くことができました。

新たにできた自身の夢を膨らませていく過程の中で、2014年5月にAKB48卒業したのでしょうね。

 

それにしてもAKB48を卒業後、完全に芸能界を干されたかのように姿が見られなくなってしまった元メンバーが多いのです。

よく勇気を持ってAKB48卒業を決断できましたね。

秋元才加さん、川栄李奈さんのように、AKB48時代に選抜総選挙で神セブンどころか、

一桁順位すら獲れなかった元メンバーたち

が、卒業後、それぞれの道で大成功を収めているケースはいくつかあり、佐藤亜美菜さんもその一つ。

とはいえ、成功ケースはどちらかと言うとレアケースです。

たいていが不遇の時代に逆戻りしてしまうパターンが多いようです。

それだけに、佐藤亜美菜さん自身、AKB48卒業を決めるのは、勇気がいることであることには違いありません。

しかし、いつまでもアイドルでいられないのも一つの事実です。

秋元才加さんのAKB48卒業時のコメントにも表れているように、必ず誰しも卒業時期を考える時がやってきます。

そして、自身の夢を叶えていくために、新たな世界へと飛び込む勇気が時には必要となってくるわけです。

佐藤亜美菜さんが勇気を持ってAKB48を卒業し、声優への道へ本格的に進んでいくタイミングが、2014年5月に訪れた…。

そのことが、人生をも大きく変える転機となったわけです。

もちろん、まだ声優としての認知度は高いというわけではなく、まだまだ伸びしろが大きい中での活動にあることは否めません。

ただ、先程もお話しした通り、声優としての仕事はAKB48のような華やかな世界ではなく、ほとんどが名前を知られずにスルーされる場合が多いです。

最近はアイドル級の扱いを受けて、顔の露出のある番組への出演が増えているため、アニメファンを筆頭に顔が知られている声優が増えています。

それでも本当に知名度の高い声優はごく一部に限られた話です。

たいていは、顔と名前が一致しないというのが実情です。

アニメ『タッチ』の上杉達也役を演じ爆発的に人気となった声優・三ツ矢雄二さんや、同じく『北斗の拳』のケンシロウを演じた神谷明さん。

彼らも、これらの人気キャラクターがあって、知名度を上げたに過ぎません。

三ツ矢雄二(左)、神谷明(右)

三ツ矢雄二(左)、神谷明(右)

あくまで縁の下の力持ちであり、キャラクターに声という息吹を与えられてこそ、声優としての真価を発揮すると言っても過言ではないでしょう。

アイドルという華やかな世界では、ファンの支持と裏腹に、脚光を浴びることができなかった佐藤亜美菜さんでした。

果たして、今後声優として知名度を向上させ大活躍することができるのか…。

重要なのは、『橘ありす』のように、佐藤亜美菜さんの代名詞と言えるキャラクターをどれだけ作り上げられるか。

これが、今後の彼女の声優人生を大きく左右させるポイントとなるでしょうね。

変な噂はありますが、声優として本格的に活動していくために卒業を決めたことが、佐藤亜美菜さんがAKB48を卒業した本当の理由であると信じています。

今後における佐藤亜美菜さんの声優としての活動に注目し続けたいと思う次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

佐藤亜美菜のアニメ声優としての評価は?

AKB48を卒業し、声優としての道を歩んでいる元メンバーの佐藤亜美菜さん。

彼女の露出が少ないこともあり、活躍していることは分かっても、実際の評価が分からず気になるところですよね。

そこで、実際に声優としての佐藤亜美菜さんの評価を調べてみました。

 

すると、AKB48時代にはスキャンダルなどがたびたび起こり、一部のアンチからかなりバッシングを受けていた彼女が、

アイドルマスターの『橘ありす』を演じ状況を一転させた

という話が伺えました。

先程もお話したように、橘ありすは、佐藤亜美菜さんの代名詞となるキャラクターです。

とあるイベントで橘ありす役として登場した際、彼女の歌声に観客たちが絶賛したそうです。

その中にはアンチも少なくなかったらしく、一気に評価が上昇していったんだとか…。

確かに、佐藤亜美菜さんの声は独特で声優向きですし、うまくキャラクターにマッチしたのでしょう。

そのことを通じて彼女の声優としての実力も伝わってきます。

 

キャラクターの魅力を、声だけで伝えられるということは、声優としての能力が高い証拠と言えるでしょう。

佐藤亜美菜さんの場合は、先ほどお話した『CANMAKE東京』のテレビCMのナレーション・女の子の人形の声では、優しく心癒される声色を使っています。

声で変幻自在のキャラ演出ができる点において、声優としての素養を持ち合わせていると、筆者は感じました。

そして、この印象は、筆者だけが感じている印象ではありません。

多くのアニメファンが感じている印象なのです。

だからこそ、AKB48時代にバッシングを受けていたにも関わらず、一気に手のひら返したように絶賛の声が次々挙がっているのでしょう。

もし評価が良くないのであれば、ここまで手のひら返しされることはまずありません。

『アイドルマスター』のような超人気作品に出演し続けることもありえないと思います。

さらに言ってしまえば、河北麻友子さんという絶対的なイメージガールがいるにも関わらず、

CANMAKE東京のテレビCMで、ナレーションや人形の声だけで共演できている

わけですから、評価が高いことは実証していると言って間違いないでしょう。

そもそも、声だけで出演するとなると、よほど評価が高くないと、ただ不協和音になってしまってしまいます。

せっかく河北麻友子さんがイメージガールとして出演しているのに、彼女のイメージさえぶち壊してしまいかねません。

そうなれば当然、制作サイドもすぐさま佐藤亜美菜さんを外すでしょう。

そういった兆候が見られないのは、何よりも彼女の声優としての評価が高い証だと筆者は考えています。

残念ながら、声の仕事とあって顔の露出は少ないです。

佐藤亜美菜さんの場合、

現在の所属事務所がブログやSNSのアカウントを認めていない事

もあって、メディアへの露出は激減してしまっているのが現状です。

だからこそ、声だけでは、知名度が上がりにくくなってしまっているわけです。

それでもアニメファンをはじめとして、佐藤亜美菜さんの活躍を知っている人は確実に増えています。

だからこそ、代名詞と呼ばれるような人気キャラクターを彼女の声で輩出し、どんどん飛躍していってほしいと期待しています。

 

まとめ

AKB48時代には、不遇を受け、活躍の場が制限されてしまっていた元メンバーの佐藤亜美菜さんです。

唯一与えられた声の仕事を通じて、彼女の輝ける道が見つかり、卒業後は声優として多方面で活躍しています。

一部ではスキャンダルによって干されたために、AKB48を卒業したと噂されていますが、それはあくまで噂に過ぎません。

あくまで声優として制限なく活動していくためにAKB48を卒業したのでしょう。

声優である以上、露出度は激減してしまいますが、その分、声の力で多くのファンを惹きつけることができます。

佐藤亜美菜さんが新たな道で、ますますファンから支持される声優として活躍してほしいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-AKB

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.