星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

有吉弘行の芸能人あだ名命名を辞めた理由はSMAP木村拓哉の激怒?

投稿日

一度は転落人生を経験したものの、再びお笑いタレント・司会者として、テレビ業界に返り咲いた有吉弘行さん。

一時期は、元々の毒舌を生かした"あだ名"をつけることで、人気になっていましたよね。

しかし、振り返ってみると、ここ最近になって、有吉弘行さんのあだ名命名を見なくなったように思います。

なぜだろうと気になって調べてみると、意外な事実が判明しました。

そこで、当記事では、有吉弘行さんがあだ名をつけるのをやめた理由について、ご紹介しようと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

有吉弘行のつけるあだ名とは?

有吉

有吉弘行さんと言えば、あだ名をつける芸風が、一時期とても人気となったことがありました。

そもそも、有吉弘行さんのあだ名命名は、いつから始まったのでしょう?

紐解いてみると、どうやら有吉弘行さんが『アメトーーク!』に出演した時のことがきっかけのようです。

『アメトーーク!』内で、有吉弘行さんは、一発屋にならないための方法を教える立場としてゲスト出演しました。

そこで、有吉弘行さんは、

「これだ、という固定されたイメージを持たれないことが大事」

と語り、この流れで、その放送のゲストたちに抱いているイメージをアドリブで発表していくということになりました。

ここで、品川祐さんのことを、

「おしゃべりクソ野郎」

と表現したことから、視聴者の爆笑と共感を呼び、有吉弘行さんが再び、テレビに露出する機会が増えるようになったのです。

その後も、独特のセンスある命名を連発し、

タモリさんを『昼メガネ』、魔裟斗さんを『栃木のホスト』、芦田愛菜さんのことを『子供の皮をかぶった子供』というようなあだ名を命名しています。

筆者的には、高橋英樹さんを『迫りくる顔面』と名付けた時は、思わず笑ってしまいました。

有吉弘行さんのあだ名命名は、激怒するような悪口にならず、かつ笑いもさそう、絶妙なラインでの命名ということで、視聴者からも人気だったのでしょうね、

つまり、有吉弘行さんにとって、あだ名の命名は再ブレイクを果たした要因のひとつとも言える、持ちネタです。

そんなあだ名命名を、有吉弘行さんは、なぜ辞めてしまったのか?

次に、その理由について、探っていこうと思います。

 

有吉弘行のあだ名命名を辞めた理由は木村拓哉?

有吉2

有吉弘行さんは最近、毒を含んだあだ名をつけることがすっかり減ってしまいました。

その理由には、国民的人気グループの『SMAP』の木村拓哉さんに有吉弘行さんが怒られたことが理由、という説があるそうです。

これは一体、どういうことなのでしょう?

話は、有吉弘行さんが『SMAP×SMAP』に出演した際のことです。

番組当初は、有吉弘行さんが『SMAP』のメンバーにあだ名をつけるということは、用意されていませんでした。

しかし、『SMAP』のメンバーに促され、有吉弘行さんが『SMAP』のメンバー全員にあだ名をつけることになるのですが…

当初の予定になかったため、有吉弘行さんは困惑し、即興であだ名をつけることになります。

そこで、有吉弘行さんは、

「30分ほど待ってほしい、最高のあだ名をつけるから」

と言ったのだそうです。

そして、数十分ほど時間を置いたあと、有吉弘行さんが『SMAP』のメンバーにあだ名をつけたのですが、その時の命名が…

稲垣吾郎さん→『寿命短め』

香取慎吾さん→『マヨネーズビール』

草なぎ剛さん→『エラ呼吸』

中居正広さん→『ニセSMAP』

木村拓哉さん→『月9バカ』

となりました。

その後、もう一度『SMAP』と共演した際に、当時のネタを掘り返していたのですが、その時、有吉弘行さんは、木村拓哉さんのあだ名を『ドラマバカ』と訂正しています。

木村拓哉さん自身も、自ら『月9バカ』と言われた、と話のネタにしたこともありますし、ジャニーズ事務所からもお咎めはありませんでした。

にもかかわらず、有吉弘行さんは、その時のあだ名ネタに触れてほしくないような印象があったのですが、一体何が起きたのでしょうか?

実は、この『SMAP』のあだ名を命名した時の番組収録が終わった後、有吉弘行さんは木村拓哉さんに呼び出され、

「40分以上も時間を費やして、このクオリティの低さは何なんだ」

と、説教をしたのだとか。

木村拓哉さんといえば、自らの、そしてほかの人の芸能活動に対しても非常にストイックな意見を持つ方です。

そのため、本来は即興であだ名をつけることで再ブレイクを果たした有吉弘行さんが、このくらいの命名ならば、すぐできなければおかしい、と思ったようですね。

これをきっかけに有吉弘行さんはすっかり意気消沈し、以降、あだ名命名を辞めてしまったのだそうです。

これは、あくまでも噂なので、本当に事実かどうかはわかりませんが、だとすると、有吉弘行さんは、今まで即興であだ名をつけていなかった、ということにもなります。

やはり、有吉弘行さんのあだ名命名は、あらかじめ台本で予定されていて、番組出演者を知った有吉弘行さんが、収録までの時間で考えていた、ということなのでしょうか?

確かに、今までのあだ名命名と比べ、明らかにあだ名のクオリティが低くも感じますよね。

これまで、有吉弘行さんが名付けてきたあだ名が、じっくり考えたものだったとすれば、それにも納得です。

センスあるあだ名だからこそウケていたものの、それがただの悪口になってしまえば、視聴者からも反感を買いやすくなります。

有吉弘行さんも、このあだ名命名自体が、

「そろそろ潮時かもしれない…」

と思い、あだ名命名を辞めてしまったのかもしれません。

 

有吉弘行のあだ名命名を辞めたことのネット上の反応は?

パソコンを使う男性

有吉弘行さんがあだ名命名を辞めたことに対するエピソード。

これに、ネット上では、大きく2つの反応が示されています。

1つは、

「こんなことで怒らなくてもいいのに…」

「キムタクは度量が狭い!」

と、木村拓哉さんの対応がどうかと思う…という意見。

そしてもう1つは、

「30分かけてこれならキムタクも怒るわ」

「あだ名とかいうより、『月9バカ』と『エラ呼吸』は完全に悪口だろ」

と、有吉弘行さんの命名に対しての批判です。

筆者も、これに関しては、有吉弘行さんの命名センスを疑ってしまいます。

有吉弘行さんの再ブレイクを果たす理由になった即興のあだ名命名。

それが、『SMAP』のメンバーに対しては、どうもクオリティが低かったように思えます。

木村拓哉さんも、『月9バカ』という内容自身には怒っていませんし、むしろ自分でも

「『月9バカ』って言われたことがある」

と、話のネタにしているほどです。

木村拓哉さんが怒ったのは、有吉弘行さんが、30分以上の時間を費やしたにも関わらず、あだ名が低クオリティだったことに怒っているのです。

そして、有吉弘行さんも、木村拓哉さんに叱られたことで、即興でのあだ名命名は無理だ、と感じ、やめてしまったのでしょう。

そもそも、現在の有吉弘行さんは、番組司会を務めることなども多いですし、もう毒舌のあだ名ネタを披露する必要もありません。

ある意味、有吉弘行さんが毒舌のあだ名ネタを辞めるのは、そういう時期の流れだったのかもしれませんね。

 

まとめ

一度は転落人生を歩んだものの、毒舌を生かしたあだ名命名で、再ブレイクを果たした有吉弘行さん。

その再ブレイクのきっかけとなったあだ名命名を辞めてしまったのには、『SMAP』の木村拓哉さんに叱られたことが原因でした。

これが事実だとすれば、木村拓哉さんは、本当に仕事に対してストイックで、何十年と芸能界でトップクラスの人気を誇っているのにも納得できます。

そして、有吉弘行さんも、毒舌のあだ名ネタで再ブレイクした後、いまや司会者としても活躍の場を増やし、あだ名命名に頼らなくても、人気を得ることができました。

結果的には、この一件は、双方の素晴らしさを改めて再認識できるエピソードだったと言えそうですね。

もちろん、これが事実だったとするなら…ですが。

いずれにしても、興味深いエピソードでした。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人