星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

有吉弘行があだ名を辞めた原因がキムタクはデマ?最近の命名を紹介

更新日:

人気絶頂からの転落人生を経験したものの、再びお笑いタレント・司会者として、テレビ業界に返り咲いた有吉弘行さん。

一時期は、元々の毒舌を生かした"あだ名"をつけることで、人気になっていましたよね。

しかし、振り返ってみると、最近は有吉弘行さんのあだ名命名芸を見なくなったように思います。

なぜだろうと気になって調べてみると、意外な事実が!

そこで当記事では、

  • 有吉弘行さんがあだ名をつけることを本当にやめたのか?
  • あだ名芸をやめたとしたら、その理由原因は何なのか?

などをお話していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

有吉弘行のつけるあだ名とは?

有吉

有吉弘行さんと言えば、あだ名をつける芸風が、一時期とても人気となったことがありました。

では、そもそも有吉弘行さんのあだ名命名は、いつから始まったのでしょう?

紐解いてみると、どうやら有吉弘行さんが

『アメトーーク!』に出演した時のことがきっかけ

のようです。

『アメトーーク!』内で、有吉弘行さんは、一発屋にならないための方法を教える立場としてゲスト出演。

そこで、有吉弘行さんは、

「『これだ!』という固定されたイメージを持たれないことが大事」

と語り、この流れで、その放送のゲストたちに抱いているイメージをアドリブで発表していくことになりました。

ここで、品川祐さんのことを、

「おしゃべりクソ野郎」

というあだ名で表現したことから、視聴者の爆笑と共感を呼び、有吉弘行さんが再び、テレビに露出する機会が増えるようになったのです。

その後も、独特のセンスある命名を連発し、

  • タモリさん → 『昼メガネ』
  • 魔裟斗さん → 『栃木のホスト』
  • 芦田愛菜さん → 『子供の皮をかぶった子供』

というあだ名を命名しています。

筆者的には、

高橋英樹さん → 『迫りくる顔面』

と名付けた時は、思わず笑ってしまいました。

有吉弘行さんのあだ名命名芸は、相手が激怒するような悪口にならず、かつ笑いも誘える、絶妙なラインでの命名ということで、視聴者からも人気だったのでしょうね、

つまり、有吉弘行さんにとって、あだ名の命名は再ブレイクを果たした要因のひとつとも言える、持ちネタです。

そんなあだ名命名を、有吉弘行さんは、なぜやめてしまったのか?

次に、その理由原因について、探っていこうと思います。

 

有吉弘行があだ名命名をやめた理由原因はキムタク?

有吉弘行さんは最近、毒を含んだあだ名をつけることがすっかり減ってしまいました。

どうやら、その理由原因には、国民的人気グループであった

『SMAP』の木村拓哉さんに有吉弘行さんが怒られたことが原因

という説があるそうです。

これは一体、どういうことなのでしょう?

 

話は、有吉弘行さんが『SMAP×SMAP』に出演した際のことです。

番組当初は、有吉弘行さんが『SMAP』のメンバーにあだ名をつけることは、台本として用意されていませんでした。

しかし、アドリブで『SMAP』のメンバーに促され、有吉弘行さんが『SMAP』のメンバー全員にあだ名をつけることになるのですが…。

当初の予定になかったため、有吉弘行さんは困惑し、即興であだ名をつけることになります。

そこで、有吉弘行さんは、

「30分ほど待ってほしい、最高のあだ名をつけるから」

と言ったのだそうです。

そして、数十分ほど時間を置いたあと、有吉弘行さんが『SMAP』のメンバーにあだ名をつけたのですが、その時の命名が…。

  • 稲垣吾郎さん → 『寿命短め』
  • 香取慎吾さん → 『マヨネーズビール』
  • 草なぎ剛さん → 『エラ呼吸』
  • 中居正広さん → 『ニセSMAP』
  • 木村拓哉さん → 『月9バカ』

となりました。

その後、もう一度『SMAP』と共演した際に、当時のネタを掘り返していたのですが、その時、有吉弘行さんは、木村拓哉さんのあだ名を『ドラマバカ』と訂正しています。

木村拓哉さん自身も、自ら『月9バカ』と言われた、と話のネタにしたこともありますし、ジャニーズ事務所からもお咎めはありませんでした。

にもかかわらず、有吉弘行さんは、その時のあだ名ネタに触れてほしくない印象があったのですが、一体何が起きたのでしょうか?

 

実は、この『SMAP』のあだ名を命名した時の番組収録が終わった後、有吉弘行さんは木村拓哉さんに呼び出され、

「40分以上も時間を費やして、このクオリティの低さは何なんだ」

と、説教をしたのだとか。

木村拓哉さんといえば、自らの、そしてほかの人の芸能活動に対しても非常にストイックな意見を持つ人で有名です。

そのため、本来は即興であだ名をつけることで再ブレイクを果たした有吉弘行さんが、

『このくらいの命名ならば、すぐできなければおかしい』

と思ったようですね。

これをきっかけに有吉弘行さんはすっかり意気消沈。

以降、あだ名命名をやめてしまったそうです。

 

ただ、これはあくまでも噂で、本当に事実かどうかはわかりません。

それに本当だとすれば、有吉弘行さんは、今まで即興であだ名をつけていなかったことにもなります。

やはり、有吉弘行さんのあだ名命名は、

あらかじめ台本で予定されていて、番組出演者を知った有吉弘行さんが、収録までの時間で考えていた

ということなのでしょうか?

確かに、これまでのあだ名命名と比べ、明らかにあだ名のクオリティが低くも感じますよね。

実は有吉弘行さんが名付けてきたあだ名が、予めじっくり考えたあだ名だったとすれば、それにも納得です。

センスあるあだ名だからこそウケていたものの、それがただの悪口になってしまえば、視聴者からも反感を買いやすくなります。

有吉弘行さんも、このあだ名命名自体が、

「そろそろ潮時かもしれない…」

と思い、あだ名命名をやめてしまったのかもしれません。

 

…しかし実は、有吉弘行さんはあだ名命名をやめてしまったことはありませんでした。

つまり、所詮は週刊誌情報で、あだ名の命名をやめたことがデマだったということが判明したのです。

 

有吉弘行が新たにあだ名を命名!

このように、噂では有吉弘行さんはあだ名命名をやめてしまったと思われていたのですが…。

実は、

そのようなことは全くなかった

と判明。

現在も普通にあだ名をつけているみたいですね。

2016年7月7日放送の『櫻井・有吉THE夜会SP』で、『Sexy Zone』のメンバーに対しあだ名を命名したのです。

その命名したあだ名というのが…

  • 中島健人 → 結婚詐欺師
  • 佐藤勝利 → 顔面9点野郎
  • 菊池風麿 → 櫻井のトモダチ
  • マリウス葉 → 不動産王
  • 松島聡 → 鼻の下のび夫

という内容でした。

『鼻の下のび夫』など、まだまだユーモアなあだ名命名は健在と思わされます。

このように、有吉弘行さんがあだ名命名をやめてしまった事実はなかったのです。

(あだ名の命名が減りはしましたが)

この他にも、ラジオで

ジョニーデップさんのことを『アメリカのみのもんた』

など、相変わらずの爆弾毒舌発言も健在。

結局のところ、あだ名命名をするか否かは有吉弘行さんの気分次第…。

そういうことなのでしょうね。

いずれにしても、有吉弘行さんが面白かったあだ名の命名をやめたわけではなく安心しました。

 

まとめ

転落人生を歩んだものの、毒舌を生かしたあだ名命名で、再ブレイクを果たした有吉弘行さん。

その再ブレイクのきっかけとなったあだ名の命名をやめてしまった噂が一時期に流れました。

そのやめた理由は、『SMAP』の木村拓哉さんに叱られたことが原因…。

と言われていたのです。

しかし、2016年になっても、『Sexy Zone』のメンバーに対してあだ名を命名をするなど、とくにあだ名の命名をやめたことはない様子…。

つまり、今後も有吉弘行さんは、ユーモラスなあだ名をさまざまな芸能人につけていくと思いますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-芸能人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.