星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

岡本夏生とふかわりょうのガチハル喧嘩と5時に夢中降板理由とは?

投稿日

元レースクイーンで、現在、タレント活動している岡本夏生さんですが、かつて一世風靡していたものの、一度芸能界から干されると、キャラが狂い始めたのか、今やすっかり毒舌キャラが定着されていますよね。

そのことが功を奏したのか、再ブレイクし、情報番組『5時に夢中』の火曜日レギュラーも務められていましたが、何故か2016年3月29日で番組降板。

そして、『5時に夢中』でMCを務めるふかわりょうさんと共演する、トークイベント『ガチハル(ふかわと夏生のガチンコ・スプリング~ガチハル!~』でも岡本夏生さんが決別宣言をする始末。

岡本夏生さんに一体何が起こったというのでしょうか?

気になるガチハルイベントでのふかわりょうさんとの大げんかの詳細と、『5時に夢中』の降板理由を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ふかわりょうとのガチハル喧嘩理由は岡本夏生のわがまま?

岡本夏生

岡本夏生

世の中、何かと毒舌を求められる芸人・タレントがいらっしゃいますよね。

坂上忍さんや、有吉弘行さん、ダレノガレ明美さんなど。

筆者としては、有吉さんとマツコ・デラックスさん(他のニューハーフ系&女装家タレントも含む)以外は、ただ人を誹謗中傷して、自分に甘えているだけの人物ばかりなので、顔を見るのも嫌いなのですが、こういう方に対して需要があるのも事実。

そんな中、時折、過激発言を連発し、バラエティ番組などで一部の方から人気だったタレント:岡本夏生さんが、先日開催されたイベント『ガチハル(ふかわと夏生のガチンコ・スプリング~ガチハル!~』で大げんかし決別してしまったとのこと…

『一体、岡本夏生さんとふかわりょうさんの2人に何があったのか?』

ガチハルのイベントの様子を見て、そう感じた人も多かったのではないでしょうか。

しかし、このガチハル喧嘩に至るまでには、かなりの伏線があり、結論から言って、岡本夏生さん自身に問題が大ありだったことが判明しました。

では、岡本夏生さんとふかわりょうさんが、ガチハルで喧嘩した理由・背景を、ここから順を追って解説していこうと思います。

事の発端は、岡本夏生さんが2016年3月29日までレギュラー出演していた『5時に夢中』でのことでした。

一応、表向きでは、岡本夏生さんがインフルエンザに感染したにもかかわらず、診断書も持たずに2016年3月8日の放送に出演し、一部から、

『癌闘病中の北斗晶さんに変わって出演した佐々木健介さんにうつすかもしれないのに不謹慎!』

と批判を受け、岡本夏生さんが『5時に夢中』を電撃降板となったと言われていますが、実はそうではなかったみたいです。

詳しくは後ほど説明していきますが、とにかく岡本夏生さんの発言が、大手芸能プロダクションの逆鱗に触れてしまい、その影響も大きく、番組改編期というこのタイミングで、彼女は『5時に夢中!』を降板することとなります。

しかし、そのことに憤慨した岡本夏生さんは、ガチハルの打ち合わせにも出ず、しばらく消息不明となり、イベントスタッフも、岡本夏生さんの出演辞退を想定し、チケットの払い戻しに応じる告知をするなどの対応に追われるはめに…

そして、もう一人のガチハル出演者である、ふかわりょうさんも、岡本夏生さんの出演はない、と半ば諦めながらイベント当日を迎えようとしていた矢先、何喰わぬ顔で彼女がやってきて、イベントに出演しようとしていたのです。

謝罪もなく、打ち合わせにも出席せず、いきなりやってきて、ガチハルに出演した岡本夏生さんの態度に激怒したくなる気持ちを抑えながら、ガチハルは開催されたわけですが、ここで更に問題が勃発します。

普通、そんな状況の中なら、当人であれば低姿勢でイベントに挑むはずの岡本夏生さんは、何故か逆切れのオンパレード…

消息不明だった理由も

『携帯を失くしたから』

と言い切り、他に連絡のつけよう手段があったにもかかわらず、

『(携帯を失くしたから)仕方ない』

と、自分の責任から逃れるような発言をして謝罪の意志もなく、何かにつけて文句ばかり…

とくに、話が加藤さりさんの話題(狩野英孝さんとの不貞報道に関する話題)になると、

『なんでこんな女やるのよ。聞いていないわよ。打ち合わせしなさいよ』

と、何故か岡本夏生さんが激怒してしまうのです。

まぁ、たとえ岡本夏生さんが加藤さりさんを気に食わない女性と思っていたとしても、打ち合わせにも出席しなかった自分が悪いわけですから、文句をいう資格すらありませんが、そんなことはお構いなし…

ふかわさんも、

『連絡が取れなかったから…』

と、消息不明だった岡本夏生さんの責任と説明するも、

『そんなの関係ない』

との一点張りで、さすがに温厚なふかわりょうさんも苛立ちます。

そして、遂に2人が、ガチで喧嘩することとなってしまうわけです。

とはいっても、基本的には、岡本夏生さんの暴言・暴走に対してふかわりょうさんが、

『それはちがうって…』

と静止するケースが多く、そこに対して憮然とする態度を岡本夏生さんが取るというシーンが続いていた…

そんな場面が繰り広げられただけ、と言った方が良いでしょう。

ただ、ガチハルのイベントチケットを買って、わざわざ会場に訪れた観客たちが見たかったのは、くだらない喧嘩ではなく、歯に衣着せぬトークイベントだったはず…

その期待を大きく裏切られ観客からは

『2人とも冷静になれ』

と大ブーイング…

喧嘩をするとしてもパフォーマンスとしての喧嘩ではなく、ガチのくだらない喧嘩は、誰もお金を出してまで観たいと思いませんよね。

しかし、そんな観客の気持ちはお構い無しで、岡本夏生さんは、イベント主催者側が用意した椅子に座ることなく、ござの上にあぐらをかき、さらには、ボイスレコーダーを数台置き、

『ふかわさんの発言を一言一句文字に書き起こして、出るとこ出ようか』

と脅迫する始末。

まぁ、そんなことをしたら岡本夏生さんの方が不利なのは明白で、ただの逆ギレとしか思えない行動に、ふかわりょうさんも遂に愛想をつかしはじめます。

そして、このガチハル喧嘩が決定的となったのは、岡本夏生さんがギャラの話を観客の目の前で繰り広げ始めたことがきっかけとなりました。

普通ならギャラのことなど観客の前でしないはずですが、岡本夏生さんは突如として、

『このイベントのギャラの取り分を聴いていない』

『グッズ収入がいくらなのか知らされていない』

と不満を言い始めてしまうのです。

そもそも音信不通にしていただけでなく、打ち合わせにも出席しなかった岡本夏生さんに対して、そのような話をする余地も無かったのは事実ですし、ガチハルイベント主催者側が、何故打ち合わせにも出席しない彼女にそんな内部事情を話さなければならないのか…

このあまりにも身勝手極まりない行動と、観客を前に自分たちのギャラの話をした岡本夏生さんの言動に、ふかわさんも

『結局お金の話か…』

と不快感を露わにし始めます。

この様子を観ていた方は、ブーイングをしていたものの、

『ふかわさんが可哀想』

と同情していたそうです。

そして、最後は、遂にふかわりょうさんが匙を投げ、

『自分と同じニオイを感じて好きでしたが、もうあなたを支えることが出来ない』

と三行半を突きつけ、決別宣言をしてしまいます。

ふかわりょう

岡本夏生に対して匙を投げたふかわりょう

ただ、岡本夏生さんも、

『今日であんたと会うのは最後。このツーショットは見納めよ!』

と返し、最後までガチハルイベントは噛みあうことなく、当日のイベントは終了し、残り2日間予定されていた岡本夏生さんのガチハル出演は取り消され、最悪の結末を迎えることに…

そして、ふかわりょうさんは、不快な思いをさせてしまった観客に土下座し、謝罪するという事態に陥ってしまったのです。

完全に岡本夏生さんの身勝手が招いた最悪の事態なのに、ふかわりょうさんが謝罪して幕を閉じるなんて、最悪ですよね。

毒舌といえば聞こえが良いように思いますが、このような身勝手な言動は、毒舌とは全く異なり、ただのわがまま以外の何物でもありません。

いつしか自身がMCを務める番組を酔っ払ったまま出演したタレントもいましたが、彼女らにはモラルが何一つありませんし、もう何を言ってもルール一つ理解できないのですから、追放するしか改善策は無いのかもしれません。

社会から追放されるはめに陥るのか、それともこのふざけた身勝手な行いを猛省し、人生を見つめなおし、心を改めるのか…

友人である杉本彩さんを除き、唯一自分を擁護してくれていたふかわりょうさんからも見放された岡本夏生さんの正念場はこれからといったところでしょうね。

 

『5時に夢中』降板理由も岡本夏生に原因か?

岡本夏生

岡本夏生

ピン芸人でタレントのふかわりょうさんと、元レースクイーンで女性タレントとして、一時期、世間を賑わせていた岡本夏生さんが、観客無視してガチハルイベントで引き起こしたガチ喧嘩…

先ほどもお話したように、喧嘩というより岡本夏生さんの暴走に、ふかわりょうさんが愛想をつかして匙を投げたという話ですが、ただ観客からしてみれば、不快としか言いようのない最悪のイベントと化してしまいました。

ガチハルをそんなイベントにしてしまった事の発端は、岡本夏生さんが火曜レギュラーとして出演していた、情報番組『5時に夢中!』の番組降板劇にあったわけですが、そもそも彼女は何故この番組を降板するはめに陥ったのでしょうか?

実は、岡本夏生さんは、この番組でも、相当手に負えない問題児として化していたそうです。

たとえ毒舌を求められていたとしても、自由奔放で過激発言連発した岡本夏生さんの振る舞いは実に目に余るものがあり、度々『5時に夢中!』番組降板の話も出ていたそうです。

そんな中、岡本夏生さんを唯一庇い立てしてくれていたのがふかわりょうさん。

なんとふかわりょうさんは、

『岡本夏生を降板させるなら自分も番組を降りる』

とまで制作スタッフに啖呵を切って、岡本夏生さんの『5時に夢中!』降板を食い止めてくれたのです。

ふかわりょうさん自身、かつて高岡蒼甫さんが韓流批判した時に、一緒になって批判するようなコメントを出してしまい、そのことで芸能界から一時干された経緯があります。

そんな中、ふかわりょうさんを救ってくれたのが、『5時に夢中!』に出演していた岡本夏生さんやマツコ・デラックスさん、岩下志麻さんなど、歯に衣着せぬ言動を取る方たちでした。

芸能界から干されていたふかわりょうさんは、当時、東京MXというローカル局の『5時に夢中!』という番組の中で、頭の良さを買われ、MCに起用され始めると、彼女らに叩かれながら、メンタルを鍛えてもらっていたそうです。

例えるなら夏目三久さんが、『怒り新党』で有吉弘行さん・マツコ・デラックスさんに揉まれながら、キャスターとして復活し、TBS『あさチャン』のメインMCに起用されるほど飛躍したのと同じようなものと言っていいでしょう。

夏目三久

夏目三久

ふかわりょうさんは、『5時に夢中!』で歯に衣着せぬ言動を取る方たちとの共演をきっかけに、メンタルが強化され、芸人の頃とは大きく異なり、コメンテーター(またはMC)としての能力を存分に発揮できるようになりました。

そして、『ひるおび!』の木曜レギュラー(隔週)としても、その地位を定着させ、再ブレイクを果たします。

岡本夏生さんは、タレント・ふかわりょうにとって、ある種、命の恩人と言っても良い人物なのです。

そんな経緯もあるため、ふかわりょうさんは、同じニオイがする岡本夏生さんを庇い立てたわけですが、温厚な彼がいくら抵抗しても、どうすることも出来ない事件が起こってしまいます。

それが女優:香里奈さんのスキャンダルに対して発した岡本夏生さんの言動でした。

2012年、香里奈さんはハワイのコンドミニアムで泥酔し、とある男性とベッドインしたそうですが、その光景を別の男性(共に当時の語学学校仲間)が撮影し、フライデーにリークしたらしく、2014年に香里奈さんの超恥ずかしい画像が世に出回ることとなりました。

この一件を受けて、岡本夏生さんは、

『◯◯パーティーしてんじゃないの?』

と、憶測だけで香里奈さんを傷つけてしまうような発言をしてしまったのです。

確かに、香里奈さんの取った行動は、誤解を受けてしまうような行動だったのかもしれません。

しかし、友人同士でお酒を飲み、羽目を外すことは誰にだってあるはずです。

それを、まさか信用している友人がスキャンダルとして恥ずかしい写真を撮り、写真週刊誌にリークするなんて誰が想像するでしょうか?

香里奈さんも立派な被害者なのに、それを岡本夏生さんは

『◯◯パーティー』

という言葉で片付け、香里奈さんの名誉を傷つけてしまったのです。

これには、香里奈さんが所属する芸能事務所が激怒!!

『今すぐアイツを降ろせ!!でなければどうなるかわかってるんだろうな』

と、『5時に夢中!』番組側が、半ば脅迫めいた脅しと受け取られる猛抗議を受けたという話もあったそうです。

一応、当時は岡本夏生さんへの視聴者の支持もあったそうですし、それでも首の皮一枚残る形で、レギュラーを降りずに済んだそうです。

しかし、2016年の春、番組改編ということもあり、また、インフルエンザにかかるも診断書無しで勝手に出演していた事実が発覚し、遂に『5時に夢中!』番組降板へ…

まぁ、その日の『5時に夢中!』放送でも、朝霞市の事件に関して、被害者である女の子が家出をしていないにもかかわらず、中途半端に家出してはいけないと、バッシングしていたほどでしたから、番組降板は遅すぎたくらいと言って良いでしょう。

なお、岡本夏生さんの朝霞市事件での発言に対して、MCであるふかわさんは、

『被害者が家出をしたと誤解される発言がありました。おわびして訂正いたします』

と謝罪されたそうです。

それにしても、岡本夏生さんは一体どこまでふかわりょうさんに迷惑をかければ気が済むのでしょうか?

その上、先ほどもお話したように、ガチハルでは逆ギレする始末…

元レースクイーンで一時期ブレイクしていた過去の栄光と、毒舌ブームで何でも歯に衣着せぬ発言が認められる、と勘違いした言動が入り乱れ、人としても完全にモラルを見失ってしまった岡本夏生さんは、もはや救いようのない存在となってしまったように見えます。

これはあくまで筆者個人の意見でしかありません。

はっきり言って、毒舌として認められるのは、タレント・有吉弘行さんと、ミッツ・マングローブさんやマツコ・デラックスさんのような活躍をされている方たちだけです。

ニューハーフとか女装家とか言われながら、歌舞伎町などで店を構えて活躍されている方は、私達以上にモラルをわきまえて行動されている方が多いです。

確かに辛口なことをズバズバ言いますが、意味不明な憶測で人を傷つけることはなく、事実に基づいて、しっかり批評しているに過ぎません。

もちろん良いことに対しては、しっかり「良い」と褒め称えていますし、自分たちに対してもダメ出しをしている点では、自他共厳しい人達と言っていいでしょう。

少なくともイベントの打ち合わせという重要な仕事をサボった挙句に逆ギレするなんてことは、彼女たちは絶対にしません。

一人のプロとして、また、一人の人間としてしっかりされています。

そして毒舌と身勝手をわきまえているからこそ、毒舌キャラとして認められているのです。

その質の違いは、有吉さんとマツコさんが共演されている『マツコ&有吉の怒り新党!』を観れば一目瞭然です。

彼らの意見に対して、

『それは違うだろう!!』

と激怒してしまう内容の時もありますが、それは、筆者と意見が異なっているだけに過ぎず、決して、

『彼らの話に筋が通っていない!!』

と感じたことはありません。

それは、自分たちの考えに対して、差別的なことは一切せず、相手が誰であっても、その意見に当てはめてトークしているからこそ、毒舌ではあっても、はっきり発言してくれていると評価されているのでしょう。

何かに構わず、すぐ言い訳して、その上、相手を誹謗中傷してみたり、何でも逆ギレして良いと考えている連中と比較することそのものが、有吉さんやマツコさんに対して失礼な話だと筆者は考えています。

だからこそ、この辺でやめておきますが、少なくとも岡本夏生さんの言動が、毒舌の範疇を遥かに通り越し、ただの身勝手極まりない行動なのは明確です。

そして、そう感じた番組スタッフ並びに、MCのふかわりょうさんは、遂に匙を投げ、岡本夏生さんの『5時に夢中!』降板に踏み切った…

これが『5時に夢中』で岡本夏生さんが降板に陥った真相なのです。

本当に、一部のファンからしてみれば、残念な話ではあります。

しかし、ここまで酷い有様に変わってしまった以上、岡本夏生さんを放置しておく方がよっぽど罪なことだと思いますし、彼女は、この一件で芸能界からも干され、一度頭を冷やして反省した方が良いと思いますよ。

 

岡本夏生が芸能界引退の可能性も…

natsuki_o3今回の一件は、あくまでガチハルというイベントで、ふかわりょうさんとガチ喧嘩したことと、情報番組『5時に夢中!』を降板させられたことだけで終わりましたが、正直なところ、岡本夏生さんのピンチは、まだまだ続きます。

実際にところかまわず過激な発言や暴走行為が多く、

『民放全局から出入り禁止になっている』

と、岡本夏生さん本人が明かすように、不定期出演を除き、レギュラー出演は『5時に夢中』の一つだけだったそうで、それも遂に番組降板と、完全に干される形に…

しかも、フジテレビのプロデューサーに対して、名誉を傷つけるような誹謗中傷をしてみたり、岡本夏生さんの気に入らないスタッフがいると

『アンタがいるなら帰る!!』

と喚き散らして収録を中止させたりと、いろんな意味で扱いづらいタレントとしてのレッテルを貼られてしまっているようです。

まぁこれだけなら、大物芸能人の友人知人のコネを使って、再ブレイクのチャンスを掴むこともできるかもしれませんが、岡本夏生さんと意思疎通が図れる存在も少なく、今回の一件で、ほぼ皆無となってしまったという話も…

ふかわりょうさんとは、完全に決別していますし、同じレギュラー出演だった北斗晶さんは、現在癌で闘病中で、ピンチヒッターとして佐々木健介さんが出演していたわけですが、先日のインフル騒動で笑いながら話していたことに内心激怒…

確かに佐々木健介さんがインフルエンザに罹ってしまうと、北斗さんにも支障が出てしまう可能性が高まるわけで、ジョークで済まされる話ではないのに、笑い話で切り捨てようとしたわけですから、岡本夏生さんが激怒されて当たり前。

その結果、北斗晶さんのパイプも使えないことになりそう。

残すところは、バブル期を乗り越え、親友関係にある杉本彩さんのみみたいですが、果たして彼女が本当に岡本夏生さんを救うことができるかどうかは疑問…

杉本彩

杉本彩

そもそも放送局全部が出禁としているわけですし、杉本彩さん一人の力で、岡本夏生さんの再ブレイクのチャンスを与えてあげられるかは、可能性が極めて低いと関係者はみているそうです。

そういった背景から、おそらく今度こそ本当に、岡本夏生さんの芸能界引退となってしまうだろうと筆者は考えています。

ただし、これはあくまで筆者の推測でしかなく、たとえ大ピンチを迎えていたとしても、杉本さんが救ってくれるかもしれませんし、その本当の答えは、今後の岡本夏生さんの動向を見ていくしか分かりません。

まぁ、いずれにしても、岡本夏生さんの言動に問題があってのことですから、一人の人間として、行動を改めないかぎり、たとえ杉本さんが救ってくれたとしても、また同じことを繰り返し、完全なる孤立無援が待ち受けることになると思いますよ。

 

まとめ

岡本夏生さんが、ふかわりょうさんと共演したガチハルイベントで喧嘩をしてしまった理由は、全て彼女の身勝手極まりない言動・暴走行為が理由でした。

本来なら、いつ芸能界から干されてもおかしくなかった岡本夏生さんは、ふかわりょうさんが身を呈してまでも、かばってくれていたため、なんとか『5時に夢中』のレギュラーを降板せずここまで来られたのですが、それに対しても感謝を示さず遂に決裂。

自分の行動に謝罪もせず、挙句のはてに逆ギレして、最後はお金の話までされて…

ふかわりょうさんからも見限られた岡本夏生さんは、唯一の頼みの綱も切れ、後は友人である杉本彩さん次第…

今回の一件で、芸能界引退も噂されただけに、今後の岡本夏生さんの動向に注目していきたい次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人