星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)の使い方とは?注意点を2点紹介

投稿日

先日の熊本地震の後、無料で利用できる公衆無線LANが運用開始されました。

これは、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』と呼ばれるもので、東日本大震災の教訓から生まれました。

世界でも初の試みだそうで、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』とは、一体どういうものなのか?

また、この無線LANの使い方や、パスワードなどはどうなっているのかなど、気になるポイントが多いかと思います。

お住まいの地域で、何か大規模な災害が発生した場合、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』のお世話になる時が来るかもしれません。

もしもの時に備えて、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』について、予め知っておきたいところですね!

スポンサーリンク

アドセンス

00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)とは?

00000JAPAN

まずは、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』とは、一体どんなものなのでしょう?

『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』というのは、簡単に言えば、無線LANビジネス推進連絡会がガイドラインを改訂したことで、生まれたシステムです。

2011年の東日本大震災時には、通信網が完全に機能しなくなってしまい、通信網の復旧に、1か月もかかってしまいました。

契約している通信会社の復旧状況によっては、1か月を過ぎてもダメだということもあり、人々は安否の報告どころか、情報収集すらできなかったのです。

そこで、無線LANビジネス推進連絡会は、大地震など未曽有の事態が発生した際には、契約している通信会社に依存せず、被災地の全ての人が無料で無線LANを利用できるように、と誕生したのが、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』なのです。

この制度は、世界でも初の取り組みらしく、世界から注目されているそうですよ。

そして、2016年の熊本地震で、早速『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』が解放され、東日本大震災の教訓が、早くも生かされたということになります。

基本的には、いつでも無料開放しているわけではなく、条件が定められています。

『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』が無料開放されるのは、

「携帯インフラが広範囲に被害を受け、携帯電話やスマートフォンが利用できない状態が長時間継続する恐れがある場合」

を原則として、人命救助や被災者の救護活動を行う災害の初動対応の目安になっている、災害発生から72時間以内に整備されるそうです。

先日の熊本地震では、いち早く開放が行われ、ソフトバンク、au、ドコモの大手3社は、24時間以内に『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』を無料開放していましたね。

大災害が発生してしまうと、電気が止まってしまったり、通信に影響が出て、遠地の親戚に無事を知らせることも困難になってしまいます。

この『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』を作ったのは、とてもいい試みだと思います。

地震などの災害大国の日本だからこそ、とくに必要になる取り組みでしょうからね。

 

00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)の使い方を紹介!

黒板を指差す男性

『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』が、災害時に助かるというのはわかりましたが、使い方を知っていなければ、もしもの時に使えません。

そこで、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』の使い方もご紹介していきますね。

とはいっても、使い方はいたって簡単。

まずは、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』が解放されている、公衆無線LANの設置されているWi-Fiスポットへ行きます。

例えば、デパートや駅などの大型施設ですね。

あらかじめ、何かあった時のために、身近な施設のどこに『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』が使える公衆無線LANが設置されているかを調べておくといいですね。

スマートフォンの場合は、設定から、Wi-Fi設定を選ぶだけです。

そうすると、

『00000JAPAN』

というスポットが表示されるので、これを選択すればOK!

ただこれだけで、インターネット上へのWi-Fi接続が完了します。

また、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』には、アプリもあるらしく、アプリの場合は、

アプリを起動
↓↓↓
『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』をONにする

で接続可能になるそうなので、アプリのダウンロードを行っておくのもいいかもしれませんね。

接続方法は、iPhone、Android共通の手順なので、とくに問題はないかと思います。

ちなみに、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』は、なぜSSIDが『00000JAPAN』というネーミングであるのか、みなさんご存知ですか?

無線LANのアクセスポイントというのは、基本的に、数字とアルファベットの順で表示されます。

表示する際、SSIDの先頭に小さい数字があるほど、上位に来やすくなるという仕組みがあり、これを利用し、0を5つ並べることで、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』は、誰でもすぐに選択できるような工夫がされているのです。

緊急時ですから、SSIDもすぐに表示されてほしいですし、そういった細かい配慮をも叶えたのが、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』なのですね。

まさに、災害に対して企業・国民が一致団結して立ち向かうという一体感があり、こういった試みは、どんどん行われてほしいと思いました。

それだけに、関西テレビの一件は、非常に残念でなりませんね…。

 

00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)を利用する際の注意点!

男性2

災害時に無料開放される『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』は、とても便利なのですが、注意点もいくつかあります。

『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』を利用するうえでの注意点も、知っておきましょう!

00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)の注意点1 移動が必要

当然ですが、公衆無線LANが設置されているWi-Fiスポットへ行かなければ、利用はできません

つまり、Wi-Fiスポットのない道端や田んぼで接続しようと思っても、それは当然ながら無理です。

多くは駅やコンビニ、商用施設、携帯ショップに設置されていますが、場合によっては、ないところもありますので、事前のチェックが必要になります。

00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)の注意点2 入力はしない

『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』は、災害時の緊急用SSIDなので、当然ながら、パスワードがかかっていません

つまり、誰でもアクセスできてしまうのです。

セキュリティ面は皆無に等しいので、悪用する人も、残念ながらいることでしょう。

人間、皆が皆いい人ではありません。

そのため、例えば、SNSやショッピングサイトなどのアカウントパスワードや、個人情報を入力してログインするような操作は、行わないのが賢明です。

とくに、クレジットカード情報などの入力は厳禁です!

悪用されかねませんので、絶対に個人情報を入力する操作はやめてください!


 

以上が、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』を利用する際の注意点となります。

『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』が無料開放されるのは災害時なので、情報の確認や安否連絡には便利ですが、セキュリティフリーということを悪用する、人としての心を失った悪人も、残念ですが存在します。

クレジットカード情報を入力してしまい、悪用されるなどの二次被害にも注意して、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』を利用してくださいね。

 

まとめ

世界で初の試みとなる災害時の緊急SSIDとして、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』の無料開放が行われました。

東日本大震災で、インフラが徹底的に破壊されてしまい、復旧にかなりの時間を要したことから、その教訓として導入されることとなった『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』。

2016年に発生した熊本地震では、早速、大手携帯3社が、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』の無料開放を行うなど、早くも東日本大震災の教訓が生かされています。

『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』を利用すれば、情報収集や、安否の連絡などでは非常に便利ですし、ありがたいですよね。

しかし、世の中には、無料開放でセキュリティがフリーということを悪用しようとする輩もいます。

また、緊急時なので、冷静になれず、他のことまで注意が回らないということも、十分にありえます。

『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』を利用している際に、パスワードの入力を必要とする行動などは、決して行わないよう、二次被害にも気を付けて、『00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)』を利用してくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学