星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

iPhone

iPhoneの電池バッテリーの寿命は3年!充電回数や過充電を考察!

更新日:

早いもので、iPhone7が発売されてから、1年が経とうとし、既に新機種の発売も決定されたと発表があったそうですね。

iPhone7で防水機能が追加されるなど、ますます進化を遂げているiPhoneだけに期待で胸が膨らみます。

ただ、一つ難点もあり、色々機能が盛り込まれているためか、

『バッテリーの寿命が短い』

と不満の声も耳にします。

そこで、本記事では、

  • iPhoneのバッテリーの寿命や、少しでも長持ちさせる方法
  • 交換のタイミング、バッテリーの寿命に対してユーザーたちの反応・評判

を中心にまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhoneの寿命は3年とアップルが発表!

アイフォーン6

スマホの代表機種の一つとして多くのユーザーが使用しているiPhone。

意外とそのバッテリー寿命がどれくらい保つのか、わかっていないユーザーが多いみたいですね。

とくに近年はauやドコモなど大手通信会社がiPhoneを販売し始めたこともあり、2年ごとに機種交換しているユーザーも多いのです。

そのため、寿命が来る前に本体ごと交換し続け、本来のバッテリーの寿命を知らずに過ぎているケースが多いようです。

また、iPhone7のように、あれもこれもと機能が向上している機種だと、使用状況によってバッテリーの消耗する割合が変わります。

その基準が明示されていないためにバッテリーの減りが早いと感じながらも、どれくらい保つのかわからず、そのままになってしまっている人が多いのです。

では、一体iPhoneのバッテリーの寿命はどれくらいなのでしょうか?

 

あくまで一つの基準ではありますが、だいたい

2年~3年

でiPhoneのバッテリーの寿命が来るという話はあります。

これは、元々iPhoneを発売するアップル社が、

「iPhoneやiPad製品の電池の寿命は3年間を想定しています。」

と発表していることから、だいたい3年前後が一つの目安と言われています。

ちなみに、同じアップル社から発売されているMacbookの電池の寿命は、4年を想定しているという発表もされているそうです。

ここからはあくまで筆者の推測でしかないのですが、通信会社との契約上の2年縛りで機種交換するケースが多いために、iPhoneのバッテリーは3年で交換することを想定していると思います。

また、MacBookに関しても、だいたい

OSの大幅バージョンアップの時期(だいたい4年前後でバージョンアップしている印象)

に併せて4年でバッテリー交換を促すようにしているのだろうと思われます。

つまり、バッテリー切れが発生する事によって、ちょうどいい頃合いに

『新機種に買い換えてもらおう』

と考えているところがあるため、このようなバッテリーの寿命が想定されているのだろうと思うのです。

今や、パソコンやスマホは一人に一台が当たり前という時代で、普及し尽くしている感は否めません。

いつまでも無料でOSのバージョンアップなどを施していたら、新機種のMacBookやiPhoneが売れなくなってしまいます。

それではメーカーサイドも経営が成り立たなくなってしまいます。

買い替えを促すという意味でも、3年~4年周期でバッテリーが寿命を迎える仕様となっているのでしょう。

もちろん、この話は推測でしかありません。

いずれにしても、バッテリーを酷使しすぎないように大切に使っていたとしても、

  • iPhoneでは約3年
  • MacBookでは約4年

でバッテリーの寿命が尽きることに変わりはありません。

なので、iPhoneユーザーは2年~3年を一つの目安として、バッテリー交換することをおすすめします。

ちなみに、iPhoneのアプリを使って、バッテリーの消耗度(または残りの容量)を調べることもできます

(例えば『battery care(バッテリーケア)』など…)

ので、バッテリーの寿命が近づいているか気になる人は、一度無料アプリを使って調べてみてください。

 

それにしても、アップルストアでiPhoneを一括購入する場合、機種によって価格は異なるものの、

最新機種などは10万円程度するiPhoneもある

のに、3年しかバッテリーが持たないというのは、コスパが悪い気がしますね。

だからこそauやドコモなどの大手通信会社をうまく活用して、少しでも割安で購入すべきと強く感じます。

⇒auのオンラインショップ

⇒ドコモのオンラインショップ

また、アップル社は、

  • 『AppleCare+』に加入している
  • 本来の仕様の80%しか充電できない

この場合は無料でバッテリーを交換!

と公表しているので、これらのサービスも活用し、バッテリーが寿命となる3年前後に、バッテリーの寿命で困らないようにしたいものですね。

 

iPhoneの寿命に対するネット上の反応は?

格安スマホが人気急上昇となっている近年のスマホ事情ですが、その中でも防水機能などの劇的な機能が追加され進化してきたiPhone。

しかし、バッテリーに関しては3年を想定しているためか、なかなか寿命という観点での進化が見られていない印象も見受けられます。

では、このiPhoneのバッテリーが3年の寿命に関して、ネットではどのような反応を示しているのでしょうか。

 

実際に調べてみると、圧倒的に

『寿命が短い』

と憤慨しているユーザーの声を多く耳にします。

確かに先程もお話した通り、10万円もするiPhoneを購入して3年しかバッテリーが持たないのでは、コスパが悪いです。

これでは不満に感じるユーザーが多いのも頷けます。

一方、

「メーカーは3年サイクルが一番儲かる」

という皮肉というか、批判とも受け取られる意見も目にします。

いつまでも機種交換してもらえない状況が続けば、当然、アップル社も売上が落ちてしまう一方です。

その辺のバランスは難しく、3年が理想というのはわかる話でもあります。

しかし、ユーザーからしてみれば、もう少し寿命を長くしてほしいというのが本音でしょうね。

また、一部では、

「本当に3年も持つのか?」

なんて、かなり辛辣な意見も見受けられました。

もちろん、これはiPhoneの使用状況によって変わってくる部分です。

頻繁に使用しているヘビーユーザーは、あっという間にバッテリーの寿命が尽きていくことを感じてしまうのかもしれませんね。

まぁ、この手の家電製品は、使い方によって寿命が短くも長くもなります。

3年の寿命のバッテリーが、何十年と寿命を伸ばせることはなくても、1~2年伸びる可能性はあります。

後ほど、バッテリーの寿命の伸ばし方についても紹介しますが、不満を持ち続けてもストレスが溜まるだけです。

少しでも賢くバッテリーの寿命を伸ばしながら利用することをおすすめします。

 

iPhoneのバッテリーの寿命を長持ちさせる方法

先程、iPhoneのバッテリーの寿命を延ばす方法があるとお話ししました。

では具体的にどんな方法を用いれば、バッテリーの寿命を引き伸ばせるのでしょうか。

 

その方法とは、ずばり!

iPhone製品の温度管理

にあります。

これはiPhoneに限らずスマホ全般に言えることです。

通常iPhoneのバッテリーは、

0℃~35℃

で使用されることを前提に作られています。

そのため、この温度設定を外れたところで使うと、バッテリーに対する負荷が大きくなってしまい、寿命も短くなってしまうのです。

つまり、0℃~35℃までの環境で使うことが、バッテリーの寿命を少しでも伸ばす最大のコツなのです。

例えば、冬場の寒いところでカバンに入れっぱなしで放置するなんて使い方をせずに、

スーツやジャケットなどの内ポケットに忍ばせ、肌身離さず身につけて

持ち歩くと、体温でスマホが暖められ、0℃以下での使用を避けることができます。

また、猛暑で使用する場合は、冷却用のiPhoneケースなどを用いて、35℃以下で保つようにしておくことを心がけましょう。

このように温度管理を心がけるだけでも、十分バッテリーの寿命を引き延ばしてくれるので、ぜひ試してみてください。

なお、一部の話で

充電の回数を減らすことでバッテリーの寿命が伸びる

という噂もありましたが、これには大きな誤解があります!!

これは、iPhone製品のバッテリーに

リチウムイオンバッテリー

が使われていることが大きく影響しています。

実は、このリチウムイオンバッテリーというのは、充電回数という制限みたいなものがあるらしく、そのことが変な誤解を生んでしまっているのです。

 

SoftBankの公表によると、

正しく整備された iPhone のバッテリーは、フル充電・放電サイクルを

400回

繰り返すと、完全に充電しても元の容量の80%までしか充電できなくなります。

とあります。

つまり、この通りに解釈すると、400回充電したら、80%の充電能力しか発揮できずに寿命が短くなってしまうことになります。

しかし、ここで言う400回の充電とは、短時間でも充電したら1回と数えた上での400回を示しているわけではありません。

あくまで、

放電したバッテリーの合計%が100%になったら1回とカウント

それが400回に到達したら、充電能力が80%しか発揮しないと言っているに過ぎないのです。

したがって、こまめに充電したからといって、バッテリーの寿命が縮まるわけではありません。

また、過充電に関しても寿命を縮めてしまう話もありますが、iPhoneには、

過充電防止回路

が搭載されています。

たとえ充電しながら寝てしまっていたとしても、100%になった時点で充電を止めてくれます。

そのため、普通に専用の電源ケーブルで充電している分には、それだけで寿命が縮まることはないのです。

もちろん、iPhoneに対応していない電源ケーブルを用いて強引に充電をしようとしたり、

電圧などを極端に変えて充電するなど

危険な行為を取った場合の保証はできかねます。

そんな使い方さえしなければ、それほど大きな問題は起こりません。

それよりも気をつけたいのは、充電や利用する際に発する熱量が高まりすぎてしまうことに注意することが大切です。

その理由は、先程お話しした通りで温度管理が大切だからです

まずはそのことを考え、安全にバッテリーを使い、寿命を少しでも伸ばせるように工夫しながらiPhoneを利用するようにしましょう。

 

まとめ

あまり知られていなかったiPhoneのバッテリーの寿命は、2年~3年であると改めてわかりました。

正直なところ、多くのユーザーから

「メーカーは3年サイクルが一番儲かる」

と批判的な意見も多く、バッテリーの寿命の短さに不満のユーザーは多いです。

ただ、いくらユーザーが不満の声を挙げたとしてもアップルが寿命を伸ばしてくれるわけではありません。

しっかりスマホの温度管理をしながら、少しでも寿命を引き伸ばしたほうが賢明です。

新規で購入した場合、10万円ほどもするiPhoneです。

すぐにバッテリーの寿命が尽きてしまわないように、しっかり対策を立てて利用するようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-iPhone

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.