星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

iPhone

iPhoneの電池バッテリーの寿命は3年!充電回数や過充電を考察!

更新日:


これは、元々iPhoneを発売するアップル社が、

「iPhoneやiPad製品の電池の寿命は3年間を想定しています。」

と発表していることから、だいたい3年前後が一つの目安と言われています。

ちなみに、同じアップル社から発売されているMacbookの電池の寿命は、4年を想定しているという発表もされているそうです。

ここからはあくまで筆者の推測でしかないのですが、通信会社との契約上の2年縛りで機種交換するケースが多いために、iPhoneのバッテリーは3年で交換することを想定していると思います。

また、MacBookに関しても、だいたい

OSの大幅バージョンアップの時期(だいたい4年前後でバージョンアップしている印象)

に併せて4年でバッテリー交換を促すようにしているのだろうと思われます。

つまり、バッテリー切れが発生する事によって、ちょうどいい頃合いに

『新機種に買い換えてもらおう』

と考えているところがあるため、このようなバッテリーの寿命が想定されているのだろうと思うのです。

今や、パソコンやスマホは一人に一台が当たり前という時代で、普及し尽くしている感は否めません。

いつまでも無料でOSのバージョンアップなどを施していたら、新機種のMacBookやiPhoneが売れなくなってしまいます。

それではメーカーサイドも経営が成り立たなくなってしまいます。

買い替えを促すという意味でも、3年~4年周期でバッテリーが寿命を迎える仕様となっているのでしょう。

もちろん、この話は推測でしかありません。

いずれにしても、バッテリーを酷使しすぎないように大切に使っていたとしても、

  • iPhoneでは約3年
  • MacBookでは約4年

でバッテリーの寿命が尽きることに変わりはありません。


次のページへ >

-iPhone

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.