星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

いい部屋ネットCMの歌詞とかわいい桜井日奈子のダンスの評判は?

投稿日

新生活の手助けとなるように、住居選びや、暮らしのアドバイス、物件情報などを豊富に揃えているWebサイト『いい部屋ネット』。

このWebサイトのテレビCMに出演し注目されているのが、『岡山の奇跡』として呼ばれ、ブレイク中の女性タレント(女優)の桜井日奈子さんですよね。

なんでも桜井日奈子さんが出演しているこの『いい部屋ネット』のCMで流れる楽曲の歌詞や、ダンスが面白いと話題になっているそうですが、どんな歌詞やダンスが流れているのでしょうか。

本記事では、桜井日奈子さんが出演する『いい部屋ネット』のテレビCMの評判や、CMソングの歌詞やダンスに触れながらご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

岡山の奇跡・桜井日奈子のいい部屋ネットのテレビCM

いい部屋ネット

いい部屋ネット

みなさんは『岡山の奇跡』と呼ばれ、現在、『白猫プロジェクト』や『いい部屋ネット』のテレビCMに出演し、ブレイク中のかわいい女性タレント・桜井日奈子さんをご存知でしょうか。

2014年に『岡山美少女・美人コンテスト』で、美少女グランプリを受賞したことをきっかけに芸能界入りしたばかりの女優さんです。

まだまだ新人であることから、桜井日奈子さんのテレビでの主な露出は冒頭でお話した2本のテレビCMだけです。

しかし、それでも

『この子誰?』

と話題になり注目されるように…

しかも2016年には、桜井日奈子さんに舞台デビューまで控え、ますます多方面での活躍が見られている今旬女優と言えるでしょうね。

それにしても、たった2本のテレビCMしか主な露出が見られない桜井日奈子さんが、ここまでブレイクするとは本当に驚きですよね。

さすが『岡山の奇跡』と言ったところなのかもしれません。

とくに『いい部屋ネット』のテレビCMで桜井日奈子さんが見せたコミカルなダンスと、かわいいCMソングの独特の歌詞に多くの視聴者が、良くも悪くも注目するようになったのではないでしょうか。

もちろん、注目を受けたのは桜井日奈子さんのパフォーマンスあっての話だとは思うのですが、どこか昭和を感じさせる独特のCMソングは、ついクスっと笑ってしまいます。

それでいてインパクトも強く、どこか初々しさも感じられ、全体的に好感がもてるCMとして描かれています。

だからこそ、桜井日奈子さんのことだけでなくCMソングやダンスも含めて話題になるのでしょう。

最近では漫画誌のグラビアなどでもたまに見かけるようになってきた桜井日奈子さんですが、なんと、彼女がカメラを前に歌やダンスを披露するのは、この『いい部屋ネット』のテレビCMが初めてだったとか…

どおりでこのCMの桜井日奈子さんは、初々しかったはずですよね。

このテレビCMに桜井日奈子さんを起用した理由は、はっきり分かりませんでした。

しかし、筆者個人が推測するには、『いい部屋ネット』側が自然体で素朴な印象を桜井日奈子さんから受けたことで、『これから社会に出ていこうとする若者』という初々しさをCMを見た人に印象づけられる、ということから起用に踏み切ったのではと思います。

もちろん、桜井日奈子さんに対して賛否が分かれていることも事実で、必ずしも大評判というわけではないようです。

いずれにしても存在感はかなり高く、広瀬すずさんや橋本環奈さんの様な存在になりうる逸材であることに変わりないでしょう。

この『いい部屋ネット』のCMや『白猫プロジェクト』のテレビCMを一つのきっかけに、桜井日奈子さんが大きく飛躍し、様々なメディアで大活躍していくことを期待したいですね。

 

いい部屋ネットのテレビCMに賛否両論

いい部屋ネット

いい部屋ネット

『いい部屋ネット』のテレビCMが何かと話題になっていることには違いないのですが、先程も少し触れたように、決して大絶賛というわけではなく、少しコミカルで面白いという人もいれば、完全に

『バカじゃないの?』

と酷評されている方もいらっしゃいます。

その批判な評判となる主な要因に挙げられているのが、この『いい部屋ネット』のCMソングの歌詞の内容にあるようですね。

筆者としては、

『あぁ、こういう奴いたよなぁ』

くらいに感じていましたし、どこか懐かしさすらも感じ、肩の力を抜いて気軽に共感していたものですが、意外と批判されている視聴者たちは、冷静に分析し酷評されています。

例えば、桜井日奈子さんが初めて出演した『いい部屋ネット』のCMで、

『いい部屋ネットで見つけたマイルーム。おとなーりさーんは、超イケメン♪ワオ』

と、歌詞が続いていくわけですが、ネットで叩かれていたのは、

『イケメン=いい人』

とは限らないという点。

確かにイケメンだからいい人とは限りませんし、ストーカーや暴力的な男性かもしれないわけで、

『ちょっとこの子大丈夫?』

と心配になってしまいますよね。

例えば、昔放送されたドラマ『ストーカー』で、イケメン俳優の渡部篤郎さんも「ストーカー」役をされていましたし、イケメン=いい人とは限らないのは、紛れも無い事実でしょう。

渡部篤郎

渡部篤郎

それだけに、『いい部屋ネット』のCMを批判されている方が言っていることは最もな話ですし、筆者もその点は納得いきます。

ただ、高校を卒業し、社会へ旅立とうとしていく若者たちは、これくらい無知であって欲しいという気持ちもあります。

決して若者たちをバカにしての発言ではありません。

変に悟りを開いたかのごとく、何でもかんでも知識を吸収しすぎて、冷めた一面を持ってしまい人間を信用しない若者が増えると、この先なにか寂しさを感じてしまう、という意味合いでの発言です。

やはり、筆者たちの若い時代は、本当に

『バカだなぁ、こいつ』

と思いながらも、どこか憎めず、若さゆえに果敢に挑戦していく。

良い意味での無鉄砲さと言うか、危なっかしいけど、好奇心旺盛に何でも取り組もうとする連中が本当に多かったように思います。

筆者自身は、どこか臆病なところもあり、失敗を恐れ、あまりチャレンジ出来なかった一面もありました。

会社員時代は、若者たちに失敗を恐れずチャレンジすることの大切さを伝えて来ていましたが、何故か今の若者達はそういう考えを真っ向から否定する傾向があるように見えました。

確かに、この世の中、非常に物騒で、勢い任せの行動はありえない話となってしまっているのかもしれません。

しかし、悪事紛いなことならともかく、良いことと考え、何かにチャレンジする事は、若さゆえの特権だと思います。

『いい部屋ネット』のCMで桜井日奈子さんが演じる彼女も、イケメン男性と交流を持って、新たな世界が開けたら、それはそれで素晴らしいことだと筆者は思うのです。

もちろんイケメンだけど危ないやつだったら…という考えは最もですし、危険を考えたら誰とも交流しない方が良いでしょう。

はっきり言って今の人間社会はおかしな方向に進んでいるようにも思えますし、身内ですら信用出来ない時代に入っています。

でも、人は一人では生きていけない生き物ですし、全く人と関わらないで生きるのは寂しくありませんか?

筆者としても、この辺りはすごく複雑なところなのですが、10代の若者なら、イケメンということだけで飛びつきたくなる気持ちが溢れていっても、それはそれでOKだと思います。

無知で無鉄砲だけど、昔、こんな奴がよくいたようなぁと感じさせてくれるようなキャラクターとして『いい部屋ネット』のCMが描かれている…

だからこそ、古き良き『昭和』を思い出させてくれるような印象を持ち、好感を抱けるのかもしれません。

あくまで、この話は筆者個人の感想と、『いい部屋ネット』CMのネットでの評判を軸に話しています。

そのため、この記事に対して、

『狂っている!!』

『無責任』

と猛烈に批判される方もいらっしゃるでしょう。

その事に否定的な意見を言うつもりは毛頭ありませんし、その気持も分かります。

この『いい部屋ネット』のCMソングに見られる歌詞に対して、考え方・価値観の違いが、もろに賛否両論という形で、評判として現れているような気がします。

まぁ、この桜井日奈子さんが演じる女性キャラクターは、他にも、

『間取り図を見比べ一週間、まだ決められないのよ、お部屋出来過ぎ!!』

とか発言しながら、ただ優柔不断な一面を露呈しています。

いろんな意味で面白い反面、おバカな一面も見受けられ、批判されているのかもしれませんね。

ただ、あくまで桜井日奈子さんは、無知で無鉄砲な一面を演技を視聴者に見せているのだと思いますし、それは制作サイドの意図があってのこと…

その事を踏まえて『いい部屋ネット』のCMを見ていくと、歌詞内容そのものは、批判の矢面に立たされるような部分が見受けられるものの、全く右も左も知らない10代の若者が、これから社会の荒波に飲み込まれながら、いろんなことを吸収していくその初々しさが愛おしく見える…

見方が偏っているかもしれませんが、そんな素敵なCMとして、桜井日奈子さんの素朴さ・自然らしさが映しだされているのだと思う次第です。

 

桜井日奈子のダンスはコミカル…

桜井日奈子

桜井日奈子

『いい部屋ネット』のCMで、もう一つ話題となっているのは、桜井日奈子さんのコミカルなダンスですよね。

とくに1~4本目までのズンドコ節に併せたダンスは、一見、ラジオ体操に近いような印象も受けます。

この単純さが、また面白く印象に残ります。

実際にこの『いい部屋ネット』のCMに対する評判もまずまずといったところで、思わずクスっと笑ってしまうという方も意外と多いみたいですよ。

EXILEのようなパフォーマンス重視のダンスとは程遠く、あくまで単純ながらもインパクトあるダンスと言った印象で、とくに『いい部屋ネット』の家のポーズは桜井日奈子さん自身、今でも不意にやりたくなるポーズとしてハマっているという話もあります。

『いい部屋ネット』CM内で見せているダンスの一つ一つの動きは、本当に単純で少し練習すれば、すぐに誰でもフリを覚えることはできるような気がします。

しかも、それを桜井日奈子さんをはじめとする5人の女優さんたちでダンスとして披露し、最新バージョンでは、銅像ポスト犬のきぐるみを被った人まで巻き込んでダンスしているわけですから、完全にコントの様相がそこにあるわけです。

もう、言葉であれこれ批評するより、直接見てもらったほうが早いというほど、実に単純で分かりやすいダンス映像が映る『いい部屋ネット』のCMと言って良いでしょう。

それにしてもこれだけ単純な振付なのに、時にコミカルで面白く、時にキュートに見えるのは、やはり桜井日奈子さんをはじめとする、キャストによるものでしょうね。

どんなに演技力があっても、キャストが異なれば、

『何やってんの?』

と引いてしまうでしょうし、芦田愛菜さん・鈴木福くんのマルモリダンスにも言えることですが、あの子たちがやっているからこそ、思わずかわいいと思ってしまうんですよね。

番組演出上、仕方ないとはいえ、世良公則さんがドラマのエンディングでマルモリダンスをやっているシーンを観た時は、

『いい年して何やってんの?』

と思ってしまったくらいですから、ダンスする人によっては非常に不格好になるダンスなのでしょうね。

今後も季節に応じて、『いい部屋ネット』のCMは進化していくことでしょう。

その一つ一つを楽しみに、今後も桜井日奈子さんの活躍に注目していきたいものです。

 

まとめ

『岡山の奇跡』と呼ばれる桜井日奈子さんが出演する『いい部屋ネット』のテレビCMは、賛否が大きく分かれるも、どこかキュートでかわいいコミカルなダンスと、なにか懐かしさというか昭和を感じさせる出で立ちが受けている部分もあるようです。

ただやはり、現代社会の思考には歌詞の内容がそぐわず、

『頭の痛い子』

『おバカな子で、とても一人暮らしはさせられない』

など、CMへの評判として批判が飛び交っているのも事実です。

ただ、あくまで『いい部屋ネット』CMの世界観として、このような、純粋無垢で少しおバカな女の子がいて欲しい、と願う気持ちもあります。

単純・コミカルで、少し危なっかしいところもありますが、今後もこの調子で『いい部屋ネット』のCMを続けて欲しいと思う次第です。

桜井日奈子の記事はコチラもよく読まれています!

桜井日奈子のプロフィールとCM画像を紹介!岡山の奇跡の評判は?

白猫プロジェクトCMに出演中の歌う女優・岡山の奇跡とは誰?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人