星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

小林誠司の出身大学は?ドラフト1位以外は社会人って本当?

更新日 投稿日2015年02月07日

社会人野球を経て、ドラフト1位でプロ野球・読売巨人軍に入団したキャッチャー、小林誠司捕手ですが、彼の出身大学が何処なのか?と気にされているファンが多いみたいですね。

また、大学時代『ドラフト1位以外だったら社会人になる』と宣言し、そのことが影響して指名されること無く、日本生命に入社したエピソードもあるそうです。

ちなみに、この話を聞いた関係者は自信過剰と彼をバッシングした事もあったとか...

何かと気になる話ですよね。

そこで、本記事では小林誠司捕手の出身大学や、彼の『ドラフト1位以外だったら社会人』と宣言したエピソードなどをご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

小林誠司選手の出身大学は?

小林誠司

小林誠司

広陵高校時代、1年の冬に監督から捕手転向を勧められたことをきっかけに、捕手に転向。2年生の秋からは、正捕手の座を掴むと、メキメキと頭角を現し、現在ではプロ野球・読売巨人軍の次期正捕手と呼ばれるまで成長している小林誠司捕手。

一応、厳密にいえば、まだ2番手キャッチャーという位置づけではあるものの、2014年まで巨人の正捕手であった阿部慎之助選手がファーストへコンバートしたことから、事実上正捕手の座を掴んだといっても過言ではなくなりました。

さて、今や正捕手の座を掴みかけている2013年ドラフト1位の小林誠司捕手ですが、彼は一体どの大学出身なのでしょうか?

調べてみると、wikiなどにも掲載されているので分かることですが、彼は広陵高校卒業後、同志社大に進学し、卒業後日本生命を経て巨人に入団しています。

同志社大時代では、1年生の春からリーグ戦に出場するなど、3度のベストナインに選出され、その高い実力を買われ、プロからも注目された選手でした。

全日本大学選手権に出場した時には、菅野智之選手が所属する東海大学や、2013年ドラフト1位で広島に入団した大瀬良大地投手が所属する九州共立大学とも対戦しています。

結果は、いずれも敗れていますが、それでもキャッチャーとしての高い能力はプロも認めていましたし、もし彼が『ドラフト1位以外は社会人になる』などと言わなければ、2011年ドラフトの時にロッテ、もしくは他球団に入団していたかもしれませんね。

 

小林誠司が『ドラフト1位以外なら社会人』と大学時代に宣言?

大学時代の小林誠司

大学時代の小林誠司

小林誠司捕手が、2011年のドラフトで『ドラフト1位以外の指名は受けず社会人になる』と宣言したため、指名がかからず日本生命に入社したという話は、今でも何かとネットで話題になっていますよね。

でも野球選手なら誰しもプロに憧れを持つものですし、貴重なチャンスを棒に振るようなマネを本当にするものなのでしょうか?

そんな疑念もあり、いろいろ調べてみましたが、やはり彼は『ドラフト1位以外なら社会人』と宣言していたようです。

そのため、自信過剰と小林誠司捕手をバッシングする方も多く、結局ロッテをはじめ、他球団からもドラフトでの指名を避けらてしまいました。

その後、小林誠司捕手は、宣言通り日本生命に入社し、社会人野球の道を歩むことになります。

そして、社会人リーグで、さらなる実力を付けて、2013年に巨人からのドラフト1位指名を勝ち獲ったのです。

現在では、巨人で正捕手としての活躍を期待されていますが、この社会人野球での2年が、小林誠司捕手を大きく成長させ、現在があるのでしょう。

 

小林誠司『ドラフト1位以外なら社会人』と宣言した理由とは?

小林誠司_1

小林誠司

小林誠司捕手は自信過剰だと、一部の方達に避難された時期もありましたが、そのきっかけになった『ドラフト1位以外なら社会人』という宣言には、本当の理由が存在していました。

そもそもこの宣言は、プロ野球でやっていく自信がないのでは?と感じていた小林誠司捕手の周囲の方たちが、彼にあのような宣言をするように勧め、彼にプレッシャーをかけるためというのが、大きな理由だったそうです。

もちろんドラフト1位指名を受けたとしても、必ず大成するとは限りませんが、ドラフト1位であることが、プレッシャーになるとともに、ひとつの自信になることも事実です。

小林誠司捕手は、当時からキャッチャーとして、それほど有望視された選手だったのです。

それだけに、背中を押すように自信をつけさせたかったというのが、周囲の正直な気持ちであり、ハッタリではないにしても『ドラフト1位以外なら社会人』と宣言して、それでも指名があれば、自信を持ってプロ入りしようと考えていたのでしょうね。

 

まとめ

小林誠司捕手は、同志社大学出身の未来を有望視されたキャッチャーです。

大学時代にベストナインに3度も選出され、プロからも大学在学中から注目されていましたが、『ドラフト1位以外なら社会人』と宣言していたことと、当時、菅野智之投手、野村祐輔投手など、ドラフト1位候補も多かったことが影響し、結局何処からも指名がかからず日本生命に入社し、社会人野球への道を歩み始めます。

そして2年後にドラフト1位指名を受け、昨年巨人に入団し、一躍有名になられました。

もし、2年間日本生命で社会人野球をしていなければ、巨人からのドラフト1位指名は、なかったかもしれません。

この2年は、彼にとって非常に大きな2年となったことでしょう。

今後は、ぜひ巨人の正捕手として、また、日本が誇る正捕手として、活躍してほしいと期待しています!

その他の小林誠司捕手に関連する記事はコチラ!

小林誠司は2007年甲子園で準優勝?出身高校とその時の同期とは?

巨人の新正捕手!小林誠司の彼女はフジテレビの女子アナ宮澤智?

巨人の記事はコチラもよく読まれています!

巨人・小林誠司はキャッチャー失格?阿部が再び捕手の理由とは?

巨人2015!新外国人や移籍・ドラフト補強選手を紹介!相川は控え?

その他のプロ野球に関連する記事はコチラ!

プロ野球2015!新ユニフォームは3チーム!ダサいデザインはどこ?

プロ野球の最高年俸選手は誰?金額はいくら?ランキングを紹介!

プロ野球2015!セ・リーグ優勝予想は巨人!昨年よりも戦力低下?

プロ野球2015!パ・リーグの優勝チームは?補強・戦力から大予想!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球