星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

天の川2017の見える方向(方角)と時間!大三角形の探し方は?

更新日:

七夕伝説に欠かせない、天の川。

みなさんは、天の川を見たことがありますか?

意外と、天の川という存在は知っていても、実際に見たことがある人は少ないかもしれません。

そこで、天の川を見たい人のために、2017年の天の川の見られる時間・方角を紹介していきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

星々の煌めき!天の川とは一体何?

七夕伝説を語る上で、欠かせない存在が天の川ですよね。

「天の川とは何か?」

そう聞かれて、ちゃんと答えられる人はどれくらいいるでしょうか?

まずは、天の川とは?から説明していきますね。

 

天の川とは、英語で『ミルキーウェイ』とも言われるもので、空を見上げると見ることのできる雲状の光の帯です。

東アジアの伝説では川として見られ、ギリシャ神話では道として見られています。

地域の差が表れていて、なかなか興味深いところです。

 

さて、そんな天の川ですが、ざっくりと言ってしまえば、これは

銀河

に該当する存在ですね。

天の川は銀河のため、実は

天の川は一年中どこにいても観ることのできる銀河の一つ

なのです。

七夕伝説などが、あまりにも有名なため、天の川は七夕に見えるものと思われがちです。

しかし、七夕と真逆の季節である冬でも、天の川は見ることはできるのです。

また、天の川は、北半球だろうが南半球だろうが関係ありません。

世界中どこにいても、天候が良く暗い場所であれば見ることが可能。

そもそも、地球や太陽系自体が天の川と呼ばれる銀河の一部に属しているわけですから、認識としては、

天の川という銀河を内側から見ている

ようなものなのです。

では、そんな天の川ですが、2017年の日本では、どの方角で見ることができるのでしょうか?

 

2017年の天の川が見られる時間は?

天の川というのは、基本的に一年中見ることが可能ということは説明しました。

しかし、だからといって一年中ずっと見やすいわけではありません。

天の川にも、見やすい時期が存在するのです。

では、その天の川が見やすい時期というのは、いつ頃なのでしょうか?

 

天の川がとくに見やすい時期が、

梅雨明けから夏の終わりごろ

までです。

時期にしては、7月~8月頃で、まさに七夕などがある時期そのものと言えますね。

また、天の川には時期だけでなく、見やすい時間も存在していて、

夜7時~11時の間

だと、天の川を綺麗に見ることが可能です。

 

しかし、夏の間、ずっと夜7時~11時の間で天の川が見られるかというと…。

これまたややこしいのですが、そうではないのです。

天の川というのは、先ほども触れましたが、『ミルキーウェイ』とも言われています。

ミルク状の道というような意味になり、その名のごとく、天の川は非常に薄く、わずかな月明かりでも見えなくなってしまうのです。

そのため、街灯などで明るい都市部では、天の川を見ることはできません。

というよりも、都市部では、

天の川を見ることは、

絶望的

というほど不可能に近いという現状です。

それこそ、全く明かりのない場所でキャンプでもしない限り、見ることは不可能でしょう。

 

では、人工的な明かりのない場所へ移り、天の川を見るとしましょう。

しかし、その日は月明かりが明るい日で、

「天の川どこだ!?」

と、天の川が見えなくなってしまうことがあるのです。

そうなのです。

天の川は、

月明かりでも見えなくなってしまうほど薄い

のです。

 

次に月明かりに邪魔されないためにはどうするか?

となると、天の川見るうえで狙い目となる日は、月明かりが全くない、新月の時期ですよね。

そこで、2017年の夏場となる7月・8月で新月になる日を探してみると…

  • 2017年7月23日(日)
  • 2017年8月22日(火)

この2日が、新月だということがわかりました。

天の川を見たいという人は、この2日を狙うと、条件的に比較的、天の川を見やすくなるため、おすすめです。

 

2017年の天の川が見られる方角は?

天の川が、夏の時期の夜だと見やすいことはわかったと思います。

では、実際に天の川を見ようとした場合、どの方角を見ればいいのでしょうか?

 

何度も言いますが、天の川は夏の時期に比較的見やすいわけです。

では、夏の時期に天の川を見ると仮定し、その夏の時期に目印となるものを紹介しましょう。

夏の時期の天の川観測に置いて、とくに目印にしてほしいのが…

夏の大三角形

みなさんも理科の授業などで聞いたことがあると思いますが、夏の大三角形とは、

  • 白鳥座のデネブ
  • わし座のアルタイル
  • こと座のベガ

という明るい3つの星を結んだ形のことを指します。

基本的には、この夏の大三角形を探すことで、天の川も見つけやすくなるのです。

たとえば、7月ならば、東のほうの空をふと見上げると、他の星よりも明るく光る3つの星が見えると思います。

とくに光り輝いて見えるのが、0等星となっている、こと座のベガ

ちなみに0等星というのは、天体の明るさを表す基準値のこと。

数値が上がるほど暗く見えづらく、数値が下がるほど明るく見えやすくなる単位になります。

ベガは0等星なので、星としては明るい部類であり、肉眼でも見つけやすい星です。

このベガを見つけられたら、ベガを基準に、次は右下、そして左下にある、周りより明るい星を見つけましょう。

その2つの明るい星と言うのが、アルタイルデネブです。

そして、これらを結んだ夏の大三角形、そこを横切るように流れている薄い星の直線こそが、天の川なのです。

そのため、まず夏の時期に天の川を見るとなった時は、

夏の大三角形を探す!

これを徹底しましょう!

 

まとめ

天の川は、七夕だけに見られるものかと思いきや、実はそんなことはありません。

銀河系の一つですから、いつ、どの角度でも天の川を見ることができるのです。

比較的見やすい時期となるのは、日本でいえば7月~8月あたりの夜7時~11時の間になります。

しかし、天の川自体は、そこまで明るくない星の集まりなので、都市部で見ることはほぼ不可能に近いです。

たとえ田舎でも、月明かり程度で天の川が見えなくなることもあります。

そのため、しっかりその存在を捉えるとなると、

  • 街灯など人工の明かりが全くない場所へ行く
  • 月明かりのない新月の日を狙う
  • 望遠鏡などの器具を使う

こういった、入念な準備が必要となるのです。

みなさんも、天の川を見る場合は、当記事で紹介したことに気をつけて観測してくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.