星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

不機嫌な果実のドラマストーリーあらすじとキャスト相関図!

投稿日

『Age35 恋しくて』『昼顔』など、これまで数々のドラマが放送されてきた男女のドロドロとした恋愛をテーマとしたドラマ達…

現在も、二股・三股という重複愛に不貞行為をドッキングさせたドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』が放送されていますし、ドロドロとした大人の恋愛劇は、多くの女性ファンを中心に高い支持を得ているのでしょう。

そんな中、また新たにドロドロした恋愛をテーマとしたドラマが放送されます。

ドラマのタイトルは『不機嫌な果実』。

果たして、このドラマ『不機嫌な果実』は、どんなドロドロな恋愛を繰り広げていくのでしょうか。

本記事では、ドラマのストーリーあらすじやキャスト相関図に触れながら、ドラマ『不機嫌な果実』の魅力をご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ドラマ『不機嫌な果実』とは?

kajitu_f4

『成田離婚』のように、結婚直後のハネムーンでお互いの嫌なところが見えて、即離婚するというご夫婦も中にはいらっしゃいますよね。

ただ、基本的には愛し合って結婚し、しばらくはラブラブな新婚生活を営んでいらっしゃるご夫婦が多いのではないでしょうか。

そんな風景を見ていると、

『結婚って良いなぁ』

と思ったりするものですが、よほどのおしどり夫婦でない限り、どの夫婦にもいずれは倦怠期が訪れ、結婚から5年も経つと、不貞に明け暮れてしまい、夫婦関係に破綻をきたす、なんてご夫婦も中には出てきます。

また、不貞に走らないまでも、

『この人にはついていけない!!』

と離婚に踏み切る夫婦もいらっしゃるでしょう。

さて、19年ぶりにドラマとして帰ってきた『不機嫌な果実』に登場するヒロインも、結婚後、5年が過ぎた女性で、既に夫婦関係にもヒビが入っているのか、夫に対して何かと不満を募らせています。

ここまでなら、どこにでもいる奥さんの姿なのかもしれません。

しかし、彼女の場合は、昔の恋人との不貞行為の逢瀬を重ねて、さらに、新たに出会った男性とも関係を持ってしまうのです。

完全に次から次へと愛を求め、彷徨う肉食系女子で、いろんな意味でドロドロの不貞行為を重ねてしまう最悪の状況下にいる女性なのです。

一方、ヒロインの相手となる元恋人も若い愛人を囲っているらしく、何重にも絡んだドロドロの恋愛劇が大きくストーリー展開され、ただ愛に狂った大人たちの姿というよりも、嫉妬や妬みなども描かれ、さらにドロドロ感満載のドラマとなっていくでしょう。

そのドロドロ感は、かつて上戸彩さんが主演を勤めたドラマ『昼顔』や、現在、前田敦子さん主演ドラマとして放送されている『毒島ゆり子のせきらら日記』以上と言ってもいいかもしれません。

トレンディードラマ全盛期、何かと女性が憧れそうな純愛ラブストーリータイプのドラマ(東京ラブストーリー、ラブジェネレーションなど…)が、たくさん放送されていましたが、これらのドラマは、どこかリアリティに欠ける印象も拭えませんでした。

だからこそ、多くの女性が、あの独特な世界観に憧れを持ち、見続け、その結果、大ヒットドラマとして視聴率に大きく反映したのだと思います。

しかし、今の時代は、リアリティ志向にシフトチェンジしています。

それだけに、『不機嫌な果実』は深夜ドラマとして今回放送されますが、もしかしたら大化けするかもしれないと、密かに期待しています。

ドラマ『不機嫌な果実』の放送は、2016年4月29日(金)23:15から、テレビ朝日系列にて放送開始。

ぜひ、大人のドロドロした恋愛劇を観て、その世界観に共感してみてくださいね。

 

『不機嫌な果実』のドラマストーリーあらすじ

kajitu_f2『昼顔』『毒島ゆり子のせきらら日記』に続き、この2016春から放送されるドラマ『不機嫌な果実』。

元々、このドラマは、先程もお話したとおり、1997年に石田ゆり子さん主演ドラマとして放送されていたもので、今回の『不機嫌な果実』主演も栗山千明さんに変わり、リメイクされた形で放送されるわけです。

一体どんなストーリーが展開されていくのでしょうか?

早速、ドラマ『不機嫌な果実』のストーリーあらすじをご紹介していきます。


結婚して5年、水越麻也子(役:栗山千明)は、夫の航一(役:稲垣吾郎)にも全く相手にされなくなってしまい、職場でも冷遇を受ける日々を過ごしていた。

そんな生活に、

『私は損をしているんじゃないだろうか?』

と疑念を抱き、いつしか

『私はついていない』

『夫を選び間違えたのかもしれない』

と鬱屈したことを言い始めるように…

そんなある日、誕生日を迎えた麻也子は、珍しく航一から食事に誘われ、夫の優しさに触れたと喜んだものの、それはぬか喜び…

なんと、航一が連れて行った先は、彼の実家だったのです。

麻也子にとって、航一の母・綾子(役:萬田久子)は、最もそりが合わない姑で、せっかくの誕生会を、嫌な人と交えながら、しかも、無碍な態度も取れない状況で迎えるという、最悪の地獄のような時間を過ごすはめに…

kajitu_f3

そして、全くついていない一日を過ごした麻也子に、立て続けて悲劇が訪れます。

自分でキープしていたつもりでいたはずの弁護士・南田典雄から、若い女と結婚報告を受けるはめに陥ってしまうのです。

もちろん、麻也子は既に結婚していたわけですし、不貞だとわかった上で、勝手に南田をキープした気になっていただけの話で、南田が他の女と結婚したとしても、何らおかしいことではありません。

しかし、どこか得意顔になっていたのか、全く想像もしていなかった展開に屈辱感を受け、麻也子は

『間違いない。私やっぱりものすごく損をしたのだ…』

と確信するのです。

そんな時、麻也子の大学時代の友人・竹田久美(役:高梨臨)が、離婚で手にした慰謝料をつぎ込み、ワインバーを開店したという知らせを聞きつけ、もう一人の友人・遠山玲子(役:橋本マナミ)と一緒に来店した麻也子。

すると、開店祝いの花の中に、野村健吾(役:成宮寛貴)という懐かしい名前を発見…

実は、野村健吾という人物は、麻也子が独身時代に不貞をしていた敏腕広告マンだったのです。

結婚後、完全に接点が消え、もう何年も会っていない麻也子でしたが、玲子から

『連絡してみれば?』

とけしかけられ、ここしばらくツいていないこと続きだった麻也子もまんざらではなく…

その矢先、麻也子に思わぬハプニングが勃発します。

店内でピアノ演奏していた工藤道彦(役:市原隼人)に、うっかり赤ワインを引っ掛けてしまうのです。

麻也子は慌てて、道彦に謝罪し、クリーニング代を差し出そうとしますが、道彦はそれを受け取らず、穏やかにその場を去ります。

わずか一瞬のハプニングだったわけですが、道彦の態度に何処か惹かれるものを感じ、この出会いをきっかけに、麻也子は新たな不貞を引き起こしてしまうのですが…


以上が、ドラマ『不機嫌な果実』の主なストーリーあらすじとなっています。

一つの不貞で終わること無く、何回も同じことを重ねてしまう麻也子は、夫に相手にしてもらえていない寂しさを、不貞行為によって紛らわせていくのです。

はたして、そこに悲劇が訪れていくのか、はたまた麻也子の人生が好転していくのか…

その全貌は、ぜひドラマ『不機嫌な果実』の放送を観て確認してみてくださいね。

 

『不機嫌な果実』のドラマキャストと人物相関図

kajitu_fいよいよ放送開始となるドラマ『不機嫌な果実』ですが、内容がドロドロした大人の恋愛劇であるのと同時に、このキャストが実にバランスが取れていて、主演キャストである栗山千明さんが演じる麻也の夫や、不貞相手はいずれもイケメンばかり…

そして、脇を固めるキャストも、イケメンではなく脇役が似合うキャストと言う印象で、メリハリが付いていて素晴らしいキャスティングという印象を受けます。

では、早速ながら、『不機嫌な果実』の気になるドラマキャストをキャラ設定・人物相関などを踏まえながらご紹介していきます。

ドラマ『不機嫌な果実』出場者キャスト一覧

水越家

水越麻也子:栗山千明
結婚して5年になる主婦。
人気弁護士・津久井哲也の事務所に秘書として勤務。
夫は、大手金属メーカーの営業部長に就く水越航一。
ルックスには大学時代から自信を持っているが、いつしか航一から女として相手にしてもらえないようになり、女としての生きがいを見失い、常に何かと不満を漏らすように…
ある日、独身時代に不貞をしていた相手・野村健吾と出会い関係を深める中、一方では音楽評論家の工藤道彦と惹かれ合い、不貞の道にどっぷりはまっていきますが…

水越航一:稲垣吾郎
麻也子の夫で、一流大学を卒業し、大手金属メーカーの営業部長に抜擢されるほど、仕事のできる人物。
ただし、男・夫としては最低レベル。
麻也子と結婚したものの、彼女を妻として扱ったことが無く、完全に女として見ずに家政婦扱い。
その上、独占欲・嫉妬心は非常に強く、不貞を働くことは絶対許さないタイプで、まさか麻也子が不貞に明け暮れているとは夢にも思っていない。
さらに、潔癖症で神経質という一面もあり、週に1度の実家帰省を何よりも楽しみにしているマザコン気質の持ち主。
また、一方では麻也子に隠している衝撃的な事実も…

水越綾子:萬田久子
一人息子である航一を異常なまでに溺愛している母親で麻也子とは嫁姑の関係。
教養も分別もあるが、子供を生まない麻也子に対して不満を爆発させ、事あるごとに麻也子を攻め立てているため、嫁姑の関係は最悪。
麻也子が最も苦手とする人物。

麻也子の友人

竹田久美:高梨臨
麻也子の大学時代の友人。
夫の不貞が原因で離婚しているため、不貞行為に対しては厳しい見解を持つ。
常にクールで堅実に生きてきたタイプの女性で、離婚に懲りたのか、男を信用できず結婚する意志も全く無い…
離婚で得た慰謝料をすべて注ぎ込み、ワインバーを開店し、男に頼ることなく自立を図ろうとしているところは抜け目がないが、その裏では麻也子たちにも明かしていないとんでもない秘密を抱えている。

遠山玲子:橋本 マナミ
麻也子のもう一人の友人。
久美とは間逆なタイプで、完全なる自由主義者かつ、ルックスも派手で女王様タイプ。
ルックスは見劣りするものの、高収入であるため、経済力だけを求めて今の夫と結婚。
現在息子を抱えながら、主婦モデル・人気ブロガーとして活躍している裏で、麻也子同様家族に内密で、スポーツクラブのインストラクターと不貞を働いている。

麻也子の不貞相手

野村健吾:成宮 寛貴
麻也子が独身時代に恋をしていた相手男性。
大手広告代理店勤務。
若い頃から高収入で羽振りが良く、とにかく女性関係が派手。
麻也子が複数人を相手にするように、健吾も複数人の女性と付き合っているプレイボーイ。
麻也子とは、コンサートチケットの手配依頼を口実に数年ぶりに再会。
スマートな振る舞いと甘く危険な言葉で誘惑し、数年ぶりに麻也子との男女の関係が深まっていくが…

工藤通彦:市原 隼人
クラシック専門の音楽評論家。
情熱的な性格で、一直線的なタイプの男性であるため、一度恋に落ちハマってしまうととことん恋に落ちてしまう。
つい最近まで仕事の都合で海外に滞在していたが、たまたま久美が営むワインバーでのアクシデントをきっかけに麻也子と出会い一目惚れ。
人妻と知りながらも躊躇せず求愛し、禁断の恋に没頭するが…

その他

遠山茂:六角 精児
遠山玲子の夫。
一級建築士として活躍し、一流企業取締役にも負けない高収入を得ている。
自宅がオフィスを兼ねているため、多忙な妻に変わって家事もフォローしているマイホームパパとしての一面も見せているが、玲子からはただの財布としてしか見られていない。
子供の面倒もよく見て家庭を何よりも大切にしている一方、妻の下着の枚数を把握するという変質的な一面も持ちあわせた人物

津久井哲也:光石研
麻也子の上司でテレビにもよく出演されている人気弁護士。
離婚などの夫婦問題の案件を得意とし、弁護士としての能力は一級品だが、性格は最悪でパワハラ気質を持っている。
麻也子にも法律の知識がないと常に罵倒し、弱いものには容赦無い態度を獲ることが多い。

以上が、ドラマ『不機嫌な果実』の出演者キャストと主な相関図(人間関係・キャラ設定)となっています。

キャストも主演の栗山千明さんをはじめ、豪華な俳優が揃い、いずれもイケメン・美人が揃っているという印象が伺えます。

一方、脇役は、イケメンとは異なり脇役として映えるキャストが揃っています。

ドラマ『Nのために』でも愛人のために家族を捨て、かなり陰湿な態度を撮り続けていた父親を演じた光石研さんなど、かなり癖の強いキャストが起用されているのも一つの特徴…

果たして、今回のドロドロしたドラマ『不機嫌な果実』を彼ら俳優陣がどのように演出してくれるのか、非常に楽しみですね。

 

まとめ

一つの不貞行為だけで留まらず、幾重にも重なり、ドロドロした大人の恋愛劇を赤裸々に描いた作品『不機嫌な果実』が、いよいよ2016年4月29日(金)から放送開始されます。

主演キャストの栗山千明さんを始め、美人・イケメン達が集結したメインキャストに、かなり癖の強い脇役たちが上手くコラボして、ドラマ『不機嫌な果実』をストーリー展開させていくという流れとなっているような印象を受けるドラマ作品ですが、実は19年前も放送されたドラマ作品と判明。

果たして、19年ぶりにリメイクされた本作が、どのように視聴者の心に届いていくのでしょうか。

リアリティを追求し、大人の恋愛劇を観たいという方は、ぜひ『不機嫌な果実』をご覧下さいね。

不機嫌な果実の記事はコチラもよく読まれています!

不機嫌な果実のドラマストーリーあらすじとキャスト相関図!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ