星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

林真理子の現在の自宅豪邸と年収を考察!夫や娘もチェック!

更新日:

『不機嫌な果実』の原作者で、さらにはNHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』の原作も書いている作家・林真理子さん。

HKT48のメンバーで選抜総選挙3連覇を成し遂げた指原莉乃さんとの対談でも、

「健全な野心は素晴らしい」

と言い切るほどの直球タイプの作家。

その言動が一部のファンから支持され、作家として成功しています。

林真理子さんをここまで傲慢で高飛車な性格にするほどセレブな生活とは、一体どんななのか気になりますよね。

そこで、現在の林真理子さんの自宅や年収、夫婦関係や娘のことなど、プライベートを中心に、本記事で探ってみたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

セレブとなった林真理子の作家人生

ドロドロした女の嫉妬や陰険な部分を表現し、

リアルで醜い部分をここまで表現するのか

と言わんばかりの作風で小説・エッセイを書いている作家・林真理子さん。

ドロドロした展開が魅力の昼ドラ系ドラマが、主婦層を中心に受けが良いことでも伺えるように、

この手のタイプの作風が好き

という人は結構多くいますよね。

そのことが、林真理子さんの人気を高めている一つの要因となっているわけです。

それにしても、彼女の人生は、作家として成功したことで本当に一変しています。

もちろん作家・林真理子とともに人生を歩んでいるわけではないので、その全てを把握しているわけではありません。

あくまで他人である筆者が、林真理子さんの波乱万丈な人生を見聞きした上で、一変したと感じている話です。

ただ、学生時代に

画鋲を握らされてプールに沈められる

などのいじめに遭っていた話。

社会人になってからも超極貧生活を経験し、

一日40円のパン1つ食べて生活していた

という話を聞くと、今の林真理子さんのセレブぶりはとても想像できません。

しかも、就職活動にはことごとく失敗していたというのですから、本当に信じられない話です。

もし筆者が林真理子さんの立場だったら、心も折れてしまい、人生に絶望してしまっていたことでしょう。

とりあえず自決だけは駄目となんとか踏みとどまりながら、その場しのぎで日々を過ごすことがやっと、という状況下にいたかもしれません。

いずれにしても幸せなんて微塵にも感じることはなかったでしょう。

「健全な野心は素晴らしい」

なんて発想は間違っても出てきません。

しかし、林真理子さんは、

「いつか見返してやる」

と逆境をバネにして作家として成功を収めました。

林真理子さんの作家としての原点ともなるエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』。

大ヒット作品として定着し、2度もドラマ化された『不機嫌な果実』は、

傲慢で高飛車な作家・林真理子の根幹をストレートに表現

している作品として評されました。

赤裸々に女の嫉妬や妬み・そねみを表現し、それが世の女性にウケたからこそ、彼女は一気にセレブ街道を邁進することができたのでしょう。

『ルンルンを買っておうちに帰ろう』の中で、林真理子さんは、

「女友達の悪口は言いたくないのだけれども…」

といいながらも、色々悪口を暴発しています。

これを

『赤裸々になんでも思ったことを発言している』

といえば聞こえは良いのですが、極貧生活をしていたはずの彼女が、

「群を抜いてお金持ちの私は何かと苦労が絶えない」

と言い切ってしまうあたり…。

それも、まるで女友達が自分より極貧生活をしている貧乏人と決めつけたかのような、傲慢な発言をしているわけですから、一部の読者から

「何様のつもり!!」

と反感を持たれても不思議ではありません。

ただ、この傲慢さが林真理子さんの個性です。

後に大ヒットとなる『不機嫌な果実』を生み出し、支持されていくきっかけを与えていたとも言えます。

女の嫉妬は、時に人を不快にさせますが、多くの人が心のどこかで抱えている感情であるだけに、共感を得やすく賞賛されやすかったのだと思います。

 

あくまで他人に対して向けられた牙には、他人事と捉え、時に快楽にも繋げてしまうのが、良くも悪くも人間の性です。

傲慢な個性を持つ林真理子さんの作風は、同じ女性たちを中心に多くの人たちの共感を得て、作家として大成功を収めていった…。

そして、ドラマとして『不機嫌な果実』が描かれ、そのことで一気に知名度を上げました。

その林真理子さんは、『ぴったんこカンカン』などのバラエティ番組でも、歯に衣着せぬ物言いが評価され、人気となっていったというわけ。

もちろんその分、彼女への批判は続出し、ときに炎上騒動も引き起こされています。

とはいえ、炎上商法という言葉もあるように、良くも悪くも作家としてのステータスは上がっていきました。

そして、極貧生活からも脱出し、林真理子さんは完全なるセレブへと大きくのし上っていったのです。

現在もコンスタントに新作を発売している林真理子さんは、ますますセレブとなっていくことでしょう。

傲慢・高飛車という個性を全面に押し出し、『不機嫌な果実』を超える大ヒット作品が次々に生まれていくことを期待したいですね。

 

林真理子の年収が凄い!

『不機嫌な果実』などの大ヒット作品を抱え、作家として大成功している林真理子さん。

現在、東京都渋谷区西原(代々木上原周辺)に豪邸と言われる自宅兼事務所を構えています。

事務所を兼ねているので、既にネットなどでも住所や電話番号などは知られています。

また、たびたび自宅訪問としてバラエティ番組などで公開されていますが、色々こだわりもある豪邸に住んでいることがわかります。

建物のフォルムを見ただけでも、普通の一軒家とは思えないデザイナーズマンションという外観です。

高級ワインセラーや高級車を停めるガレージなどが完備され、まさに林真理子さんのこだわりが垣間見える自宅豪邸と言えるでしょう。

この自宅豪邸を設計したのが、2020年東京オリンピックに向けて改築されている、新国立競技場の設計に携わる建築家・隈研吾さんとも言われています。

豪華絢爛というオーラが映像などを見るだけでも伝わってきますよね。

林真理子さんの自宅豪邸の価格を算出してみると、自宅の坪数が約80坪あり、代々木上原周辺の土地単価が1坪=362万3140円ということらしいので、単純計算で、

約3億円

することになります。

この3億円と言うのは、あくまで土地だけの価格であり、建物の価格は別なのです。

ざっくり倍額と考えて、土地代込みで6億円以上はかかっているように推測されます。

とはいえ、あくまで推測の話でしかなく、もしかしたら豪華絢爛な仕様も含め、10億円近くかかっているかもしれません。

そして、その豪邸を彩る装飾品として、ラジオ番組で共演していた吉田照美さんから頂いた、

画家・フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』に似せた林真理子先生の画像

も、その自宅豪邸に飾られているそうです。

吉田照美作、真珠の耳飾りの少女(林真理子編)

それにしても、数々のヒット作品を生み出しているとはいえ、こんな自宅豪邸を購入できるだけでなく、

固定資産税を払って、しっかり維持し続けている程、林真理子さんが稼げるのか

実に不思議な話ですよね。

そこで、実際にどれくらい稼いでいるのか林真理子さんの年収も調査してみたところ、驚きの

3億円

という額を目にしました。

おそらくこの3億円を弾き出している要因は、出版物の印税による収入なのだと思います。

実際にわかっているだけでも『野心のすすめ』が、約36万部も売り上げています。

同じようにヒット作品を多数抱えている林真理子さんなら、年収3億円はあながち間違っていないでしょう。

さらに、テレビ出演や連載などを入れると、年収5億円くらいはあってもおかしくないでしょう。

それくらいの稼ぎがあるからこそ、自宅豪邸だって建てられるのだと思います。

ちなみに林真理子さんは軽井沢にも別荘を構えているそうです。

ヒット作品を多数抱えていると、印税で夢のセレブ生活だって味わうことができるのですね。

ただし、そんなセレブにのし上がれるのは、ごくわずかな売れっ子作家のみです。

一般の作家の誰もがこんなに稼いでいるわけではありません。

まぁ、『不機嫌な果実』を筆頭に、多数ベストセラー作品を抱えている林真理子さんだからこそ、なし得る年収と言えるでしょうね。

また、現在の自宅兼事務所は、伝奇小説『白蓮れんれん』の印税によって購入した噂もあるそうです。

これがどこまで本当の話なのか、その真相は定かではありません。

しかし少なくとも、林真理子さんの作品の印税で自宅豪邸を購入したことには違いありません。

彼女は、学生の頃に受けたいじめや、社会人になってから就活に失敗し不遇の人生を辿っていた過去を抱えています。

その都度、強い野心を抱き、前だけを見つめてきた林真理子さんだからこそ、3億円という年収も稼いでこられたのでしょう。

作家・林真理子さんの偉大さを見せつけられたような気がした次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

林真理子の夫や娘をチェック!

企画による『お宅訪問』など、プライベートな部分も時折見せている林真理子さん。

意外にも、家族のことはあまりオープンにしていない印象を受けます。

まぁ、それもそのはず。

林真理子さんの夫は東郷順さんという一般人。

現在、とくに職についておらず、主夫をしているみたいです。

追記:記事のコメントより

『子会社で仕事をしている』

と信憑性は不明なものの情報提供がありました。

ありがとうございます。

もちろん夫は、ずっとフリーターでいたわけではありません。

一橋大学を卒業し千代田化工建設に就職していたのですが、2008年のリーマンショックの影響を受け、リストラ宣告されてしまいました。

それ以降は、主夫として林真理子さんを支えているそうです。

まぁ、夫婦のあり方なんて人それぞれですし、女が主婦にならなければいけないことが決まっているわけでもありません。

あくまで、林真理子さん夫婦は、そういうご夫婦であるというだけのことです。

 

ちなみに、テレビ番組『情熱大陸』に林真理子さんが出演していた際に、合コンをしているシーンが映し出されていました。

そのことをきっかけに、『夫と離婚』と噂されてしまったそうですが、とくにそんな素振りはなさそうですよ。

まぁ出会いの馴れ初めも36歳のときに、林真理子さんがお見合いしたことがきっかけだったと言われています。

その上で、合コンの話が重なれば、離婚の可能性が高いと勘ぐってしまうのでしょう。

 

さて、離婚の噂も流れたことのある林真理子さん夫婦ですが、実は、

体外受精の末に生まれた娘

がいるそうです。

年齢的には2017年で19歳を迎えるので、高校は卒業していると思います。

そんな娘の性格は、母(林真理子さん)以上に奇抜な性格なんだとか…。

というのも、まだ10代であるにも関わらずファッションに無頓着だそうです。

親に対してでも、平気で物言いするために、非常に厄介な子供という印象の奇抜なタイプと言われているようです。

娘の中学時代には、その性格が災いしていたのか、壮絶ないじめも受けていたそうです。

それも、

いじめていた相手が、黒木瞳さんの娘だった

という話もあります。

それが事実だとしたら驚きを隠せません。

まぁ真相は定かでないものの、林真理子さんの娘は、社交性が低く、嫌われやすい傾向にもあったようです。

そのことは、母である林真理子さんをみれば、なんとなく合点がいく話ですよね。

いずれにしても母でさえ手を焼いてしまうような、奇抜な性格の娘だということだけは間違いなさそうですよ。

さすがに娘も一般人なので、これ以上はっきりしたことはわかりませんでした。

なので、林真理子さんの娘が現在どんな仕事についているのか、もしくは大学に進学しているのか、その真相はわかりません。

ただ、

『とにかく本が嫌い』

という話もある娘なので、母である林真理子さんと同じ道だけは進まないと思います。

果たして林真理子さんの娘が将来どんな道に進んでいくのか、気になるところですね。

林真理子さんの家庭は色んな意味で奇抜さを感じさせてくれる家庭でもあるので、今後の動向においても注目してきたいと思う次第です。

 

まとめ

印税だけでも年収3億円を稼いでいると推測されている林真理子さん。

土地代込みで、

『6億円はくだらない』

とも言われるような豪邸に住み、住まい一つに対しても深いこだわりを持っていることがわかりました。

また、36歳の頃にお見合いで結婚した一般人男性と夫婦逆転(妻が働き夫が主夫として支える生活)現象も見られます。

子供に関しても体外受精で産んだ話があるように、波乱万丈な人生を歩まれていることが伺えます。

娘も珍しい性格をしているみたいですし、彼女もどんな人生を歩んでいくのか…。

そんなことを考えながら、今後も母である林真理子さんが、あらゆるメディアで活躍してくれることを期待しています。

林真理子 eye
林真理子の書籍(エッセイや小説)のおすすめ本を紹介!新刊はいつ?

歯に衣着せぬ物言いで、女の本音を常に発信し続ける、林真理子さん。 エッセイスト・小説家として活躍するのみならず、テレビ番 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-芸能人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.