星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

漫画

楽天マンガの使い方とお得な料金体制を紹介!評判は悪い?

投稿日

電子書籍・電子コミックスは、スマホやタブレットPCの普及とともに、徐々に人気を得られるようになり、多くの人が、各電子書籍提供サービスを受けるようになってきました。

そんな中、電子書籍取り扱いサービス『楽天kobo』を提供する楽天が、電子書籍の単行本コミックス専門の提供サービス『楽天マンガ』のサービスを提供開始し、ネットニュースでも何かと注目されていますね。

電子書籍の単行本コミックスを取り扱うサービスといえば、『コミックシーモア』など、他にもたくさんありますが、何故このタイミングで参入したのでしょうか?

そもそも、『楽天マンガ』のサービス内容が気になりますので、本記事で、その魅力や使い方、お得な料金体制、評判をまとめていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

そもそも楽天マンガとは何?

楽天マンガ

楽天マンガ

みなさんは『楽天マンガ』というサービスをご存知でしょうか?

つい最近誕生した、楽天のマンガ・単行本コミックス提供サービスとのことです。

週刊少年ジャンプみたいに、漫画誌として単独で作家を抱え込んで独自の漫画でも提供しているのか…

何も知らない人なら、そんなふうに変な誤解を受けてしまうかもしれません。

実際のところは、楽天マンガはそんなサービスではなく、単純に世の中のありとあらゆる漫画を電子書籍という媒体で、提供するサービス形態を指します。

もちろん単行本コミックス提供サービスは他にも『コミックシーモア』や、『Renta』など幾つもありますが、『楽天マンガ』は、これらのサービスとどこが違い、どんな魅力があるのでしょうか?

基本的に、この楽天マンガは、『コミックシーモア』と、それほど大きな違いはないみたいです。

『コミックシーモア』も、オールジャンルに精通し、取扱書籍数が31万冊を超えているというのですから、人気が高いのも十分頷けます。

一方、『楽天マンガ』は、まだ9万冊というレベルで、完全に出遅れています。

とはいえ、漫画専門に特化しているのは、他と違った強みの部分であると思います。

まだ取扱書籍数が少ないものの、現在映画化され話題となっている漫画作品『ちはやふる』や、荒俣弘先生の漫画作品『アルスラーン戦記』など多数揃っています。

ちはやふる

ちはやふる

少年漫画から少女漫画まで幅広いジャンルが取り揃えられていて、1巻分を購入することはもちろんのこと、1話単位から購入できるので、ニーズに応じた購入方法が選択できます。

また、『楽天マンガ』は、月額300円~3万円まで10種類の選択から、自分の好みに応じて、好きなプランニングをしながら電子コミックスを購入できるところも自由度があって嬉しいところですよね。

もちろん目的のコミックスを探すのにも、『楽天マンガ』のウェブサイトや専用アプリから簡単に探すことが出来ます。

例えば、目当てのマンガが既に決まっている場合は、『ストアモード』から検索することが出来ますし、なんとなくマンガが読みたいという場合は、ジャンルごとに人気作品が検索できる『サーチモード』から読みたい漫画を探せます。

その他、『楽天マンガ』には、一部無料で試し読みできるものも取り扱われているので、話題の人気作品を試し読みしてみたいなんて方も、一度『楽天マンガ』で検索してみて、もし面白いとなれば、実際に購入してみるのもいいでしょう。

このように、

『様々なコミックとの出会い』

をコンセプトに新たに展開された楽天の電子コミックス提供サービスが『楽天マンガ』なのです。

確かに、取扱書籍数はまだそれほど多いわけではありませんが、順次拡大していくそうですし、楽天には、『楽天kobo』で電子書籍のノウハウはありますから、これらのノウハウを用いながら、他にない電子コミックスならではのサービスが展開されていくことでしょう。

一方、『楽天マンガ』でコミックスを購入するには専用仮想通貨『メダル』を購入(後ほど詳細はお話します)し、このメダルを用いて購入するという二段構えを用いています。

このシステムによって、子供がむやみにクリックして、気がついたら莫大な請求額になった、というアクシデントが起こりにくくなっています。

また、大人も、無計画に電子コミックスを購入し過ぎないように、このメダルによる購入方法によって計画的に無理なく電子コミックスを購入することができるのです。

やはり、クレジットカードなどの後払いによる決済だと、子供が何も考えずにクリックしてしまい、気がついたら莫大な金額を請求されるケースを耳にします。

一旦、メダルという形で購入すれば、あとはその中から無理なく購入するだけですし、ユーザーには優しいですよね。

これなら親御さんも安心して、スマホを子供に使わせることもできるでしょう。

まだサービス提供してから、それほど月日が立っていませんので、『楽天マンガ』には物足りない部分もたくさんあり、様子見したほうが良いような印象もありますが、少なくとも今後の電子コミックス提供サービスに新風を巻き起こす存在となることは間違いないと思いますよ。

今後の『楽天マンガ』に期待したいものですね。

 

楽天マンガの使い方・料金態勢は?

樂天マンガ

樂天マンガ

『楽天マンガ』が、電子コミックを取り扱い、スマホ・タブレットPCなどで見ることができるようになるサービスを提供し始めたことは、先ほどの紹介で、ご理解いただけたことと思います。

しかし、『楽天マンガ』専用アプリなどの使い方や、料金体制が明確化にされていないと、何を持って『楽天マンガ』のサービスを受けて良いのか、全く判断できません。

では、早速、『楽天マンガ』の使い方や料金体制をご紹介していきます。

楽天マンガの使い方

基本的に楽天マンガは、専用ウェブサイトから使用する方法と専用アプリから使用する方法の二通りあります。

楽天マンガの使い方として、専用ウェブサイト経由の場合は、まず『楽天マンガ』専用ウェブサイトに入り(ただし入れるのはスマホ・タブレットPCからのみ)、楽天ID、dアカウント(docomo)、auID(au)のいずれかでログインしましょう。

なお、楽天ID、dアカウント、auIDをお持ちでない方は、ガイダンスに従い、楽天IDを新規に作成すればOKです。

『楽天マンガ』にログインできたら、メダルを購入(基本は、月額プランで10項目から選択する形で購入)します。

その後、メニューから読みたい漫画を検索し、メダルを使って購入します。

あとは、対象の漫画をタップし、上下(または左右)にスクロールしながら、マンガを読むだけです。

なお、ログインしなくても一部の無料漫画を試し読みすることができるみたいなので、いきなり電子コミックスは不安という方は、試しに無料漫画を読むところから始めてみてください。

そして、気に入った場合に『楽天マンガ』にログインし、電子コミックスを購入していくという風にすれば問題ないと思いますよ。

次に、『楽天マンガ』専用アプリを使う場合ですが、こちらは、『楽天マンガビューア』という専用アプリをGoogle検索などから検索してください。

筆者も検索してみましたが、1ページ目に掲載されていましたので、案外すんなり検索できました。

あとは『楽天マンガビューア』をダウンロードし、ガイダンスに従いインストールした後、そのアプリを使って、電子コミックスを購入するなり無料漫画を試し読みしたりすればいいだけです。

あくまでざっくりした説明ではありますが、実際にスマホやタブレットPCを操作してみたら、すんなり使い方が分かるかと思いますので、それほど心配ないと思いますよ。

楽天マンガのお得な料金体制とは?

基本的には、『楽天マンガ』では、先程もお話したとおり、300円~3万円まで10種類に分けた月額利用料のプランが用意されていて、そのいずれかを選んで購入したメダル(メダル1枚1円換算)を用いて電子コミックスを購入していく形となります。

コミックスによって(または、話数によって)料金は多少変わりますが、大体1巻辺り、メダル400枚前後で購入できる模様。

なお。月額500円以上のプランを選択してメダルを購入されている場合、10%~25%分上乗せしてメダルをサービスしてくれているので、余裕がある場合は、少し高めの月額利用プランを選択するのも良いかと思いますよ。

この辺りのところは、実際に皆さんが『楽天マンガ』を活用しながら、どのプランが最適なのか考慮していかないことには、どの料金プランがおすすめなのか一概に言うことが出来ません。

まずは、みなさんのお財布事情と相談してから決めていきましょう。

決して無理した『楽天マンガ』の使い方は、生活のことも考えるとオススメできません。

あくまで無理のない範囲で『楽天マンガ』を生活の一部に取り入れ、電子コミックスライフを満喫してくださいね。

 

楽天マンガの評判は悪い…

あまり、社交辞令的なことを言っても、実際の評価や評判と相反してしまいますし、意味が無いので正直な話をしますが、はっきり言って『楽天マンガ』は、まだサービス提供されてから間がなく、他の電子書籍サービス(『コミックシーモア』、『Renta』など…)と比較して、それほど評判は良くありません

もちろん、全くダメと言う話ではないのですが、どうも他のサービスとの差が明確化されておらず、厳しく言えば、取り扱いコミック数においても、『コミックシーモア』の半分以下ですし、サービスの安定性や歴史が違うため、どうしてもユーザーは『楽天マンガ』に乗り気ではないみたいですね。

まぁ、サービス提供されてからまだ時間が経過していないのですから、急に人気電子コミックサイトを追い越すかというと、それは無茶な話です。

『楽天マンガ』の決済方法においても、携帯電話の月額料金に追加して支払うことも出来ます。

その他電子決済や、クレジットカードへの対応も行われていくそうなので、取り扱いコミック数拡大や、『楽天マンガ』独自サービスと共に、順次サービスの充実は行われていくことでしょう。

現時点では、『楽天マンガ』が他と差別化できているのが、楽天ポイントが付与されることくらいですが、それも『コミックシーモア』が対応されているみたいなので、大した利点ではないと思われます。

やはり、独自の魅力・サービスが充実していないと、いかに電子コミック市場で成功していこうと画策していたとしても、ただの机上の空論で終わってしまいます。

これはコンシューマーゲーム機にも言えることですが、PS4など、どんなにハードウェアに魅力的な部分があったとしても、ソフトウェア(ゲームソフト)が、その魅力を活かしきれていないと、全く見向きもされません。

PS4

PS4

それと同じで、ハードウェアに相当する電子書籍アプリ・システムが充実していたとしても、それに伴うサービスや、ソフトと同じ意味合いとも言える、取り扱えるコミック数の充実が伴っていなければなりません。

現時点では、『楽天マンガ』において、全くそれらが噛み合わず、消費者にその魅力を伝えきれません。

『楽天マンガ』としての独自の魅力(料金体制、サービスの充実)と、それを存分に活かすことのできる取り扱われるコミックスの充実をどこまで拡大できるか…

それが今後の『楽天マンガ』の運命を左右させると言って過言ではありませんので、電子コミック市場が、さらに発展していくように、『楽天マンガ』には、いろんな期待を寄せていきたいものですね。

 

まとめ

『楽天マンガ』は、これまでの楽天koboとは異なり、電子コミックスに特化した新たな電子書籍サービスとして、先日、提供開始されたばかりのサービスです。

しかし、まだ提供開始されたばかりで、取扱書籍数は、『コミックシーモア』と比較して3分の1以下ですし、サービス内容としては、それほど大きな差は無く、今の段階では『コミックシーモア』を活用するだけで十分といった印象は拭えません。

ただし、それはあくまで現時点での話で、自由な料金プランや、今後拡大していくサービス形態など、『楽天マンガ』に期待できる面はたくさんありますので、今後の展開に期待しながら、上手く電子コミックスライフに『楽天マンガ』を取り入れたいものですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-漫画