星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

金子賢の現在は筋肉タレント?筋トレ方法と体を鍛える目的を考察

更新日:

金子賢さんは、俳優として刑事ドラマの犯人役や不良・悪役系、奇抜なキャラを演じることが多い印象があります。

さらに一部で根も葉もない噂も飛び交い、

GENKINGさんとの熱愛が囁かれる

など、とにかく誤解が絶えなかった俳優です。

その誤解は、変な組織と交流を持っているところまで発展し、既に名誉毀損レベルに達しているように思います。

そんな金子賢さんは、現在総合格闘技や筋トレを通じて、芸能人から転身。

マッスル・ジム系のイベントプロデューサーとして大転身を遂げ、悪しきイメージを払拭してきています。

そこで、本記事で金子賢さんの現在や筋肉美、筋トレ方法を深く掘り下げていきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

金子賢の人生までも変えた筋肉美がとにかく凄い!

金子賢

金子賢

ドラマ・映画などの数々の作品に出演し、俳優として一時期活躍していた金子賢さんが、いつの間にかほとんどテレビから姿を消してしまった…

その当初、筆者は、ただ芸能界を干されただけなのだと思っていたのです。

ところが、その後の彼の存在に気がついた瞬間、全く別人のような様相へと転身してしまい、

総合格闘技に出場したかと思えば、いつの間にか俳優に舞い戻り、そして筋トレが仕事

というように様変わりしています。

また、フィジークという競技に出場するようになったという話まで聞くようになり、とにかく彼の動向には、ただ驚かされるばかりです。

まぁ、俳優をしている人は役作りの一環で体を鍛えている人も少なくありません。

そのことをきっかけに、筋トレにハマり、ボディビルやフィジークの世界にハマっていったとも考えることはできます。

それでも異色の転身には衝撃を受けますね。

色々話を探っていくと、実は2014年に開催された、ベストボディ・ジャパンで準グランプリになったこともあるそうです。

彼の場合は、ゴリマッチョを代表とするムキムキの筋肉というよりは、全体的なプロポーションを整えた細マッチョタイプの筋肉というべき…

だからこそ、ボディビルよりもフィジークにハマっていったのでしょう。

ちなみに、このフィジークという競技は、ボディビル同様、筋肉美を争う競技であることに違いはないのです。

決定的な違いとしては、筋肉の大きさを争うのではなく、全体的なフォルムの美しさを争う点が、大きな違いです。

なので、極端にわかりやすく言うとするなら、

ボディビル=ゴリマッチョ、フィジーク=細マッチョ

と捉えたほうがわかりやすいと思いますよ。

まぁ、イメージ的に極端にわかりやすく言っているだけで、厳密にはもう少し異なり、とくにフィジークはプロポーションが審査される競技なのです。

ムダな脂肪がついていない美しい肉体であることや、全体的なバランス・歩いたときの美しさなどを重要視しています。

その辺が、筋肉隆々なパフォーマンスを競うボディビルとの決定的な違いといえるでしょう。

そんなフィジークにも出場している金子賢さんの筋肉の付き方には、賞賛する声も非常に多く、実際にインスタグラムでもたびたび公開されると、

「金子賢の体がえらいことになった!!」

と大盛り上がり。

さらには、筋肉美を創り上げる秘訣をレクチャーしているDVDまで発売するほど、俳優業で活躍していた頃以上の盛り上がりを見せているのです。

本当に人生どう転んでいくのか全くわからないものだと、改めて痛感させられたような気がします。

金子賢さんは、ただ筋トレにハマった末、フィジークなどの競技(コンテスト)に出場するようになったり、総合格闘技に出場しているだけの話です。

俳優業を捨てたわけでもありませんし、ごくたまにバラエティ番組も出ています。

ただ、トレーナーに付いてもらいながら、体を鍛え上げていくうちに、いつの間にか人生そのものが大変身してしまったわけです。

そこまで突き進んでいったことが彼の凄みなのではないかと、ふと感じた次第です。

 

金子賢の筋肉美の作り方・筋トレ法

金子賢

今や筋トレを一つのミッションと考え人生さえも転身させている金子賢さんです。

彼の現在や、俳優としての仕事がほとんどなくなり、筋トレ中心の人生となっている背景については後ほど語るとします。

その前にどのように筋トレしているのか、非常に気になりますよね。

では、さっそくどのような筋トレをしているのか、改めて金子賢さんのトレーニング法を掘り下げてみていきましょう。

まず、彼が筋トレを始める上で取り掛かったことは、優秀なトレーナーを付けたことにあります。

彼女の付き添いで始めた筋トレですし、金子賢さんは専門家ではありませんので、いきなり何の知識もなくあれだけの美ボディを手に入れることは不可能。

そこで、彼は優秀なトレーナーを付けて指導してもらいながら、筋トレしているのです。

まぁ、金子賢さんは芸能人としてブレイクし、それなりに知名度も高かった人ですから、ある程度の稼ぎは当然あるでしょう。

そしてその額は、一般人より高額であることはほぼ間違いないと思われます。

なので、優秀なトレーナーをつけることは十分可能であり、いきなり彼の真似をすることは難しいかもしれません。

ただ、ライザップのように、優秀なトレーナーが付いてワンツーマンで指導してもらいながら筋トレすることは金銭的に難しいとしても、近年は、

その道のノウハウを提供しているメソッド本・DVD

なども発売されています。

それらをうまく活用すれば、ある程度はカバーできると思いますよ。

次に、筋トレ方法ですが、基本的には、

レッグプレスやスミススクワットというジムのマシンを使って、徹底的に脚を鍛え抜いたりします。

また、シーテットチェストプレス、デクラインなどを用いて胸筋・三頭筋を鍛え上げるというようなジムメインの鍛え方です。

元々彼女の付き添いで始めた筋トレですから、ジムにあるマシンを使った筋トレが中心なのは当然ですよね。

まぁ、日々の生活をするのも大変という人だっていますし、たとえ月額2万円弱でジムに通えるとしても厳しいものはありますよね。

でも、古典的なスクワット・腕立て・腹筋(クランチ)など、ジムに通わなくても鍛えられる筋トレはたくさんあります。

それらのメソッド本・DVDはたくさん発売されていますのでそれほど心配はいりません。

問題は、どのようにして鍛えるかということが重要です。

金子賢さんはトレーナーが組んだメニューに沿って、

1箇所を集中的にストイックに筋トレし、翌日には別の箇所を徹底的に鍛える

というメニューをローテーションで行っているそうです。

一見、部位ごとにローテーションで筋トレしていくとなると、どうしても筋トレの間隔が開いてしまい、効果が見込めなくなりそうに思われがちです。

実はそれは大きな誤解です。

そもそも筋肉は、徹底的に酷使され細胞が破壊されていく中で、再び栄養素を取り入れ、回復していきながら筋肉として形成されていきます。

超回復・筋力増強のメカニズム

超回復・筋力増強のメカニズム

このことを金子賢さんは知っているからこそ、あえてローテーションで筋トレし、その日ごとに違う部位を鍛えていくスタイルを取っているそうですよ。

つまり、毎日腹筋していても効果が期待されるどころか、逆に疲労してしまうだけで、気がついたら三日坊主となってしまうというわけ。

そこさえ理解していれば、

初日に腕立てだけを行い、翌日には腹筋、その次の日はスクワットと部位を変えながら筋トレしていく

ことで、効果も十分期待できますし、何よりも飽きずに筋トレすることができるので、非常におすすめです。

実は、筆者もこの話を聞くまでは、全くちんぷんかんぷんでした。

ただ、改めて筋肉のメカニズムがわかってみると、実に目からウロコの話であるということが十分伝わります。

そして、これまでの筋トレ法がいかにおろかでオーバーワークしかしていない、効率の悪い筋トレだったか気付かされた次第です。

みなさんも、金子賢さんのようにストイックに一つの部位を徹底的に鍛えローテーションさせていくメニューに置き換え筋トレしてみてください。

きっと金子賢さんのような美しい筋肉美ができ上がることと思いますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

金子賢の現在・俳優の仕事がほとんどない理由

金子賢

金子賢

最後に、金子賢さんの現在や、俳優復帰したにもかかわらず、ドラマ・映画などにほとんど出ていない理由にも触れてみたいと思います。

彼は事務所との契約上、2年限定での格闘界への挑戦だったので、一度格闘家へと転身しながらも、また俳優として復帰しています。

しかし、体を鍛えることを止めず、せっかく俳優業に復帰したにも関わらず、どこか干されてしまったような印象が強いというのが現状です。

まぁ、格闘家としてはそれほど大成しているわけではありませんでした。

あくまで彼がメインで行っていたのは筋トレであって、格闘家一本でずっと戦い続けてきたわけではないのです。

他の選手にボコられる前に俳優に復帰できて大正解だったと思います。

だいたい、命がけてリングに上がり戦い続けてきた格闘家からしてみれば、こんなふざけた話はありません。

強い憤りを感じていたとしてもおかしくはありません。

一つ間違えば、試合を通じてフルボッコにされて再起不能にされてしまうかもしれなかったわけです。

なので、2年でスパッと割り切れたことは、金子賢さんの人生にとっては良かったことと筆者は感じています。

ただ、一方で、

「筋トレが仕事!!」

と断言している金子賢さんに対して、当然俳優としてのオファーも限られてくるという深刻な問題も起こります。

実際問題、筋トレすることで、筋骨隆々のキャラクターに対しては役作りできるでしょう。

しかし、2015年放送のTBSドラマ(日曜劇場)『天皇の料理番』で鈴木亮平さんが演じたような、

病に冒され痩せ細っていくキャラクターは絶対演じられません。

ちなみに鈴木亮平さんも、役作りのために極力何も食べないという断食に近い危険なダイエットを敢行しています。

鈴木亮平
鈴木亮平が30kgダイエット!その方法に医者は糖尿病の危険と警鐘!

遅咲きながら、NHK朝ドラ『花子とアン』で、ヒロイン村岡花子の夫:村岡英治を演じブレイクした注目のイケメン俳優:鈴木亮平 ...

続きを見る

このように、命がけで役作りしている人もいるのに、金子賢さんのように

役作りよりも筋トレを重視

していたら、オファーが来なくなるのも当然ですよね。

ただ、彼の場合、

「生活の最優先事項が筋トレをすることにある!!」

と明言しているそうです。

筋トレをしないと生きていけないとすら感じているということは、つまり俳優業を捨てたとしても、

筋トレして生活できれば問題ない

とすら考えているということなのだと思います。

実際に、先程お話しした通り、フィジークという競技・大会で知名度を上げ、メソット系のDVDも発売されたり、

マッスル・ジム系のイベントプロデューサーとしても活躍している

ので、芸能界を干されたとしても、大した問題ではないのでしょうね。

確かに、現在、彼の姿をほとんど見かけなくなりました。

かつてお笑いタレントのヒロミさんが、芸能界から姿を消し、ジム経営していた時のことを考えれば、

一度知名度を上げた人は、よほど転落人生を歩まない限りなんとでもなる

ということなんでしょう。

少し話が変わりますが、一発屋としてかつてブレイクしていたコウメ太夫さんも、芸人としては現在あまり姿を見ていません。

一発ブレイクしたことで、その時に稼いだ資金を元手に不動産投資し、現在、家賃収入で生活を賄っています。

不動産投資すると言ってもある程度の資金や信用がなければ、当然ままならない状況となってしまいます。

知名度があることは、彼らにとって非常に強みだったのだと思います。

そこは、たとえ一発屋であってもブレイクすることが重要ということなのでしょう。

別に金子賢さんが一発屋だとは言いません。

とはいえ、俳優としてブレイクしながらも、総合格闘技と俳優業の間をウロウロしてしまい、事実上干された形となっているところを見れば、

ある種の一発屋に似たものと言われても仕方ない部分があります。

ただ、一発屋は決して悪いことではありません。

彼が結果として大好きな筋トレを通じて生きていけるのであれば、それは最高の人生の転換だったとも言えます。

金子賢さんは、ちょっとしたきっかけをチャンスに変えて、現在、新たな人生を歩んでいるわけです。

なかなか人生をうまく歩めない人が多いこの現代社会です。

彼のようにチャンスをものにして人生に成功している人を見ると、少し羨ましい気がしますね。

 

まとめ

ただ筋トレにハマり体を鍛え上げていっただけなのに、気がつけば、それが仕事となってしまい、

現在では、筋肉の美しさを競い合う大会『サマースタイルアワード』などのイベントも主催するほど

にまで筋肉愛を貫き通してきた金子賢さん。

彼の筋肉愛は相当なもので、筋肉がつくメカニズムもよく把握しながら筋トレしていますし、非常に参考になることがわかりました。

実際に、彼に憧れ筋トレを始めようとしている人も少なくないそうです。

筋肉美を追求するものたちのカリスマ的存在として、今後、自身の筋肉美を追求しながらますます活躍していくことを期待しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-芸能人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.