星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

川栄李奈のドラマでの演技力・女優としての評価が高い理由とは?

更新日:

NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』で女優としての真価を発揮し、その後も女優として舞台・ドラマ・映画などで、幅広く活躍している川栄李奈さん。

筆者としては、元AKB48のおバカキャラ担当の一人というイメージが今でも強いのです。

彼女はAUのテレビCMに登場する織姫ちゃんや、ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』で演じた守山風子のような、

等身大の女性キャラ

など、様々な役を演じていますよね。

では、女優に転身したことで、彼女の評価はどのように変化していったのでしょうか。

そこで本記事では、元AKB48メンバーとしてではなく、女優・川栄李奈としての、彼女の演技力やドラマでの評価を探っていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

女優へ転身して大きな飛躍を遂げた川栄李奈

川栄李奈

川栄李奈

元AKB48メンバーの女優・川栄李奈さんは、かつては、めちゃイケ抜き打ちテストでダントツの最下位となりました。

そのことを機に、名曲『さよならクロール』のカップリングとして収録された楽曲『ハステとワステ』のセンターに起用されたこともありました。

AKB48時代はおバカキャラとして一気にブレイクしていき、

2016年選抜総選挙では16位(選抜入り)にランクイン

するなど、それ相応の輝きは見せていましたよね。

ただ、筆者の印象としては、AKB48時代より女優へと転身してから、本当の意味で輝きを手にれたという印象は受けています。

そもそも、めちゃイケテストでブレイクするまでは、絶大な支持を受けていたというわけでもなく、ブレイク後も選抜総選挙では16位が最高…

確かに入山杏奈さんとユニットを組んだり、『UZA』のカップリング(チームAバージョン)として収録された楽曲『孤独の星空』では、

渡辺麻友さんとWセンターに立つこともありました

が、いずれも神セブンの領域に達していたとは言い難い活躍です

それだけ神セブン達が驚異だったといえばそれまでです。

ただ、彼女の場合生粋のアイドルと言うより、

女優への通過点としてAKB48に所属していた

という印象が強く、また、時折見せる奇抜なキャラクター性も伴い、アイドルではなく女優の方が適していたと言えるでしょう。

さて、AKB48時代の話はこの辺にしておいて、川栄李奈さんの女優転身後の話をしていきましょう。

女優として大転身した大きなきっかけとなったのは、

  • ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』
  • NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』
  • 舞台『AZUMI 幕末編』

の3作品に出演したことが大きなきっかけとなったように思います。

まず、ドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』では、松下奈緒さん演じる立木早子の妹で、

結婚し名古屋で生活している女性・守山風子

という、どこにでもいる等身大の既婚者女性を演じていました。

時には妹として、時には既婚者の先輩として、姉・早子の恋愛相談に乗ったりと、本当にどこにでもいそうな女性キャラをリアルに演じています。

一方、NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』で川栄李奈さんが演じた森田富江は、仕出し屋の一人娘で感情をあまり表に出さないタイプの女性でありながら、

家庭の事情で学校には通えず、制服に憧れを持っている

ごく普通の女性の一面も持っているキャラクター。

ある意味、等身大で演じた守山風子とは大きく異なるキャラクターです。

素を押し隠しながらも、一方では女性としての心模様も映し出さなければいけない、非常に難しい演技が求められるキャラクターでした。

そして、舞台『AZUMI 幕末編』では、普段はクールでぶっきらぼうな性格に見えつつも、

情に厚く優しさも兼ね備えている女剣客

という、かなり難易度の高い役を演じています。

AZUMI

もちろん剣客なので、殺陣を始めとする段取りを全て覚えていかなければいけません。

その上主人公あずみの心情も演じなければならず、それが生一発本番の舞台の上でやるというのですから、非常にレベルの高い要求ともいえます。

しかし、川栄李奈さんは、たった2週間で段取りを覚え、舞台の上で見事にあずみを演じきりました。

そのことで、演出家・岡村俊一さんに、

「伸びが良いし、今の演劇界では1位を獲れると思う」

と言わせてしまったわけですから、女湯としての成長力・演技力の高さは、折り紙付きと言っていいでしょう。

ツンデレキャラといえば少し誤解を招きかねません。

時に暴力的な言葉を発し威圧感を与えながらも、時に女性らしい優しさを持っているという印象も受ける川栄李奈さんは、

その振り幅を巧みに使いこなし、見事にあらゆるキャラを演じきっています。

もちろん、本当の性格は別のところにあり、暴力的な姿も女性らしい姿も、女優としての一面に過ぎないのだと思います。

キャラクターを通じて、彼女のリアルな姿として映っているのは、それだけ演技力が高い証拠です。

実際のドラマでの評価は後ほどお話ししていきます。

そういった高い実力を持っている彼女だからこそ、AKB48を卒業後、女優として大きく飛躍していったのだと思いますよ。

2017年7月期のドラマ『僕達がやりました』(フジ系)では、女性らしいセクシーさも表現するようになりました。

ますます女優としての幅が広がっているだけに、今後どこまで飛躍して大女優になっていくのか、女優・川栄李奈の大飛躍に期待しています。

 

女優・川栄李奈のドラマでの評価は?

川栄李奈

川栄李奈

先程お話ししたように、AKB48を卒業した川栄李奈さんは、女優へと転身したのです。

ブチギレ系のキャラから、清楚・寡黙タイプのキャラまで、実に様々なキャラクターを演じ、多数のドラマ・映画・舞台に出演しています。

それだけ需要が多いということは、女優・川栄李奈としての評価が高い表れだといえます。

実際のところ視聴者や共演者・スタッフたちはどのように彼女の演技力を評価しているのでしょうか。

実際に調べてみたところ、概ね演技力が高いという意見でまとまっているという印象が伺えますね。

ドラマ『ごめんね青春!』で共演した関ジャニ∞の錦戸亮さんは、

「ブチ切れる川栄李奈さんの切れ味が凄い!」

と絶賛していたそうですし、ヤンキー系のキャラを演じた彼女の演技に対して、多くの視聴者達が賞賛しています。

「ヤンキー演技がうまい」

「切れる演技が可愛い」

そんな声もよく聞かれます。

そんな口の悪い不良娘というイメージ

が、ドラマ『フランケンシュタインの恋(2017年4月期放送)』や、現在放送中のAUのテレビCMでの乙姫ちゃんにも繋がっていると思いますよ。

一度ドラマや映画・舞台などで一緒に仕事をしたことのある演出家の中には、彼女を絶賛し、将来性のある女優と言っていた人もいました。

確かに一部では演技が下手という声も挙がっていましたが、それはまだAKB48を卒業する前の話です。

女優に転身してからの彼女の評価は、演技がうまいという意見が大多数です。

まだまだキャリアが浅く伸び代がある女優なので、今後が非常に期待できますね。

 

川栄李奈の演技力が高い理由

ブチギレキャラ絶品と言うような評価もされ、演技力が高く評価されている女優・川栄李奈さん。

彼女の演技力が高いと評価されている理由はどこにあるのでしょうか?

一つは演技に関する感の鋭さや吸収力の高さが、彼女の演技力を絶賛させる大きな要因となっているように思います。

とくに、舞台『AZUMI 幕末編』に関しては、殺陣のシーンなど覚えることがたくさんありすぎたはずなのに、

たった2週間でそのほとんどを覚えた

わけですから、ただ覚えが良いだけでなく直感力も優れてなければ、ここまでできません。

また、彼女の場合、ただ芝居を覚えただけでなく、一つ覚えていくごとにどんどんその世界にハマっていき好きになっていくようです。

まさに、女優として芝居をするために生まれてきたと言ってもいいくらい、演劇が大好きなのでしょう。

川栄李奈さんの演技からはそういった部分が随所に感じられるのです。

だからこそ、たとえ不良娘の役を演じ汚い言葉を連発していたとしても、周囲から好印象を持たれるのかもしれませんね。

AKB48メンバー(元メンバーも含む)で女優として活躍している人は数名いますが、その大多数はアンチを筆頭に辛辣な評価を受けています。

「所詮AKB48の看板があるから人気を博している」

なんてコメントしている人もいますし、ある意味AKB48の看板が、大きくのしかかっている印象さえ見受けられます。

しかし、そんな重圧を物ともせずに、女優として輝きを放っている元メンバーがいます。

その元メンバーが秋元才加さん。

彼女もAKB48時代は、一時期スキャンダルを引き起こした事もあって、神セブンに入ることは一度もできなかったメンバーでした。

しかし、ミュージカルが彼女への評価を劇的に変えたのです。

舞台『国民の映画』では、共演者の小日向文世さんが彼女の演技を絶賛しました。

さらに、映画『媚空 -ビクウ-』でも、彼女の存在感に惹き込まれた人も少なくありませんでした。

秋元才加
媚空(映画)のストーリー結末ネタバレ!秋元才加の演技力は?

AKB48卒業以来、女優・タレントとして幅広く活躍している秋元才加さん。 その彼女が、出演していたテレビドラマシリーズが ...

続きを見る

川栄李奈さんの演技も、その質や方向性は違うものの、ある意味秋元才加さんのように、

AKB48の看板に頼らなくてもいいほど、女優としての完成度を高めている

印象すらあり、色眼鏡で見ることなく、純粋に演技力が高いと評価しているように伺えます。

変な評価をされることなく、純粋に女優として評価され、その中で芝居を覚えるごとに好きになる才能にも恵まれた川栄李奈さん。

彼女はますます女優として進化していくことでしょう。

一見言葉も知らないおバカキャラという印象も受ける川栄李奈さんですが、実はそれは学力的な話に過ぎません。

女優としての彼女は実にクレバーで嗅覚が鋭く、根っからの役者バカと、大女優になる素養を兼ね備えていることが改めてわかりました。

ぜひ、今後も多くのファンが惹きつけられるような、素晴らしい役を演じ続けてほしいと願っています。

 

まとめ

川栄李奈さんの演技力は、多くの関係者やファンたちが評価しているように、非常に高く将来性も十分感じられます。

何よりも、外見とはかけ離れ、女優としての彼女は実にクレバーで吸収力が非常に高いのです。

どんなに複雑な演技でも飲み込みが早い上に、芝居そのものが大好きというところが、彼女の演技力を高める大きな要因となっているようです。

演出家も彼女の演技力の高さには衝撃を受けていて、ますます女優として躍進していくだろうと強く感じているみたいです。

今後、様々な作品で幅広く色んなタイプのキャラを演じる川栄李奈さんの活躍が、たくさん見られることを期待しています。

川栄李奈
川栄李奈の熱愛彼氏・浅香航大の出会いのきっかけとプロフィール!

AKB48時代に 『おバカアイドル』 として、一躍注目を浴び、バラエティを中心に活躍していた川栄李奈さん。 AKB48握 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-AKB

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.