星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

千羽鶴の由来や意味を紹介!送られて迷惑という意見の理由とは?

更新日:

大きな願い事を叶えるため、願掛けの一種として、縁起が良いとされる折り鶴に、願いを込めて贈られる千羽鶴。

重い病気を抱えている人や、災害など不慮の事故で苦しんでいる人に対して、千羽鶴を贈っているシーンを目にしますよね。

しかし意外にも千羽鶴が嫌われている話もあり、中にははっきりと

「迷惑」

「偽善」

と言っていたり、せっかく千羽鶴を贈ってくれた人をバッシングする声もあるそうです。

本当にただ救われて欲しい一心で、まごころを込めて千羽鶴を贈っているのに、迷惑なんて悲しい話ですよね。

本記事では、千羽鶴の由来や意味を探りながら、なぜここまで千羽鶴に対して批判的な意見が出てしまうのか。

その愕然となる背景、それに対する反対側の意見をぶつけさせていただきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

状況に応じて嫌われる千羽鶴

千羽鶴

千羽鶴

みなさんは、千羽鶴がどういうところで見られるか知っていますか?

「そんなこと知っている!」

と、叱責を受けるかもしれません。

ただ、千羽鶴が嫌われている話を聞くことで、意外と千羽鶴が折られる理由や由来を知らない人がいるのでは?と思うのです。

千羽鶴は、大病を患った人が、

病気を克服できるように贈ってもらったり、震災などの被害者が、

「早く復興できるよう頑張ってね!」

という願いを込めて贈ってもらう

イメージを持っている人が多いかと思います。

しかし、

「千羽鶴を贈ってもらっても、何の役に立たないゴミみたいな存在」

と言われてしまうのです。

また、

「変に同情されて、惨めで悲しい」

と迷惑がっている人もいるそうです。

そこが千羽鶴が

嫌われている理由

の一つです。

それならなぜ、千羽鶴が折られているのか。

そもそもなぜ鶴なのか。

全く意味がわかっていないからこそ、そのようなネガティブな思考が生まれるのではないでしょうか。

千羽鶴の由来や意味は、後ほどお話しますが、決して意味のないものでもなければ、ネガティブなものでもありません。

それどころか、あなたのことを想い、多くの人が願いを込めて折ってくれる、ありがたいものです。

確かに、千羽鶴を貰ったから、今すぐに劇的に何かが変化することはありません。

一種のお守りみたいなものとして、千羽鶴があるのです。

しかし現状としては、クレームを付けられるほど、一部の人から千羽鶴が嫌われてしまっているのですから、本当に悲しい話です…。

 

千羽鶴の由来・意味は長寿への願い!

千羽鶴とは、

人の願い

がたくさん詰まった崇高なものと思うのですが、なぜかクレームが飛び交っている…。

果たして、

「どれだけの人が千羽鶴の由来や意味を理解できているのだろうか?」

と、ただ首をかしげたくなるばかりです。

「所詮、千羽鶴はゴミ」

と言われれば、それまで。

悲しいことに、それが現実かもしれません。

それではさっそく、千羽鶴の由来から見ていきましょう。

 

元々千羽鶴とは、先程お話したとおり、病気や震災などで苦しんでいる人に対して、

「少しでも救われて欲しい」

「また元気で明るく幸せになってほしい」

と、願いを込めて、たくさんの人が折り鶴を折り、糸に通してまとめたものを言います。

そんな千羽鶴が風習として始まったのは、室町時代

当時は、折り鶴そのものが遊びとして誕生し、その一環として千羽鶴は誕生しました。

そして、その風習が江戸時代になると、

「鶴は千年、亀は万年」

の故事・ことわざになぞらえて、少しでも長生きしたい長寿の願いから、千羽鶴が折られるようになっていったそうです。

つまり千羽鶴というよりも、折り鶴そのものを

長寿のシンボル

として捉え、

鶴を折ること = 少しでも長く生きられること

と考えられていたのでしょう。

まだ当時は、医療技術が進歩していないことから、結核や脚気などが不治の病とされていました。

江戸時代では、子供が順調に成長し、大人になることができないことも珍しくありません。

そして、最近の研究では、江戸時代の平均寿命もだいたい30~40歳と、かなり短命とされているそうです。

「鶴を折ることで長生きできる」

と江戸の庶民が考えてしまうほど、鶴は長寿のシンボルとして縁起の良い生き物だったのです。

だからこそ、千羽鶴を折って、子供たちが少しでも長く幸せに生きていって欲しいと、祈願されていたのかもしれませんね。

 

そして、第二次大戦中のことです。

戦地に出征していく兵士には、母や妻たちから『千人針』が贈られることが、しばしばありました。

千人針とは、

千人の女性から一針ずつ縫い目を入れてもらった布

で、一種の寄せ書きに似たものですね。

これには戦地に赴く兵士への生還の願いがこめられているのです。

その点では、千羽鶴とも一脈相通ずるところがあります。

しかし、千人針にしろ千羽鶴にしろ、相当な手間がかかります。

逆に見れば

暗黙の内に相手に最後の時期を告げる

と受け取ることさえできます。

そして、この千羽鶴は、ある人物によって非核・平和のシンボルとして、広島の原爆ドームに贈られるようになります。

みなさんは、『原爆の子の像』のモデルが誰なのか知っていますか?

原爆の子の像と平和の象徴として飾られた千羽鶴

原爆の子の像と平和の象徴として飾られた千羽鶴

おそらく現地である広島の人以外は、ほとんど知らないかと思います。

その人物とは、佐々木貞子さん。

彼女は2歳の時に、広島の原爆で被爆。

12歳で急性白血病と診断され、9ヶ月の闘病生活の末、この世を去りました。

戦争が原因で原爆を被爆し、その結果、生きることを奪われたことは、きっと悔しかったことと思います。

しかし、佐々木貞子さんは

「鶴を千羽折ると願いが叶う」

と信じ、夜も眠らず、

「生きたい」

と願いを込めながら、薬の包み紙などで鶴を折り続けたそうです。

12歳といえば、まだ中学生(現在で言うところの…)にも満たない子供です。

そんな子供が、1日でも長く生きたいと、

白血病と闘いながら、その中で夜も眠らず、必死の思いで鶴を折っていた

なんて、そんな悲しい話はそうそうありません。

その気持ちは、国内外の人たちの心に響き、佐々木貞子さんが亡くなった後に、

『広島平和を築く児童生徒の会』

が発足され、国内外から多額の募金が寄せられたそうです。

そして、その募金によって、

1953年5月5日(こどもの日)

に、『原爆の子の像』が作られ、広島の平和のシンボルとして立ち続けています。

その『原爆の子の像』には、今もたくさんの千羽鶴が贈られているそうです。

しかし、この『原爆の子の像』には色々な問題が発生しています。

国内外から届く折り鶴の量は、

年間約1,000万羽、重さにして10トン以上

とのことなのです。

そしてその償却費用が

年間約1億円!

という膨大な金額になっているそうです。

それだけではありません。

秋葉忠利元広島市長が千羽鶴の永久保存を訴えて、2002年から千羽鶴の焼却をストップしてしまったのです。

永久保存の設備や費用は大変な額になり、広島市の財政を圧迫しているとも言われていました。

その後2011年になって、新市長は永久保存をやめ、再利用のアイデアを公募したのです。

広島市では、この千羽鶴の再利用法を考えているようですが、これといった効果的な再利用法はなかなか見つかっていません。

 

千羽鶴に対する意見は賛否両論

千羽鶴には、少しでも長生きして欲しい、または震災や人災・災害などで被害に遭わず、幸せな人生を歩んで欲しい願いが込められています。

しかし一部では、

「意味や由来にあったそんな気持ちなんてどうでもいい」

「千羽鶴を贈られても迷惑なだけだ」

と切り捨てる人もいるようです。

実は、先日発生した熊本・大分に被害が及んだ大震災で、

「千羽鶴を贈られて非常に迷惑で、偽善の押し売り(または売名行為)である」

と、クレームが飛び交い、Twitterなどで千羽鶴の物議が生まれていました。

そのことはさっそくながら、論争の発端となり、

「だったら、熊本・大分に一切の支援をしなければいい!」

という人まで現れてしまったほどです。

確かに、どちらの言い分もわからなくはありません。

被災して住む場所もなく、学校の体育館などで寝泊まりしている状況下で、明日をどうにかしなければならない…。

そんな時に千羽鶴が贈られてきても使い道もなく、困ってしまうことはリアルな姿なのでしょう。

生活必需品など以上に、千羽鶴が必要なものなのかと言われると、かなり疑問に思う部分がありますので、批判される理由もわかります。

 

一方で、震災によるショックから、少しでも立ち直って元気になってほしいと支援している姿も本当の姿です。

その象徴として千羽鶴が被災地に贈られているわけです。

千羽鶴

千羽鶴

今回の震災然り、東日本大震災然り、阪神淡路大震災然り、全て自然災害です。

たとえ、そのことによって、復興のための国の税金が増えてしまったとしても、文句を言うつもりもありません。

この千羽鶴の問題で、Twitter上では賛否が完全に分かれています。

もちろん、千羽鶴の処分は、税金を使って行われることが多いため、支援に使われるべき税金が、無駄遣いにも繋がります。

そして、その批判に対し、支援を全て切ってしまっていいと言い切っている人も見られ始めています。

結局、今回の問題は、

当人がどう思うかという問題

になり、支援する側、支援される側。

その双方がお互いの立場になってみなければ、わからないことなのかもしれませんね。

「一刻も早い復興を込めて、千羽鶴を贈ろう」

「千羽鶴を贈ってくるくらいなら、もっと必要性のあるものを贈ってくれ」

という、職場でよくある現場と上層部の意識の違いに似たような現象と言えそうです。

 

まとめ

千羽鶴は、医療が発達していなかった江戸時代に、多くの子供が不治の病で亡くなり、その事を危惧して

1日でも長く生きられるように願いを込められて折られた

ことが、その意味や由来にあります。

しかし、なぜか震災を受けて痛みを知っている人たちが、

「千羽鶴なんて痛みを知らない人の偽善行為で迷惑」

などと言うこともあったようです。

だったら気持ち自体は、形にして贈らなくても伝わるとは思いますし、折り鶴を折って、気持ちを被災地の方向へ向け、部屋に飾っておく…。

こういった震災の時には、その程度に留めておくことが、よいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.