星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

老人のマナーが酷い・悪い・守れない!注意対策方法は法の厳罰化?

更新日

『イマドキの若いものは、これだから…』

街中を歩いていると、老人がこのようなセリフを発する光景を耳にしますが、はっきりいって『逆に言ってやりたい』と思っている若者は非常に多いのではないでしょうか?

年配者だから何をしても許される?

自分たちは特別扱いされるべきと勘違いしている?

本当に、人として何かを踏み外してしまったかのような、マナーの悪い老人たちが、非常に目立つ世の中になりました。

では、なぜマナーの悪い老人が増加したのか?

本記事で、老人のマナーが酷く悪くなった理由原因と共に、マナーを守ってくれる可能性を模索します!

スポンサーリンク

アドセンス

急激に増えた老人のマナー違反

老人の介護問題が何かと肥大していく中、一方で、老人の万引きが増えていく現代社会。

その数は、なんと

20歳未満の万引き摘発者数の約2倍で、全体の3割以上が老人

という話ですから、実に恐ろしい世の中になりつつありますよね。

それも、たちの悪いことに、彼ら老人の万引き理由が

『寂しさを紛らわすため』

というのですから、実に驚きです。

さらには、赤信号なのに気にせず渡る老人も…。

信号で赤は止まれです。

ついにルールも理解できないまでにボケてしまうとは…本当にどうしようもないです。

また、さすがに犯罪までには至らなくても、社会的なマナーの悪い老人が増えているように思います。

電車内で平然とした顔で弁当を食べ始め、ぼろぼろこぼす…。

そして、それを注意されると謎の逆ギレをして、わーわー喚き散らす…。

さらに、接客業の人から聞くマナーの悪い老人は、

  • 目的のものがないとキレる
  • 「買った時の価格じゃない!」と買取に対してキレる
  • 店の入り口で立っておしゃべりをしている

など、もはや周りなど見えていない、見ていない迷惑行為を連発…。

 

このように何かにつけて

  • 自己中心的
  • 周りが見えていない
  • すぐキレる

と、人間性に問題のある老人が多いのです。

長い人生を経験し、若い人のお手本とならなければならないはずの老人が、なぜ最近は人に迷惑ばかりかけるのか…。

人格者というべき、素晴らしい老人もいるのに、その逆で、マナー最悪の自己中老人も多い事実…。

なぜ老人のマナーが、ここまでひどくなってしまうのでしょうか?

 

老人たちのマナーが酷い・悪い・守れない理由原因

高齢者の検挙数

問題視されている老人たちのマナー違反は、既に犯罪レベルにまで達しています。

暴走する老人を止めることはできないのでしょうか?

このまま見過ごしていけば、若者たちの命すら危うくなるといっても、決して大げさではなくなってしまいました。

なぜ、このようなマナーの悪い老人たちが増えてしまったのか?

そこで、マナーの悪い老人が増えた理由原因を、いくつかピックアップしてみましょう。

老人のマナーが悪い理由1 判断力の低下

年を取ると、判断力が低下すると言われていますね。

脳の機能も低下し、視野も狭まってくるのでしょう。

そういった老化が原因となり、

自分のことしか見えず、周りのことまで気配りができない

というマナーの悪い老人になってしまうのです。

また、老化していくのと同じように、日本経済は衰退していきました。

昔のように、何もかもが順調にならない…。

そのストレスから、後述するキレやすさにつながってしまい、老人のマナーが悪くなっていくのでしょう。

老人のマナーが悪い理由2 無駄にプライドが高い

老人のマナーの悪い部分で、

とにかくキレやすい

ということがありますが、これは、無駄にプライドが高いことから起こるのだと思います。

「昔は自分たちが貢献してきたんだ」

「今の時代を作ったのは我々だ」

などと無駄なプライドの高さが、

「自分は何をしてもいいんだから、注意するな!」

と、マナー違反を注意すると逆ギレするようになるのです。

また、マナーの悪い老人に多いのが、

なぜか上から目線

という特徴。

見ず知らずの人に声をかける場合でも、

「ここって○○だよね?」

「ちょっとそこ通してくれ」

など、距離感のないタメ口や命令口調になるのです。

これも、

「自分は人生の先輩だから、お前らに敬語を使う必要はない」

という無駄に高い、くだらないプライドがそうさせているのでしょう。

こういった無駄にプライドの高い、マナーの悪い老人にとって、

恥をかかされた=自分がマナー違反を注意された

礼儀知らず=自分の言うことを聞かないヤツ

という意味なので、やけに上から目線で話す老人の言葉には、耳を傾けず無視をするのが賢明です。

老人のマナーが悪い理由3 叱る立場の人がいない

老人のマナーがなぜ悪いのか…

それは、注意できる人がいないことも1つの原因ではないでしょうか。

リタイアすると、会社の上司などがなくなり、自分を注意するのは自分だけになってしまいます。

そうすると、必然的に気のゆるみが発生…。

そして

「このくらいならいいだろう」

と、勝手に自分ルールを作ってしまうのです。

社会から離れて暮らすようになると、必然的に社会の変化に適応することもできません。

そして古い認識のまま、それが正しいと思ってしまうので、現在の常識を知る機会がなく、老人のマナーが悪くなってしまうのです。

 

以上が、老人のマナーが悪い理由原因でした。

しかし、これを見て、

「これだから今の老人は…」

と言うのはよろしくありません。

むしろ、これらを参考に、みなさんが老人世代となった時、マナーの悪い老人、いわゆる老害にならないように注意をしなければいけないからです。

何十年もしたら、他人事とは言えなくなるかもしれない…。

その認識を、忘れないでくださいね。

 

老人たちのマナー違反への注意対策方法は?

老人

さて、このように、老人たちのマナー違反が増加していく中、少しでもそれらを軽減する方法はないのでしょうか?

確かに、どれだけ注意喚起しても、

『自分は悪いことはしていない』

と言われたら、のれんに腕押しでしかありません。

老人たちのマナー違反が減少していくことはないでしょう。

これは未成年のモラル違反・マナー違反者にも言えることですが、

責任能力関係なく、厳罰化していくことが必要

そんな時期がやってきたのではないかと、ふと思うことがあります。

ただ厳罰化したからといって、直接マナー違反減少に繋がるとは限りません。

それどころか、厳罰化したことで、さらに深刻なことが起こってしまうかもしれません。

抑止力に厳罰化することが良いかどうかも、永遠の問題となってしまうのだと思います。

ただ、厳罰化することによって、間違いをスルーしないことだけは可能です。

罪に子供も大人も老人も関係ありません。

平等に裁かれていく

という姿勢を示すことは、間違いは間違いであると認識してもらうのに、良い方法だと思います。

だからこそ、厳罰化は必要だと感じるのです。

若者であろうと、老人であろうと、違反は違反…。

そういうふうに、『平等に裁く』社会こそが、今こそ求められているのではないでしょうか。

 

まとめ

若者のマナー・モラル違反が叫ばれる一方で、老人たちのマナー・モラル違反が増加!

これを問題視する声も高まっているように思います。

その背景や理由を探れば探るほど、あまりにもくだらない老人たちのために、若者が苦しい思いをしないといけないと思うと頭が痛くなります。

介護問題をはじめ、様々な問題に耐え切れず、自ら命を絶ってしまう若者だっているくらいです。

ただ、それすらも『軟弱者だ!』と罵る老人もいる悲しい現実…。

どうか厳罰化によって、誰もが間違いを間違いであると認められる社会となることを、心から願うばかりです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事