星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アナウンサー

水卜麻美と徳島えりかの仲・関係を考察!水卜会の実態とは?

更新日:

女子アナウンサー人気ランキングで1位を取り続け、バラエティ・報道番組に多数出演し確固たる地位を築きあげたのが、

日テレの看板女性アナウンサー水卜麻美アナ。

その評価は高く、この秋、ヒルナンデスからスッキリに移動ということになるそうです。

一方で、水卜会と称する仲良しグループで夜中まで酒を酌み交わし、会社の愚痴が言えないと不満な一面も見せているみたいですね。

もちろん彼女だって一人の女性であるわけですし、仕事の悩みや人間関係の悩みはもちろん、ストレスだってそれなりに抱えているはず。

本記事では、そんな水卜麻美アナにスポットを当て、仲が良いと言われる徳島えりかアナとの関係や水卜会の実態を調査したいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大人気女性アナウンサー水卜麻美

水卜麻美

みなさんは、現役の女性アナウンサーといえば誰を想像するでしょうか?

NHK『あさイチ!』のMCを井ノ原快彦さんと共に務める

有働由美子アナか、それとも、TBSの看板アナである江藤愛アナ

辺りを思い浮かべる人も多くいるかと思います。

しかし、圧倒的多数の人が、日テレ水卜麻美アナを思い浮かべるのではないでしょうか?

元フジテレビの加藤綾子アナ、元日テレの女子アナで、現在TBS『あさチャン!』のMCとして活躍中の夏目三久アナ

など、フリーに転身して活躍している女子アナが増えていく中、水卜麻美アナの人気・知名度・実力は群を抜いています。

確かに、彼女はバリバリの報道キャスターというイメージを持っていませんし、どちらかと言うとバラエティ向きという印象は強いです。

彼女は食いしん坊キャラとしてイメージが定着し、何を言われても笑顔で接することのできる心の広さを持っています。

それによって、周囲を明るく癒やしてくれる大きな存在として、多大なる支持を得ています。

だからこそ、彼女は、人気女性アナウンサーランキング1位を取り続けているのでしょう。

このランキングは。所詮オリコンが報じている人気ランキングであるだけで、それが全てではないと言われればそれまでかもしれません。

とはいえ、オリコンが調査した人気ランキングで、何年も連続して1位に入り続け、殿堂入りも視野に入り始めているのです。

それを見ると、いかに水卜麻美アナが、多くの人たちから愛されている女性アナウンサーであるか伺えますよね。

少し大げさかもしれませんが、ある種、日本が誇る女子アナウンサーの一人と言って過言はないでしょう。

既にフリーに転身している

高島彩アナ、加藤綾子アナ(共に元フジテレビ所属)のように

もしフリーに転身しても、水卜麻美アナだったら、間違いなく引く手あまたでしょう。

バラエティ番組はもちろんのこと、報道であっても十分務まるスキルを持っていると思います。

唯一難しいと思われるのは、あまりキャリアを持っていないスポーツ実況くらいでしょう。

そもそも、スポーツ実況は男性アナが担当することが多く、チャンスそのものが少ないのです。

そのために、いかに人気の女性アナだとしても、キャリアを積むことは難しいみたいです。

とはいえ、水卜麻美アナ自身が全くスキルがないというわけではありません。

直前番組や続報などで箱根駅伝に携わっている経験はありますので、可能性だって十分感じられます。

ある意味、ウイークポイントと見られるスポーツのジャンルですら、可能性を感じさせてくれる女性アナなのです。

どこに行っても十分やっていけるでしょうし、だからこそ日テレとしては大看板アナへと成長した彼女を手放す気は毛頭ないはず…

事実かどうか、その真相は定かにされていませんが、仕事に対して責任感の強い水卜麻美アナを引き止める戦略として、日テレは、

この秋朝の情報番組『スッキリ!』に彼女をMCとして就任

させ、報道のエースとしての起用を検討しているようです。

スッキリ!自体十分報道番組としての意味合いが強いので、

そこで慣れさせて将来報道のエースにする

というのであれば、かなりのキャリアアップが見込める事となりそうです。

そうなれば、当然、責任感の強い水卜麻美アナは、フリー転身の考えは起こさないでしょう。

そして、ますます今後の日テレの看板アナとして大きく成長していくでしょう。

好感度も非常に高く、日本が誇る女性アナウンサーの一人として、水卜麻美アナがどこまで進化を遂げていくのか、今から非常に楽しみですね。

 

水卜麻美アナと徳島えりかアナの関係

水卜麻美と徳島えりか

水卜麻美アナは、ただ視聴者層から好感度が高いだけではありません。

番組制作スタッフや同僚アナなどからも、好感度が非常に高い女性アナウンサーと言われています。

そんな彼女の仲の良い女性アナウンサーとして、ネット上で何かと名前が挙がっているのが、徳島えりかアナです。

それも、ただの仲良しではなく、大の仲良しと噂になっているくらいですから、もはや相方と呼ぶにふさわしいレベルとも言えるでしょうね。

水卜麻美アナと徳島えりかアナの仲が深まっていったきっかけは、水卜麻美アナが声を挙げて発足した水卜会がきっかけでした。

後ほど、水卜会については掘り下げてお話ししていきます。

この交流会の中で、水卜麻美アナが、同僚の女子アナたちの不平不満を聞いてあげる姿がたびたび見られました。

その優しい姿に惹かれた徳島えりかアナが、水卜麻美アナを慕うようになり、親睦を深めていったんだとか…

なんでも、ある番組で、

「徳島えりかアナの彼氏だったら…」

というような話をながしていたというエピソードもあります。

一方徳島えりかアナも、水卜麻美アナと二人で旅行していたときの写真を自身のお気に入りフォルダに入れているなんてエピソードもあります。

もはや恋人関係と間違えてしまいそうなくらい仲が良く、お互いのことを信頼しきっているような印象すら伺えますよね。

色々調べてみると、徳島えりかアナは、

「水卜麻美アナがいなければ、確実に日テレを辞めていた」

とまで発言していたという情報もあるほどで、もはや精神的支柱でもあり、家族のような存在と言えるでしょう。

一方、水卜麻美アナにとっても、徳島えりかアナはかけがえない心を許せる貴重な存在と思われます。

二人は先輩後輩(水卜麻美アナが1年先輩)といってもほとんど年齢に違いはありません。

これまで、日テレを支配し続けてきた上下関係の壁を取っ払い、家族のような存在でありたいと願っていた水卜麻美アナです。

彼女にとって、徳島えりかアナは何かと相談もできる大切な仲間のようです。

そんな二人だからこそ、ただならぬ関係と変な噂が流れてしまうくらい仲が良く映るのでしょうね。

水卜麻美アナはもちろんのこと、徳島えりかアナも、間違いなく日テレの未来を支える看板アナです。

良い意味で、これまで培われてきた悪しき伝統をぶち壊して、日テレがさらに大きな存在へと飛躍するよう、尽力してほしいと期待しています。

そして家族のような存在として、視聴者たちに真実と癒やしや感動、そして笑いを届けられる放送局として成長してほしいと願っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

水卜麻美アナが発足した水卜会とは?

さて、先程、水卜麻美アナと徳島えりかアナが、水卜会を通じて仲良くなっていったとお話ししましたが、では、その水卜会とはどんな会なのでしょうか。

また、誰がメンバーとして所属しているのでしょうか。

まず、水卜会発足の経緯からお話ししていきますね。

そもそも、この水卜会とは、発足人である水卜麻美アナが、ダチョウ倶楽部のメンバーの

上島竜兵さんが発足させた親睦会『竜兵会』にあこがれて発足

させた、日テレ女子アナたちの親睦・交流を目的した会合です。

元々、水卜麻美アナが日テレに入社してきた2010年の日テレは、実に殺伐とした空気が流れていたそうです。

スキャンダルなど影響はしているのかもしれませんが、夏目三久アナや西尾由佳理アナなど次々と退職していきました。

もしすぐに水卜麻美アナが日テレを辞めていたとしたら、もう日テレの時代は完全に幕を閉じていたことでしょう。

しかも、給料体系が変わり賃金カットの憂き目に合うこともあったそうです。

しかも、自分の出演番組の時間帯以外であっても、アナウンス室に待機しなければいけないのです。

退社する際も、いちいち上司にお伺いを立てなければならなかったというのです。

確かに、番組出演だけがアナウンサーの仕事ではなく、他にも色々仕事はあると思います。

ですので、勝手に退社するというのはいかがなものかとは思います。

しかし、仕事が全て終わっているのであれば、退社するのは問題ないはずですし、報告だけでOKのはず!!

それなのに、一々お伺いを立てなければいけないというのは、かなり変な話ですよね。

ニュアンスを変えれば、上司が帰っていいと言わない限り、24時間365日会社に拘束され続けなければならないわけです。

一つ間違えば、日テレ=ブラック企業という図式すら成り立ってしまいます。

もちろん、これまでの伝統といえばそれまでですが、そんなのは悪しき伝統でしかありませんし、続けて良いものではありません。

そういった悪い環境を改善し、親睦・交流会を通じて垣根のない組織を形成していくことで、

一つの家族のような居心地の良い会社に変えていきたい

と水卜麻美アナは水卜会を発足させ、周囲との交流を図っていったわけです。

そして、彼女は聞き役に徹して、後輩たちの不平不満を聞きながら精神的支柱として寄り添ってあげていたのです。

その思いやりが、後輩たちを味方につけ、組織そのものを変えていくようになっていったわけで、その功績は多大なものと言っていいでしょう。

さて、そんな水卜麻美アナが発起人として立ち上げた水卜会です。

気になるメンバーが誰かというと、

徳島えりかアナ、杉野真実アナ、岩本乃蒼アナ、郡司恭子アナ

を始めとする後輩女性アナウンサー達が中心となっています。

あくまで一つの交流会なので、はっきり誰が所属しているという情報はほとんどありあません。

一部では、過去に久野静香アナも所属していたという話もありますね。

現在、彼女は夜の報道番組『NEWS ZERO』を担当しています。

そのため、ヒルナンデスに出演している水卜麻美アナとは接点を取りづらいという部分もあったのかもしれません。

ましてや今度は、夜と朝と真逆の立ち位置になってしまうわけで、一部では分裂騒動という意味不明な噂も流れています。

しかしこれは、自然の流れとして久野静香アナが抜けたと見るのが妥当でしょう。

それにしても色々おもしろい話が水卜会を通じて垣間見えますね。

一時期過去の経歴によって内定取り消しを受けて問題となった笹崎里菜アナが、久野会に入ろうと画策しているなんて話も見え隠れしているようです。

ちなみに、久野会とは久野静香アナや小熊美香アナなど、報道番組中心に活動している日テレ女子アナで頻繁に食事会を開いている会です。

ある意味、水卜会と別の派閥ということもできますが、所詮はただの親睦・交流会に過ぎません。

笹崎里菜アナは、水卜会に誘われなかったために久野会に入り居場所を確保したい、と躍起になっていたというのが、ネットで流れている噂です。

しかし、それもただの噂なんだと思いますよ。

確かに派閥というのはどの世界にもありますが、基本的に日テレ組織の環境は、水卜麻美アナによって大きく改善されていっているわけです。

そんな彼女らがガチガチに派閥意識を持ち、疎遠になっていく環境を作るとはとても思えません。

勤務時間等によって疎遠になることはあっても、また仕事が一緒になれば、仲良く交流を持つというスタンスは変わっていないはずです。

あくまで親睦会を持っている両者の間で、派閥として別れてしまっているということなのでしょうね。

確かにいろんな派閥はでき上がっていくかもしれません。

その派閥が最終的に一つとなり、一つの大きな家族として日テレを大きく盛り上げていってくれることを期待しています。

 

まとめ

水卜麻美アナは、視聴者層から高感度が高いだけではありません。

日テレの職場環境そのものを大きく改善しながら、後輩はもちろんのこと、番組共演者、上司達からも好かれる国民的アナウンサーとなっています。

後輩アナウンサーたちとの親睦を図るために発足した水卜会も好評です。

1年後輩である徳島えりかアナに対しては、家族のように心を許し合える仲となり、徳島えりかアナのみならず多くの女子アナたちから慕われています。

既にこの秋、朝の情報番組『スッキリ!』への移動が決まり、報道にも携わっていく機会が増えていくでしょう。

それだけに、水卜麻美アナが、他の女子アナたちの精神的支柱となり、一回り大きく成長していくことを期待しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アナウンサー

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.