星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

福井商業高校の偏差値と全米優勝チアリーダー部の練習内容とは?

更新日

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』。

なんと、この映画は、

実話

を元にした映画なんだそうです。

では、この映画のモデルとなった、

福井県立福井商業高等学校チアリーダー部

とは、どんな部なのでしょうか?

また、練習内容や、彼女たちの通う高校の偏差値なども気になります。

そこで本記事では映画『チア☆ダン』の魅力とともに、福井県立福井商業高等学校チアリーダー部について探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

福井商業高校がモデルの映画『チア☆ダン』の内容は?

2009年、ある高校のチアリーダー部が全米チアダンス選手権大会で優勝したという話を知っていますか?

その学校名は、

福井県立福井商業高等学校

です。

この福井商業のチアダンス部は『JETS』と呼ばれています。

ちなみに、『JETS』には、

「ジェット機のように急成長するチーム」

という意味合いが込められているそうですよ。

そして、その名前通り、福井商業は急成長。

なんと、『チア☆ダン』公開後もその実力をいかんなく発揮し、2017年には、

『全米チアダンス選手権大会5連覇』

を成し遂げるのです。

そして、その福井商業が、全米チアダンス選手権で優勝するまでの軌跡を描いた映画が、

『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』

になります。

映画『チア☆ダン』の内容としては、主演を務める広瀬すずさんが、野球部を応援したい、という軽い気持ちでチアリーダー部に入部するところから話がスタートしていきます。

しかし、チアリーダー部に入部してみて、話が全く違っていたと感じ、その厳しさに時に挫けそうになりながらも、なんとか奮起。

チアリーダー部員として活躍し始めていく、という物語。

さて、これが映画『チア☆ダン』の内容なわけですが…。

実際の福井商業高校のチアダンス部は、どんな練習やサクセスストーリーがあったのでしょうか?

 

福井商業高校チアリーダー部の練習内容を紹介

『チア☆ダン』のモデルとなった福井商業高校には、実は、元々チアリーダー部というものがなかったそうです。

では、なぜチアリーダー部が発足したのでしょう?

そこには、五十嵐裕子という教師(現在のチアリーダー部の顧問)が、周囲の反対を押し切って、強引にチアリーダー部を発足させたという経緯がありました。

五十嵐裕子顧問は、まだ福井商業に努めていなかった頃、『ズームイン朝』を見ていた際に、とあるチアダンスを見たことで、

「これをやりたい!」

と思ったみたいですね。

そして、福井商業に着任した後に、チアリーダー部を作りたいと訴えたのです。

その時五十嵐裕子顧問が見たチアダンスというのが、神奈川県立厚木高等学校ダンスドリル部の『IMPISH』。

『JETS』と同じく、『チア☆ダン』ではないものの、他の映画のモデルになった部活の1つです。

 

さて、こうして五十嵐裕子顧問のチアリーダー部設立への道がスタートしたわけですが…。

なんと、あろうことかバトン部をチアリーダー部へ変えたいと訴えてしまったのです。

当然ながら、これには反発する生徒やOBもいて、当時いたバトン部員が

55人から9名

まで激減…。

ついには校長にまで、

「活動をやめなさい」

と注意されてしまいます。

それでも半ば強引にチアリーダー部を発足させてしまい、五十嵐裕子顧問は新たな新入部員を募って、チアリーダー部の活動を始めていくことになります。

筆者としては、これはさすがにどうかと思ったのですが…。

生徒からの反発があったのにもかかわらず、強引にバトン部を変えてしまうのは、ちょっと違うのではないかなと感じるわけです。

半ば強引にチアリーダー部を発足させてしまったことだけは、正直なところ、五十嵐裕子顧問の横暴にしか見えず、残念なポイントですね。

 

さて、話を元に戻しましょう。

ただ、新しく入った部員たちも、全くの素人、さらに五十嵐裕子顧問も、チアダンスに至っては全くの素人で、教えようにも技術は教えようがありません。

早くも前途多難な雰囲気が漂いますが…。

そこで、五十嵐裕子顧問は、1か月に1回、厚木高校を優勝させた前田千代氏を呼んで、技術面の指導をしてもらうことにしました。

ただ、前田千代氏は1か月に1回しか来られないので、その間は五十嵐裕子顧問がメンタル面の指導、練習メニューのスケジュールなどを考えていたみたいですね。

五十嵐裕子顧問が指導として用いたのは、

『夢ノート』

という、

夢をかなえるためには、そこから逆算して、何をすればいいのか書き出す

というものを実践させたそうです。

この『夢ノート』は、サッカー日本代表でも活躍している、あの本田圭佑選手も行っていたことで有名ですよよね。

ちなみに、指導の軸になっている部分は、五十嵐裕子顧問曰く、

「この子たちの脳をだまして『できない』から『できる』へと気持ちを転換させることを意識している」

とのこと。

確かに、できないと思って取り組むより、できると思って取り組んだ方がいい結果が出やすいでしょうし、ポジティブシンキングに持っていこうとするのはとても大事なことですよね。

この他にも、メンタル面の指導として、

  • 自分の気持ちを素直にはっきり言えるようにする
  • 他人と違う事をさせて、個性を磨く変人プロジェクト
  • 誰よりも大きな声で返事する
  • 心からの笑顔を練習する

ということや、生活指導として、身だしなみなどを徹底させました。

確かに、今の日本にはとても必要な指導方法ではないかと筆者は思います。

どうも、日本の指導方法というのは、良いところを伸ばすのではなく、丸を作る教育をしていますよね。

良いところは放っておき、悪いところを改善させようとばかりしているのです。

それでは良いところをとにかく伸ばそう!と指導している海外に勝てるわけがありませんし、その人が持つ夢というのが失われてしまいます。

確かに夢はあまりにも大きいと、

「無謀だ」

とか、

「そんなの無理無理」

と嘲笑われてしまうこともあるでしょう。

しかし、その一方、夢は人を動かす大きな原動力になるのです。

『夢ノート』については、その夢を実現させよう、そのためにこれをこうして頑張ろう…

と逆算し、具体的な計画を立てさせることで生徒の夢を実現させる手助けをしているわけですから、これを取り入れたのはとてもいいことだったのではないでしょうか?

また、『夢ノート』には、夢への道を具体的に示す利点だけでなく、時には夢を仲間たちと語り合うことで、一致団結も生まれるという利点もあります。

チアダンスにおいては、海外の生徒たちと比べると、日本人では身体能力の差で見劣りが出てしまいます。

そんな時、身体能力に対抗しようとすると、一致団結によるまとまりの力が必要になりますよね。

五十嵐裕子顧問の指導は、これらの団結力、協調性を高めるための指導だった…

そう言えそうです。

 

福井商業高校の偏差値は?

『チア☆ダン』のモチーフとなった福井県立福井商業高等学校。

はたして学校としての偏差値はいくつなのでしょうか?

調べてみると、福井商業高校の偏差値が、

58

ということがわかりました。

この数値は、平均より少し上というレベルです。

決してレベル的に低いというわけではないものの、偏差値が高いと称されるレベルでもない数値ですね。

一般的な教養があれば、そんなに苦労することなく、進学できるレベルだと思います。

もし、これから福井商業高校に進学したいと考えているのであれば、通常の学力があれば、検討してみるのもいいと思いますよ。

決して勉強のエリートというわけではありませんが、福井商業高校の部活動は野球でも名門校として知られています。

チアリーダー部も全米大会5連覇と、非常に輝かしい記録を残していますからね。

 

まとめ

福井県立福井商業高校チアリーダー部が、アメリカの学生たちを打ち破り、チアダンス全米大会で優勝したことが奇跡と言われ、その実話が映画化されました。

チアリーダー部が誕生した経緯は、少しというか、かなり強引で横暴な面があったものの…。

チアリーダー部に新たに入部してきた素人同然の生徒たちが、全米選手権で身体能力に差のある相手より素晴らしい成績を収めたのには、間違いなく、

五十嵐裕子顧問のメンタル面の指導

これがあったおかげでしょう。

できると思わせたり、夢をどうしたら実現できるかを計画させる教育…

昨今の、夢を持てない若者が増加する今こそ必要とされている教育ではないか?

筆者としては、そう感じさせられましたね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-映画