星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

AKB48ヲタ(オタク)とは?一般ファンとの違いや意味を解説!

更新日:

『モーニング娘。』や、AKB48など、国民的アイドルグループを応援するファンが増加し、やがてアイドルヲタ(オタク)という言葉が流行するほど熱狂的なファンも続出している現代。

しかも、日本で活躍するアイドルグループが、やがて世界の人たちをも惹きこんでいくわけですから、日本発のアイドル文化が世界を巻き込むムーブメントを巻き起こす凄さに驚かされるばかりですね。

ところで、みなさんは、ヲタ(オタク)と一般ファンの違いを明確に理解されていらっしゃるでしょうか?

筆者はヲタ(オタク)も一般ファンも同じものと認識していましたが、どうやら両者には、なにか違いがあるようです。

そこで、本記事で、AKB48を例に上げ、一般ファンとヲタ(オタク)の違いを探っていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

AKB48に見られる一般ファンとは?

ファン

今や国民的アイドルグループとして知らない人はいないと言っても過言ではないAKB48。

日本国内だけでなく、上海(中国)、ジャカルタ(インドネシア)へと、海外の拠点を増やし、その後も、国内では新潟(NGT48)が発足すると、今度は台湾・マニラ・バンコクに拠点が増えていく…

もう、完全にワールドワイドに展開するアイドルグループとなってしまい、どこか手の届かないような存在という印象も拭えなくなってきたような気がしますね。

元々は、会いにいけるアイドルと言うコンセプトで結成されたAKB48。

しかし、彼女らが結成された当初、劇場公演にわずか7人の観客しか集まらなかったという話は、有名な話です。

そんな彼女たちが、やがて、東京ドームでコンサートをするようになり、海外の拠点を持ち世界に向けて発信していく…

そんな姿を、1期生の古参メンバーとして、現在も活動している峯岸みなみさんや小嶋陽菜さんは、全く想像もしていなかったことでしょう。

さて、そんな大成長を遂げたAKB48グループですが、彼女たちのファンの中には熱狂的なヲタと呼ばれるファンもいれば、少し興味を盛ったミーハー的な一般ファンもいらっしゃるかと思います。

もちろんその熱狂度は様々で、一般ファンは、コンサートに行ったりCD・グッズ購入することはあっても、AKB48選抜総選挙のためだけに、必要以上のCDを怒涛に購入することはありません。

あくまでAKB48のことが、普通に好きでハマっている程度の感覚と言ったら良いかと思います。

しかも、一般のファンである理由は人それぞれで、単純にAKB48がリリースする楽曲に惚れ込んでいる方もいらっしゃれば、AKB48メンバーのことを好きになり応援しているファンもいて実に様々。

いずれにしても『身を投げ出してまで、一生ついていく』というような、超絶な熱狂ぶりとは少し違い、自身を中心に、ただ好きでハマっているという程度のものでしか無いと思います。

一般ファンを例えるなら、血のつながった家族のような関係性ではなく、恋人や友人のような関係性と言った方が分かりやすいのかもしれません。

恋人にしたって、どんなに愛し合っていても、浮気などのトラブルや、価値観の違いなどで、別れることだってありますし、とくに女性は一度別れると一気に熱が冷めてしまうことだって多々見受けられます。

一般ファンも同じようなもので、どんなに熱狂的にハマっていて応援していても、わざわざAKB48選抜総選挙で1位にさせるために、無理して何十枚もCDを購入することもなければ、コンサートだって、自身の住まいの近くであるものだけしか行かないケースも多々あるでしょう。

あくまでメンバー達を何があっても飛躍させるというほどの熱ではなく、AKKB48のことが好きで、普通に応援している程度のファンを一般ファンと人は呼んでいるのだと思いますよ。

ただし、一般ファンであってもAKB48のファンであることには変わりません。

一般ファンもAKB48にとって、ありがたい存在であり、大切な存在なのです。

 

AKB48ヲタの定義とは?

AKB48の一般ファンとは別に、さらに熱狂的なヲタがいることも皆さんご存知だと思います。

その一人として有名だったのが、漫画家としても知られる小林よしのりさんですよね。

彼は、元メンバーである大島優子推しとしてもおなじみで、選抜総選挙のために多数のCDを購入したり、コンサートなどにも駆けつけたりしている熱狂的なヲタ(オタク)だった方です。

現在は、ヲタ(オタク)を卒業され、ごく普通の一般ファンとして、AKB48を応援しているそうです。

しかし、それでも、大島優子さんに関しては、どこか心をときめかせているところがあるみたいですよ。

さて、小林よしのりさんのような熱狂的ファンをヲタ(オタク)と人は呼んでいらっしゃるそうですが、具体的にAKB48ヲタ(オタク)とは、どんな方を言うのでしょうか。

それは、先ほどの一般ファンの定義の中でも少し触れているので、もう勘の言い方ならピンときているかと思いますが、AKB48ヲタ(オタク)とは、まさに家族のような存在だと筆者は考えています。

本来ならば、CDやグッズ購入も、必要に応じて購入されるのが、ファンのあり方だと思うのですが、ヲタ(オタク)といのは、必要あるなしに関係なく、応援という意味合いで、CDを購入される方が多いように思います。

CDに関しても、どんなに購入したとしても、同じものを2枚以上(保存用含めて)購入することは無いと思うのですが、AKB48ヲタ(オタク)の場合、単純に選抜総選挙の投票のためのみに何十枚と購入される方も沢山いらっしゃるそうです。

まさに、少しでも推しのメンバーを選抜入りさせてあげたい、と思う親心のような気持ちが、彼らヲタ(オタク)を奮い立たせているのでしょう。

また、さらに驚かされるのが、全てのヲタ(オタク)がというわけではないのですが、さらに熱狂的なヲタ(オタク)となると、北は北海道、南は沖縄まで、日本全国津々浦々、AKB48のイベントに駆けつけるファンがいらっしゃるそうです。

自分の住まいの近くでコンサートしている時に駆けつけるというのであれば、まだ分かりますが、北海道に住んでいる人が、九州までライブのためだけに行くとなると、どれだけの交通費が掛かるか分かったものではありません。

しかし、その事に気にすること無く、AKB48のために、ほぼ全財産をつぎ込むという最強のヲタもいらっしゃるみたいです。

その事を聞かされると、私達一般ファンと熱の入れようが全く違うのだと痛感させられます。

そういえば、AKB48ヲタ(オタク)の重鎮として知られる(現在は違うみたいですが…)、漫画家・小林よしのりさんは、AKB48メンバーのことをのように思っているとある番組で語られていました。

yoshinori_k2

そこまでたどり着いてこそ、本当のヲタ(オタク)であり、一つの定義として、AKB48ヲタ(オタク)とは、AKB48のことを自分の家族のように愛し、自身を捧げ尽くすことのできる人物たちを指しているのだと思いますよ。

何かとヲタ(オタク)によるストーカー事件だのとフォーカスされ、健全なヲタクたちまでも一括りにされ差別を受けてしまっているフシが観られますが、そのような事件を犯しているヲタクは、ごく一部の限られた人たちでしかありません。

あくまでAKB48ヲタ(オタク)は、奇抜な考えや行動を起こす人たちを指す、そんな一部の人達を指し示す言葉ではありません。

AKB48ヲタ(オタク)とは、純粋にAKB48を愛し、身を捧げながらメンバーたちやAKB48グループが大きく成長していくことを願い、応援し続けてくれるAKB48にとって貴重な存在なのです。

それはアイドルヲタ(オタク)と呼ばれる全ての人達に共通している話であり、決して危険人物でも何でもありませんので、どうかAKB48ヲタたちが変な誤解されないことを心から願うばかりです。

 

アイドルに対する一般ファンとヲタ(オタク)の違い

ヲタをファン

AKB48を例に、一般ファンとヲタ(オタク)の定義をそれぞれ説明していきましたが、他のアイドルや、鉄道・模型など、他の対象物であっても全く違いは無く、同じ意味合いの定義が存在しています。

そして、一般ファンとヲタ(オタク)の違い・境界線は、身を捧げてでも、その対象物を応援(または守る)できるかどうかにあると思います。

一般ファンは、あくまで自身の生活に対して、マイナスの影響を及ぼさない程度に熱中しているに過ぎないでしょう。

ヲタ(オタク)は、自身にとってマイナスになろうがお構い無しで、その身を捧げて徹底的に応援し支え続けてくれます。

ただし、中にはその愛が激しすぎて、対象物を脅かしてしまったり、ルールを逸脱した行為を犯す人もいらっしゃいます。

そのために、ヲタ(オタク)は、一般ファン以上に誤解を招きやすいところもあり、何かと大変な目に合うことも多々見受けられますね。

例えば、何かの事件に巻き込まれ、本当であれば全く関係ないのに、濡れ衣を着せられることがあったり、先ほども少し触れましたがヲタ(オタク)というだけで、変な差別を受けたりすることもあるでしょう。

本当に悲しい話ですが、それがヲタ(オタク)に対する世間の評価であることに違いありません。

これはその分野に精通しているマニアに対しても同じことが言え、何かとこだわりすぎてヲタ(オタク)同様、一般の人々に気持ち悪がられてしまうところがあるのが現状です。

ヲタクは何故か気持ち悪がられてしまう運命…

ヲタは何故か気持ち悪がられてしまう運命…

ただし、本当に気持ち悪い人たちは、一部の人に限られた極端な人たちのみで、大多数のヲタ(オタク)は、何度も言いますが、純粋にその対象物を愛し支えている人に過ぎないのです。

そして、一般のファンよりもその道に精通していて、より愛情を持っているというのが、一般ファンとヲタ(オタク)の決定的な違いであり、また、本当のオタクは、決してその対象物に対して、マイナスに働くような悪影響を及ぼす行為は取りません。

例えば、アイドルをストーキングして、精神的に追い詰めたり、傷害を与えるようなことは絶対しません。

むしろ家族のように握手会やイベントに駆けつけて、温かい声援を送り続けてくれています。

はっきり言って、行き過ぎた愛を貫き通す人たちは、ヲタ(オタク)ではなく、ただの変質者でしかありませんし、一緒にされること自体、ヲタ(オタク)にとって非常に迷惑です。

ヲタ(オタク)は、世間から非常に迷惑な誤解を受けながらも、それでもアイドルたちを応援し続ける…

その光景は、まさに身を削ってまで応援し続ける崇高な愛を感じさせられます。

それも、握手会やコンサートなどのイベントに出席するのはもちろん、CDやグッズもかかさず大量に購入し、アイドルたちの人気を陰ながら支えてくれているわけですから、AKB48にとってみれば、本当に頭がさがる思いでしょう。

きっと彼らヲタ(オタク)の気持ちは、間違いなくアイドルたちに届いていることと思いますし、暖かい支えにきっと感謝していることでしょう。

自己犠牲を覚悟の上で声援できるかどうかで、ヲタ(オタク)と一般ファンと区別されていくのがリアルな姿で、一般ファン以上に貴重な存在だからこそ、とくにAKB48ヲタのような熱狂的なヲタ(オタク)に対して、変な誤解をすること無く、丁重に扱って欲しいですね。

 

まとめ

AKB48を例に、アイドルの一般ファンとヲタ(オタク)の定義の違いを説明していきましたが、なんとなくご理解いただけたでしょうか?

AKB48ヲタ(オタク)の重鎮である、漫画家・小林よしのりさんが、メンバー達を「娘だ」と言うように、ヲタ(オタク)にとって応援するアイドルは、まさに家族のような大切な存在です。

だからこそ、変な誤解を受けても、また自分の財産を投げ打ってでも、彼らは、自己犠牲の愛を与え続けられているのでしょう。

決して一般のファンには出来ない芸当ですが、何故かヲタ(オタク)というだけで変な誤解を受けることもあるので、一人でも多くのファンが定義を理解し、ヲタ(オタク)あってのアイドルであるという認識を持ってあげて欲しい、と願っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-AKB

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.