星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

坂下千里子のあさイチ発言が話題!手抜き料理・朝食レシピの評判

更新日

歯に衣着せぬ物言いで、なんでも遠慮なく思ったことをズバズバ言うタイプであるため、一部のファンには毒舌キャラでとして人気。

逆に一部のアンチからは、徹底的に嫌われる傾向にあるタレント・坂下千里子さん。

はっきり言って、坂下千里子さんには、何かずば抜けた魅力があるわけではないように見えます。

バラエティ番組で芸人顔負けのリアクションが取れることと、毒舌が人気のバロメーターのようです。

そんな坂下千里子さんが、2016年4月の『あさイチ』で主婦層から賞賛された話を知っていますか?

なぜ主婦層のみに賞賛されたのか、とても気になるところです。

そこで当記事では、坂下千里子さんが、主婦層から賞賛された一連の流れをお話していきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

賞賛された坂下千里子の手抜き料理とは?

では、坂下千里子さんの発言についてまとめていきますね。

まず、この日の『あさイチ』は『できる女の時間術』というのがテーマで、スタジオには

滝沢眞規子さん、坂下千里子さん、堀ちえみさん

の3人がゲストとして登場しました。

そして、まずはカリスマママとして、滝沢眞規子さんの朝の生活がVTRで紹介されたのですが…。

その内容というのが、

4時45分に起床し、洗濯物を済ませる

5時からストレッチをしながら、昨日の洗濯物を畳む。

5時30分から弁当と朝食の準備

6時30分からモップがけ、7時30分に家を出る。

という内容でした。

しかし、坂下千里子さんはそれに対し、

こんなキビキビ、朝から動けないって!

「こういうVTR見せると、旦那から『こういう人だっているよ』って言われちゃう」

と、カリスマママの生活に対してコメントし、

「腹立つわ~。なんなのこのVTR」

「私はぐうたらですから」

と切り捨てたのです。

そして、さらに注目が集まったのは、滝沢眞規子さんと坂下千里子さんの朝食の違いでした。

まず、滝沢眞規子さんの朝食がこちら。

サンドイッチにフルーツ、さらにはスムージーまで用意されていますよね。

しかもカフェ風の食器に乗せていて、まさに『できる主婦』という感じの朝食。

これには坂下千里子さんも、

「完全にテレビ用ですね!」

と皮肉を言うほど…。

その一方、自らぐうたら主婦と公言している坂下千里子さんの朝食はというと…

トーストにピーナッツバターを塗り、牛乳といちごを出して2分で用意した手抜き料理

だというのですから、実にユニークです。

しかし、この手抜き料理や、坂下千里子さんのカリスマママに対する毒舌が、実は主婦の間でかなり高評判となったのです。

 

坂下千里子のあさイチ発言に対する評判は?

坂下千里子さんが、『あさイチ』でカリスマママに対する毒舌を披露したのですが、ネットの評判をまとめると…。

意外にも、主婦層から支持を受けていることが判明。

「千里子が正しいこと言ってる!」

「等身大の主婦の意見を代弁してくれてて、坂下千里子に好感が持てた」

「ちりちゃんが普通だと思う」

「完璧主婦とかテレビで流したら、旦那が『できてる人はいるのにね』みたいに言われるし、坂下千里子の意見に同意!」

「料理上手アピールする人より好感持てる!」

と、世の主婦たちは、

「皆が皆こんなできる主婦じゃないってことを代弁してくれた」

として絶賛しているのです。

確かに、主婦としては皆が皆、滝沢眞規子さんのようなカリスマママとは限りません。

そして、ママタレであれば、どうしても『できる主婦』をアピールしたいと思ってしまうものでしょう。

けれど坂下千里子さんは、あえてその逆をいったのです。

等身大の、ごく普通の主婦としての感性をストレートにぶつけました。

「朝は忙しいし、そんな豪華な食事とか出せないよね…」

と思う主婦も多いと思います。

主婦たちは現実を知っているからこそ、現実味のないカリスマママの生活より、テレビであっても見栄を張らず、一般的な主婦の生活を披露した坂下千里子さんを支持したのでしょう。

また、滝沢眞規子さんについては、

「早朝ストレッチとか、生活感無さすぎて参考にならない。 シッターに任せてるんだろうなと感じてしまう。」

「朝からそんなに長く食事の時間ってないよね。」

「そもそも豪邸に住んでるセレブが庶民の参考になんてならないから。」

と、庶民感覚とかけ離れている部分を批判していました。

確かに、普通に考えて、セレブの生活を庶民が真似しようとしてもできません。

セレブだからこそ、

「テレビ用に見栄張ってそう」

と思われてしまう部分もあるでしょう。

住んでいる世界が違うからこそ、一般からのウケは悪いのだと思います。

もちろん、

「朝から手間暇かけて、ここまでするなんてすごいなぁ…」

と、滝沢眞規子さんを称賛する声もありました。

ただやはり、

庶民感覚では現実味がない

という部分で、親近感は湧かなかった…

それゆえに、庶民感覚に近い一面をアピールした坂下千里子さんが好感を得たのが、今回の事の顛末なのでしょう。

 

まとめ

今回は、坂下千里子さんが『あさイチ』で見せた等身大の主婦感覚が話題になったニュースを紹介しました。

「全てが完璧なママなんていないのに、さもカリスマみたいな演出をしないで欲しい」

という坂下千里子さんのコメントが、主婦たちの声を代弁しているということで、主婦層から大絶賛されたのが、一連の流れ。

確かに、正直なところ、1時間も朝食の用意をしている暇など、一般の家庭ではなかなか見られないと思います。

となると、やはりカリスマママなどと呼ばれる人たちは、どうも現実味がなく、なかなか支持を得られないのは仕方がないのでしょう。

芸能人も、やはり好感を持たれやすいのは、一般感覚に近い生活・感性を持っている人だと、改めて感じさせられました。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人