星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

江川達也の発言が批判炎上の理由は正直な性格?その内容をチェック

更新日

漫画家として活躍されている江川達也さんは、外見上、優しそうな小太りおじさんという印象を受けるのですが、ちまたでは、何故か性格が災いして、批判されることが多いそうです。

それも、江川達也さんの発言の内容もさることながら、同じ漫画家に対する批判の内容も、漫画ファンを激怒させているとか…

一体、江川達也さんは何を発言し、なぜ世間からの批判に晒されているというのでしょうか?

そもそも、江川達也さんは、どんな性格の持ち主なのでしょうか?

いろいろ気になることがありますので、本記事で江川達也さんの性格や漫画家批判の内容、彼自身が批判されている理由を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

江川達也は馬鹿正直な性格で口が悪い?

江川達也

江川達也

漫画家・タレントとして活躍されている江川達也さんといえば、筆者のイメージとしては、漫画『まじかる★タルるートくん』を手がけた漫画家というイメージが強いで、とてもかわいいキャラクターを描ける漫画家というイメージですが、何故か性格が悪いと批判されています。

確かに、『東京大学物語』などでは、恋愛模様などが、かなりリアルに描かれていますし、偏った見方をしている人たちはこぞって彼を批判してもおかしくないでしょう。

ただ、それは江川達也さん独特の作風や漫画を描く上での考え方に過ぎず、多くはただ好き嫌いで批判されているような気がするところです。

しかし、本当にそれだけで、江川達也さんは世間の批判の矢面に立たされているのでしょうか?

筆者も少し疑問に思うところがあったので、早速、江川達也さんが批判されている理由を探っていくことにしたのですが、そこには、彼独特の性格が大いに関係しているようです。

では、一体、江川達也さんは、どんな性格の持ち主だというのでしょうか?

そこで、江川達也さんの性格や発言の数々を調べてみることにしました。

そこから見えてきた江川達也さんは、ある種、馬鹿正直とも言えるような性格と、口の悪さの持ち主ということが改めて分かりました。

例えば、オリンピックエンブレム問題で渦中にあがったデザイナー・佐野研二郎氏に関して、才能のない人間と吐き捨てたかと思うと、あのようなエンブレムは子供でもすぐに思いつくと一刀両断。

さらに、エンブレムを審査した当時の人たちを、音痴のようなセンスの欠片もない人たちと揶揄し、そんなセンスのない人物が、センスの欠片も感じられないデザインを選ぶなんて、頭がどうかしているとしか思えないというようなニュアンスの言葉を発言しているというのです。

確かに、価値観の違いがあるため、東京五輪エンブレム問題については賛否が分かれるかと思いますが、江川達也さんの発言にも一理あると思います。

正直、筆者も五輪エンブレムが、どこにでもあるようなデザインという印象はありましたし、佐野氏の軽率な行為のために、他のデザイナーまでパクリと批判され、いい迷惑なのだろうなと思っていたところです。

しかし、エンブレムを審査した審査員たちまでも馬鹿呼ばわりするとか、そこまで批判する必要はあるのか?といった印象は受けます。

まぁ、佐野氏に対して馬鹿呼ばわりするのは、百歩譲って理解するとしても、それを審査した人たち全てをも馬鹿呼ばわりしているわけですから、それはやり過ぎのような気がしますね。

もちろん江川達也さんにとっては、とても許せないことから、公共の電波を使って、馬鹿呼ばわりしたのだと思いますが、その発言に、

『何を偉そうに…』

と、江川達也さんへ噛みつくネットユーザーも、また続出したようです。

その他にも江川達也さんが何かと批判されるような過激な発言も見られ、高学歴のエリートに対しても、クズ呼ばわりしたと、一部のエリートたちが彼に猛反発…

その発言内容から、

『お前は何様だ!』

と大きく批判されているみたいですね。

あくまで江川達也さんの場合、その時の気持ちに馬鹿正直に答えただけであり、口が悪いだけです。

モンスタークレーマーのように、なにかを徹底的に批判し喚き散らしているわけではないようですよ。

おそらくは周囲から江川達也さんにコメンテーターとしての意見を求められた上で、自分の考えを過激に話しているに過ぎません。

実際に、佐野氏たちへの批判も笑いながらネタのようにしていた、という話も聞こえるほどですから、江川達也さんが何かに激しい怒りを爆発させているというわけではないでしょう。

まぁそれでも何の罪もない人までをも侮辱するような過激な発言も見られているそうですし、それに関しては、とても許されることとは思えませんが…

仮にそのことで江川達也さんが批判を受けて、芸能界を干されたとしても、それもまた彼にとってみれば、そんな大したことではないと考えているのでしょう。

江川達也さんは漫画家として、すでに大成功を収められている方なので、たとえ今から無職に陥ったとしても、それほど苦とも思っていないでしょうし、好き勝手に言いたいことを言う考えで、コメンテーターとしての仕事も請け負っているのだと思います。

とはいえ、なんでも馬鹿正直に意見を言って良いというわけではありませんし、江川達也さんも子供を持つ一人の大人として、最低限のモラルは持っていて欲しいと思うものですね。

 

江川達也が批判される理由とは?

怒る男性

筆者自身は、とくに江川達也さんのことを好きでもなければ嫌いでもなく、どこかフラットな立場として、テレビ出演されている姿を拝見していました。

ただ、一部の人達は、江川達也さんに対して相当批判されているようですね。

確かに、江川達也さんは、先ほどお話したように自分の意見をオブラートに包むこと無く、ストレートに話される方なので、その結果、周囲を苛立たせてしまうことが度々あります。

例えば、江川達也さん自身が崇拝している水木しげる先生に対しては、独創性があるとベタ褒めしている一方、手塚治虫先生は独創性が無いと一刀両断してしまい、手塚治虫ファンを激怒させてしまった事がありました。

水木しげる先生の代表作である『ゲゲゲの鬼太郎』に関して言えば、登場する妖怪の大半が、逸話などで語り継がれる妖怪をモチーフにされていますし、大まかな方向性としても、勧善懲悪タイプの漫画ですから、見方によっては、漫画にオリジナリティがなく、かなり矛盾しています。

そのため、

『独創性の意味が分かって、この人は相手を批判しているのか?』

と江川達也さんの発言に疑問視されている方もいらっしゃるそうで、一方的に手塚漫画を批判するのは、おかしすぎると批判されてしまっているのです。

江川達也さんの場合、漫画の師匠である本宮ひろ志先生に対しても、彼の漫画は嫌いと批判されていますし、ある意味、恩を仇で返すような発言もあるように見受けられます。

それでは批判されても仕方ないのでは?といろいろ調べてみて、筆者も感じてしまった次第です。

江川達也さんの場合、普段は人の良さそうなおじさんなのですが、一度スイッチが入ると、かなり過激な発言が多々見受けられるため、外見と実際のギャップが激しく、賛否もはっきり分かれてしまうのでしょうね。

また、江川達也さんが何かを批判されている理由の一つとして、頑固なところも挙げられるような気がします。

とにかく江川達也さんは、ある種、自分が絶対正しいというスタンスで意見を述べる方で、その考えを途中で曲げることはしない方らしいので、何かと他者と意見がぶつかることもよくあるそうです。

そのため一部からは、

『それはないだろう!』

と批判されてしまうこともあるのだとか…

そのエピソードとして、『TVタックル』での一件を挙げておきます。

それは以前、『TVタックル』の席で、『性・暴力 アニメに規制は必要か?』というテーマの議論を行っていたことがあり、当時、番組に出演していた江川達也さんは、これらの表現は、バイオレンス要素であるという事を認識させることが重要と断定していたのです。

もちろん、それも考え方の一つではあるのですが、だからといって、何でもリアルに表現することばかりが良いとは限りません。

また一方で、性や暴力を隠すような表現をNGとするのはどうかと思います。

しかし、江川達也さんは全く気にすることなく、宮崎アニメがバイオレンス要素を巧妙に隠しているので駄目だ、と一方的に批判してしまうのです。

確かに、バイオレンス要素においては、とくに宮崎アニメでは強調されることは、そうそうありませんよね。

『風の谷のナウシカ』や、『紅の豚』にしろ、もっとバイオレンス要素を入れようと思えば、いくらでも入れることのできる作品は山程ありますが、宮崎アニメではそれをあえてせず、逆に巧妙なくらいに隠しています。

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ

それは、宮崎アニメが、子どもたちに夢やメッセージを伝える映画を作ることを大前提として考えているため、これらの表現は邪魔でしかない、と考えている部分が大きいのだと思います。

またファンタジー作品を手掛けるのに、リアルに暴力に何かを訴えたら、それこそファンタジーになりませんよね。

それは漫画『キングダム』を見ていてもよく分ります。

アニメでは、残虐なシーンはかなりカットされているそうですが、この作品はリアル志向の歴史漫画なので、原作では、戦争シーンなどで、残虐と思われるシーンも登場します。

アニメにかかわらず、ドラマや映画などの作品は、いろんな人に影響を与えやすいメディア媒体ですから、リアル思考・ファンタジー思考問わず、度々是非が問われることがあるわけで、江川達也さんは、ファンタジー思考を一刀両断した形の発言をしてしまったわけです。

それも批判したのは、宮崎アニメだけではなく、藤子・F・不二雄先生の名作・『ドラえもん』まで、同じ理由で批判しているわけですから本当におかしな話ですよね。

確かに、江川達也さんの持論は分かりますし、それを筆者がとやかくいうつもりは毛頭ありません。

正直なところ、

『この江川達也さんの持論の展開によって、批判も出てしまうのだろうなぁ』

と思うくらいで、実際に、どちらが正しくてどちらが間違っているのかというのは、一概に言い切れないものがあると思っています。

世の中における、事件の背景の一部には、かなりオタク系の趣味嗜好を持っている人がいたり、映画の影響を受けた(バトルロワイヤルが15Rになった背景もこれ)人がいたりするケースがあり、そのたびにこの手の議論が何かと勃発していますよね。

その議論が映し出される番組を見るたびに

『またか…』

とげんなりしてしまうのですが、正直なところ、アニメや映画の製作サイドに、そこまでの責任を負わせることなど出来ず、作品が相手にどのように影響しようが、犯行を起こす本人の問題でしかないと思います。

だからこそ、アニメの方向性が間違っていなければ、バイオレンスな表現がリアルに毎回写し出されていなくても、問題ではないと思うんですよね。

もちろんリアル志向で、描写されていても問題はないわけで、そんな話を一漫画家である江川達也さんが言うわけですから、一部の漫画ファンはよくも悪くも、批判するわけです。

さらに言うなら、江川達也さんの作品である『まじかる★タルるートくん』も、ある意味リアルな表現から離れています。

確かに、この作品は、『ドラえもん』のアンチテーゼとして描かれただけあって、主人公の江戸城本丸が、最終的に、タルるートくんの魔法に頼らないような演出もされていますし、バイオレンスな表現も時折されています。

しかし、『ドラえもん』だってジャイアンによる暴力は描かれていますし、ドラえもんが過激な発言をしたりしていますから、バイオレンス要素が巧妙に隠されているというわけではありません。

『まじかる★タルるートくん』にしても、結局は魔法使いの可愛いキャラが登場しているわけですから、この時点で、リアル志向とはかけ離れ、『東京大学物語』のように性的なリアルな表現を追求しているとは言えませんし、江川達也さんの発言に矛盾を感じてしまいます。

しかし、江川達也さんは、そんなことはお構いなしで、持論を一切曲げずに、他の漫画家たちをも批判していくのです。

その言い方が気持ち良いという方もいらっしゃるかもしれませんが、手塚治虫先生や宮﨑駿さん、藤子・F・不二雄先生など、漫画・アニメ界の大御所への大きく逸脱した激しい批判の仕方をしていることも見受けられ、どうしても江川達也さんへ批判が殺到してしまう…

それが江川達也さんのリアルな姿と言えるでしょうね。

そういえば、現在大人気漫画として支持を受けている尾田栄一郎先生の漫画作品『ONE PIECE』に対しても、江川達也さんは、過激に批判されていらっしゃるそうです。

ONE PIECE

ONE PIECE

なにやら、

『俺は、ONE PIECE読まないから』

と別の番組で発言したらしく、その理由として、ジャンプの王道がつまらない作品にしか見えないと感じたからだというのですが、江川達也さんがそのような理由で批判するのは、あまりにもおかしな話ですよね。

そもそも、本宮ひろ志先生のところに弟子入りしたのだって、江川達也さんがジャンプ漫画で売れるコツを学ぶために弟子入りしたわけで、別に彼の作品が好きだったわけでも何でもありません。

『ONE PIECE』がジャンプの王道で売れるためのスパイスが随所に入っているつまらない作品と切り捨てるなら、『まじかる★タルるートくん』も、漫画作品として売れるスパイスが盛り込んだつまらない作品だと、自分で言っているようなものです。

きっと漫画ファンの多くが、江川達也さんを批判している背景には、自分のことを棚に上げて、人を批判しているという事実も加味されているのだと思います。

まぁ、漫画は好みが出ますし、多少の部分は仕方ないと思いますが、あまり喧嘩を仕掛けるような発言は控えた方が良いのでは…?

筆者としては、そう思う次第です。

 

江川達也が批判を受けた内容・エピソードとは?

ドラクエと江川達也

ドラクエと江川達也

江川達也さんのことを調べてみると、意外にも次々と過激な発言が飛び交っていることが分かり、漫画以外にも反感を買うような内容を語られています。

その一つが、『ドラクエ』や『ファイナルファンタジー』などのRPG作品に対する発言です。

実は、

『これらのRPGをするゲーマーは頭がおかしい』

というような発言をしてしまっているのです。

もちろんゲームなんて好みの問題ですし、RPGが好きな人もいれば、アクションゲームが好きな人だっているでしょうから、RPGが好きだから馬鹿というのは、勝手な決めつけ以外の何者でもありません。

一応、江川達也さんの言い分としては、ドラクエにしろFFにしろ、

『努力だけ用いたら誰にでもクリアでき、オリジナリティも無く、ストーリーとしてつまらないから、こんなクソゲーをやるなら漫画を書いていた方がマシ』

だというのです。

確かに、RPGはレベルを上げればクリアできるところがあるように思いますが、キャラクターメイキングの面白さだってありますし、拘りを持ってプレイすれば、楽しみ方は多種多様あるはずです。

例えば、今でもやっている人がいるかどうかまでは分かりませんが、初代『ドラクエ』が発売されていた頃は、友人たちの中に、よく最少レベルクリアを競い合っていた強者がいましたし、魔法を一切使用禁止だとか、かなりシビアな条件をつけて、プレイするなんて話も聞いたことがあります。

江川達也さんの意見は、ただクリアすることだけを前提とした話でしかありませんし、それだけで一方的に『ドラクエ』『FF』を批判するのはいかがなものかと思います。

まぁ、江川達也さんは、自身の好き嫌いをはっきりさせている方なので、それで世間の批判を買ってしまうのは仕方ない話なのだと思います。

しかし、一人の漫画家が、他の漫画家だけでなく、ゲーム制作関係者までをも罵倒するとは、怖いもの知らずですよね。

はっきり言って、キャラクター使用料として、得ている収入源の中には、ゲームソフトとして発売された『まじかる★タルるートくん』のキャラクター使用料だって入っているのに、マンガやゲーム業界を敵に回して、江川達也さんは漫画家として生き残っていけるのでしょうか?

まぁ、仮に完全に干されてしまったとしても、すでに生活に困らないだけの資産があるわけですし、別に気にするようなことではないのだと思いますが、江川達也さんのやっていることは、人としてはやってはいけないレベルの言動だと思いますので、もう少し言い方に気をつけた方がいいと思いました。

 

まとめ

漫画家・江川達也さんは、とにかく何でも思ったことを正直、かつ過激に批判するところがあり、時折、逆に批判を受けてしまうことも多々見受けられます。

しかも、最悪なことに他の漫画家や、ゲーム制作関係者に対する批判までしてしまっているところがあり、自身の本業にも支障をきたしてしまいかねない愚行という風にも見受けられます。

とはいえ、江川達也さんの場合、漫画家として成功し、巨万の富を得ている方なので、きっと誰がどうこう言おうが関係なく、今後も思ったことをズバズバ続けていくことと思います。

あとは、江川達也さん以外の人たちが、どのように江川達也さんの意見を捉え、何を感じるかということだけなのだと思いますね。

江川達也の記事はコチラもよく読まれています!

江川達也の現在の連載漫画は?年収・印税がいくらかチェック!

江川達也の自宅(豪邸)や別荘の場所は渋谷?嫁や子供についても!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人