星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

小説

時をかける少女の原作小説をあらすじから結末までネタバレ!

更新日:


小説『時をかける少女』は、大林宣彦監督がかつて尾道三部作の一つとして描いた映画作品の原作。

その他にも、ドラマ・アニメなどで時代を超えて描かれ続けてきた、超人気作品なのです。

現実にはありえない

タイムリープという特殊能力を持つ女子高生をヒロインに

彼女の周りで起こる様々な事件やタイムリープの正体、そして恋をしてはいけない人物との禁断の恋などもピュアに描かれた名作です。

では、そんな『時をかける少女』とはどんな作品なのか。

本記事で原作小説となる『時をかける少女』のあらすじから結末ネタバレ、作家・映像作品の魅力を掘り下げて紹介していきます!

スポンサーリンク

『時をかける少女』の原作小説のあらすじから結末ネタバレ

時をかける少女

みなさんは、

  • 2016年に放送された黒島結菜さん主演ドラマ『時をかける少女』
  • 1983年公開の原田知世さん主演映画『時をかける少女』

を覚えていますか?

この2つの作品は、いずれも、作家・筒井康隆先生が書いた同名の小説を原作として映像化された作品です。

時代背景・登場人物などは異なっていますが、実に感動的で恋愛ありコメディありのファンタジックな作品でしたね。

とくに筆者は、大林宣彦監督が尾道三部作の一つとして手掛けた1983年の映画版『時をかける少女』に思い入れが強いのです。

未来からやってきた深町一夫が現代人である芳山和子に恋をしながらも、いつかは未来に帰らなくてはいけないもどかしさが印象的でした。

全く設定は異なりますが、ある種、ロミオとジュリエットのような叶わぬ恋が描かれているのです。

恋心を抱くことすら許されない関係というのは、純愛ものの一つの典型でもあり、思わず涙してしまう

ラブロマンスの王道


次のページへ >

-小説

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.