星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

猫ひろしの現在のお笑いの仕事や年収はいくら?地方営業は儲かる?

投稿日

ここ数年、マラソンランナーとしての猫ひろしさんは、何度かテレビやネットなどを通じて見ていますが、お笑い芸人はすでに辞められたのでしょうか?

正直、猫ひろしさんが今何の仕事をされているのかわからないほど、芸人としての姿を見かけていないような気がするのです。

実際のところ、完全にオリンピックを目指すマラソンランナーとして転向されてしまったのか、それとも、芸人としての仕事と両立されていらっしゃるのでしょうか。

また猫ひろしさんの年収のことにも何かと気になりますので、本記事で、猫ひろしさんの現在や仕事・年収について探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

猫ひろしの現在は芸人兼マラソンランナー

猫ひろし

猫ひろし

猫ひろしさんといえば、誰もが御存知の通りピン芸人ですが、現在は、マラソンランナーとしての活動が中心です。

マラソンでオリンピックに出場することを夢見て、カンボジア国籍を取得したとニュースなどで話題にもなりましたよね。

そのこともあって、今や芸人であることを忘れてしまうくらい、マラソンランナーとしての猫ひろしさんが有名となっています。

ただ、猫ひろしさんは、2007年に結婚し、2011年には女の子も誕生されています。

娘が誕生して、1年経たない内に、カンボジアに帰化してまで、マラソンに打ち込む猫ひろしさんの本気度は伝わりましたが、結局は、奥さんと娘をどう養っていくべきか、という問題が、どうにも痛烈に突き刺さります。

そのこともあるのだと思いますが、猫ひろしさんは日々厳しいトレーニングを積みながらも、芸人としての活動を辞めずに両立しながらオリンピックを目指しているそうです。

しかし、芸人とマラソンの両立は、ネット上では批判の対象として扱われているみたいで、なにやら

『カンボジアで真剣にマラソン競技のオリンピック代表を目指している選手たちが可哀想』

という内容の書き込みが目立ってしまっているのだそうです。

猫ひろしさんが、本気でオリンピックを目指しているのに、一方的に批判されてしまうのは、ある意味、可哀想な気もしますね。

なかなか、芸人とマラソンランナーの両立をこなしてオリンピック出場を決めるという話は難しそうですが、幸いカンボジアは選手層が薄いそうですし、猫ひろしさんにチャンスが全く無いとは決していえません。

ぜひ猫さんには、周囲の批判を完全に黙らせてしまうくらい、様々なマラソン大会で大活躍し、カンボジア代表だとしてもオリンピックの切符を手にしてほしいと期待しています。

 

猫ひろしの芸人としての仕事は舞台・営業中心?

考える男性

最近、テレビで芸人としての猫ひろしさんを観ることが少なくなり、ほとんど仕事していないんじゃないの?と思うことも度々あります。

しかし、猫ひろしさん自身、芸人としての仕事は、続けていらっしゃるそうで、主にその仕事の中心は、舞台や地方営業にあるんだそうです。

後ほど猫ひろしさんの年収などに関しては、もう少し掘り下げてお話していきますが、意外なことに、一発屋芸人共々、地方営業は何かとギャラが良いらしいのです。

たとえブレイクしていなかったとしても、結構な稼ぎどころとなってくれているところがあるんだとか…

確か、エスパー伊東さんも結婚式の営業のギャラが、20年間も続けており、それで5億円稼いでいるという話もあり、もしこれが本当なら、年収2500万円稼いでいる事となります。

はっきり言って、エスパー伊東さんが現在テレビに出演しているなんて話は、聞いたこともありませんし、過去に振り返ってみても、微々たる番組しか出ていないという印象を受けます。

あくまで筆者の見解でしかありませんが、エスパー伊東さん自身、一発屋というほどブレイクしていないと思うのですが、そんなエスパー伊東さんですら、お笑いの営業によって大きく稼いでいらっしゃるわけですから、芸人にとって営業は美味しい稼ぎどころなのです。

それは、猫ひろしさんにも言えることで、パチンコホールでの営業など厳しい環境下での営業ということもあるかと思いますが、十分それに見合ったギャラをもらえていることもあり、芸人としてしっかり地方営業で稼いでいらっしゃるのでしょう。

だからこそ、猫ひろしさんは営業を中心に、地道に芸能活動をされているところがあるのかもしれませんね。

また、猫ひろしさん自身、芸能事務所・WAHAHA本舗に所属しています。

WAHAHA本舗といえば、久本雅美さん、柴田理恵さん、梅垣義明さんなどのタレントが所属していることでもお馴染みの大きな芸能事務所ですよね。

何でも猫ひろしさんは若い時は、下品な芸風だったらしく、そのためにマキタスポーツさんたちとともに、オフィス北野の門を叩いたものの断られ、行く場所を見失っていた時期があったそうです。

そんな時に、多少下品な芸風でも受け入れてくれるという触れ込みがあったWAHAHA本舗のオーディションを受け合格し、芸能事務所に入ることがあったというエピソードがあります。

はじめは別の芸能事務所にいた猫ひろしさんではありましたが、温泉に旅行しに行っただけで経営が傾き、閉鎖されてしまったほどの小さな芸能事務所でしたから、まさにWAHAHA本舗へ移籍できたのは、彼にとっての救いだったのでしょう。

元々WAHAHA本舗は、舞台上がりの久本雅美さん・柴田理恵さん達の初期メンバーが旗揚げした芸能事務所と言うより、演劇座と言った方がしっくり来る、舞台のための芸能事務所というイメージが強い事務所ですから、それにならって猫ひろしさんも舞台を大切にされているのだと思います。

そういった背景もあり、また一方では純粋にテレビ受けしていない(ブレイクしていない)部分もあって、必然的に、猫ひろしさんの芸能活動においては、営業と舞台が中心となってしまっているのでしょう。

確かにオリンピックに出ることも大事だとは思いますが、やはり猫ひろしさんの本業はお笑い芸人ですから、オリンピックネタに頼ること無く、芸人・猫ひろしとして、バラエティ番組などで活躍する姿もファンに魅せて欲しいところですね。

 

猫ひろしの現在の年収は?

猫ひろし

お笑い芸人・猫ひろしさんは、お嫁さんと4歳(今年5歳)になる娘がいるらしく、家長として彼女らを養っていかなければならない立場にありそうですよね。

猫ひろしさんは、日々オリンピックでのマラソンを目指しているものの、生活の基盤として、芸人の仕事を持ち続けていらっしゃるそうです。

いろいろ調べてみると、猫ひろしさんの年収も1000万円以上はあるだろうと言われていて、基本的な部分は、営業や舞台が中心となっているような印象ですが、営業だけでも1本100万円くらい取っているという話も聞かれます。

どこからどこまでが、本当の話かは分かりませんが、話半分としても1本50万ですから、月2本計算でいっても1200万円稼いでいることになるわけですし、猫ひろしさんもそれなりの額は稼いでいらっしゃるのでしょう。

流石に年収の詳細までは掴めませんでしたが、お嫁さんや子供と普通に生活していて、それほど支障があるようなことはない程度に稼いでいらっしゃるのだと思いますよ。

あと、これはご破算になっている話だと思いますが、もし猫ひろしさんがロンドンオリンピックに出場できたあかつきには、CM契約などのスポンサー契約で1億円もらえていたのでは?という話も耳にします。

それも、オリンピック内定が出る前から話が上がっていたスポンサー契約を全て断ってまでオリンピックを目指していたという話もあり、一部では、オリンピック参加後のスポンサー契約の方が美味しいから、他のスポンサーを断ったのではという話もあるそうです。

もちろん、競馬場などの地方営業は仕事としてされていますが、純粋にアスリートとしての仕事はオリンピック出場後に、いくらでも割の良い物を受けられるという打算があったのではないか?と思われます。

そんな理由で、スポンサーのオファーを断っていたと言われている猫ひろしさんですが、実際のところは、ロンドン五輪は出場していないわけですし、ましてや噂レベルでの話ですから、たとえ本当にスポンサー契約を結ぶことになったとしても、極端に稼ぐことはないとは思います。

それにしても、ほとんど売れていない芸能人でも一度話題となりブレイクするだけで、その後も営業だけで相当に稼ぐことができるわけですから、芸能人って、夢のある仕事なんですね。

もちろん、猫ひろしさんの努力あってのものですが、本当にいろんな意味で羨ましい限りです。

オリンピック出場するために、お嫁さんと子供の日本人国籍はそのままにし、日本で生活させることを条件として、猫ひろしさんが単身でカンボジアに帰化し、カンボジアと日本で生活しながら日々厳しいトレーニングと、生活のための芸人活動をしているという話には驚きました。

今後もオリンピックを目指して頑張りぬき、猫ひろしさんが見事にオリンピックマラソンランナーという夢を叶えていくことを期待していたいと思います。

 

まとめ

猫ひろしさんは、どうしてもオリンピックを目指すマラソンランナーという印象が強いように思いますが、実はそうではなく、ピン芸人として、営業や舞台にも立っているお笑い芸人としてもしっかり活動しています。

年収も、具体的なところはわかりませんでしたが、営業だけでも1本100万はもらっているという話もあり、猫ひろしさんは、少なくとも年収として1000万以上は稼いでいるという話を耳にします。

少なくとも、カンボジアと日本を行き来しているわけですから、それだけの旅費や家族を養う生活費の分は、しっかり稼がれていらっしゃるのでしょう。

そんな猫ひろしさんだからこそ、オリンピック出場を決め、ますます活躍して欲しいと願うばかりです!

猫ひろしの記事はコチラもよく読まれています!

猫ひろしがカンボジアマラソン代表でオリンピックへの批判の理由

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人