星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

イベント

ディズニーシーのストームライダーが終了の理由原因とは?

更新日:

東京ディズニーシーの目玉アトラクションとして、この場所を発展させた『ストームライダー』。

そんな『ストームライダー』は、2016年5月16日をもって、運営を終了してしまいました。

その最終日は平日にもかかわらず、『ストームライダー』の最後の姿を見て体感するべく、多くの『ディズニーシー』ファンが駆け付け、かなりの行列ができたそうです。

では、なぜ人気アトラクションだった『ストームライダー』を『ディズニーシー』は、終了させてしまったのでしょうか?

そして、その跡地には一体どんなアトラクションができたのでしょう?

そこで当記事で、『ストームライダー』の終了理由や原因について、お話していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東京ディズニーシーのストームライダーとは?

ストームライダー

まず、『ストームライダー』について、軽くおさらいしておきましょう。

『ストームライダー』は、東京ディズニーシーがオープンした当初から存在するアトラクションで、ポートディスカバリーのエリアにありました。

内容としては、接近してくる巨大なストーム(日本でいえば台風に相当)を消し去るために、『気象コントロールセンター』という組織が開発したストームディフューザーを搭載した航空機、ストームライダー1号機・2号機を投入。

ゲストは、この2機のストームライダーに分かれ、ストームを消し去るミッションへ挑みます。

1機に122名が乗れるので、2機で運営されていた時は、1回に244名が乗車ができました。

回転率もいいアトラクションとして、また、ポートディスカバリーの象徴としても、『ストームライダー』はゲストの間から親しまれてきたのです。

また、ライドに乗る前に、ミッションコントロールルームという場所でプレショーも行われていました。

ミッションの説明や、ストームディフューザーの説明、さらに、実際に小さなストームを発生させ、それにストームディフューザーを使うことでストームを消し去る実験をおこなう…。

こういったかなり手の込んだ演出になっていることも、『ストームライダー』の魅力の1つでしたね。

フライトがスタートすると、前方のスクリーンや左右の小窓に映像が流れ、まさに今、空を飛んでいるように感じられるとのこと。

 

さて、これだけたくさんの人々に愛されてきた『ストームライダー』ですが、2016年5月16日に運営を終了することになってしまいました。

では、『ストームライダー』は、なぜ2016年5月16日に運営を終了することになってしまったのでしょう?

 

ストームライダーの運営が終了した理由原因は?

『ストームライダー』が2016年5月16日をもって、運営終了になりました。

ちなみに、最後となる5月16日には、なんと平日だというのに、一時は

3時間40分待ち

になったらしく、122人が乗れる回転率のいいアトラクションにも関わらず、ここまでの順番待ちになることは、かなり異例な事態と言えるでしょう。

それだけ、『ストームライダー』が皆から愛されていた証拠にもなりますね。

最終公演の整理券も、開演からわずか7分で終わってしまったのですから、とんでもない話です。

そんな大人気なアトラクションである『ストームライダー』が、なぜ運営を終了してしまったのでしょう?

その理由について、東京ディズニーシーを運営しているオリエンタルランドは、

「当社では『パークは永遠に完成しない』というディズニーテーマパークのフィロソフィに基づき、順次さまざまな施設の導入・改廃を行い、パークの魅力を高めており、今回もその一環で『ストームライダー』の終了を決めました。」

とコメントしています。

とはいえ、それだけが『ストームライダー』終了の理由・原因とは考えにくいです…。

 

2015年には、一時『ストームライダー』終了に対する反発運動も起きていました。

ファンによって、オンライン署名サイトの『change.org』を通じて、『ストームライダー』終了反対の署名が1000以上集まり、これらを抗議文として、オリエンタルランドへ提出。

これらについても、オリエンタルランドは把握していたらしく、承知しているとした上で、

「ゲストのみなさまのご意見やご要望を参考にしながら、今後も魅力あるパーク作りを行ってまいりたいと考えています。」

と、コメント。

まぁこういうコメントは基本的に場を濁すというか、当たり触りのないことしか言わないので、あまり当てにはなりません。

おそらく『ストームライダー』の復活は、残念ですが、もうないと見てよさそうですね。

そして、肝心のディズニーシーの『ストームライダー』が終了した理由・原因なのですが、

『表向きのコメント以外にも、もしかしたら、跡地にできたものにヒントがあるのではないか?』

という意見もネットにありました。

そこで、『ストームライダー』終了後、その跡地にできたものを調べてみると…。

『ニモ&フレンズ・シーライダー』(2017年5月12日オープン)

という、『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』を題材にしたアトラクションでした。

『ストームライダー』にあったライドシステムを使って、映画お馴染みの海底世界を楽しめるのが特徴です。

既にニモの登場するアトラクションでは、『タートルトーク』もあるのに、なぜニモのアトラクションを増やしたのか…。

ただ、そこで、1つの仮説を立てることができました。

『ストームライダー』の終了、そして『ニモ&フレンズ・シーライダー』の登場…。

もしかすると、東京ディズニーシーは、

「アトラクションを映画などの版権作品で固めたいのではないか?」

と考えることもできるのです。

『ニモ&フレンズ・シーライダー』についても、『ファインディング・ドリー』の映画公開があったので、それによってゲスト数増加を見込めますよね。

いずれにしても、当初は大人向けのアトラクションが多かった東京ディズニーシーも、時代の流れなのか、子供向けのアトラクションが増えてきた…。

そういう時代の変化が起きているのかもしれないですね。

 

ストームライダー終了に対するネットの反応は?

ネットでは、『ストームライダー』終了を惜しむ声が多く聞かれています。

「好きだったのに悲しい…」

「『ストームライダー』あってこそのポートディスカバリーだと思ってたのに、残念」

など、悲しみの声が続々。

さらには、

「他のアトラクションがなくなるのは納得できてたけど、『ストームライダー』だけは納得いかない」

「もうディズニーシーに行くことはないかも」

など、『ストームライダー』終了によって、ディズニーシーそのものの魅力がなくなったと思う人も多かったようです。

中には、

「『ストームライダー』のないディズニーシーなんてミッキーのいないディズニーランドみたいだよ」

と言うファンまで現れるほど。

ファンにそんなことまで言わしめるほど、『ストームライダー』が親しまれていたというわけですね。

はたして今後、ディズニーシーはどうなってしまうのか?

『ストームライダー』終了による客数減少をどう防ぐか、その対応が迫られるところです。

 

まとめ

東京ディズニーシーの目玉とも言えるアトラクションだった『ストームライダー』が、2016年5月16日を持って運営終了となりました。

その跡地は、『ニモ&フレンズ・シーライダー』という、『ファインディング・ニモ』、『ファインディング・ドリー』の世界観をモチーフにしたアトラクションになりました。

とはいえ、『ストームライダー』終了の衝撃はあまりにも大きく、『ストームライダー』を失った東京ディズニーシーが、今後、どう客足を増やしていくのか?

今後のオリエンタルランドの手腕に、注目していきたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-イベント

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.