星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

北島康介が水泳を現役引退した理由と黒い噂!現在の仕事は経営者!

更新日:

競泳男子平泳ぎの元世界王者である北島康介さんが現役を引退したのが、2016年のこと。

数々の名言を残し、オリンピックでは平泳ぎで2大会連続2種目制覇という結果を残すなど、まさに歴史に残る水泳選手だったと思います。

それにしても、北島康介さんは、なぜ現役引退を表明したのがあのタイミングだったのでしょう?

また、現役引退後、北島康介は現在どんな仕事をしているかも気になりますよね。

そこで、当記事では、北島康介さんの現在、そして引退した理由やそれに関連した黒い噂を紹介します!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

北島康介の現役引退理由とは?

北島康介さんといえば、

チョー気持ちいい

「何も言えねえ」

などの流行語となる名言を残し、オリンピックでは、アテネ・北京と、2大会連続で100m・200m平泳ぎで金メダルを獲ったレジェンドですよね。

ちなみに、平泳ぎで2大会連続2種目制覇をしたのは、これが世界初の快挙でした。

そんな北島康介さんは、2016年に現役を引退。

平泳ぎ100mの日本選手権では2位に入るなど、まだまだ活躍ができそうだったのですが…。

 

では北島康介さんは、なぜ現役を引退したのでしょう?

その理由ですが、やはり

気力・体力の限界

が大きな理由だったようです。

それは、第92回日本水泳選手権2016でのこと…。

北島康介さんは、平泳ぎの100mで2位となりましたが、規定タイムに届かず、200mでも決勝で5位となってしまい、リオ五輪出場を逃しました。

実際、引退を試合前に考えていたとされる言動も存在しています。

また200m決勝の前、北島康介さんはレース直前に、戦うライバルたちと握手をしたのです。

今まで、そんなことを一切してこなかった北島康介さんは、この時の行動について

自分が泳ぐ最後だと思っていたのかも。

(200mを)泳ぎ切る力はなかった。

175mくらいだった。

と語っています。

これが、北島康介さんが引退した理由である体力の限界という面が表れていたように思います。

そして、気力の限界というのが、オリンピック出場を逃したことでしょう。

北島康介さんは、200m決勝が終わった後に、

オリンピックしか僕には残された道はなかった。

どうしても行きたいという気持ちが、去年から僕を奮い立たせてくれて、ここに今、僕がいる。

とコメントしていて、オリンピック出場が、北島康介さんの水泳へのモチベーションを維持していた要因だと考えられます。

前述の体力面の限界、そしてオリンピック出場を逃したことによる気力の限界により、この試合終了のタイミングで現役引退を表明したのでしょう。

 

北島康介の引退に黒い噂?

北島康介さんが引退したのは、あくまで体力・気力の限界でしたが、実は、北島康介さんの引退には、黒い噂がつきまとっているようです。

これは週刊誌などで疑惑として書かれていた話なのですが、

かつて発生した押尾学事件の関係者の1人として、北島康介さんの名前が挙がっていて、彼も手を染めていた

というのです。

まさか、あの名言が

「(薬物が)チョー気持ちいい」

だったなんて、

『そんなバカな!!!』

と言いたくなるような話に、筆者は耳を疑いました。

この話のきっかけは、北島康介さんの六本木での女遊びの噂が大きく関与しているらしく、どうやら

押尾学氏と六本木でよく豪遊していた

と言われています。

さらに、西麻布で飲み歩いていた際、怪しい風貌の人たちと一緒にいることが多かったとのことですが…。

これだけでは、少し根拠に欠けますよね。

見た目が怖くても、実は優しく、何の怪しいこともしていない人なんてたくさんいます…。

と思っていたのですが、どうやら、証拠はこれだけではないとのこと。

どうやら北島康介さんは、あの押尾学さんが女性を放置し、その女性が亡くなった事件で、

現場マンションの監視カメラに、北島康介さんの姿が映っていた

というのです。

また、フライデーなどの数々のゴシップ誌には、

◯◯使用リストの警戒人物とされている

との報道がありました。

この噂が広まって、北島康介さんの疑惑が浮上してしまっているようです。

 

まぁいずれにしても、噂は噂であり、グレーな内容も存在しますが、北島康介さんが捕まっていないということは、この噂はガセであると考えてもいいのではないでしょうか。

それに、仮に現役時代に使用していたのだとしたら、ドーピングでひっかかるはず…。

それだけに、信じられないところですよね。

所詮はゴシップ誌の妄想だと思いたいです。

実際、北島康介さんはオリンピックに出るような選手だったわけですし、世界の水泳大会に数多く出場していました。

プロ野球・清原和博さんの時のような、あまりにも手ぬるいNPBのドーピング検査は別として、世界選手権などの出場するということは、ワールドクラスのドーピング検査を受けているはずです。

それで反応しないなら、北島康介さんはシロなのでしょう。

 

仮に、ゴシップ誌の報道通り、マンションの監視カメラに映っていたのならば、なぜ北島康介さんが事情聴取されないのでしょうか?

北島康介さんは女遊びが激しかったという事実を刷り込むことで、監視カメラに映っていたという嘘を盛り込み、デマを流そうとしたのではないでしょうか?

正直なところ、北島康介さんの黒い噂はガセだと思っていたのですが、どうも、ゴシップ誌によるデマの可能性も高そうですね。

ガセというのは、単に誤った情報や噂

のことを指すのですが、

デマというのは、意図的にある意見を扇動させる嘘

という意味があります。

つまり、北島康介さんを嫌うゴシップ誌記者が、意図的に、北島康介さんの評判を落とそうと、このようなデマを仕組んだのでしょう。

よく、上手い嘘のつき方に、

「8割以上を真実にして、残り少しを嘘にする」

という手法があります。

女遊びや夜遊びが好きという北島康介さんの性格を先に紹介しておき、その後に押尾学さんと関連しているという嘘を落とし込むことで、真実味を持たせる…。

ということだと思います。

まぁそもそも、情報源がゴシップ誌である時点で、筆者としては疑いの目しか持てませんけど。

 

北島康介の現在の仕事は?

現役を引退し、1年以上が経過したわけですが、北島康介さんは現在、どんな仕事をしているのでしょうか?

どうやら、現在の北島康介さんは、

現役時代に始めた2つの会社の経営

が、現在の仕事みたいですね。

まず、1つ目の会社が、『IMPRINT』です。

『IMPRINT』は、北島康介さんと大久保のり子さんが共同で取締役を務めていて、マネジメントをおこなったり、水泳教室やコンサルティング業をを手がける会社です。

マネジメント契約している人は、北島康介さん自身や水泳の萩野公介選手、柔道家の野村忠宏さんなどですね。

また、海外の著名人のPRもしていて、フラワーアーティストのニコライ・バーグマンさんや、オーストラリアのシェフ、ビル・グレンジャーさんなどのPRもしています。

 

そして、北島康介さんが、もう1つ経営している会社というのが、『Perform Better Japan』(パフォームベタージャパン)です。

『パフォームベタージャパン』は、アメリカの『パフォームベター』の日本法人。

スポーツパフォーマンスの向上に必要な用具を販売するだけでなく、知識、技術の提供もおこない、スポーツトレーナーの育成もしている会社なのです。

北島康介さんは、『パフォームベタージャパン』の公式サイトで、

「僕が競泳選手として長年競技を続けることができたのは、日米のトレーナーのサポートがあってこそだと思っています」

と語っていて、トレーナーの重要性を強調。

2020年には東京五輪が控えることもあり、ますますスポーツ需要が高まる中、それをサポートするトレーナーの育成も大切だと考えたのでしょう。

まさに、トレーナーと一緒に競技人生を送ってきた北島康介さんだからこそ言える言葉だと思います。

そして、北島康介さんが競技人生で感じてきたトレーニングやトレーナーが重要であるという経験を、この会社で活かしたいと考えているのでしょうね。

水泳教室などを手掛けるだけでなく、スポーツ全般の環境向上に取り組む北島康介さんの姿勢は素晴らしいの一言です。

引退してもなお、スポーツ界に貢献を続ける北島康介さんの今後の活躍が、ますます楽しみになってきましたね!

 

まとめ

競泳界のレジェンドである北島康介さんが現役を引退したのは、体力・気力の限界を感じたためでした。

しかし、週刊誌などでは、過去の黒い噂から、北島康介さんがドーピング違反がバレるのを恐れて引退したという謎の噂も飛び交っているようです。

もちろんそんな噂は完全にガセだと信じています。

そして現在は、北島康介さんが現役時代から経営を始めた2つの会社で活動しているようで、いずれも今後の水泳界、そしてスポーツ界のための会社と言ってよさそうです。

引退してもなお、北島康介さんという名前は健在!

北島康介さんの経営するスイミングスクールから、第2第3の北島康介さんクラスの選手が台頭してくることを期待したいですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.