星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

元たま石川浩司の現在!嫁との出会いのきっかけと結婚エピソード

更新日

「山下清」役を演じた故・芦屋雁之助さん、お笑いコンビ『ドランクドラゴン』の塚地武雅さんのように、ランニングシャツを着させたらよく似合うと評判で、数々の音楽シーンをその格好で登場し、異色の目で注目され続けた元たまの石川浩司さん。

その出で立ちやパフォーマンスは実にユニークで、『たま』全体において言えることですが、実に奇想天外で、いろんな意味で二度と同じような音楽ユニットは登場しないだろうと言う話もあるようです。

さて、そんな石川浩司さんですが、『たま』解散後の現在は何をされているのでしょうか?

また、元たまの石川浩司さんの結婚秘話や、嫁が誰かという話も気になりますので、本記事でその真相に迫っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

元『たま』石川浩司の現在は?

石川浩司

みなさんは『たま』という音楽バンドをご存知でしょうか?

かつて放送されたバンドオーディション番組『いかすバンド天国』という番組で、5週連続勝ち抜けし、3代目グランドイカ天キングの称号を受け、メジャーデビューした異色の音楽バンドが『たま』でした。

全員がビートルズのように、作詞作曲が出来るだけでなく、ヴォーカルをはじめ、複数の楽器を担当するという、異色のバンドとして登場し、数々の哀愁漂うヒットソングを引っさげ登場した時は、とにかく衝撃が走りましたね。

その中でも度肝を抜かされたのが『さよなら人類』という楽曲で、はっきり言って歌詞のストーリー性も無ければ、テンポもかなりゆったりしていて、

『本当にこれがバンドなのか?』

と、当時は『たま』が斬新過ぎて言葉が出なかったというのが正直なところ…

そのため、『たま』が新しい音楽バンドとして、当時、社会現象になるほど、『たま』の楽曲が大ヒットしていたのを、今でも覚えています。

そして、『たま』は、アニメ『ちびまる子ちゃん』のEDも担当し、とにかく良い意味で徹底的にふざけたくだらなさと言うか、『たま』だからこそ成立する、独特の音楽を手掛けられています。

残念ながら、2003年に『たま』は解散しました。

しかし当時、ランニングシャツ姿で登場し、まるで天才画家:山下清画伯を彷彿する様なキャラクターとして、多くのファンに愛された元『たま』の石川浩司さんの現在について、ネット検索される方が続出しているそうです。

時代を超えて、今なお、気にされている方が続出しているとは、ある意味で衝撃な話ではありますが、『たま』の石川浩司さんはあまりにも当時からインパクトを残していらっしゃった方なので、なんとなく気になってしまう人が出てしまうのでしょうね。

そこで、筆者も元『たま』石川浩司さんの現在を調べてみたのですが、現在は、14人編成バンド『パスカルズ』のパーカッショニストとして活動しているそうです。

そして、驚くことに、さらに新たな音楽ユニットを形成し、元『たま』石川浩司さんがアイドルとしてデビューしていることも発覚!

50歳を超えたいいおっさんが、アイドルとしてデビューするなんて、まさに驚きの展開ですよね。

しかも音楽性は全く変わらず、哀愁あるメロディに、いかにもふざけた歌詞構成で、

『今の時代にそれをやるのか!』

と度肝を抜かされました。

それは、ジャニーズアイドルや、『L’Arc~en~Ciel』などのロックバンド、そして宇多田ヒカル、MISIAなどの大物歌手を全否定するかの如く、独自の方向性を終始徹底して、それを音楽として展開されているのです。

大体タイトルも『おばんざいTOKYO』と、よくわからないタイトルで、実際に聴いてみたのですが、冒頭から、とにかく笑いをこらえるのが大変でした。

もちろん好みの問題もあるので、極端に飛び抜けた異色の音楽に対しては、大抵賛否が分かれるかと思いますし、この音楽を素晴らしい曲として真剣に聴く方も中にはいらっしゃるでしょう。

あくまで大爆笑してしまったのは、筆者の感性だからです。

ただ、一度聴いてもらえば、その気持ちは理解していただけるかと思いますが、本当にどうでもいい歌詞のオンパレードなのです。

みなさんは、この楽曲の歌詞として登場する、

『良いなぁ人間て良いなぁ、良いなぁ、担々麺…』

と続く歌詞(しかもサビパート)を普通想像できるでしょうか?

なんで人間であるのが良いなぁと言って、いきなり担々麺と続いていくのが、意味がよくわからず面白いですよね。

しかも間奏で、元『たま』石川浩司さんの語りが入り、その内容が担々麺とタンメンの違いを語っているのですから、これほどまでに、くだらない歌詞の内容は、なかなかお目にかかれません。

日頃抱え込んでいる悩みがバカバカしくなってしまうくらい、秀逸したくだらなさと言っていいでしょう。

本当に『たま』として活動していた頃もそうでしたが、ここまで自身の世界を徹底していくことが出来るのは、石川浩司さんの一つの才能かもしれませんね。

石川浩司さんがアイドルとして、これから音楽シーンにどのような影響を与えていくのかは、正直想像もできませんが、間違いなくいろんな意味で、今後石川浩司さんが、多くの音楽ファンにインパクトを残していくことになると思いますよ。

 

元『たま』石川浩司の嫁との仰天結婚エピソード

石川浩司2

みなさんは、新生活を始める際に買い揃えるものとして、どんなものを思い浮かべますか?

ある人は、カーテンや家具・ベッドなどを思い浮かべるでしょうし、ある人は鍋やヤカンなど調理器具・台所用品を思い浮かべると思います。

要は、生活用品全般を連想するのが普通の考えといえるでしょう。

しかし、元『たま』の石川浩司さんと、お嫁さんは、かなり奇抜な考えを持たれていらっしゃいました。

なんと、新生活として最初に購入したのは、生活用品ではなくファミコンだったのです。

そもそも元『たま』石川浩司さんが、今のお嫁さんと結婚したいと決意した理由は、帰る家が同じなら、ずっと遊んでいられるからという、かなり単純な理由だったというのです。

もちろん、お嫁さんの人間性や価値観などが、元『たま』石川浩司さんと合っていたことは、結婚の大前提ではあると思います。

しかし、そんな単純なことで、一生を左右する結婚を決めて良いのか?というのも率直なところで、しかもお嫁さんも了承し、結婚したわけですからいろんな意味で驚きです。

色々話を探っていくと、いつもデートは知らない駅で降りて街を探索するか、新宿のダンキンドーナツで延々とセブンブリッジをやっていたらしく、お嫁さんはかなりのインドア派であることがわかりました。

きっとそういうところも含め、『この人となら!』と思い、石川浩司さんが結婚することになったのでしょうね。

そういえば、石川浩司さんは結婚後は帰宅時間を考えることなく、2人してゲームによる熱いバトルに没頭しているみたいですよ。

現在は、どこまでゲームにハマっているのかわかりませんが…

 

元『たま』石川浩司と嫁の出会いのきっかけは?

カップル

元『たま』のパーカショニストである石川浩司さんが結婚したお嫁さんのことは、いろいろ調べてみたものの、具体的なプロフィールなどは流れていませんでした。

ただ、石川浩司さんのエッセイ『「たま」という船に乗っていた』の中に、名前などは伏せてあるものの、お嫁さんとのエピソードなどは語られています。

お嫁さんとの出会いは、『たま』がインディーズとして活動していた、まだ無名時代の頃、東京中野区の『東京の川を船で下ってみる』という企画に呼ばれ参加し、そこで共演という形で出会ったそうです。

あくまで、イベントに『たま』が呼ばれて参加しただけの話で、当時、お嫁さんも別のバンドを組んでいたみたいですが、たまたま東京の総武線の横などの都内の川を下り、休憩中に『たま』が演奏することとなり、真向かいの舟でお嫁さんがじっと観ていたという話もあります。

決してロマンチックな出会いではなかったみたいですが、ある意味、元『たま』石川浩司さんとお嫁さんの運命的な出会いですよね。

そして、この出会いをきっかけに、2人は徐々に親密な仲になり、やがて、先程お話したように、石川浩司さんがお嫁さんに告白され、1989年5月頃(厳密な結婚日は記載していませんでしが、『たま』のインディーズシングル『でんご』の発売時期と明記)に結婚となった模様。

ちなみに、石川浩司さんのお嫁さんも、どこか笑うポイントなどが石川浩司さんに似ているらしく、ファンに妹と間違えられてしまうこともあるほど、性格が似ているみたいですよ。

普通似たもの同士だと、嫌いな心も似てしまうため、あまり夫婦としてはふさわしくない印象を受けますが、石川浩司さんとお嫁さんの場合、お互いが、一緒にいることそのものが、気を使わなくて良く、居心地が良いと考えているみたいです。

そういう意味では、元『たま』石川浩司さんとお嫁さんは、まさに理想のご夫婦なのではないでしょうか。

今後とも、石川浩司さんには、末永く幸せな家庭を築いて欲しいですね!

 

 まとめ

元『たま』の石川浩司さんは、『たま』時代、山下清画伯を彷彿とさせる様なランニングシャツ姿で登場し、多くの視聴者をいろんな意味で楽しませてくれていました。

その奇抜世・独創性は、今も変わることなく、良い意味で徹底的に悪ふざけしているような音楽を輩出されているようです。

また一方では、石川浩司さんとお嫁さんの結婚理由も、電車の時間を気にしてゲームの勝負が付けられないのなら、一緒の家に住んで、気兼ねなく遊びたいという理由で結婚を決めたのだとか。

今後も、石川浩司さんは多くのファンを奇抜なアクションで、楽しませてくれることと思いますので、これからもアイドル活動されている石川浩司さんの動向に注目したいものですね!

たまの記事はコチラもよく読まれています!

たまのさよなら人類の歌詞の意味は予言?売上や印税はいくら?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人