星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

音楽

さよなら人類(たまの名曲)の歌詞の意味を解釈すると予言に!

更新日:

かつて社会現象をも巻き起こした、音楽バンド『たま』の代表曲『さよなら人類』。

今の世代の人は、この曲のことをあまり知らないかと思いますが、当時を知る音楽ファンの間では大人気となった楽曲でもあります。

今になって、その歌詞を振り返ってみると、実に時代を象徴するような予言が含まれた歌詞構成になっていたことがわかります。

だからこそ約30年近くも経った現在でも話題になっているのでしょう。

では、その予言とは一体何なのか。

今の時代を『さよなら人類』がどのように象徴しているのか。

筆者の視点による解釈を主に、本記事にて、歌詞の意味や予言の内容を掘り下げて紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

社会現象を巻き起こした、たまの名曲『さよなら人類』

たま

2016年7月に発売された、

  • リオ五輪イメージソングでもある安室奈美恵さんの楽曲『HERO』
  • 映画『君の名は』のテーマソングであるRADWIMPSの『前前前世』

など、社会現象を巻き起こした楽曲は、近年もいくつかありますよね。

2017年も、

  • 『僕のヒーローアカデミア』のOPにも起用されたロックバンドAMAZARASHI
  • アイドルらしからぬ反逆精神を歌う欅坂46
  • ドラマ『コウノドリ』の主題歌を歌うUruさん

など、期待値の高いアーティストが続々登場…。

もちろん、ごく一部しか社会現象を巻き起こすような名曲は出てきません。

これらの楽曲が多くの人に影響を与えることは、今までの社会を見ればよくわかります。

そしてかつて、その楽曲の一つとして社会現象を巻き起こしたのが、音楽バンド『たま』の『さよなら人類』です。

この曲は、スローテンポの楽曲で、バンドと言いながらフォークの要素を基盤としたような、たまにしか奏でられない音楽です。

その為、斬新な印象を聴き手に与え、多くの人たちの脳裏にその独特な世界観をこびりつかせてしまったのです。

筆者が学生の頃に、この楽曲がリリースされているのですが、体育祭(または運動会)でBGMとして流れ、衝撃を受けた記憶が鮮明に残っています。

普通に考えれば、もっとメジャーでリズミカルな楽曲がBGMなどに使われそうなものですが、シュールで独特なテンポの楽曲なのに、それが体育祭に用いられた…。

それ自体が驚きなのですが、当時あまり意識していなかったのです。

今から考えてみると、都市伝説のような予言が繰り広げられた楽曲を、よく学校の体育祭に用いていたと思いますね。

具体的な『さよなら人類』の歌詞や世界観は、後ほどお話ししていきます。

また、歌詞の世界観以前に、たまのルックスや音楽そのものの奇抜さが、多くの人の心を鷲掴みにし、一種の社会現象となったわけです。

現在もYOUTUBEなどでネット配信されているので、興味がある人は一度聴いてみてください。

かなり異様な音楽バンドという印象が残ると思いますよ。

 

『たま』の名曲『さよなら人類』の歌詞の意味とは?

さて、先程音楽バンド『たま』の名曲『さよなら人類』は、今の時代を予言しているかのような歌詞を紡いでいるとお話ししました。

では、一体どんな歌詞を紡いでいるのか、改めてその意味を解説していきたいと思います。

端的に言って、この楽曲の歌詞を紐解くと、CO2(大気汚染)問題や戦争により、地球が崩壊したのか、

人類が木星にたどり着き、新たな暮らしを求めていく

と言った内容になっています。

街の空気を汚してみたり、兵隊さんを引き連れてサーベルの音をちゃかちゃか鳴らしては、街を混乱に陥れようとしてみたり

なんとも物騒な世界観のオンパレードです。

その挙句に、人類が初めて木星にたどり着き、最終的には

人類の身体は冬の花火で塵となり、猿に戻ってしまう

というのですから、なんとも恐ろしい話ですよね。

中でも筆者が怖いと思えたフレーズは、

  • 「野良犬は僕の骨くわえ」
  • 「冬の花火は強すぎて 僕らの身体はくだけちる」

という、この二つのフレーズです。

さすがに、このフレーズがAメロなりBメロなりに、まとめてパッケージされているわけではありません。

ちなみに筆者の個人的解釈で、この二つのフレーズの意味を紐解くと、まず前者の

「野良犬は僕の骨くわえ」

は、人類の闘いによって次々と人が命を落としていき、気がついたら、その骨を犬が咥えて彷徨う姿が映し出されたということでしょう。

つまり、これはある種の人類滅亡を示唆しているフレーズなのです。

そして、その極めつけとなるフレーズが、2つめの

「冬の花火は強すぎて 僕らの身体はくだけちる」

というフレーズにこめられています。

普通、花火は『夏の風物詩』というニュアンスが強いですよね。

カウントダウンイベントなどで冬の打ち上げ花火を見ることはあっても、やはり花火は夏をイメージさせるものであることに違いありません。

ましてや、この花火が『僕らの身体を砕け散らせてしまう』わけで、普通では考えられない話です。

しかし、これが爆弾であったとしたらどうでしょうか。

そんな恐ろしい爆弾を連想させるようなフレーズであるため、筆者はこの二つのフレーズを聞いて、人類滅亡の曲という風に捉えてしまうのです。

実際に、タイトルが『さよなら人類』なのですから、人類の存続に幕を閉じる内容であって不思議ではありません。

こんな歌詞が、温暖化現象が既に起こっていた30年程前の時代に書かれていたわけですから、これを怖くないという方が嘘になってしまいます。

何よりもこの楽曲を手掛けた柳原幼一郎さんが、ある雑誌のインタビューで、

「この曲の歌詞の意味をよく聞かれるんだけど、本当に深い意味など全くない」

と明言しているのです。

彼はさらに続けて、

「せいぜい、野蛮なことばかりしていると猿になっちゃうよと言っている程度の軽いものである」

と、このインタビューで語っていたそうです。

さよなら人類を手掛けた本人が言葉遊びで意味がないと語っているわけです。

本当のところは、たまたまその背景に重ねてしまうような歌詞が書かれていただけに過ぎない話だったのでしょう。

そして、多くの人が歌詞の意味を考えずに聴いていたからこそ、宝酒造の焼酎のCMソングとしても『さよなら人類』が起用されているわけです。

現在となっては、なぜこの曲を宝酒造のCMソングに起用したのか、その理由はわかりません。

斬新な発想の歌詞であり、宇宙に飛び立つくらい美味しい焼酎というイメージを植え付けたかったのかもしれませんね。

なお、『野生の力を試している』とか、『あの子を探している』と言ったフレーズも出てきます。

この『野生の力』とは、

自然災害に立ち向かう強さ

を意味し、一方で『あの子』とは、

戦争や自然災害によって、遠い場所に離されてしまった家族

を指しているようにも聞こえます。

いずれにしても、歌詞の意味は全くありませんが、捉えようによっては、実に悲しいシュールな楽曲へと変貌してしまうのです。

もちろん、そこまでの歌詞の意味を深読みする必要は全くありません。

ただ、もしそこまで考えて改めて『さよなら人類』を聴いてみると、なぜこの曲が予言と言われているのか、その理由が見えてくることになると思います。

 

『さよなら人類』は未来の予言だった?

1990年にリリースされた、音楽バンド『たま』の名曲『さよなら人類』。

今となって考えてみると、一つの都市伝説とも予言ソングとも言える、異色の楽曲とも言われています。

先程ざっくり歌詞の意味について触れているので、もうなんとなく察している人もいるかもしれません。

まさにこの楽曲の歌詞は、今の時代を象徴している歌詞です。

核が抑止力として、本当に戦争がなくなれば良いのですが、これまでも次々と戦争・内戦は起こっていますよね。

現在もアメリカ・北朝鮮の間で衝突が繰り広げられ、いつ核が落とされるかわからないという状態が続いています。

いずれにしても、この地球は、だんだんおかしな方向に向かっていることだけは事実です。

日本でいうと、ここ10年を振り返ってみても、東日本大震災・九州を襲った大震災など、多くの自然災害が勃発しています。

さらには、異常気象も毎年訪れ、日本各地で悲鳴が上がっています。

「一体誰がこんな日本にしてしまったのか…」

そんな怒りの声をにじませている人も少なくないでしょう。

『さよなら人類』が描いた人類に破滅は、まさに今後の地球を予言したような話です。

また、この楽曲がリリースされた数カ月後には湾岸戦争が勃発しています。

さらにはイラク戦争、そしてここ数年に世界中を震撼させる無差別事件までも勃発しているのです。

『さよなら人類』に出てきた兵隊やサーベル、そして、空気が汚れていくというフレーズですが、これは、

戦争・内戦が次々起き、人が醜い争いをしていく中で、血で大気そのものまでも汚してしまうこと

を示唆し予言したのだと、筆者は感じています。

もちろん、そのことは筆者だけが感じている話ではなく、ネットの一部も同じように感じ、都市伝説のように語り継がれているのが現状…。

だからこそ色んな意味で恐怖を与えてしまい、今でも『さよなら人類』が話題になってしまうのかもしれません。

 

まとめ

独自の音楽性を持った音楽バンド『たま』の名曲『さよなら人類』。

これまでの大気汚染による異常気象・自然災害により、破滅していく予言を綴った歌詞が特徴となった楽曲と、筆者は考えています。

日本を捨てた若者も、ここ数年増えていると聞きます。

おそらく、この『さよなら人類』のサビで綴った、

「猿になってでも木星に移りたい」

と思う人達は、まさに今の若者たちを象徴しているのではないでしょうか。

石川浩司 eye
石川浩司(元たま)の現在と妻との出会い!バンド解散の理由とは?

みなさんはかつて一世を風靡した、音楽バンド『たま』を覚えているでしょうか? 実に独特の世界観をもっている音楽バンドです。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-音楽

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.