森田剛の身長は低い?ほくろ除去の噂とプロフィールをチェック!

ジャニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
V6


舞台を中心に活動するだけでなく、近年は、

『リスクの神様(フジ系・2015年)』

『ハロー張りネズミ(TBS・2017年4月)』

などのテレビドラマにも出演している、V6のメンバーの森田剛さん。

彼がV6のメンバーとして登場したころは、まだ10代。

V6の中でも『カミセン』と称され人気絶頂でしたが、気がつけばもう38歳。

当初のやんちゃなイメージは刷新され、大人の印象が高まり、その演技は俳優として格好良く見えます。

そこで森田剛さんのプロフィールを振り返りながら、一部で囁かれている”ほくろ”や身長などの身体的な噂の真相についても本記事で探ってみたいと思います。

[adsense]

森田剛のこれまでの経歴プロフィール

森田剛

森田剛さんは2015年ごろからテレビドラマにも再び出演するようになり、時折番宣でバラエティ番組にも出演しています。

しかし、V6のメンバーで俳優の森田剛さんのことを知らない人もいるでしょう。

では、さっそくこれまでの彼の経歴やプロフィールをざっくり紹介していきます。

森田剛さんは、1979年2月20日、埼玉県春日部生まれの38歳。

自慢の息子をアイドルに育てたかった一心で、森田剛さんの母がジャニーズ事務所のオーディションに応募したのです。

そのことを一つのきっかけに、1993年にジャニーズ事務所に入所し、ジャニーズJr.として芸能活動をスタートします。

近年は親御さんの意向が強くて、知らない間に芸能事務所に入らされていた子供も少なくありません。

最終的にはそのことがプラスとして働き、様々な分野で活躍するきっかけとなっているようです。

よく、

『友達や家族が勝手に応募した』

『副賞目当てで応募し、気がつけばグランプリを受賞』

それで芸能界デビューを果たし、大物女優ヘ大成長している人もいますよね。

厳密に言えば、少し異なるのかもしれませんが、森田剛さんのケースもまさにその一つです。

周囲の意向で芸能事務所に入り、今では

芝居の面白さに目覚め、俳優として舞台を中心にドラマ・映画に出演し活躍

する他、V6としても活動し続けています。

ちなみに彼がジャニーズ事務所入所オーディションを受けに行った際に、

お茶くみ当番だったのが、5年先輩としてジャニーズ事務所に入所していた井ノ原快彦さんだった

というのですから、これも不思議な縁を感じますよね。

そんな森田剛さんは、無事にジャニーズ事務所に入所が決まると、ジャニーズJr.として活動します。

その傍ら、J-elevenというユニットを組み、SMAPやキンキキッズのバックで踊る日々を過ごします。

まぁ、J-elevenと言っても、今のジャニーズJr.のようにそれ単体でアイドルユニットを形成していたわけではありません。

ちょっとした組分けの違いで、基本はジャニーズJr.としての活動が続いていたことに変わりありません。

V6結成は、それから2年後の1995年11月。

V6ファンだけでなく、多くの人達が衝撃を受けた、

バレーボールワールドカップのイメージソングとしてCDデビュー

を果たしていますが、なんともこの結成秘話が面白いです!!

これは、V6のメンバーである三宅健さんが以前出演したバラエティ番組『TOKIOカケル』の中で明かされた話です。

どうやら森田剛さんは、

当初V6のメンバー構想から外れていた

みたいです。

というのも、あくまでジャニー喜多川さんは、

三宅健さんを中心

としたアイドルグループを作りたかったらしいのです。

現リーダーの坂本昌行さんは、そのサポート役という考えだったみたい…。

ただ、三宅健さんが

「森田剛も一緒じゃないと嫌」

とごねて、これに困ったジャニー喜多川さんは、森田剛さんをV6のメンバーに入れることを打診したのだとか…。

坂本昌行さんと三宅健さんはグループ結成前に話していたこともあり、ジャニー喜多川さんの構想にもあったため、すんなり決まりました。

当初ジャニーズJr.のツートップであった

「長野博・井ノ原快彦はどうだ」

とジャニー喜多川さんに聞かれた三宅健さんはすんなり了承。

ここまでは誘導されている部分はあっても、三宅健さんが人事権を持っていたことがわかります。

そして、極めつけは岡田准一さんです。

当初、彼は嵐のリーダーとして加わり、代わりに

大野智さんがV6に加入する予定だった

のです。

ふとしたことをきっかけに、岡田准一さんがV6の最後のメンバーとして加わることになったのです。

そのふとしたきっかけというのが、バレーボール関連でデビューするジャニーズアイドルグループのあるある話…。

話によると、合宿などでバレーボールをする機会があったのです。

たまたまそれが、三宅健さん・森田剛さん・岡田准一さんがバレーを楽しんでいた姿がジャニー喜多川さんの目に留まり、

「バレー好きか?」

と聞かれた岡田准一さんは

「はい!!」

と答え、結果、V6に加わることになったんだそうです。

たまたまバレーで遊んでいただけで、当初根っからのファンでも何でもなかったのが実際の話です。

多少盛っていたとしても大好きとアピールできたことが、その後の人生を変える大きなきっかけになった面白いエピソードです。

他のメンバーの話はこれくらいにしておいて、いずれにしても三宅健さんの意向がなければ、森田剛さんがV6に入ることはなかったわけです。

ちょっとしたことで、彼がアイドルデビューを果たすこととなったというわけ。

 

さて、V6結成後の森田剛さんですが、少し悪ぶった印象も見受けられます。

何かしら、ダルそうに仕事している風貌が、彼独特の個性として多くの女性ファンに受け入れられていくことになります。

そして、アイドル活動していく傍ら、テレビドラマ・映画・舞台などにも出演するようになり、徐々に役者としての顔をみせはじめるのです。

2008年以降は、舞台俳優としての面白さに目覚めたのか、舞台中心に活動するようになりました。

そのため、しばらくドラマ・映画への出演はしていませんでした。

しかし、2015年放送のドラマ『リスクの神様(フジテレビ)』で久しぶりにドラマ出演を果たし、現在に至っています。

以上が、森田剛さんの芸能人としての簡単なプロフィールです。

 

彼の経歴プロフィールを見ていく限り、仕事面においては、まさに順風満帆であることが伺えますね。

ただ、彼の場合、恋愛においては順調にはいかず、紆余曲折してしまうこととなります。

2001年放送のTBSドラマ『嫁はミツボシ』で共演した女優・上戸彩さんと熱愛し、交際したのです。

ところが、当初二人は多忙を極める売れっ子芸能人であったため、

たびたびすれ違いが生じて破局。

あくまで上戸彩さんとの破局理由は、すれ違いによるものですが、一部報道によると、

上戸彩さん所属のオスカー事務所と、森田剛さん所属のジャニーズ事務所が結託し、二人が破局するように仕事を増やし、多忙にさせてしまった

ようです。

いくらイメージ的なものがあったとしても、一人の人間として恋も満足にできないなんて、何か違うような気がします。

しかし、そういったものも込みで芸能界なのかもしれませんね。

その後も、森田剛さんは元セクシー女優と交際し、一時は同棲もしていたにも関わらず、ゴールインできずに破局してしまいました。

現在は宮沢りえさんと交際していますが、こと恋愛においては紆余曲折している様子が伺えるのです。

まぁ、仕事もプライベートも両方共うまくいくというのは贅沢な話ですね。

どちらか一方が順調に進んでいたら、もう片一方に何かしら支障が出てきてしまうものです。

それも一つの人生なのでしょう。

今後も俳優として様々な作品に携わり、大きく飛躍していくと思いますし、今度こそ宮沢りえさんと結婚を視野に交際を重ねていくことと思います。

[adsense]

森田剛のほくろ除去の噂の真相

森田剛さんを検索すると、関連ワードとして『ほくろ』というワードが検索されます。

何やら

『ほくろを除去したのでは?』

という噂がネット上で流れ、一気に話題となったみたいです。

そもそも森田剛さんは本当にほくろを除去しているのでしょうか?

確かに芸能人はイメージを重要視する傾向の職種でもあるので、ほくろ一つでも除去手術を受ける人はいるそうです。

 

そこで、森田剛さんの過去と現在の写真で比較してみたのです。

確かに一部が噂しているように、ファンデーションで隠した痕跡もなく、左目下のほくろを除去した印象は伺えます。

もちろん、森田剛さん本人がほくろを除去したとカミングアウトしたわけでもありませんし、写真の印象だけで除去したと断定することはできません。

しかし、それでも彼自身がほくろを残すことを良しとせず、ほくろ除去したのではないかと思われます。

 

筆者自身も脚にあるほくろが気に入らず、爪でかいて強引に剥がそうとしたことがあります。

今では取れていますが、当時は傷になってしまい痛みを伴うだけでなく、傷跡もしばらく取れなかった嫌な思い出があります。

あくまで筆者の例は、ほんの一例に過ぎませんが、それくらいほくろにコンプレックスを人は抱くものなのです。

森田剛さんも、ほくろに対するコンプレックスからか、ほくろ除去を決意したのでしょう。

 

それにしても、テレビや写真などの森田剛さんの姿だけで、ほくろ除去を指摘している人がいるなんて驚きです。

それだけ彼にはコアなファンがいることの表れなのでしょうね。

そのコアなファンを作り上げているのは、他でもない森田剛さんのこれまでの努力に他ならないと筆者は考えています。

ぜひ、その努力を積み重ね、より多くのファンから慕われ続ける俳優でい続けてほしいと思います。

 

森田剛は身長が低い?

さて、最後に森田剛さんの身長に関わる噂の真相についても探っていきます。

一部の噂では、なぜか森田剛さんの身長が特別に低いと噂され、そのことも批判の対象とされているみたいです。

ただ、そもそも森田剛さんの身長が一般人男性と比較した上で、本当に低いのかどうかという話も、どれだけの人が把握しているのかは定かではありません。

そこで、改めて30代の一般人男性の身長(171.92cm)と比較して、彼の身長の低さを検証してみたいと思います。

 

まず、先程もお話した通り、30代の一般人男性の平均身長は171.92cmです。

そして、森田剛さんの身長は公表されているデータが事実なら163cmです。

つまり、

一般人男性の平均身長よりも約9cm低い

という計算になります。

身長が9cm低いとなると、たしかにかなり低く感じます。

しかし、極端に低いかと言われるとそうでもないでしょう。

決して批判される理由にはなりませんが、森田剛さんの身長が低いことに関しては間違いなく低いといえます。

また、他のジャニーズアイドルの中には、

ジャニーズWESTの小瀧望さん(183cm)

元SMAPの香取慎吾さん(183cm)

TOKIOの長瀬智也さん(183cm)

など、高身長のジャニーズは結構います。

そして、俳優である森田剛さんが比較されやすい他の俳優を観ていくと、

東出昌大さん(189cm)

阿部寛さん(189cm)

と、さらに高身長の俳優も多数います。

だからこそ、森田剛さんの身長163cmは、極めて低いと印象が残ってしまうのでしょう。

ただ、身長が高いから良いとは限らず、彼らも高身長なりのコンプレックスを抱えていきています。

阿部寛さんなんて、高身長が理由で、恋愛ドラマなどに出演できない

(カメラに男女がおさまりきらないため)

事態に陥り、そのことも影響して仕事がなかったそうです。

それでパチプロとして生計を得ていた時代があったくらいですから、身長が全てではないことは明らかです。

さらに言えば、同じV6のメンバーである

三宅健さんも166cmですし、岡田准一さんですら170cm

とギリギリで170cm台です。

そんな彼らでも、多くのファンから多大な支持を受け続けているわけです。

低身長だったとしても、演技力が高ければ問題ないどころか、高身長というイメージがないだけに、演じられる役の幅は広がっていくでしょう。

森田剛さんは、故・蜷川幸雄さんや、宮本亜門さんからも賞賛され、蜷川チルドレンとも称された演技派俳優です。

きっと今後、数々の作品の中で、その演技力を存分に活かして多くの役を演じ切られることでしょう。

確かに高身長の俳優が多いということを考えれば、若干ハンデかもしれません。

筆者としては、そんなハンデすら感じさせないくらい、すばらしい演技力で森田剛さんが多くのファンを魅了し続けてくれることを期待しています。

 

まとめ

現在俳優として舞台を中心にドラマ・映画などでも活躍する傍ら、V6のメンバーとして音楽活動も続けている森田剛さん。

彼のプロフィールを改めて振り返ってみると、彼がジャニーズ事務所に入った理由や、V6結成時の面白いエピソードも知ることができました。

森田剛さんにとって芸能界に不思議な縁があることが改めてわかりますね。

また、身長が低いとか、ほくろを除去した噂も本当のようですが、それと人気は全く別物…。

演技力も高く、俳優・アイドルとして邁進している森田剛さんですから、まだまだファンも多いです。

今後も多くのファンを魅了する演技を見せ続ける俳優として、芸能界で活躍し続けてほしいですね。

[st-card id=31304]

[st-card id=31311]

[st-card id=31337]

ページトップへ