星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

森田剛の現在の仕事は舞台俳優!演技の評価・評判をチェック!

投稿日:

舞台俳優として、主に芸能活動をされているV6の森田剛さんですが、正直なところ舞台を観ていない方にとっては、彼が芸能界を干されていて、仕事もほとんどしていないという印象のほうが強いかもしれません。

それは、舞台俳優ならではの、宿命的な評価のされ方なのかもしれませんが、実は、森田剛さん自身、舞台俳優として、関係者や視聴者・ファンたちから絶大な評価を受けているみたいです。

では、森田剛さんの舞台俳優としての実際の仕事ぶりはどんな感じなのか?

また、演出家・共演者(俳優たち)の評価や、視聴者・ファンの評判も非常に気になりますので、本記事でその真相を探っていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 森田剛の仕事は舞台中心!

アイドルグループV6のメンバーで、俳優・タレントとしても活動されている森田剛さん。

森田剛さん自身、時折、V6として音楽番組や、ライブなどにも出演されていますが、最近は基本的にテレビなどに出演する機会が少なく、ネットユーザーたちからは、

『森田剛は、今、仕事何してるの?』

という心配の声も聞かれています。

確かに、森田剛さん自身、V6の冠番組やレギュラー番組(学校へいこう!など…)が放送終了となり、それ以降、テレビでの露出が極端に減ってしまっています。

しかし、決して森田剛さんが芸能界を引退したわけでも干されてしまったわけでもなく、ちゃんと仕事もしています。

では、何故、森田剛さんがテレビでの露出が少なくなったのかというと、出演していた主だったバラエティ番組が減ったこともあるのですが、それ以上に、彼自身、舞台中心の活動をしているため、基本的にテレビでの出演が減っているのです。

舞台って、ライブなどと同じで、一つの題目で長いものでは、1万回も公演されている舞台もあるそうです。

また、舞台は、テレビドラマなどの収録とは異なり、生で公演するため、何ヶ月も稽古に時間を要し、たった1週間程度の公演本数であったとしても、かなりのスケジュールが抑えられてしまう、なんてことも珍しくないのだそうです。

森田剛さんは、2014年には、『夜中に犬に起こった奇妙な事件』『ブエノスアイレス午前零時』に出演し、2016年8月には、『ビニールの城』にも出演される予定です。

ビニールの城

ビニールの城

しかも、森田剛さんの場合、ほとんどが主演されるとのことで、ある意味、座長を務めているのと同じことですから、責任も重大で、かなりプレッシャーも掛かっていることでしょう。

舞台俳優として、それだけシビアな仕事をされているわけですから、稽古に時間を掛けて、バラエティ番組などにはあまり出演していないというのも頷けます。

ちなみに、2015年に関しては、舞台に出演されていませんが、その分、ドラマ『リスクの神様』に出演されていますので、俳優としての仕事は、舞台を中心にテレビ・映画でも存分にこなしているようです。

あくまで舞台や映画だと、テレビよりも露出が少ないため、森田剛さんが、それほどメディアで活躍されていないように思えてしまっているだけで、実際は全く違っているということをご理解いただければと思う次第です。

 

森田剛の舞台俳優としての評価はうなぎのぼり!

森田剛さんが舞台俳優として、舞台中心に活躍されていることは分かりましたが。

ただ、舞台俳優と言っても、その実力はピンきりで、現在朝ドラ『とと姉ちゃん』に出演中の、女優:高畑充希さんのような演技力の高い方もいれば、そうでいない方もいらっしゃいますよね。

では、森田剛さんは、実際、舞台演出家たちや共演者たちから、どのような評価をもらっているのでしょうか?

色々調べてみると、森田剛さんは、かなり評価が高く、うなぎのぼりであるという話も聞かれています。

例えば、演技に関して辛口で、稽古中には灰皿を飛ばしたこともあるなんてエピソードがあることでお馴染みの演出家:蜷川幸雄さんは、生前、森田剛さんの大先輩である東山紀之さんにリサーチを掛けて、森田剛さんに出演オファーを出したことがあるそうです。

蜷川幸雄

蜷川幸雄

その際に、東山さんから

「あいつはいいです。すごくナイーブで、俳優としては抜群です」

と言われ、『それじゃあ』ということで、ダイレクトにオファーを出したら見事的中!

森田剛さんの想像以上の演技力の凄さを魅せつけられ、ピンポイントでオファーを出してよかった!と絶賛していたそうです。

なんでも、森田剛さんの演技はピュアで真面目らしく、芯もブレずにしっかりしている他、セリフや声のコントロールも非常にうまいんだとか…

また、世間との疎外感をその身に持っていると、森田剛さんの演技からそのような印象を蜷川さん自身が受けたらしく、役者としては特別な演技ができる存在と認めているみたいです。

確かにどこか闇を抱えて、居場所を見失い、現実逃避したような印象のキャラクターって、芝居に関して言えば、ある種、独特の世界観を持っているようにも感じ、貴重な存在として魅力を感じます。

2014年、天王洲銀河劇場ほかで公演された舞台『奇跡の人』でヘレン・ケラー役を演じた高畑充希さんは、生まれつき目と耳と口(見えない・聴こえない・話せない)という三重苦の障害を持ったヘレン・ケラーという難しい役を体当たりで演じられています。

その際の模様を、たまたま一部だけ観ていたので、なんとなくイメージできるのですが、複数の障害を抱えて、自暴自棄になったヘレン・ケラーを如実に演じられ、これが舞台俳優としての演技力なのかと鳥肌が立ちました。

きっと森田剛さんも、高畑さんのような、心に闇を抱え、彷徨う人物を演じさせたらピカイチなのかもしれません。

それは、独特の世界観を演じられる演技力がなければ、とても成し得ることはできません。

そんな特別な存在だからこそ、森田剛さんが『世界の蜷川』とまで呼ばれた蜷川幸雄さんから、それほどの賞賛ある評価を受けていたといことがよく分かります。

また、同じく演出家の宮本亜門さんも、森田剛さんのことを絶賛!

宮本さんも森田剛さんの演技が面白いと耳にし、その舞台を観に行ったそうですが、実際に舞台を観て、感銘を受け、舞台出演のオファーを出したところ、これまた絶賛されたようです。

なんでも、

「すごく面白かった。芯があって、(森田剛さんが)何か違うと思ったら全部意見言うし、凄い楽しかった」

と、森田剛さんに出演オファーを出して良かったと喜んでいたとか…

さらに俳優:大東俊介さんは

「圧倒的な存在で魅入らされる。(演じていて)引っ張られます。」

と森田剛さんの演技に惹きこまれていたそうです。

また同じく俳優の高岡蒼甫さんは、

「とにかく森田剛という役者の目の前にいるのは、本当にスリリングで、僕はそのためにやりたい。」

と絶賛。

これで、森田剛さんが共演者や演出家たちから、数々の好評化を受けていることが、よく分かりました。

森田剛さん自身は、テレビでの露出は少ないですが、舞台俳優として着実にステップアップしているというわけですね。

 

森田剛に対する視聴者・ファンの評判は?

指をさす女性

さて、一方、森田剛さんに対する、一般の視聴者やファンの評判はいかがでしょうか?

実際に森田剛さんの評判を見ていくと、彼のアンチを除いて、いずれも良いコメントしか出てこないのが、実直なところで、蜷川先生がおっしゃられていた、

「ピュアで真面目らしく、芯もブレない」

という、森田剛さんの演技力が賞賛されているような評判が、実に多いです。

たとえば、『格好つけていないけどまっすぐで格好いい』という話が聞かれますが、それってピュアでリアルに役を演じているからこそ、その役を通じて人間らしさが存分に伝わり、キャラクターとして生き様が格好いい、と映っていくということの表れだと思うんです。

だからこそ、森田剛さんは、多くのファンに影響を与え、演技の評判も良いと言われている…

きっと、舞台俳優として、今後も、まだまだ演技に対する評価がうなぎのぼりとなっていくような、森田剛さんが大物俳優として進化していくような、そんな予感がしますし、それだけの期待を森田剛さんに持ち続けたいと思う次第です。

 

まとめ

舞台俳優・森田剛として、テレビでの出演が極端に少なくなった反面、演技に関しては、多くの関係者から絶賛の声が聴こえるようになり、俳優としての評価としてもうなぎのぼりとなっているようです。

一度、舞台俳優として定着していくと、なかなかテレビでの露出は減ってしまうようですが、森田剛さんは、元々舞台役者向きだったみたいで、虚無感というか、居場所を見失って自暴自棄になるような、独特の個性を持つキャラを演じさせたらピカイチみたいです。

ファンの間では、森田剛さんをリスペクトされている方もいらっしゃるそうですし、今後も舞台俳優として多くのファンや共演者・関係者を魅了するような舞台俳優でいて欲しいと期待しています!

森田剛の記事はコチラもよく読まれています!

森田剛と三宅健は仲が良すぎる?2人のエピソードと現在の関係

森田剛のプロフィールや身長・ほくろ・髪型に隠された魅力とは?

森田剛の現在干された?歴代彼女との熱愛破局理由と結婚の可能性

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-芸能人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.