村主章枝の現在の彼氏は?結婚できない理由は性格や発言に問題か?

フィギュアスケート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


豊かな表現力が評価され「氷上の女優(アクトレス)」という別名まであった、元フィギュアスケート選手の村主章枝

現在は世界中を飛び回り、振付師として第2の人生を歩んでいますが、メディアにあまり姿を見せないことから、「村主章枝は現在何をしているの?」と気にしているファンも多い様子…。

現在の動向を気にする一方で、村主章枝の恋愛観や結婚、実家の話題も、ネットで注目されています。

というのも恋愛観に関して注目されているのは、出演した番組で自らが同性愛者であることを示唆するような言動があったからなのです。

そこで、本記事では、村主章枝の実家や、恋愛観、結婚、現在について迫ってみたいと思います!

村主章枝の実家はお金持ちでお嬢様育ち!?

ネットで「村主章枝」と検索すると、なぜか彼女の実家や生い立ちについても注目が集まっていることがわかります。

なんと村主章枝の父親は元日本航空国際線のパイロットとして活躍されていたそう。

そして母親は元客室乗務員だったため、かなり裕福な家庭であることが想像できます。

父親の仕事の影響で、村主章枝は幼少期をアラスカで過ごし、その時にフィギュアスケートを始めました。

数あるお金のかかるスポーツの中でも特に、フィギュアスケートはお金がかかると言われています。

なんと1年間続けるために最低限1.000万かかり、その額は2,000万円にまで登ることもザラなんだそう。

きらびやかな衣装やスケート靴、コーチへの月謝などなど、その出費は様々な項目に及びそうです。

幼少期からずっとフィギュアスケートを続けて来た村主章枝。

ずっとフィギュアスケートを続けさせることができるなんて、実家はお金持ちと見て間違いないのではないでしょうか。

また村主章枝には千香さんという妹がいて、お子さんもいらっしゃいます。

村主章枝は自分の甥に当たる妹の子供を溺愛しているんだとか。

なんだか微笑ましいエピソードですね。

村主章枝はバイセクシャル!?

村主章枝はスケートに人生を捧げてきたためか、もう20年近く彼氏がいないそう。

華やかで表現力に長けた印象のある彼女であれば、すぐに彼氏ができてもおかしくないと思いますが、本人が仰天発言をしていました。

ある番組での村主章枝本人の発言が、世間に衝撃を与えているのです。

それは、ナイナイの矢部浩之と、マツコ・デラックスがMCを務めている深夜バラエティ番組「アウト×デラックス」に、村主章枝が出演した時のこと。

「男性と付き合ったのは大学1年の頃だけ」という発言に「女性が好きなのでは?」と問われると、

別に相手が女性だからダメということは全然ないですと自ら発言。

事実、村主章枝は「スケートを通して考えた多様性/LGBTについて」という講演もしています。

そして、まだ女性との関係は持っていないものの、「興味はある」として、好きな女性のタイプは村主章枝曰く、セクシー系より可愛い系が好き。いいなと思うのはインド系のミックスっぽい人やロシア系も好き。とのこと。

つまり、村主章枝は自らバイセクシャルであることを認めているのです。

女性の中には過去の酷い男性経験がトラウマになって、女性を好きなのではないかと勘違いしてしまう人もいるよう。

彼女もそういった所に当たるのかと思いましたが、どうやら違ったようです。

村主章枝がバイセクシャルであることを公表した番組「アウト×デラックス」のスペシャルで村主章枝自身が3人とお見合いをする企画が放送されました。

その3人のお見合い相手とは、1人がイケメン男性、もう1人がおなべ、そして最後に1人がレズビアン。

村主章枝が最終的に誰を選ぶのか注目が集まりました。

彼女が選んだ相手とは、、、そう。レズビアンを公表しているDJのJURIでした。

単純に人としてのフィーリングがあったのかと思いますが、番組の“お見合い企画”で女性を選んだことからもやはり村主章枝はバイセクシャルであることに間違いなさそうです。

村主章枝が結婚できない理由は?

バイセクシャルであることを認めた村主章枝ですが、結婚できない理由を探ってみました。

実は超がつくほどのドMである彼女は、叱られていないと落ち着かないのだそうです。

実際、現役時代も村主章枝のコーチはドSだったのだとか。

好みの男性に関しても、Sな人が良いらしく「褒められるのが全然ダメで、怒られるほうがいい」とテレビ番組で明かしています。

男性は好きな女性には優しくしたいものですし、レズビアンの女性が見つかっても、ドSとなるとなかなか出会うのが難しそうですもんね。

整った容姿の村主章枝が結婚できない理由はドM気質であることが挙げられるのではないでしょうか。

村主章枝の現在は振付師?

2014年11月に現役を引退した元フィギュアスケーターの村主章枝。

現役時代とは違い最近はメディアでの露出が少ないため、今何をしているのか気にしている人も多いと思います。

そこで、村主章枝さんの現在について調べてみると、2016年の4月に、週刊ポストでグラビアを披露していたことがわかりました。

最初はアスリート系のグラビアだと聞かされていたそう。

しかし、違った路線で販売する形となってしまいました。

また、2016年12月に放送された特番『あの天才のその後…今を追跡してみました』では、“地方のホテルを転々とする極貧生活を送っている”と紹介されました。

くたびれたジャージ姿に、トランクケースを持ってビジネスホテルに宿泊という日が月に半分以上は続くそうです。

しかも、ご飯はコンビニのサラダくらいで、栄養面も心配に…。

現在の年収は、「普通のOLより少ない」と話しているのだとか。

村主章枝が、このような極貧生活を送ることになってしまった背景には、現在は振付師として、地方だけでなく、世界各地で活動していることが挙げられるそう。

さらには、ベトナムで、ジュニアスケーターにスケートシューズを寄付する活動を行なっています。

これらの活動のために生活費を切り詰め、極貧生活になってしまっているのですね。

実際、極貧生活を余儀なくされ、仕事を選んでいる余裕もないため「仕事ですから、やる時はやるしかない」と割り切っているようです。

1年の大半を各国への移動に費やしていれば、移動費は半端ないことになるでしょう。

生活費を切り詰めてまで、世界のスケーターのために活動しているその姿は、尊敬に値します。

まとめ

オリンピックに出場し、日本中を感動の並に包み込んだ村主章枝。

引退後は恋愛観や彼氏、結婚などについて注目が集まっていましたが、バイセクシャルであることがわかりました。

また、現在は振付師として世界中を飛び回る傍、ベトナムのフィギュアスケーターの卵のために、ボランティア活動をしている模様。

村主章枝の場合、彼氏ができない理由はドM気質が関係していると言えそうです。

早く理想の相手を見つけて幸せになってほしいですね。

ページトップへ