星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

au三太郎CMの一寸法師は前野朋哉!顔は蛭子能収にそっくりで子供も

更新日:

auの『三太郎シリーズ』といえば、以前から、隠しキャラクターのような存在として、随所に一寸法師が隠れていました。

一寸法師はどこか、また、一寸法師は誰なのか、など、ネット上でも大いに話題となっていたのですが、先日、ついに一寸法師編がCMとして流れることが決まり、『三太郎シリーズ』の「一寸法師」役のキャストも決まったそうです。

その方は、前野朋哉という方で、これまであまり聞いたことがない、という方も多いのだとか。

『三太郎シリーズ』の「一寸法師」役の前野朋哉さんとは、一体どういった方なのか?

また、前野朋哉さんの顔が蛭子能収さんにそっくりと言われており、実は子供なのか?との噂も。

そこで、当記事で、「一寸法師」役の前野朋哉さんについて、ご紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

auの三太郎シリーズの一寸法師編!

一寸法師

auの『三太郎シリーズ』といえば、昔話の英雄が友達だったら、という緩いコンセプトのもと、松田翔太さん演じる「桃太郎」、桐谷健太さん演じる「浦島太郎」、濱田岳さん演じる「金太郎」の3人が、さまざまな昔話のキャラクターと絡む、という内容のCMになっています。

鬼ちゃんこと、桃太郎の「鬼」役に菅田将暉さんを起用したり、「かぐや姫」役に有村架純さん、「乙姫」役に菜々緒さんを起用したり、比較的有名・今流行りの方をキャスティングしているように思えますよね。

そんな中、ついに、満を持してと言うべきか、『三太郎シリーズ』に、一寸法師が登場します!

『三太郎シリーズ』における一寸法師といえば、これまでは米粒のような小ささで、CMに映っており、CM視聴者が偶然発見したことから、それまで秘密にしていたauが、情報を公開したことで、その存在が発覚しました。

実際に、いくつかのCMで一寸法師が映っており、コマ送りをしながら探すという人が増えたほど、一時期はネット上で大きな話題に。

しかし、一寸法師が誰なのか?については、auも明かしておらず、また、そもそも一寸法師が画面の中で小さすぎて、誰が演じているのかすら判断できず、謎として残り続けていました。

そしてついに先日、auの記者会見によって、『三太郎シリーズ』のCMの一寸法師編として、大きな一寸法師が登場すること、これまで一寸法師を演じていたキャストが明らかになりました。

まず、『三太郎シリーズ』に登場する一寸法師は、態度が大きくて気が小さいという、なんともひどいキャラ設定。

そんな『三太郎シリーズ』で一寸法師を演じていたのは、前野朋哉さん。

どうやら、これはかなり意外なキャスティングだったようです。

筆者は全く聞いたことのない方なので、正直、誰なのか全然わかりませんでした。

満を持して登場しましたが、会見では、松田翔太さんや濱田岳さんらに、

「お前誰だよ」

「知ってる?」

などと、いきなり弄られていたという一幕も。

ところで、前野朋哉さんとは、一体どんな方なのでしょう?

そこで、auのCM『三太郎シリーズ』に登場する「一寸法師」役の前野朋哉さんについても、ここで調べてみることにします。

 

『三太郎シリーズ』の一寸法師・前野朋哉とはどんな人?

前野朋哉

前野朋哉さんは、どんな方なのでしょうか?

調べてみると、前野朋哉さんは、 1986年1月14日生まれ、岡山県倉敷市出身の30歳。

前野朋哉さんの職業は、俳優だけでなく、なんと映画監督もやっているそうですよ。

とくに映画製作については、大学時代から行っているそうで、大阪芸術大学芸術学部映像学科を卒業していますから、どちらかというと、俳優よりも映画監督として大成していきそうなタイプですね。

ただ、これまでに映画に多く出演しており、『桐島、部活やめるってよ』や、『図書館戦争』、さらに『ショッキングピンク』では、主演と監督を務めました

テレビドラマでは、大河ドラマ『八重の桜』で、「山路愛山」役を演じたり、最近では、『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』で、「浜崎伝助」の兄「純友」を演じたり、『重版出来!』では「八丹カズオ」役で出演しています。

NHKでは、大河ドラマだけでなく、朝ドラにも出演しており、『あまちゃん』にも出演し、さらには『マッサン』の「池田」役などを演じています。

前野朋哉さんは、俳優として主演は多くはないですが、チョイ役や脇役などで、かなり多くの作品に出演しており、それなりにキャリアはあるようですね。

しかも、まだ30歳とのことで、役者としてはこれからといったところですし、今回の「一寸法師」役をきっかけに、一躍大ブレイクということも、十分にあり得ます。

また、前野朋哉さんは映画監督としても、賞をいくつか受賞しており、『エグザイル/絆』や『ザ・ミッション』など、ギャング映画を数多く生み出したジョニー・トー監督から、

「彼は将来有望な監督だ」

と称されたこともあるそうですよ。

ちなみに、岡山県公式PRサイトでは、桃太郎も演じているそうです。

前野朋哉さんは、『三太郎シリーズ』では一寸法師でありながら、岡山県公式としては、桃太郎ということにもなります。

そんな前野朋哉さんは、既にご結婚されていて、一般女性の方と2014年に結婚されたそうです。

さらに前野朋哉さんの子供も生まれており、子供の名前は前野蓮太朗くんというのですが、なんと、子役デビューまでしていたことをご存知でしたか?

前野蓮太朗くんは1歳ながら、『重版出来!』で、前野朋哉さんの演じた八丹カズオの「息子」役として、子役デビューを果たしているのです!

まさか1歳で子役としてデビューしてしまうとは…なんとも驚きです。

しかも、前野朋哉さんの子供だけあって、役も、前野朋哉さんの演じている役の子供の役としての出演ですから、それもまたびっくりな話ですね。

 

前野朋哉と蛭子能収の関係は?

前野朋哉さんについて調べていると、サジェスト結果に、

「前野朋哉 蛭子能収」

と出てきます。

これは一体どういうことなのかと思い、調べてみると、どうも、前野朋哉さんが、若かりし頃の蛭子能収さんそっくりで、もしかしたら蛭子能収さんの子供なのではないか?とささやかれていたりするそうです。

前野朋哉2

実際は、前野朋哉さんが蛭子能収さんの子供ではないのですが、確かに似ていますね。

というか、並ぶと非常にそっくりで、蛭子能収さんに、こんなにそっくりな人がいたんだと、思わず筆者は驚いてしまったほどです。

蛭子能収さんの息子の蛭子一郎さんも、蛭子能収さんそっくりですが、前野朋哉さんは、それ以上にそっくりなような気もしますね。

そのそっくりっぷりが評価されたのか、『金スマ』での蛭子能収さんの再現ドラマでは、蛭子能収さん役として、前野朋哉さんが出演したことがあるそうですよ。

つまり、テレビ業界も、前野朋哉さんが、蛭子能収さんとそっくりだと認めていると言ってもよさそうです。

ただ、どちらかというと、知名度的には、まだ蛭子能収さんのそっくりさんというイメージの方が先行気味のような気がします。

今回、話題の俳優が多く出演している『三太郎シリーズ』に出演することで、前野朋哉さんが蛭子能収さんのそっくりさんとしてではなく、俳優・前野朋哉として、有名になっていってほしいところですね!

 

まとめ

長らく謎とされていたauのCM『三太郎シリーズ』で、一寸法師を演じていたのは、俳優・映画監督の前野朋哉さんだったことがわかりました。

しかし、

「誰?」

という反応が多く、前野朋哉さんが、マイナーな方なのかと思いきや、そうでもないそうです。

前野朋哉さんは、これまでに数々の映画やドラマなどの話題作に出演しており、それなりに出演数もキャリアも積んでいる方だったことも判明。

また、前野朋哉さんは、漫画家でタレントの蛭子能収さんそっくりで、実際に、再現ドラマの中で、蛭子能収さん役を演じていたことでも、過去にネット上では有名になっていたようです。

今回のauのCM『三太郎シリーズ』での「一寸法師」役を機に、ただの蛭子能収さんのそっくりさんではなく、俳優・前野朋哉さんとして有名になり、今後、前野朋哉さんの活躍の機会がさらに増えていくことを期待していきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-芸能人

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.