星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

把瑠都が相撲を引退した2つの理由は怪我と性格?現在は格闘家に!

更新日:


角界入門から、瞬く間に十両に昇進し、元大関の小錦さんに並ぶ、史上3位タイの記録となるスピード出世の記録を持つ元大関の把瑠都さん。

外国人力士でありながらも、モンゴル人力士とは異なる白人の外国人力士の登場として、誰もが綱取りに挑む把瑠都さんに期待を寄せ、注目していました。

しかし、十両昇進以降は、度重なる怪我などのアクシデントに見まわれ、把瑠都さんは不遇の力士人生を歩まれているようです。

そして、2013年9月場所前に、惜しまれながら把瑠都さんの引退となりましたが、その理由は、やはり怪我だったのでしょうか?

また現在、把瑠都さんが格闘技の世界にも進出されていらっしゃるそうですが、その背景に何があるのか?

現在の把瑠都さんの動向も含めて、本記事でその裏側を探ります!

スポンサーリンク

エストニアが生んだ角界のスター・把瑠都

把瑠都2

大相撲といえば、日本の国技ですが、決して日本人だけが力士として相撲を取っているわけではなく、外国人力士からも数々の横綱が誕生しました。

アメリカのハワイ出身力士では、曙さん、武蔵丸さんの2人、モンゴルからは、朝青龍さん、白鵬関、日馬富士関、鶴竜関の4人が、横綱として活躍されています。

現在横綱として残っているのは、白鵬関、日馬富士関、鶴竜関の3人だけですが、いずれも横綱として活躍中なので、昔、物珍しく見られていた外国人力士も、今では堂々と相撲を取られている、といった印象も強くなってきましたね。

それも、先代東関親方(高見山関)や小錦さんが、外国人力士として三役(高見山関:関脇、小錦さん:大関)に入り、大相撲に外国人力士の活躍する場所を切り開いてくれたことが大きかったと、今でも強く思います。


次のページへ >

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.