星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

SMAP

SMAP中居正広と木村拓哉は不仲な関係?分裂危機と過去には喧嘩も

更新日

ジャニーズアイドルグループの『SMAP』を、2トップとして牽引し続けている中居正広さんと木村拓哉さん。

中居正広さんはリーダーとして、そして木村拓哉さんはエースとして、それぞれの立場で『SMAP』を牽引していたわけですし、先日の解散危機騒動を見ても分かるように、2人がいなければ間違いなく『SMAP』が存続していることはなかったでしょう。

ただ、そんな2人の仲については、色々噂が飛び交い、一部ではすごく良いという話も聞きますし、もう一方ではファンもドン引くほど不仲だという話も。

そこで、本記事では、『SMAP』を支える2トップの中居正広さんと木村拓哉さんの仲について、語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

SMAPを支え続けてきた中居正広・木村拓哉

握手する男性

『SMAP』にとって"要"と言うと、みなさんは誰を連想するでしょうか?

リーダーとして支え続けてきた中居正広さんでしょうか?

それとも、エースとして、またはムードメーカーとして盛り上げてきた木村拓哉さんでしょうか?

中には、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんと、他のメンバーを連想する方もいらっしゃるかと思います。

しかし、間違いなく中心と言うと、中居正広さんか木村拓哉さんのいずれかということになってくるのではないでしょうか。

それは、先日の『SMAP』解散危機騒動を見ても明らかですよね。

『SMAP』にとって育ての母とも言える元マネージャーで、ジャニーズアイドルがバラエティ番組で成功する大きなきっかけを与えた貢献人でもある飯島三智さんが、藤島ジュリー景子・メリー喜多川親子によって、事務所から追放されたこのニュースは、筆者としては、さっぱり理解できないニュースでした。

これほどまでに、タレントやマネージャーたちの貢献を無視して、同族による企業経営を推し進める芸能事務所があって良いのか?と一石投じたくなる話です。

そもそも、大昔の『たのきんトリオ』以前のグループは除いて、『たのきんトリオ』から『SMAP』までのジャニーズアイドルで、今なお、テレビで活躍する俳優タレントがどれだけいるでしょうか?

あくまで、筆者が確認している部分ではありますが、田原俊彦さん、近藤真彦さん、『少年隊』の東山紀之さん、『光GENJI』の大沢樹生さん、そして『元シブがき隊』の3名(布川敏和さん、本木雅弘さん、薬丸裕英さん)ぐらいしか把握していません。

決して、筆者が他のメンバーたちを知らないわけではありません。

野村義男さんのようにギタリストとして大成されている方もいれば、舞台を中心に活躍されている元『光GENJI』の佐藤アツヒロさん・内海光司さんもいます。

ただテレビ中心と考えると、『SMAP』までの間に、結構な数の先輩がいるはずなのに、現在までに活躍している人が少ないと思います。

『SMAP』以降の後輩たちを見ても、『TOKIO』が成功しているのもバラエティありき、『KinKi Kids』は俳優として、ブレイクできたからこそ、そこから人気も出て、本当にアーティスト一本で認められる力を持っていたとしたら『嵐』くらい…

その『嵐』ですら、バラエティでブレイク出来ていた部分が非常に大きく、その地盤を作りあげた『SMAP』の功績、そして、飯島三智さんの功績が如何に大きかったのではないかが、よくわかります。

グループとしてブレイクのきっかけとなったのは、間違いなく『SMAP』が築き上げてきた地盤があるからこそで、その事にあぐらをかくことなど、絶対に許されない話だと思うのです。

結局、ジャニーズ事務所の命の恩人と言っても良い飯島三智さんを外しにかかる状況に。

また、情を持たない一方的な切り捨て方をすることで、ファンも完全にそっぽ向くかもしれない状況を創りあげたわけで、それを回避してくれたのが中居正広さん。

中居正広さんは、飯島さんについていき、ジャニーズ事務所を去ることを決意しようとしていたわけで、そこに香取慎吾さん、草なぎ剛さん、稲垣吾郎さんがついていく形となったと言われています。

一方、1人だけジャニーズ事務所に残る、と明言したのが木村拓哉さんで、彼らの取った行動の賛否は置いておいて、2人がこのような別々の行動を起こさなかったら、ジャニーズ事務所はどうなっていたでしょうか?

もしかしたら国民的アイドルグループの『嵐』ですら、一気に衰退してしまって解散していたかもしれない、そんな危機的状況にあったと言っても、決して大げさな話ではないと思っています。

世の中、1つの事件によって、手のひらを返されたような態度を取られてしまうことは多々見られます。

はっきり言って、この一件で『SMAP』が取るべき、正解の選択肢は一つもなかったように思います。

どちらに付いて行っても間違いであり、仲違い(分裂)しているかのように見せてでも、それぞれを立てる必要があったのも事実。

そして、我が身を犠牲にしてまで、その行動を起こしたのが中居正広さん・木村拓哉さんだったのではないかと、今考えてもそう思えて仕方がないのです。

事実、『SMAP』は飯島さんや、ジャニーズ事務所に対する恩義から、それぞれの行動を起こしています。

それは『SMAP』に対しての愛、そして飯島さんやジャニーズ事務所に恩義がなければ、絶対に起こせない行動でした。

だからこそ、それぞれの想いを胸に秘め、行動に移したと筆者は考えています。

『SMAP』にとって、そしてジャニーズアイドルにとって、中居さんと木村さんは、完全なる生命線であり、これまで支え続けてきた、なくてはならない存在だと思います。

 

中居正広・木村拓哉の不仲説は本当?

にらみ合う男性

『SMAP』のメンバーを見ると、他のグループ以上に個性がバラバラなグループという印象も伺えますよね。

中居正広さんは、不器用ですが情の深い方で、ベッキーさんの一件にしても、冷静に話を聞く優しさも持っていることがよく伺えます。

一方、木村拓哉さんは、感情的で熱血漢タイプと、中居正広さんとは違う意味で仲間思いなところもあります。

ただ、態度が大きいと誤解を生むところもあり、過去に中居正広さんと大喧嘩してしまった時の理由もそれが直接の理由でした。

残りの3名については、また別の機会にお話しますが、とにかく『SMAP』の個性はバラバラで、よくこの5人がまとまれたというのが正直なところです。

事実、中居さんは俳優というより、タレント・MC業が中心ですし、木村さんは俳優が中心、そして、時折アーティストとして一緒になり活躍をしていくというスタンスです。

だからこそ上手くいっているのかもしれませんが、その事を考えると、やはり飯島三智さんの功績は偉大だったと言わざるを得ませんね。

さて話を元に戻して、中居さんと木村さんの不仲説ですが、先ほど少し触れたとおり、大喧嘩をした話がきっかけとなりました。

それは、舞台『ドラゴンクエスト』に2人が出演していた頃の話で、当時、ホテルの一室に宿泊していた木村拓哉さんが、深夜に中居正広さんに押しかけられると、いきなり髪を掴まれ、殴り合いになったらしく、そのことがきっかけで、後々に不仲と語り継がれているのだとか。

確かにこの話は、木村拓哉さんもラジオ番組で、そのことは認めているので、事実ではありますが、だからといって不仲というわけではありません。

あくまで1つの誤解が生んだ大げんかに過ぎませんでした。

木村拓哉さんにしてみても、いきなり何が起こっているのか分からない状況で、態度が大きかった自覚もありませんでしたし、中居正広さんは他のメンバーたちが、木村拓哉さんの態度の大きさに不満を持っていたと感じ、メンバーを代表して怒りをぶつけにいったのでしょう。

もちろん暴力で訴えるというのはよくありませんが、若さが故に生まれた事故とも言えるでしょうね。

その後、2人はそれぞれの道を歩き出し、接点を持たないように行動しはじめたことも、不仲説を助長しているのかもしれません。

しかし、本当はそんなことはなかったのでは?と思えることも、起こっています。

例えば、中居正広さんと親交の深い笑福亭鶴瓶さんが夫婦で『SMAP』のLIVEに訪れた際のこと。

LIVE終了後、笑福亭鶴瓶さんがSMAPの楽屋に挨拶に伺ったのですが、肉離れの治療のため、その場に中居正広さんはおらず、挨拶出来ない状況だったそうです。

そこにすかさずやってきて、中居正広さんの代わりに挨拶したのが木村拓哉さんでした。

木村拓哉さんは、中居正広さんが挨拶したがっていたが、肉離れの治療で挨拶できなかったと説明を添えて、笑福亭鶴瓶さんに謝罪してくれていたのです。

もし不仲だったら、いくら『SMAP』のこととはいえ、木村拓哉さんがそこまでのことをするでしょうか?

一方、中居正広さんも、独身ということで、子供のことがわからず、木村拓哉さんの娘が生まれた時に誕生祝いで何を贈れば良いのか『とんねるず』の石橋貴明さんに相談して、わざわざ百貨店に来てもらい、誕生祝いを探したというエピソードもあるそうです。

不仲だったら、そこまでのことをしませんよね。

確かに、2人は普段から馴れ馴れしいことを全くせず、不仲のように見えていますが、それぞれの立場で『SMAP』のことを愛し、想い続けている絆を持っている関係にあると思いますよ。

 

中居正広と木村拓哉が不仲に見える理由は?

困った女性

中居正広さんと木村拓哉さんは、外見上はかなり不仲とみられる行動を多々起こしています。

それは、それぞれの立場でお互いに厳しく見ている部分があるからで、本来は仲は良いと筆者は考えています。

そして、普段厳しく接し、馴れ馴れしく見せていない本当の理由が存在していたことを、改めて知ることとなります。

それは全て、『SMAP』のことを考えた上で、2人が決めたことでした。

中居正広さんと木村拓哉さんは、『SMAP』の中でも年長者でリーダーとエースという関係。

お互いの立場で『SMAP』を牽引していく立場であり、ただの仲良しグループのように振る舞い、お互い馴れ馴れしく甘えさせていては、他のメンバーに示しがつかないと考えていたようです。

確かに、それぞれの切り口・やり方は異なりますが、プロとして、そして、1人の人間として、厳しいところを持った2人ですから、そういう考えを持っていたとしても、何らおかしい話ではありません。

木村拓哉さんは、感情をむき出しにして激怒するところもあります。

『27時間テレビ』で行われた『SMAP』のLIVEでは、中居正広さんが完全に息切れしてしまい、途中で踊れなくなる無様な姿を見せてしまったことに舞台裏で激怒し、手首に巻きつけていたアクセサリーを床に叩きつけていたという話がありますね。

それは中居正広さんに向けての激怒なのか、『27時間テレビ』の司会をしていて、一睡もしていない状況下で、『SMAP』のメンバーとしてフォローしきれなかった自分に対する悔しさの表れなのか、その真相は定かではありませんが、プロ意識の強い木村拓哉さんらしい言動にも思えます。

一方、中居正広さんは、先日ベッキーさんが『金スマ』で復帰した放送を観ていただければ分かるように、常識的かつ冷静に話しながらも、何がいけなかったのかと諭されていましたよね。

それは、客観的に厳しい一面を見せながら、どこか優しく受け止めてくれているようにも見受けられます。

いずれにしても、切り口は違うものの、プロとしての厳しさを自他共に求めるところを持っている2人と言えそうですね。

そして、その矛先は自分たちにも向けられ、『SMAP』がプロのアイドルグループとしてファンから認められていくためには、まず自分たちの襟を正さなければならないと考え、馴れ馴れしい行動を取るのをやめると、2人で話し合って決めたそうです。

そして、個人としての仕事としても、極力同じフィールドに立たないように、それぞれ別の立場で『SMAP』を支えることに。

2人の出した決断が、不仲説をも生む大きな要因となってしまっていますが、そのリスクを受け入れてでも『SMAP』を守りたいという、熱い想いがあったことを、改めて思い知らされたような気がしますね。

決して中居正広さんと木村拓哉さんは不仲ではなかったことが、改めてわかったような、そんな気がした次第です。

 

まとめ

『SMAP』の中居正広さんと木村拓哉さんは、性格もバラバラな2人で不仲と見られがちではありますが、あえてそのような振る舞いを取って、それぞれの立場で『SMAP』を支えているところがある様にも伺えます。

しかし、解散は絶対にしないと言いながらも、今なお

『解散するのでは?』

という噂も流れ、中居正広さんと木村拓哉さんの不仲を危惧する人もいるようです。

果たして、2人の仲が急転し解散劇が生まれてしまうのか、今後も『SMAP』の動向に目が離せませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-SMAP