星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

テレビ

書体デザイナー藤田重信の経歴や出身高校・大学は?年収もチェック

投稿日

みなさんは、書体デザイナーという職種をご存知でしょうか?

簡単にいえば書体(フォント)のデザインする仕事としている職種ですが、一言に書体をデザインするといっても、実に奥の深い職種であると言われています。

さて、そんな書体デザイナーの藤田重信さんが、2016年6月13日放送の『プロフェッショナル仕事の流儀』に出演されるそうですが、予告映像を見ただけでも、なんだかすごい仕事をされているみたいですね。

では、具体的に書体デザイナーとはどのような仕事をしているのか?

当記事では、藤田重信さんの経歴と、また一方では、彼のお嫁さんや子供、また得られている年収から出身高校・大学まで、プライベートな一面も探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

書体デザイナー・藤田重信の経歴や仕事内容は?

考える女性

東京オリンピックエンブレム問題などで注目されていたデザイナーという仕事は、皆さんもご存知の通り、目的の対象物を象徴とするようなロゴマークやキャラクターなどをデザインするのが主な仕事です。

当然、他のデザイナーがデザインしたものと似通わないように、事前に調べておくこともデザイナーとしての大切な仕事の1つと言えるでしょう。

まぁ、ごく一部でも似通っていたらダメとか言われてしまうと、世の中のほとんどの商品の存在を否定されることとなってしまいます。

なので、あくまでパクリと言われない範囲の調査で十分だとは思いますが、結構その定義付けの道の奥は深そうです。

さて、そんなデザイナーの中の1つとして存在しているのが、書体デザイナーという職種です。

書体デザイナーは、書体(フォント)に特化したデザインを手掛ける職種ですが、ひとえに書体(フォント)のデザインと言っても、実に奥が深いのです。

扱われる媒体のイメージに併せて、明朝体・筆記体のような大胆な崩しを用いて描いてみたり、時には、ゴシック体のような、誠実で硬いイメージの文字にデザインしてみたり、実に様々です。

しかも、2016年6月13日放送の『プロフェッショナル仕事の流儀』に出演される藤田重信さんは、書体デザイナーの中でも、極端に文字を崩して魅せるタイプの書体をデザインする、まさに遊び心満載な書体デザイナーなのです。

その書体としての遊び方は、時にやり過ぎではないかと自問自答してしまうこともあるほどらしく、ただ崩せば良いというものではなく、対象物のイメージを具現化し、引き立たせて、初めて書体デザイナーとしての仕事となるそうです。

さて、なんとなく、書体デザイナーという仕事が、どういう仕事なのか理解していただいたところで、藤田重信さんの簡単な経歴をご紹介したいと思います。

藤田重信さんは、1957年、福岡生まれの59歳

1975年に写真メーカー『株式会社写研』に就職し、書体デザイナーとしてキャリアをスタート。

その後、

『明朝体を作りたい』

と考えるようになり、1998年から、先ほどからお話している通り、フォントワーク株式会社に転職し、30年以上に渡りこの世界で大活躍。

筑紫書体という、新しい書体の生みの親でもあり、媒体に適したフォントを手掛けられているのはもちろんのこと、ギリギリのところで遊び心を忘れない魅力あふれる書体デザイナーとして、現在も活躍されています。

ちなみに、『筑紫書体』というのは、フォントワーク株式会社が提唱する新しいフォントデザイン(デザインを手がけたのは藤田さん)で、外見的イメージでお話すると、ゴシックの硬さと明朝体のスタイリッシュでおしゃれな見た目を併せ持つ書体となっています。

筑紫書体

筑紫書体

みなさんもパソコンで文字を打ち込む時、いくつか書体を見かけたことがあると思いますが、その中の代表的な書体として見られるゴシック体と明朝体は、かなり個を持っている際立った書体ですよね。

ゴシック体は、かなり角張った直線的というイメージで、太字などにすると特に際立って見えるために、要点だけを端的にまとめたプレゼン資料などには、うってつけの書体とも言えます。

一方、明朝体は、小説やコラムなど、相手に読ませ、その世界観を想像させるときに、よく用いられる書体です。

堅苦しさというよりも、スタイリッシュで読みやすく柔らかい表情をしているので、読み手に様々な想像をもたらしてくれます。

筑紫書体は、その中間に位置し、少し目立ちやすくなりつつ、おしゃれでスタイリッシュな見た目で、メディア媒体を色んな角度で想像させ、その魅力を存分に想像させてくれるのです。

新たな書体をデザインするといっても、少し変えたくらいでは、過去の書体と酷似してしまい、パクリと言われかねませんし、だからといって、大幅に崩してしまえば何がなんだかわからなくなってしまいます。

微妙な遊び心を取り入れつつ、おしゃれで、対象となる媒体の魅力を引き立たせてこそ、初めて書体として成立するという、難しい職種の第一線で活躍されている方が、藤田重信さんなのです。

藤田重信さんは、30年もこの仕事を続け、2010年には、自身が手がけた筑紫書体の1つである、『筑紫オールド明朝』と『筑紫丸ゴシック』が、国際的なデザインコンペティションである東京TDCで賞を受賞し、そのことで一躍脚光を集めます。

また、一部では、某PCメーカーが、藤田重信さんのデザインした書体を標準フォントとして装備して発売されたらしく、そのことでも大々的なニュースとして取り上げられ注目されているのだとか。

もしかしたら、今後、全てのパソコンのフォントも藤田重信さんが手掛け、フォントワーク株式会社が提唱した筑紫書体が標準となる日もやってくるかもしれませんね。

これまで、130以上もフォントデザインを手がけてきた藤田重信さんは、今後も新たなフォントを作り上げ、多くの人たちに文字というツールを使って感動を与え続けてくれることでしょう。

 

書体デザイナー藤田重信の嫁や子供は?

家族2

さて、藤田重信さんの手掛ける仕事や、経歴がなんとなく見えてきたところで、次は彼のプライベートな部分を探ってきたいと思いますが、残念ながら、さすがにプライベートに関しては、ほとんど情報がなく、嫁や子供のことはわかりませんでした。

藤田重信さんは著名人とも言えるのかもしれませんが、仮に結婚し子供がいたとしても、完全に相手は一般人だと思いますし、そもそも著名人と言っても、藤田重信さん自身一般人と変わりありません。

位置づけは、あくまで1人の書体デザイナーにしか過ぎず、調べてみたところ、過去にテレビで取り上げられているのは、先ほどお話したニュースでの話題くらいで、藤田重信さんが番組出演しているという話はどこにもありません。

おそらく、今回が、初出演という形になるのではないでしょうか?

とすると、デザインの世界では有名であるとしても、一般的にはまだまだ知られていないと見ても良いでしょうし、少なくとも、芸能人達と異なり、藤田重信さんを公人とみなすのは時期尚早です。

そんな藤田重信さんのお嫁さんや、子供のことが、ネットで流れているなんてことは、当然あってはならないことです。

そのことから見ても、残念ながら、藤田重信さんのお嫁さんや子供のことに関しては、不明と言わざるをえないでしょうね。

ただ、1つだけ、藤田重信さんは、あるインタビューで気になる発言をされています。

それは、

『写研からフォントワークスに転職する歳に、家族とともに福岡(地元)に帰ることも考えた』

と語っていたというのです。

つまり、藤田重信さんは結婚していて、子供にも恵まれているというわけです。

残念ながら、藤田重信さんのお嫁さんがどんな女性なのか、子供は何歳で、男の子なのか女の子なのかすらもわかりませんが、おそらく、藤田重信さんは公私共に充実した人生を送っているのだと思います。

 

藤田重信の出身高校や大学!現在の年収は?

お金

書体デザイナーとして30年以上も活躍されている藤田重信さんは、実は大卒者ではなく、最終学歴は高校卒業だったことが、今回調査して判明しました。

そもそも何故、大学が関連ワードとして上がっているのか、その理由すらはっきりしておらず、書体の達人であることから、デザイン系の大学を卒業されているものと誤解し、噂が流れたのかもしれませんね。

さて、藤田重信さんの最終学歴である出身高校ですが、福岡県太宰府市にある筑陽学園高校デザイン科であったことが分かりました。

話によると、藤田重信さんは当時からレンダリングは得意だったらしく、在校中に先生から『写真植字機研究所』への就職を勧められ、書体デザイナーとして写研に入社されたのだそうです。

そんな藤田重信さんの現在の年収ですが、ネット上では1000万~3000万円くらいではないかと言われています。

ちなみに一般的な書体デザイナーは400万~450万円程で、一般サラリーマンの年収とそれほど大差はありません。

これだけシビアな書体デザインを手掛ける仕事に就いているにも関わらず、意外にもその収入は普通のサラリーマンとあまり変わることがなく、まさに好きでなければ長く続けられない仕事と言えそうですね。

そんな仕事を30年から続けていらっしゃるわけですから、藤田重信さんは、根っからの書体デザイン好きな方なのでしょう。

そして、才能があり、新たな書体を作り上げ定着させようとしている方ですから、年収1000万円でも安いくらいだと筆者は思います。

それにしても、あくまで推測なのでなんとも言いがたいものはあるのですが、年収1000万円以上も貰えて、実に羨ましい話ですよね。

やはり、才能のある方は、同じ業種の方と比べても稼ぎが違い、富裕層の仲間入りをしていくのだな、とまざまざと見せつけられたような気がします。

今後も、公私共に充実させながら素晴らしい書体を手掛け、多くの人達に、文字の美しさや魅力を存分に伝えていって欲しいと、藤田重信さんの活躍を期待しましょう!

 

まとめ

2016年6月13日放送の『プロフェッショナル仕事の流儀』に出演する書体デザイナー藤田重信さんは、現在、一部のPCの標準文字として装備されている『筑紫書体』という新たな書体を作り上げた偉大な書体デザイナーです。

残念ながら、藤田重信さんが結婚している、という話は掴めたものの、お嫁さんや子供など、プライベートな部分はほとんどわからず、どんな夫婦生活をされているのかは、正直わからずじまいでした。

まぁ、藤田重信さんの年収も推定で1000万~3000万円貰っているみたいですし、きっと幸せな家庭生活を築かれているのだと思いますよ。

今後とも、藤田重信さんには、多くの人達が感動するような美しい遊び心の高い書体を手掛け続けて欲しいものですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-テレビ