星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

Scorpio(マイクロソフト)の発売日や性能(スペック)などE3まとめ!

更新日

ゲームの見本市としては、世界最大級のイベント『E3』。

その『E3』が行われた2016年6月14日では、とくに注目される点としては、マイクロソフトとソニーのカンファレンスでしょうか。

マイクロソフトのカンファレンスでは、事前のリーク通り、どのような新型ハードが発表されたのか気になるところですよね。

そこで、当記事で、マイクロソフトの『E3』でのカンファレンス情報について、まとめてみようと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

マイクロソフトがXboxOneSを発表!

まず、マイクロソフトから発表されたのは、『XboxOneS』です。

XboxOneS

しかし、残念なことに、『E3』前に事前情報が漏れてしまい、カンファレンスの内容がリークされるという事態が発生。

その際の、マイクロソフトの緊急声明文が、

「 ̄\_(ツ)_/ ̄」

と、お手上げの顔文字だけだったことで、話題を呼びました。

さて、『XboxOneS』は、『XboxOne』をスリムにしたモデルで、大きさは何と、『XboxOne』から40%の小型化

さらに、2TBのHDDが搭載され、4Kビデオにも対応

"ビデオにのみ"対応しているというだけで、ゲームは4Kに対応していないみたいですね。

4Kでゲームを楽しむことができるのは、次にご紹介するマイクロソフトの新ハードで、ということになります。

この『XboxOneS』の発売日は、2016年8月を予定していて、価格は299ドルとなっています。

ただ、残念なのは、日本でこの『XboxOneS』が、発売されるかは、明確な発表がなかったということです。

 

新型Xbox・Scorpio(スコルピオ)が登場!性能や発売日は?

続いて、大きな発表となったのは、マイクロソフトの次世代ハードの『Project Scorpio』(スコルピオ)です。

スコルピオ

『Project Scorpio』(スコルピオ)は、開発コードネームなので、まだ正式なハード名は決まっていません。

これは、新型Xboxであり、事実上『XboxOne』の後継機に当たる存在。

ゲーム技術の最新鋭とも言える存在であり、マイクロソフトの技術の総結集と言うに、ふさわしいハードスペックとなっています。

その最大の特徴として、『Project Scorpio』(スコルピオ)はなんと、4Kに対応

ついに、ゲームも4Kでプレイできる時代がやってくるということになります。

据え置き型ゲームもまだまだ進化を遂げているということが伺えますよね。

これだけでなく、『Project Scorpio』(スコルピオ)は、VR(バーチャルリアリティー)にも対応するとのことで、最新のゲーム技術にいち早く対応する形となっています。

さらに、『XboxOne』には『Xbox360』との互換はありませんでしたが、『Project Scorpio』(スコルピオ)は、『XboxOne』と完全互換しており、『XboxOne』での不満点も改善。

これだけ最新技術を盛り込んでいると、『Project Scorpio』(スコルピオ)の本体価格への悲壮感が漂いそうで、とても恐ろしいですね。

スペックも高性能らしく、CPUの理論演算性能値が、『6 TFLOPS』に達するのだとか。

これは、AMDが発売する次世代のGPUマクロアーキテクチャの『Polaris』さえも超える性能だそうで、いかに『Project Scorpio』(スコルピオ)が、高性能かおわかりいただけるかと思います。

『Project Scorpio』(スコルピオ)の価格発表は、残念ながらありませんでしたが、発売時期については発表がありました。

発表によると、『Project Scorpio』(スコルピオ)の発売日は、2017年の年末商戦の時期。

ほぼ2018年に近い時期になると考えて良さそうですね。

それにしても、4K対応で、VRにも対応ですか…。

最新技術に対応するのはいいのですが、問題は、4Kに対応するゲームソフトが、『Project Scorpio』(スコルピオ)発売時に、どれだけ出るかということですよね。

『4K対応する』と発表するくらいですから、既にある程度、サードパーティーと4K対応して発売するというような契約が、いくつか交わされているものだとは思うのですが、はたして…。

 

マイクロソフトの注目ゲームを紹介!

黒板を指差す男性

最後に、マイクロソフトのカンファレンスの中で、筆者が個人的に気になったゲームタイトルについて、ご紹介していきますね。

鉄拳7

アーケードゲームの『鉄拳』シリーズ最新作『鉄拳7』が、PS4版に続き、『XboxOne』でも発売されることが決定!

ただ、PS4版とは違い、まだ具体的な発売時期は発表はなかったようですね。

ReCore

『ロックマン』シリーズや、『鬼武者』シリーズを手掛けた稲船敬二さんが手掛ける新作ゲーム。

機械兵器と戦うゲームなのでしょうか?

どことなく、洋ゲーチックな雰囲気が漂っており、Xboxシリーズのゲームらしいなという印象を受けますね。

こちらの発売日は、2016年9月13日の予定となっているそうです。

Forza Horizon3

レーシングゲームというのは、地味ではあるのですが、今回の『Forza Horizon3』では、なんと、砂漠なども舞台となっているようです。

また、海外が舞台なので、日本では感じることのできない、海外の広大な土地を走ることができ、新鮮な気分を味わえそうですよね。

デッドライジング4

通称・デッドラで知られる、カプコンが発売しているゾンビパラダイスアクション・オープンワールドゲームの『デッドライジング』。

その最新作である『デッドライジング4』が発表されています。

『XboxOne』およびWindows10の発売となり、発売日は2016年末予定となっています。

また、全世界同時発売となるそうですよ。

スケイルバウンド

プラチナゲームスが発売する『スケイルバウンド』のプレイ映像が公開されています。

『XboxOne』の独占タイトルで、ハンティングゲームっぽさを感じさせるものとなっており、筆者としては、気になっているタイトルの1つです。

発売日が2017年に延期しており、非常に残念がられていたゲームですね。

これ以上、発売日の延期をしないことを祈るばかりです。

日本ではあまり好調ではないXboxシリーズとしては、『スケイルバウンド』が火付け役になる可能性も秘めている、そんなタイトルだと思っています。

 

また、このほかにも、『XboxLIVE』には、ゲーム中に好きな曲をBGMとして流すことができる機能、『バックグラウンドミュージック』が搭載され、さらに言語を自由に切り替えることができるようになるようです。

この他にも、『XboxOne』のコントローラを着せ替えができるようになるらしく、バリエーションはかなり豊富で、なんと800万通りにも及ぶそうですよ。

 

まとめ

『E3』で、マイクロソフトのカンファレンスが行われました。

やはり、注目を集めたのは、『XboxOneS』と、次世代ハードである『Project Scorpio』(スコルピオ)ですね。

とくに、『Project Scorpio』(スコルピオ)は、4Kにも対応するらしいですし、VRにも対応します。

新たなコンテンツとして期待されている要素を全て取り入れたハードになるそうですから、ゲームファンとしては、ぜひ買っておきたいハードになりそうですよね。

ただ問題は、最新技術てんこ盛りハードですから、『Project Scorpio』(スコルピオ)の本体価格が、7~8万円程度で収まるかどうかという点。

『Project Scorpio』(スコルピオ)については、今後の続報も、非常に楽しみにしましょう!

E3の記事はコチラもよく読まれています!

ポケモンやゼルダの伝説ブレスオブワイルドなど任天堂のE3最新情報

バイオハザード7(VR対応)の発売日はいつ?ソニーのE3まとめ!

 

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム