星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

リカちゃんの家族構成を紹介!姉・リエが消された理由原因とは?

更新日

1967年に発売された『リカちゃん人形』。

リカちゃんの本名は、「香山リカ」といい、実は、家族がいたり、その時代時代にあわせたボーイフレンドがいたりと、かなり凝った設定が作られているのです。

しかも、その設定のどれもが当時人気だった人物・出来事などを反映しており、『リカちゃん人形』というのは、ある意味、時代の体現者でもあったわけですね。

では、『リカちゃん人形』のリカちゃんは、一体どんな設定が作られているのでしょうか?

ここでは、リカちゃんの家族など、意外と知られていない情報について、ご紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

リカちゃんの歴史

リカちゃん

リカちゃん(本名:香山リカ)は、人形でありながら、実に凝った設定をつけられており、企業の広告・イメージキャラクターを担当したりと、タレントとしても活躍している人物?です。

要するに、『リカちゃん人形』なのですが…。

さて、『リカちゃん人形』は、タカラがタカラビニール時代から、会社として持っていたビニール加工のノウハウを生かし、着せ替え人形を製作しようとしていたことが、きっかけで誕生しました。

1967年から発売されているということで、基本的には女児向けの玩具ではありますが、コレクターにも大人気。

古い『リカちゃん人形』などは、コレクターの間で高値で取引されているそうですよ。

そんな『リカちゃん人形』として発売されたリカちゃんは、しばらくは1人だけで、寂しい生活を送っていたのですが、発売から1年が経った1968年には、『初代いづみちゃん』、『わたるくん』が追加され、『リカちゃんトリオ』を結成。

家族よりも先に、お友達が誕生していたのですね。

ちなみに、初めての家族の登場はさらにその1年後、1969年のことであり、『リカちゃんのママ』が初のリカちゃんの家族として登場。

ここで面白いのが、『リカちゃんのママ』より先に、いづみちゃんの妹である『くるみちゃん』、わたるくんの弟である『ごろちゃん』が登場している点です。

まさか、主役のリカちゃんの家族より先に、リカちゃんの友達の家族が先に登場してしまうとは…。

その後も、リカちゃんはさまざまなスタイルとなって登場し、現在に至るのですが、その間には、『レディリカ』という設定の異なるリカちゃんが登場していたりもします。

『レディリカ』のリカちゃんは、北原理香という本名で、リカちゃんより5歳年上の16歳。

『ジュン(花園順子)』と『アヤ(白川彩)』で、『花のトリオ』を結成していたそうです。

さて、このように、かなりのバリエーションが発売されている『リカちゃん人形』ですが、これまでにわかっているリカちゃんの家族構成などはどうなっているのでしょう?

『リカちゃんのママ』として発売されたリカちゃんのお母さんにも、後に名前がつき、職業なども判明しているようす。

早速、確認してみましょう。

 

リカちゃんの家族構成は?

家族

『リカちゃん人形』のリカちゃん。

では、リカちゃんの家族である、香山家のメンバーを見ていきましょう。

香山リカ

リカちゃん

誕生日:5月3日

年齢:11歳(小学5年生)

星座:おうし座

身長:142cm

体重:34kg

趣味:おかし作り

性格:明るくてちょっぴりあわてんぼう

将来の夢:ママみたいなデザイナー

好きな色:白とピンク

好きな花:赤いバラ

みなさんがご存知のリカちゃんです。

「香山」という苗字は、当時の大スターだった加山雄三さん、香山美子さんが由来となっているそうですよ。

ちなみに、リカちゃんの両親は、日本人の母とフランス人の父のハーフなのだとか。

ハーフという設定は、当時、鳩山邦夫議員の妻・鳩山エミリさんが話題になったことから取り入れたそうです。

実はこのリカちゃん、将来を描いた『リカちゃんのアルバム』というものも発売されているそうで、それによると、実にエリートコースを辿っているということが判明します。

まず、1981年に、学園祭でミス白樺に選ばれ、大きな注目を集めるようです。

この時、リカちゃんは14歳。

そしてなんと、1990年、23歳にしてリカちゃんは外交官に

まぁ、ハーフという設定上、外交官というのは、なんとなくイメージとしてわからないでもないですが、それにしても、官僚になってしまうとは驚きですよね。

頭脳明晰で、エリート街道を順調に進んでいるということにもなりますし、あのリカちゃんが、そこまでのエリートだったと知った時、筆者は衝撃とともに、ちょっぴり羨ましささえ感じてしまったほどです。

その後、25歳の頃には、フランツ・シブレーという男性と結婚

2人の馴れ初めについては、後ほどご紹介しますが、リカちゃんが25歳でまさかの結婚とは…。

つまり、フランツ・シブレー以外に登場するリカちゃんのボーイフレンドは、その恋が実ることなく、悲しいことに全て破局に終わってしまうということが決定事項になったのです。

そして、1997年1月11日、30歳の時に長女を出産し、2000年、九州・沖縄サミットで、外務省大臣官房国際広報室の室長補佐にまで上り詰めます。

この時、リカちゃんが33歳ですから、その後を予想するとなると、官僚出身の議員に、そしていずれは日本初の女性内閣総理大臣になってもおかしくはなさそうな予感です。

このようにリカちゃんの家族設定が、事細かにあるだけでも驚いたのですが、まさか、エリート街道を順調に進んでおり、結婚、そして子供にも恵まれるリア充だったとは…。

あまりの衝撃に、開いた口が塞がらなくなりそうです。

リカちゃんの父 ピエール・香山・ミラモンド

誕生日:8月8日

星座:しし座

年齢:36歳

趣味:カメラ・読書・音楽鑑賞

職業:音楽家

リカちゃんの父親であるピエールは、フランス人です。

ミラモンド家という、フランスの名家の生まれでしたが、リカちゃんのママである香山織江とフランス・パリで行われた展示会で出会い、恋に落ちます。

そして、2人はベルサイユ宮殿で結婚し、この時、「香山」という『香ばしい匂いの山』となる名字の意味に感動し、ピエールが香山性を名乗るようになったそうです。

普段は音楽家で海外公演をしているため、日本にいることは少ないのですが、これからは家族の時間も作りたいと考えており、日本にいる時間も増えてきたとのこと。

ピエールには、F1レーサーの弟・リュックと、フリーライターの妹・ディアンがいる設定になっています。

リカちゃんの母 香山織江

リカちゃんの母

誕生日:7月7日

星座:かに座

年齢:33歳

趣味:お料理、ピアノ

職業:ファッションデザイナー、ブティック『ジュエル』のオーナー

リカちゃんの母親である「香山織江」は、幼いころからデザイナー志望だったらしく、許しをもらい、有名デザイナーのジャン・クロードの元で学ぶため、単身渡仏します。

ちなみに、ピエールと出会った展示会へ赴くまでの経緯が、かなり壮絶になっており、デザイナーの猛勉強でノイローゼになりかけたところ、気分転換に、クロードの知人の展示会へ…という凄い経緯でした。

彼女は、その頃にかなりの猛勉強をしたと思われ、その努力が実り、現在は第一線で活躍するデザイナーになったというわけですね。

リカちゃんの妹1 香山マキ・ミキ

誕生日:6月12日

星座:ふたご座

年齢:4歳

ミキ・マキは、リカちゃんの妹で、双子という設定になっています。

姉のマキは目元にほくろがあるのが特徴で、引っ込み思案な性格。

一方のミキは、お転婆で元気な性格だそうですよ。

リカちゃんの妹2 香山みく・かこ・げん

誕生日:3月3日

星座:うお座

年齢:1歳

なんと、リカちゃんにはさらに妹がおり、みく、かこ、げんは三つ子のようです。

名前はそれぞれ、未来、過去、現在を由来としているとのこと。

それにしても、後述する消された姉を含めなくても、リカちゃんの母は、リカちゃんから、マキ・ミキ、みく・かこ・げんと、6人も子供を産んでいるのには驚きました。

これに存在が消されてしまった姉を含めると、7人ということになりますから、ビッグダディも驚きの大家族と言えそうですね。

アルベール・ミラモンド

アルベール・ミラモンド

職業:元外交官

 

リカちゃんの父方の祖父、つまり、ピエールの父が、このアルベール。

アルベールの職業が元外交官ということから、勘の良い方は察しが付くと思いますが、リカちゃんが外交官を目指そうとしたのは、アルベールの影響を受けたから。

リカちゃんが高2の夏の出来事と言われているので、ピエールの里帰りの際に会い、何らかの影響を受けたということになりそうですね。

ちなみに、このアルベールは、『リカちゃんキャッスル』でしか販売されていません。

エレーヌ・ミラモンド

誕生日:9月15日

星座:おとめ座

年齢:63歳

趣味:ポプリ作り、アップルパイ作り、パッチワーク

職業:なし

リカちゃんの父方の祖母・つまりピエールの母親がエレーヌです。

もともとパリに住んでいましたが、現在はプロバンス地方に在住とのこと。

香山洋子

誕生日: 10月10日

星座: てんびん座

年齢: 56歳

趣味: 料理・お菓子作り

職業: 『ロイヤルローズ』という名のお花屋さん&カフェのオーナー

リカちゃんの母方の祖母、つまり織江の母親が洋子です。

彼女の家は、かなり大きく、『リカちゃんのおうち』より大きいのだとか。

ピエールが建ててくれたとのことで、さすがは世界を股にかける音楽家ですね。

 

以上が、リカちゃんの家族です。

ちなみに、まだ母方の祖父は登場していません。

さえ、「以上です」とは言いましたが、実は、1人だけ、紹介をしていないリカちゃんの家族がいます。

それが、リカちゃんの妹のところで触れた『存在の消された姉』です。

最後に、公式からも存在を消されてしまった悲しいリカちゃんの姉についても、理由原因を含めて触れておこうと思います。

消されたリカちゃんの姉 香山リエ

職業:キャビンアテンダント

不幸にも、公式からも存在を抹消させられてしまったリカちゃんの姉が、このリエです。

行方不明中の姉だったそうで、パリ行きの飛行機で織江と再会し、泣きながら抱き合ったというエピソードまであったのですが、なぜか、香山家の家系図には載っていません。

では、なぜ、リエの存在は抹消されてしまったのでしょうか?なんかの理由や原因でもあるのでしょうか?

それには、なんとも悲しい大人の事情という理由があったそうで、リエの存在から母・織江の年齢を逆算すると、リエを生んだのが12歳ごろになってしまうらしく、それではおかしいということで、母の年齢設定の整合性を取るために、リエの存在は抹消されてしまったのではないかと言われているそうです。

大人の事情というのは、やはり夢がないもので、『リカちゃん人形』で遊ぶ娘さんには、絶対に教えたくない事実となりそうですね。

 

まとめ

『リカちゃん人形』で知られるリカちゃんですが、消されてしまった姉がいたり、リカちゃんが外交官としてエリート街道を進んだり、最終的にはフランツ・シブレーという男性と結婚するなど、調べていて衝撃的な事実が多く、驚きの連続でした。

中でも、存在そのものを抹消されてしまったという悲しき運命を辿った姉のリエは、群を抜いて不幸に見舞われていると言っても過言ではありません。

一見、平和で充実した日々を送っているリカちゃんと、その周囲の人々ですが、見えないところでは、文字通り消されてしまったりなど、闇と言える部分も多く、これらの事実を知ってしまったら、いろいろな妄想が膨らみ、『リカちゃん人形』を、今まで通りただの玩具としては見られなくなりそうなところですね。

リカちゃんの記事はコチラもよく読まれています!

リカちゃんの歴代彼氏!結婚相手のフランツ・シブレーもハーフ!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学