星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

AKB48選抜総選挙2016(第8回)の速報と最終順位結果一覧まとめ

更新日

AKB48グループのファンにとっては、1年に1度のビッグイベントであるAKB48選抜総選挙が遂に開催されました。

2016年は、前総監督の高橋みなみさんが卒業し、横山由依さんが2代目総監督に就任した年でもあります。

さらには、新潟に新たな姉妹グループが出来たことで、メンバー間での競争意識が激化し、世代交代を狙う若い世代も続々増えてきましたね。

はたして、新生AKB48として、その真価を発揮し、若い世代が下克上を果たすのか、それとも、神セブン達が大きな壁となり立ちはだかるのか、非常に楽しみが増えた総選挙だったように思います。

そこで、本記事では、2016年6月1日に発表された速報順位や、総選挙の最終結果をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

AKB48メンバーの選抜総選挙2016(第8回)速報順位

AKB48

AKB48メンバーとしては、ここ数年、他の姉妹グループの台頭が目立ち、その勢いに陰りが見え始めているようにも見える選抜総選挙。

実際、2015年のセンターはHKT48指原莉乃さんが獲りましたし、その他松井珠理奈さん(SKE48)、山本彩さん(NMB48)をはじめ、姉妹グループの勢いが止まらない結果となったのも事実です。

その象徴となるのが、次世代のエースとも言われる宮脇咲良さん(HKT48)。

彼女は、AKB48のOG達が1曲限定でAKB48として戻ってきたシングル『君はメロディー』で単独センターを務め、しかも脇に前田敦子さん・大島優子さんというレジェンド達を据えた、という輝かしい実績を作り上げています。

それには、かなりプレッシャーがかかったことと思いますが、宮脇咲良さんは、その重責を見事に果たし、再び選抜総選挙という場所に戻ってきました。

きっと彼女は、AKB48にとって脅威となることでしょう。

そして、昨年同様、神セブンを脅かす存在となりそうです。

それだけに、シングル44th『翼はいらない』でセンターを務めた向井地美音さんをはじめとする、次世代のAKBメンバー達も負けていられません。

それは、第1回選抜総選挙から神セブンに居続けている渡辺麻友さんにも言えることで、彼女としてみれば、何があっても、ライバルである、HKT48の指原莉乃さんの2連覇だけは阻止したいと思っていることでしょうね。

果たして今回の2016年の第8回選抜総選挙はどのような結果が待ち受けているのでしょうか…

ではまずは、最終結果の前に2016年6月1日に発表された速報から見ていきましょう。

2016年(第8回)AKB48選抜総選挙速報順位(AKB48メンバー抜粋)

選抜メンバー(1位~16位)

第1位:渡辺麻友(42,034票)AKB48 Team B
第6位:柏木由紀(20,988票)AKB48 Team B(NGT48 チームN III兼任)
第7位:岡田奈々(14,889票)AKB48 Team 4
第8位:兒玉遥(13,599票)HKT48 Team H(AKB48チームK兼任)
第10位:高橋朱里(12,705票)AKB48 Team 4(AKB48チーム4キャプテン
第11位:にゃんにゃん仮面(12,630票)AKB48?
正体不明としていますが、実際のところはAKB48チームAの小嶋陽菜
第12位:宮脇咲良(12,410票)HKT48 Team KIV(AKB48チームA兼任)
第13位:大島涼花(11,888票)AKB48 Team B
第15位:川本紗矢(11,379票)AKB48 Team 4

※兼任メンバーも併せて表記。

アンダーガールズ(16位~32位)

第17位:島崎遥香(10,610票)AKB48 Team A
第18位:込山榛香(10,043票)AKB48 Team 4
第20位:茂木忍(9,826票)AKB48 Team K
第21位:倉野尾成美(9,349票)AKB48 Team 8
第26位:横山由依(8,701票)AKB48 Team A(チームAキャプテン&AKB48グループ総監督
第28位:岡田彩花(8,372票)AKB48 Team 4
第29位:向井地美音(8,341票)AKB48 Team K
第30位:小嶋真子(8,300票)AKB48 Team 4
第31位:武藤十夢(8,208票)AKB48 Team K
第32位:佐々木優佳里(7,873票)AKB48 Team A

ネクストガールズ(33位~48位)

第33位:大森美優(7,715票)AKB48 Team 4
第35位:谷口めぐ(7,550票)AKB48 Team A
第40位:白間美瑠(6,929票)NMB48 Team M(AKB48チームA兼任
第47位:中西智代梨(5,951票)AKB48 Team A

※兼任メンバーも併せて表記。

フューチャーガールズ(49位~64位)

第52位:矢吹奈子(5,734票)HKT48 Team H(AKB48チームB兼任)
第53位:坂口渚沙(5,667票)AKB48 Team 8(AKB48チームB兼任)
第55位:北川綾巴(5,587票)SKE48 Team S(AKB48チーム4兼任)
第59位:加藤玲奈(5,273票)AKB48 Team B
第60位:岩立沙穂(5,248票)AKB48 Team 4
第61位:朝長美桜(5,070票)HKT48 Team KIV(AKB48チーム4兼任)
第62位:木﨑ゆりあ(4,794票)AKB48 Team B(AKB48チームBキャプテン

※兼任メンバーも併せて表記。

アップカミングガールズ(65位~80位)

第65位:峯岸 みなみ(4,560票)AKB48 Team K(AKB48チームKキャプテン
第68位:西野未姫(4,300票)AKB48 Team 4
第72位:大家志津香(3,993票)AKB48 Team A
第73位:入山杏奈(3,872票)AKB48 Team A
第74位:篠崎彩奈(3,826票)AKB48 Team K
第76位:宮崎美穂(3,607票)AKB48 Team A

次点(81位以降100位まで)

第84位:大和田南那(3,045票)AKB48 Team A
第86位:渋谷凪咲(2,970票)NMB48 Team BII(AKB48チーム4兼任)
第88位:福岡聖菜(2,831票)AKB48 Team B
第96位:小嶋菜月(2,394票)AKB48 Team A

※兼任メンバーも併せて表記。

以上が、2016年6月1日に発表された、AKB48メンバー達の選抜総選挙速報順位です。

やはり、速報では、まだそれほど票が集まっておらず、有力メンバーでも、下位に沈んでしまっている印象が伺えますね。

渡辺麻友さんこそ速報1位でしたが、昨年の選抜メンバーである、島崎遥香さんが17位、総監督の横山由依さんが26位、武藤十夢さんが31位とかなり厳しい速報となっています。

その他にも入山杏奈さんが73位と圏内ギリギリだったり、チームKキャプテンで1期生の峯岸みなみさんも65位と大きく出遅れています。

速報は水物で、最終結果で大きく順位を変えてくることは、これまでの選抜総選挙を振り返ってみるとよくある話です。

あまり悲観する必要はないかと思いますが、AKB48メンバー達にとっては、非常に不安が募る速報順位となったようにも思います。

果たして、最終結果で、彼女らがどのような順位を受けることとなるのか…

2016年6月18日に最終結果は既に出ているのですが、この速報が流れた時点では、ファンにとっては不安と楽しみが入り交じる選抜総選挙となったような印象だと思いますよ。

 

AKB48メンバーの選抜総選挙2016(第8回)最終順位

第6回の選抜総選挙以来、2年ぶりにセンターの座に返り咲くか、それとも前人未到の2連覇となるか…

渡辺麻友さんと指原莉乃さんの最終決着を楽しみにしているファンもたくさんいた2016年のAKB48選抜総選挙。

先ほどからもお話していますが、AKB48にとっては、2016年の選抜総選挙は、今までの選抜総選挙と少し意味合いが違っていたように思います。

もちろん、渡辺麻友さんの返り咲きを期待していたファンは多かったと思います。

しかし、センター争い以上に、高橋みなみさんが抜けた後の初めての総選挙であり、他の姉妹グループのメンバー以上に、2代目総監督:横山由依さんを始めとする、新生AKB48メンバーたちへの意味合いは大きい…

それは、

『高橋みなみさんが抜けてAKB48は大丈夫なのか?』

『もう、AKB48の時代は終わってしまうのか…』

というような、一部の批判をも払拭するための自信に変える重要な選抜総選挙になっていくと、そんな印象を受けた、2016年の選抜総選挙。

残念ながら、速報順位はあまり芳しくないような印象を受けるAKB48メンバーですが、果たして巻き返しはあったでしょうか。

では、早速最終結果を見ていきましょう。

2016年(第8回)のAKB48選抜総選挙最終順位(AKB48メンバー抜粋)

選抜メンバー(1位~16位)

第2位:渡辺 麻友(175,613票)AKB48 Team B
第5位:柏木 由紀(92,110票)AKB48 Team B(NGT48 チームN III兼任)
第6位:宮脇 咲良(78,279票)HKT48 Team KIV(AKB48 チームA兼任)
第8位:島崎 遥香(68,126票)AKB48 Team A
第9位:兒玉遥(60,591票)HKT48 Team H(AKB48 チームK兼任)
第10位:武藤十夢(58,624票)AKB48 Team K
第11位:横山 由依(58,610票)AKB48 Team A(チームAキャプテン&AKB48グループ総監督)
第13位:向井地美音(47,094票)AKB48 Team K
第14位:岡田奈々(43,318票)AKB48 Team 4
第15位:高橋朱里(40,648票)AKB48 Team 4(AKB48チーム4キャプテン
第16位:にゃんにゃん仮面(40,071票)AKB48 ?
(正体不明としていますが、実際のところはAKB48チームAの小嶋陽菜、引退示唆)

※兼任メンバーも表記

アンダーガールズ(17位~32位)

第17位:峯岸みなみ(40,011票)AKB48 Team K(AKB48チームKキャプテン
第18位:入山杏奈(36,894票)AKB48 Team A
第19位:小嶋真子(33,524票)AKB48 Team 4
第21位:込山榛香(32,886票)AKB48 Team 4
第23位:朝長美桜(31,314票)HKT48 Team KIV(AKB48チーム4兼任)
第24位:白間美瑠(29,983票)NMB48 Team M(AKB48チームA兼任)
第26位:加藤玲奈(29,333票)AKB48 Team B
第27位:川本紗矢(29,213票)AKB48 Team 4
第28位:矢吹奈子(28,706票)HKT48 Team H(AKB48チームB兼任)
第32位:大島涼花(28,260票)AKB48 Team B

※兼任メンバーも表記

ネクストガールズ(33位~48位)

第34位:倉野尾成美(26,152票)AKB48 Team 8
第37位:木﨑ゆりあ(25,039票)AKB48 Team B(AKB48チームBキャプテン
第38位:佐々木優佳里(24,059票)AKB48 Team A
第47位:茂木忍(20,913票)AKB48 Team K

フューチャーガールズ(49位~64位)

第51位:岩立沙穂(20,021票)AKB48 Team 4
第56位:渋谷凪咲(19,140票)NMB48 Team BII(AKB48チーム4兼任)
第57位:岡田彩花(18,524票)AKB48 Team 4
第61位:西野未姫(16,548票)AKB48 Team 4
第62位:大和田南那(16,246票)AKB48 Team A
第64位:北川綾巴(15,793票)SKE48 Team S(AKB48チーム4兼任)

※兼任メンバーも表記

アップカミングガールズ(65位~80位)

第69位:谷口めぐ(14,950票)AKB48 Team A
第70位:坂口渚沙(14,913票)AKB48 Team 8(AKB48チームB兼任)
第73位:大森美優(14,177票)AKB48 Team 4
第78位:宮崎美穂(13,366票)AKB48 Team A

※兼任メンバーも表記

以上が、AKB48メンバーたちの、2016年(第8回)の選抜総選挙最終結果となっています。

やはり総監督の横山由依さんや、塩対応で人気の島崎遥香さん、昨年ようやく16位と選抜入りした期待のメンバー武藤十夢さんなどは、順当に最終結果で選抜入りを果たしましたよね。

速報順位では、横山さんが26位、島崎さんが17位、武藤さんが31位(共にアンダー)と、選抜メンバーからも外れた状態で、どうなることかと思っていました。

しかし所詮、そこは速報の順位であり、彼女らの人気はやはり高かった…

それを今回の選抜総選挙の最終毛結果の開票ではっきりさせたことと思います。

とくに武藤十夢さんに至っては、昨年の選抜総選挙後、何かと注目が集まり、CM出演などをきっかけに完全にブレイクしました。

結局、1万票以上票数を上げて、ランクアップしていますから、その飛躍ぶりには驚かされましたね。

また、速報では、圏内(80位以内)のラスト16名(アップカミングガールズ)に、なんとか入っていたという状況の峯岸みなみさんや入山杏奈さんも、選抜入りは果たせなかったものの、あと一歩で選抜という順位(峯岸さんが17位、入山さんが18位)にランクイン…

彼女たちの底力とファンの応援力の強さを垣間見たような気がします。

ただ、その分、速報では圏内にランクインしながら、今回の総選挙で名前を呼ばれなかったメンバーも出ています。

ミラクル9で大活躍の大家志津香さん(速報は72位)、小嶋菜月さん(速報96位)、中西智代梨さん(速報47位)などが、今回悔しい想いをすることになりました。

きっと彼女たちも来年こそは!という想いで、ここから一年頑張ってくれることと思います。

天国と地獄がはっきり出た選抜総選挙とはなりましたが、その分、それぞれが、この最終結果を胸に秘め、さらなる魅力をファンに与えられるアイドルに成長していってくれるでしょう。

また来年、2017年の第9回の選抜総選挙でAKB48メンバーたちが多くのファンから多大な支持を得られるように、1年間奮起していって欲しいと期待しています。

 

2016年(第8回)のAKB48選抜総選挙を終えて総括…

渡辺麻友

渡辺麻友

さて、無事選抜総選挙も終わりましたが、AKB48メンバーたちにとっての選抜総選挙を終えての総括としては、やはり、

『今年も壁は大きかった…』

という、渡辺麻友さんの言葉が象徴していた一年になってしまったような気がします。

その中でも昨年までのように、下克上や、姉妹グループの旋風はある程度、食い止められ、再びAKB48が、グループの先陣を切って歩いて行く様な巻き返しが見られたのも事実です。

しかし、元AKBメンバーとはいえ、指原莉乃さんに前人未到の2連覇を許してしまったことも事実。

しかも、これまでトップ3には、2人以上AKB48メンバーがランキングされていたにも関わらず、松井珠理奈さんが3位に入り、ついに渡辺麻友さん一人になってしまいました。

ちなみに、彼女は第1回からずっと選抜総選挙で神セブンに入り続けた唯一のメンバー。

そんな彼女ですら、あの指原莉乃という高い壁を超えることが出来ませんでした。

AKB48

(左から)向井地美音・岡田奈々・高橋朱里

ただ一方で、昨年選抜入りした武藤十夢さんのように、今年はさらに、向井地美音さん(13位)岡田奈々さん(14位)高橋朱里さん(15位)というフレッシュなメンバーが選抜入りし、AKB48の層の厚さと、今後の新生AKB48としての楽しみも見えてきました。

2016年は、生まれ変わったAKB48の片鱗が見えた一年を象徴とする選抜総選挙だったような気がしますが、来年はどんな結果になっていくのか…

来年こそは、指原莉乃さんをセンターから引きずり下ろすメンバーが出てくるのか、その辺を軸に楽しみにしたいものですね。

そして、他にもフレッシュなメンバーが続々ランクインしてくれることを期待しています。

 

まとめ

高橋みなみさんがAKB48を卒業し、総監督が横山由依さんに就任した新生AKB48として迎える2016年のAKB48選抜総選挙。

AKB48としての見どころは、渡辺麻友さんのセンター返り咲きや、新たに生まれ変わったAKB48メンバーたちが、どのような支持を受けていくのか、という点に注目が集まっているように思います。

残念ながら、約7万票差も付けられてしまい、渡辺麻友さんのセンター返り咲きを実現することが出来ませんでした。

しかし、その分、若い世代のAKB48メンバーが多数選抜入りし、着実にAKB48の世代交代が見えた選抜総選挙となりました。

それだけに、今後、新章となるAKB48に注目したいものですね!

選抜総選挙の記事はコチラもよく読まれています!

AKB48第8回選抜総選挙2016順位速報!指原莉乃か渡辺麻友か?

NMB48の選抜総選挙2016(第8回)の速報・最終順位・得票数の結果一覧

HKT48の選抜総選挙2016(第8回)の速報・最終順位・得票数の結果一覧

NGT48の選抜総選挙2016(第8回)の速報・最終順位・得票数の結果一覧

SKE48の選抜総選挙2016(第8回)の速報・最終順位・得票数の結果一覧

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-AKB