星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

HKT48選抜総選挙2017(第9回)の最終結果順位と得票数一覧をチェック

更新日:

AKB48選抜総選挙で旋風を巻き起こしながら、メンバーたちが大きく成長し、今やグループの中心となりつつあるHKT48。

2015年には、神セブンに宮脇咲良さん。

2016年も、宮脇咲良さんが神セブン入り(6位)を果たし、指原莉乃さんだけでなく、生え抜きのHKT48メンバーの活躍が見られ、頼もしくなってきました。

さて、2017年の選抜総選挙では、宮脇咲良さんをはじめとするメンバーが、どのような結果順位を見せてくれるのでしょうか。

また指原莉乃さんのV3の行方も気になります。

本記事で、AKB48選抜総選挙2017(第9回)でのHKT48メンバーの速報順位・最終結果順位、得票数を紹介しながら、総括としていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HKT48メンバーの選抜総選挙2017(第9回)速報順位

ここ数年、宮脇咲良さん、兒玉遥さんなど、若手人気メンバーを輩出。

旋風を巻き起こし、選抜総選挙に波乱をもたらし続けてきたHKT48。

その大きな要因は、ひとえに指原莉乃さんの移籍と、彼女のメンバープロデュース能力の高さが大きく影響していると思います。

とにかく大のアイドルマニアで、自分のことを悪く表現してまでも、HKT48メンバーをファンに売り込んでいく指原莉乃さんのプロデュース能力は絶大。

福岡のローカル番組でも、自分のヘタレでネガティブ系なキャラを全面に押し出しながら、メンバーたちを引き立たせています。

はじめは、ほとんど無名だったHKT48メンバーが一気にブレイクしていったのは、いまでも記憶に新しい話です。

もちろん、最初から上手く行っていたわけではありません。

お互い戸惑いを隠せず、当初はどう接して良いのか分からなかったみたいです。

そして、そんな中で一部のメンバーが続々とHKT48を卒業していき、

指原莉乃不協和音説

という噂も流れ始めていました。

しかし、指原莉乃さんは、炎上が起きようがバッシングが激しくなろうが、そんなことには怯むことはありません。

ヘタレキャラ全開

で、MC力に磨きを上げて、バラエティ中心で大活躍していきます。

また、HKT48内でも自己プロデュース力を披露し、そのことが評価され、唯一のAKB48グループメンバーとして劇場支配人に大抜擢!

その頃から徐々に、周りの目は変わり始めていきます。

  • 指原莉乃さんのMC力
  • ヘタレキャラを堂々と披露する自己プロデュース能力

これに圧倒されたメンバーたちは、次第に指原莉乃さんを崇拝しだすように…。

兒玉遥さんなんて、指原莉乃さんが、他のメンバーと親しくしていると、ヤキモチを焼いてしまうこともあるみたい。

ある情報番組でも、そんな話も披露されていたことが思い出されます。

もちろん、それはバラエティ向けの、兒玉遥さんなりのキャラ作りという部分も含まれていると思います。

しかしそれだけ、指原莉乃さんはメンバーたちに慕われ、時にはブレイクのために利用されているのでしょう。

もちろんそのことは、指原莉乃さん自らが望んでいることです。

自分を踏み台にしてでも、大きく飛躍し、HKT48をAKBグループ1のアイドルグループにしていきたいと奮起しているわけです。

そして、プロデュースの一環として、指原莉乃さんは、メンバー全員に平等にチャンスを与えています。

誰がセンターになっても、ファンから愛されるグループとして、HKT48をプロデュースしていったわけです。

そういった流れの中で、選抜総選挙でHKT48旋風が巻き起こっていったのです。

2016年は、兒玉遥さんが9位、宮脇咲良さんが6位に入り、今後もHKT48旋風が大きく巻き起こっていく印象をファンに与えてくれました。

ただ残念ながら、2017年は兒玉遥さんが参加辞退されています。

さらに、2017年を最後に指原莉乃さんが選抜総選挙に参加しないと表明されています。

それだけに

指原莉乃さんの3連覇

も注目されています。

また、それ以上に宮脇咲良さんが、どこまで最終結果順位を押し上げるのかに注目したいところです。

では、HKT48の選抜総選挙はどんな結果となったのか。

まずは速報順位と得票数から見ていきましょう。

2017年(第9回)AKB48選抜総選挙速報順位(HKT48メンバー抜粋)

選抜メンバー(1位~16位)

第3位:指原莉乃(チームH/STU48兼任)獲得票数:32,340

第8位:宮脇咲良(チームKIV/AKB48チームA兼任)獲得票数:21,151

アンダーガールズ(17位~32位)

第20位:渕上舞(チームKIV)獲得票数:10,767

ネクストガールズ(33位~48位)

44位:豊永阿紀(研究生)獲得票数:6,684

45位:田中美久(チームH)獲得票数:6,681

48位:矢吹奈子(チームH)獲得票数:6,175

フューチャーガールズ(49位~64位)

49位:朝長美桜(チームKIV)獲得票数 6,144

50位:冨吉明日香(チームKIV)獲得票数:6,031

58位:熊沢世莉奈(チームKIV)獲得票数:5,361

60位:下野由貴(チームKIV)獲得票数:5,230

アップカミングガールズ(65位~80位)

69位:外薗葉月(チームTII)獲得票数:4,800

71位:本村碧唯(チームKIV)獲得票数:4,789

74位:秋吉優花(チームH)獲得票数:4,679

75位:深川舞子(チームKIV)獲得票数:4,673

76位:植木南央(チームKIV)獲得票数:4,666

77位:村重杏奈(チームKIV)獲得票数:4,659

80位:荒巻美咲(チームTII)獲得票数:4,431

次点(81位から100位まで)

82位:田島芽瑠(チームH)獲得票数:4,407

84位:松岡菜摘(チームH)獲得票数:4,396

88位:月足天音(研究生)獲得票数:4,261

90位:田中優香(チームKIV)獲得票数:4,150

95位:森保まどか(チームKIV)獲得票数:3,833

98位:田中菜津美(チームH)獲得票数:3,770

以上が、HKT48メンバーの2017年(第9回)AKB48選抜総選挙の速報順位となっています。

速報順位ではありますが、兒玉遥さん参加辞退もあって、トップ16は、指原莉乃さん、宮脇咲良さんのみ。

2016年には、速報ながら16位にランクインした渕上舞さんは、20位(アンダーガールズ)の位置に落ちてしまっています。

 

HKT48メンバーの選抜総選挙2017年(第9回)最終結果順位

2017年のAKB48選抜総選挙(第9回)の速報順位では、際立った順位はなく、順当な速報順位という印象を受けます。

まぁ指原莉乃さんが速報3位で、NGT48の荻野由佳さんが1位という快挙を果たしているのには驚かされました。

まぁ最終結果順位では大差を付けて勝つでしょうし、あくまでライバルは渡辺麻友さんのみといったところでしょう。

問題は、宮脇咲良さんが松井珠理奈さんを追い抜き、3位に入ることができるのかといったところだと思います。

指原莉乃vs渡辺麻友、宮脇咲良vs松井珠理奈という2つの構図が、選抜総選挙2017(第9回)の大きな見どころではないかと考えていた次第です。

それでは、最終結果順位を見ていきましょう。

2017年(第9回)AKB48選抜総選挙最終結果順位(HKT48メンバー抜粋)

選抜メンバー(1位~16位)

1位:指原莉乃(チームKIV/STU48兼任)獲得票数:246,376

指原莉乃

4位:宮脇咲良(チームKIV/AKB48チームA兼任)獲得票数:82,803

宮脇咲良

アンダーガールズ(17位~32位)

28位:田中美久(チームH)獲得票数:28,355

田中美久

31位:森保まどか(チームKIV)獲得票数:27,384

森保まどか

ネクストガールズ(33位~48位)

34位:渕上舞(チームKIV)獲得票数:25,900

渕上舞

35位:朝長美桜(チームKIV)獲得票数:25,733

朝長美桜

37位:矢吹奈子(チームH)獲得票数:25,364

矢吹奈子

38位:冨吉明日香(チームKIV)獲得票数:24,996

冨吉明日香

40位:田島芽瑠(チームH)獲得票数:24,458

田島芽瑠

フューチャーガールズ(49位~64位)

49位:坂口理子(チームH)獲得票数:21,643

坂口理子

50位:田中菜津美(チームH)獲得票数:21,472

田中菜津美

54位:植木南央(チームKIV)獲得票数:20,640

植木南央

59位:松岡菜摘(チームH)獲得票数:19,372

松岡菜摘

62位:本村碧唯(チームKIV)獲得票数:18,363

本村碧唯

アップカミングガールズ(65位~80位)

79位:豊永阿紀(研究生)獲得票数:15,598

豊永阿紀

80位:松岡はな(チームTII)獲得票数15,396

松岡はな

以上が、2017年のAKB48選抜総選挙(第9回)のHKT48に焦点をあてた最終結果順位となっています。

アンダーガールズの28位に、2016年の選抜総選挙で圏外から45位にランクインし、2017年には、さらなる飛躍を遂げた田中美久さんが入っています。

後は目立った動きはなく、初の選抜入りに手が届きかけていた渕上舞さんも、結局34位どまりの結果順位に落ちつきました。

 

一方、指原莉乃vs渡辺麻友の対決は、3年連続1位という快挙とともに指原莉乃さんが勝利。

宮脇咲良vs松井珠理奈の対決は、先輩の貫禄を見せつけ松井珠理奈さんの勝利という結果になりました。

残念ながら、指原莉乃さん・渡辺麻友さん共に2017年が最後の総選挙です。

2018年は、この対決が見られません。

(そもそも渡辺麻友さんが2017年でAKB48卒業ですし…)

しかし2018年以降は宮脇咲良さん・松井珠理奈さんの頂上対決が見られると思いますので、そちらを楽しみにしたいですね。

それにしても、2017年も24万票を超える圧倒的得票数で勝利する指原莉乃さんの凄さ。

やはり、彼女のファンが無理に無理を重ねて、後押ししてくれたのでしょうね。

2018年の選抜総選挙に指原莉乃さんは参加しませんので、この24万票が誰かの票として移行してゆくわけですが、果たしてそれは誰の票に流れていくのでしょうか。

そのまま宮脇咲良さんに流れた場合は、彼女がAKB48グループを牽引するアイドルとなっていくでしょう。

宮脇咲良さんに流れないとなると、また新たなシンデレラガールが、HKT48から生まれるかもしれません。

指原莉乃さんのスピーチで、松井珠理奈さんに、

「来年、HKTに強いライバルが居るけどしっかり戦ってね」

と声を掛けていましたが、まさにそんな様相が、2018年以降、見られていくのではないでしょうか。

その一番手になるのが、宮脇咲良さんであることには変わりありません。

ただ、昨年28位にランクインしていた矢吹奈子さん(2017年は37位)や、渕上舞さんなど次世代を担うHKT48メンバーもAKB48選抜総選挙を大いに盛り上げてくれることでしょう。

昨年の総選挙でも感じたことですが、HKT48の場合、毎年誰かしら飛躍していく様子が伺えます。

一方、先輩たちが蹴落とされることも多々見受けられるところを見ると、まさに誰にでもチャンスがあり、後はそれを上手くつかむことが重要であると感じます。

なかなか信じて貫くことは難しいことですが、初代総監督(高橋みなみさん)が常に声に出してきた

『努力は必ず報われる』

が、最も証明されている姉妹グループです。

彼女たちを応援する暖かいファンと、指原莉乃のプロデュース能力に支えられているグループだと思わされますね。

そういった部分も含めて、今後、影に徹するであろう指原莉乃さん不在の選抜総選挙で、宮脇咲良さんを筆頭とするHKT48メンバーの本当の戦いがどのように繰り広げられていくのか。

その顛末を2018年の選抜総選挙を通じて、しっかり見届けたいと思う次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HKT48の選抜総選挙2017(第9回)の総括

2017年のAKB48選抜総選挙が終わり、まさかの

指原莉乃さんの3連覇

がみられました。

やはり指原莉乃さんは、モンスターであったことがわかりましたね。

筆者自身、指原莉乃さんの3連覇を予想していました。

それでも24万票を超える圧勝という結果を見せつけられると、ただ感服させられるのと同時に、指原莉乃さんの凄さに圧倒させられてしまいます。

彼女は、共同という形でありながらも、HKT48の劇場支配人をしています。

さらに今度は、兼任でSTU48の劇場支配人も担うことになります。

ある意味、影のプロデューサーとして、ますます新たなアイドルたちを発掘してくれるのではないかと期待も膨らみます。

一方、宮脇咲良さんの4位をはじめ、HKT48の安定性は、ますます盤石なものとなりつつあるように感じます。

さすがに、ここ数年の旋風は見られなくなり、今回の結果では落ち着きを見せています。

それは、これまでとのギャップがありすぎただけで、既に昇りつめているところもあるでしょう。

おそらく、この辺りがHKT48のピークではないかと思います。

あとは、これまで培ってきた実績をベースに、どこまでHKT48を、AKB48やSKE48のようなトップアイドルとして君臨させ続けられるか。

それが次の最大の注目点と言えるでしょう。

そして、AKB48グループの中心となるためには、宮脇咲良さんが2018年に頂点を取らないとダメだと思います。

現在19歳の宮脇咲良さんにのしかかる重責は、想像もできないほど重いものだと思います。

しかし、宮脇咲良さんはHKT48のエースなのですから、しっかり結果を出して、他のメンバーを牽引して欲しいと期待してしまいます。

果たして、ファンの期待に宮脇咲良さんがどこまで応えてくれるのか。

また、他のメンバーも宮脇咲良さんに続いていくことができるのか。

2018年の選抜総選挙にも、注目していきたいものですね!

 

まとめ

選抜総選挙で3連覇を成し遂げることは、これまででは考えられない偉業です。

それをやってのけた指原莉乃さんは、まさにレジェンドというべき存在へと成長されました。

これで、指原莉乃さんの選抜総選挙は見納めとなり、おそらく彼女を超えるアイドルは、このあとに出てくることはないでしょう。

とはいえ、HKT48には、宮脇咲良さんを筆頭に、たくさんのトップアイドルがいます。

今回は選抜入りを果たせなかったものの、いつ選抜入りしてもおかしくないほど活躍が期待されるアイドルたちです。

2018年の選抜総選挙は、彼女たちHKT48メンバーが中心となり、盛り上げてくれることを大いに期待しています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-AKB

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.