星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

HKT48の選抜総選挙2016(第8回)の速報・最終順位・得票数の結果一覧

更新日

ここ数年に渡り、AKB48選抜総選挙で旋風を巻き起こしながら、メンバーたちが大きく進化していっているHKT48。

2015年は、神7に宮脇咲良さんがランキングし、指原さんだけでなく、生え抜きのHKT48メンバーが遂に神セブン入りする快挙を見せてくれました。

その他にも、兒玉遥さんが17位、朝長美桜さんが21位とランクインし、指原さん、宮脇さん以外の選抜入りも夢ではなくなってきました。

果たして、2016年の選抜総選挙は、どんな最終結果順位となったことでしょうか?

そこで、本記事では、HKT48に焦点を当てながら、2016年6月1日発表された速報順位と、6月18日に発表された最終結果順位をご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

HKT48メンバーの選抜総選挙2016(第8回)速報順位

AKB48

ここ数年、宮脇咲良さん、兒玉遥さんなど、若手人気メンバーを輩出し、旋風をも巻き起こし、選抜総選挙に波乱をもたらし続けてきたHKT48。

その大きな要因は、ひとえに指原莉乃さんの移籍と、彼女のメンバープロデュース能力の高さが大きく影響しているのだと思います。

とにかく大のアイドルマニアで、自分のことを悪く表現してまでも、HKT48メンバー達をファンに売り込んでいく指原莉乃さんのプロデュース能力は絶大。

福岡のローカル番組でも、自分のヘタレでネガティブ系なキャラを全面に押し出しながら、メンバーたちを引き立たせることで、当時ほとんど無名だったHKT48メンバーたちが一気にブレイクしていったのは、今でも記憶に新しい話です。

もちろん、最初から上手く行っていたわけではなく、お互い戸惑いを隠せず、当初はどう接して良いのか分からなかったみたいです。

そして、そんな中で一部のメンバーが続々とHKT48を卒業していき、指原莉乃不協和音説という噂も流れ始めていました。

しかし、指原莉乃さんは、炎上が起きようがバッシングが激しくなろうが、そんなことには怯むこと無く、ヘタレキャラ全開で、MC力に磨きを上げて、バラエティ中心で大活躍していきます。

また、HKT48内でも、随所で自己プロデュース力を披露し、そのことが評価され、唯一のAKB48グループメンバーとしての劇場支配人に大抜擢!

その頃から徐々に、周りの目は変わり始め、指原莉乃さんのMC力や、ヘタレキャラを堂々と披露する自己プロデュース能力に圧倒されたメンバーたちは次第に指原さんを崇拝しだすように…

兒玉遥さんなんて、指原さんが、他のメンバーと親しくしていると、ヤキモチを焼いてしまうこともあるみたいで、ある情報番組で、そんな話も一部披露されていたことが思い出されます。

もちろん、それはバラエティ向けの、児玉さんなりのキャラづくりという部分も含まれていると思います。

しかしそれだけ、指原さんはメンバーたちに慕われ、時にはブレイクのために利用されているのでしょう。

もちろんそのことは、指原さん自らが望んでいて、自分を踏み台にしてでも大きく飛躍しHKT48をAKBグループ1のアイドルグループにしていきたいと奮起している模様。

そして、プロデュースの一環として、指原さんは、メンバー全員に平等にチャンスを与え、誰がセンターになってもファンから愛されるグループとして、HKT48をプロデュースしていったわけです。

そういった流れの中で、選抜総選挙でHKT48旋風が巻き起こっていったわけです。

2015年は、あと一歩というところまで兒玉遥さんが昇り詰め、さらに宮脇咲良さんは初の選抜入り(しかも神セブン入り)を果たし、今後もHKT48旋風は大きく巻き起こっていく印象をファンに与えてくれています。

そんなHKT48メンバーたちが挑んだ、2016年の選抜総選挙では、やはり指原莉乃さんの2連覇が注目されていますよね。

第7回までの選抜総選挙では、前田敦子さん、大島優子さんですら成し得なかった2連覇を彼女が達成するのか、それともAKB48の渡辺麻友さんをはじめとする他のメンバーが1位を奪取するのか…

世間の感心は、まさにそこを軸に大きくHKT48に流れている印象を受けます。

では、彼女らの選抜総選挙はどんな結果を生み出したのか…

早速、まずは2016年6月1日に発表された速報順位と得票数から見ていきましょう。

2016年(第8回)AKB48選抜総選挙速報順位(HKT48メンバー抜粋)

選抜メンバー(1位~16位)

第2位:指原莉乃(41,127票)HKT48 Team H
第8位:兒玉遥(13,599票)HKT48 Team H(AKB48チームK兼任)
第12位:宮脇咲良(12,410票)HKT48 Team KIV(AKB48チームA兼任)
第16位:渕上舞(11,146票)HKT48 Team KIV

アンダーガールズ(17位~32位)

第23位:神志那結衣(9,070票)HKT48 Team H
第25位:井上由莉耶(8,709票)HKT48 Team H

※兼任メンバーも表記

ネクストガールズ(33位~48位)

第36位:本村碧唯(7,481票)HKT48 Team KIV
第38位:坂口理子(6,971票)HKT48 Team H
第39位:冨吉明日香(6,953票)HKT48 Team KIV
第42位:松岡菜摘(6,364票)HKT48 Team H
第48位:若田部遥(5,936票)HKT48 Team H

フューチャーガールズ(49位~64位)

第49位:田島芽瑠(5,930票)HKT48 Team H
第51位:森保まどか(5,900票)HKT48 Team KIV
第52位:矢吹奈子(5,734票)HKT48 Team H(AKB48チームB兼任)
第56位:村重杏奈(5,403票)HKT48 Team KIV
第57位:田中美久(5,365票)HKT48 Team H
第61位:朝長美桜(5,070票)HKT48 Team KIV(AKB48チーム4兼任)
第63位:植木南央(4,691票)HKT48 Team KIV

※兼任メンバーも表記

アップカミングガールズ(65位~80位)

第66位:田中菜津美(4,552票)HKT48 Team H
第69位:今田美奈(4,284票)HKT48 Team KIV
第75位:下野由貴(3,778票)HKT48 Team KIV
第78位:駒田京伽(3,504票)HKT48 Team H

次点(81位から100位まで)

第81位:秋吉優花(3,369票)HKT48 Team H
第93位:田中優香(2,494票)HKT48 Team KIV
第98位:松岡はな(2,356票)HKT48 Team TII
第100位:上野遥(2,283票)HKT48 Team H

※兼任メンバーも表記

以上が、HKT48メンバーたちの、2016年(第8回)AKB48選抜総選挙の速報順位となっています。

あくまで 速報順位ではありますが、指原莉乃さん、宮脇咲良さん、兒玉遥さんに加え、渕上舞さんまで16位で選抜入りしてきました。

渕上舞

渕上舞

もし、速報通りの順位で最終結果が出た場合、昨年の宮脇咲良さんに続き、兒玉遥さん、渕上舞さんまでもAKB48の中心メンバーとなってしまう大躍進を遂げる事となりそうですね。

それだけに、最終結果が非常に楽しみな速報順位となったような印象です。

また、アンダー以降に関しても、続々メンバーがランクインしていますし、それも指原さんの誰にでもチャンスを与える平等なプロデュース能力と、そのチャンスに応えていくHKT48メンバーたちの努力の結果といえそうです。

このことからも、今後も、HKT48からシンデレラ・ガールが続々登場するなんて光景も見られるかもしれませんね。

 

HKT48メンバーの選抜総選挙2016年(第8回)最終結果順位

2016年のAKB48選抜総選挙の速報順位では、指原莉乃さんの順位が注目されていました。

一方で、昨年までの選抜総選挙で圏外だった井上由莉耶さん(速報:25位)冨吉明日香さん(速報39位)矢吹奈子さん(速報52位)など、新しいメンバー達も大注目…

これまで選抜総選挙で陽の目を見ることが出来なかったメンバーたちが、今回はじめて圏内に入ることが出来たのか、それとも速報順位だけで、最終結果順位はまたしても圏外だったのか…

きっと気になっているファンもたくさんいらっしゃるかと思いますので、彼女らを含め、HKT48メンバーたちの最終結果順位と得票数を見ていきたいと思います。

2016年(第8回)AKB48選抜総選挙最終結果順位(HKT48メンバー抜粋)

選抜メンバー(1位~16位)

第1位:指原 莉乃(243,011票)HKT48 Team H
第6位:宮脇 咲良(78,279票)HKT48 Team KIV(AKB48 チームA兼任)
第9位:兒玉遥(60,591票)HKT48 Team H(AKB48 チームK兼任)

アンダーガールズ(17位~32位)

第23位:朝長美桜(31,314票)HKT48 Team KIV(AKB48チーム4兼任)
第28位:矢吹奈子(28,706票)HKT48 Team H(AKB48チームB兼任)

※兼任メンバーも表記

ネクストガールズ(33位~48位)

第36位:本村碧唯(25,613票)HKT48 Team KIV
第40位:渕上舞(22,995票)HKT48 Team KIV
第42位:冨吉明日香(21,881票)HKT48 Team KIV
第43位:田島芽瑠(21,864票)HKT48 Team H
第45位:田中美久(21,009票)HKT48 Team H
第46位:松岡菜摘(20,980票)HKT48 Team H
第48位:井上由莉耶(20,643票)HKT48 Team H

フューチャーガールズ(49位~64位)

第50位:森保まどか(20,228票)HKT48 Team KIV
第53位:神志那結衣(19,377票)HKT48 Team H
第58位:植木南央(17,898票)HKT48 Team KIV
第59位:坂口理子(16,839票)HKT48 Team H
第60位:駒田京伽(16,691票)HKT48 Team H

アップカミングガールズ(65位~80位)

第72位:秋吉優花(14,544票)HKT48 Team H
第80位:村重杏奈(13,058票)HKT48 Team KIV

以上が、2016年のAKB48選抜総選挙のHKT48に焦点をあてた最終結果順位となっています。

AKB48選抜総選挙の一つのジンクスとして、2年連続でセンターは絶対に無く、それ故に、いくら指原さんでも今年は2位以下に甘んじるのではないかと筆者も予想していたのですが、その予想をも超える前人未到の快挙を成し遂げ、見事センターの座に輝きましたね。

しかも、2位の渡辺麻友(AKB48)さんとも、約7万票差をつけての圧勝だったわけですから、ただただ圧巻させられるばかりです。

そして、まだトップ5の壁は高かったみたいですが、2年連続神セブン入りを果たし、しかも6位にランクアップした宮脇咲良さんや、昨年の雪辱を晴らし、見事選抜入り(9位)を果たした兒玉遥さんなど、HKT48メンバーたちの飛躍も見られた選抜総選挙となりました。

残念ながら、速報順位で16位と選抜ポジションに滑り込んでいた渕上舞さんは、最終的に40位までランクを下げてしまいましたが、きっと来年以降、この雪辱を晴らしてくれることでしょう。

一方、第6回・第7回の選抜総選挙で、圏外だったメンバーの矢吹奈子さんが、今回、いきなり28位にランクインしたのには驚かされました。

矢吹奈子

矢吹奈子

またしてもシンデレラ・ガールが登場し、指原さんの狙い通り、誰がセンターになってもファンから愛されるアイドルグループへと、また一歩前進したと言えそうですね。

ちなみに、この最終結果を見て、一つ気づいたことが事があります。

何故かHKT48の場合、各チームのキャプテン(チームH:穴井千尋さん、チームKIV:多田愛佳さん、チームTII:山下エミリーさん)のいずれも、今年の選抜総選挙では圏内(80位以内)にランクインしていません。

普通なら、誰か一人くらい入っていても良さそうなのですが、それが全く無いというのが、ある意味、HKT48の大きな特徴の一つとして表れているのかもしれません。

それだけ、HKT48は、キャプテンとか古株だとか、そういう肩書は全く関係なく、誰にでも平等にチャンスが与えられ、まさに

『努力は必ず報われる』

が、証明されたアイドルグループであり、彼女たちを応援する暖かいファンと、指原莉乃のプロデュース能力に支えられているグループだと痛感させられた次第です。

そういった部分も含めて、いろんな意味で、今後のHKT48が非常に楽しみですね。

 

HKT48の選抜総選挙2016(第8回)の総括

指原莉乃

指原莉乃

2016年のAKB48選抜総選挙が終わり、HKT48にとっては、『旋風』と言い切るほど、全体的に躍進を遂げたという印象はあまりありませんでした。

ただし、まさかの指原莉乃さんの2連覇といい、宮脇咲良さんが6位、兒玉遥さんが初の選抜入りで9位に入り、一部ではありますが、HKT48の凄みは十二分に見せてもらえた様な気がします。

次世代のエース候補である宮脇さんや児玉さんが、指原さんに続きHKT48を大きく牽引し続け、これからの若い世代達をどれだけ引っ張っていけるのか。

そして、いつまでも指原さんにトップを取らせること無く、下克上を見せてくれるのか…

それは、アンダー以降にランクインしたメンバーたちも同じで、今回の選抜総選挙で28位と大躍進を遂げ、現在猛プッシュされていると言われている矢吹奈子さんをはじめとする、他のメンバー達の大飛躍には、今後も目が離せません。

いろんな意味で、HKT48内部の競争にも注目しながら、2017年の選抜総選挙を楽しみにしたいものですね。

 

まとめ

HKT48にとっての2016年のAKB48選抜総選挙は、まさに指原莉乃さんの、前人未到の2連覇に集約されているように思います。

兒玉遥さん、宮脇咲良さんの選抜入りも見事でしたし、その他にも、これまで圏外だったメンバーたちが続々圏内に入りだしましたが、それでも若干HKT48の勢いも落ち着きを見せ始めた印象は拭えません。

しかし、そんな勢いすらも薄れていくように見えてしまう、指原さんの2連覇には、ただ頭がさがるばかりです。

今後も、メンバーたちの良い目標であり続け、中心となりながらもHKT48旋風をメンバーたちと共に吹き起こし続けて欲しいと期待しています!

選抜総選挙の記事はコチラもよく読まれています!

NMB48の選抜総選挙2016(第8回)の速報・最終順位・得票数の結果一覧

AKB48選抜総選挙2016(第8回)の速報と最終順位結果一覧まとめ

AKB48第8回選抜総選挙2016順位速報!指原莉乃か渡辺麻友か?

NGT48の選抜総選挙2016(第8回)の速報・最終順位・得票数の結果一覧

SKE48の選抜総選挙2016(第8回)の速報・最終順位・得票数の結果一覧

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-AKB