星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

SKE48の選抜総選挙2016(第8回)の速報・最終順位・得票数の結果一覧

更新日

松井珠理奈さん・柴田阿弥さんは選抜生き残り、そして、松村香織さん・高柳明音さんが新たに選抜入りし、圏内(80位以内)にランクインしたメンバーの数でもAKB48を上回り、第一党となったSKE48 。

しかし、一方では、松井玲奈さんが卒業のため総選挙を辞退し、さらに、一昨年10位と選抜入りした須田亜香里さんが18位にランクダウンし選抜落ちするなど、天国と地獄がはっきり分かれた一年でもあったと言えそうです。

そんな2015年(第7回)の選抜総選挙から1年…

果たしてその他のメンバー達の順位はどのように変動したのでしょうか?

本記事で、先日開催された2016年(第8回)選抜総選挙を振り返り、SKE48メンバー達の速報・最終順位と得票数をまとめていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

SKE48メンバーの2016年(第8回)の選抜総選挙速報順位

AKB48

今や、AKB48の姉妹グループというよりも人気を二分するような大きなアイドルグループへと成長しているSKE48。

松井珠理奈さん、須田亜香里さんなど、多くのメンバーが、ソロとしても多くの番組で活躍し、知名度もかなり高まっていますよね。

2015年は、遂に選抜総選挙で第一党(圏内(80位以内)のメンバー数が一番多かったグループ)となり、ある意味、AKB48の人気すらも喰らい尽くすような。

SKE48が、そんな勢いすら見せ始め、ただの姉妹グループという枠を飛び越えた存在になっています。

しかし、東海エリアで絶大の人気を誇るSKE48でも、まだ全国区となると、人気を得ているのは一部のメンバーに限られ、そこはAKB48同様、これからの奮起に期待されているところでもあります。

そんなSKE48メンバー達にとっての、年に一度の審判(選抜総選挙)の日がやって来ました。

中でも松井珠理奈さんは、トップ3(指原莉乃さん、渡辺麻友さん、柏木由紀さん)の牙城を崩し、こんどこそ念願のセンターを勝ち取ろうと、この一年必死に活動されてきましたし、昨年、18位と選抜落ちし、泣き崩れた須田亜香里さんもリベンジに燃えているはず…

さて、そんなSKE48メンバーたちの選抜総選挙は、どのような結果が下されたのか…

まずは2016年6月1日発表の速報順位と得票数から見ていきましょう。

2016年(第8回)AKB48選抜総選挙速報順位(SKE48メンバー抜粋)

選抜メンバー(1位~16位)

第3位:松井珠理奈(35,469票)SKE48 Team S
第5位:須田亜香里(22,536票)SKE48 Team E(SKE48 チームEキャプテン
第9位:竹内彩姫(12,935票)SKE48 Team KII

アンダーガールズ(17位~32位)

第19位:谷真理佳(9,851票)SKE48 Team E
第27位:江籠裕奈(8,410票)SKE48 Team KII

ネクストガールズ(33位~48位)

第37位:古畑奈和(7,154票)SKE48 Team KII
第41位:酒井萌衣(6,410票)SKE48 Team E
第43位:鎌田菜月(6,334票)SKE48 Team E
第44位:高柳明音(6,318票)SKE48 Team KII
第46位:二村春香(6,039票)SKE48 Team S

フューチャーガールズ(49位~64位)

第54位:大場美奈(5,656票)SKE48 Team KII(SKE48チームKIIキャプテン
第55位:北川綾巴(5,587票)SKE48 Team S(AKB48チーム4兼任)
第58位:惣田紗莉渚(5,356票)SKE48 Team KII
第64位:荒井優希(4,666票)SKE48 Team KII

※兼任メンバーも表記

アップカミングガールズ(65位~80位)

第67位:日高優月(4,441票)SKE48 Team KII
第70位:野口由芽(4,203票)SKE48 Team S
第77位:後藤理沙子(3,535票)SKE48 Team S
第79位:竹内舞(3,426票)SKE48 Team S
第80位:熊崎晴香(3,375票)SKE48 Team E

次点(81位から100位まで)

第85位:木本花音(3,020票)SKE48 Team E
第87位:青木詩織(2,946票)SKE48 Team KII
第89位:斉藤真木子(2,813票)SKE48 Team E
第95位:後藤楽々(2,420票)SKE48 Team E
第99位:宮前杏実(2,305票)SKE48 Team S

以上が、2016年(第8回)のAKB48選抜総選挙での、SKE48メンバーたちの速報順位です。

2016年は、昨年の選抜組である、柴田阿弥さん、松村香織さんが出馬を辞退し、SKE48の中でも変動が見られる選抜総選挙の速報順位となったような印象を受けます。

ここ数年、毎年、圏外からいきなりジャンプアップし、アンダーガールズ、ネクストガールズにランクインするシンデレラ・ガールを輩出しているSKE48。

2013年、須田亜香里さんが選抜入りしたと話題になった裏では、柴田阿弥さんが、17位とあと一歩で選抜入りを逃す位置に圏外から入り込み、世間の話題となりました。

そして、2014年には二村春香さん(34位:ネクストガールズ)、2015年には谷真理佳さん(23位:アンダーガールズ)が圏外から一気にランクインし注目されるように…

そして、2016年、昨年3月にチームKIIに昇格し、まだ1年ちょっとしか経っていない竹内彩姫さんが、速報順位で9位という、とんでもない順位にランクインしています。

竹内彩姫

竹内彩姫

もちろん、これは速報なので、最終結果順位として、この順位に入れる保証はありませんでしたが、例え速報と言えど、このようなところに新星が登場してくることは、なんとも嬉しい話ですよね。

また、一方では、松井珠理奈さんが3位、須田亜香里さんが5位と、速報では支持を受け、その他、柴田阿弥さん松村香織さんが抜けた穴も、HKT48から移籍してきた谷真理佳さんを始めとする次世代のメンバーたちがしっかり埋めていることが分かりました。

これまでも、AKB48に追いつき追い越せの勢いで、選抜総選挙に波乱をもたらしてきたSKE48ですが、2016年も波乱を巻き起こしてくれるのではないかと思えた、選抜総選挙速報順位でしたね。

 

SKE48メンバーの2016年(第8回)選抜総選挙最終結果順位

速報順位では、竹内彩姫さんが突然選抜入りの9位に入るなどの波乱含みも見えていたのですが、その中でも気になるのは松井珠理奈さんと須田亜香里さんの順位ですよね。

松井珠理奈さんは、速報通りに、第6回以降誰も打ち破ることが出来なかった選抜トップ3(指原莉乃さん・渡辺麻友さん・柏木由紀さん)の牙城を崩しトップ3に入ることが出来るのか…

一方、一度選抜落ちという地獄を味わい、本人が言うように、結果を出せなかったことで思うようなアイドル活動が出来ておらず、そんな中、速報5位とリベンジのチャンスが訪れた須田亜香里さんが、再び選抜入りできるのか…

その他にもシンデレラ・ガールの登場も期待され、何かと注目されているSKE48メンバー達のAKB48選抜総選挙ですが、果たして今回は、どのようなドラマが待ち受けているのでしょうか。

では、早速その最終結果順位を見ていきましょう。

2016AKB48選抜総選挙最終順位(SKE48メンバー抜粋)

選抜メンバー(1位~16位)

第3位:松井 珠理奈(112,341票)SKE48 Team S
第7位:須田亜香里(69,159票)SKE48 Team E(SKE48 チームEキャプテン

アンダーガールズ(17位~32位)

第20位:高柳明音(33,176票)SKE48 Team KII
第22位:大場美奈(32,118票)SKE48 Team KII(SKE48チームKIIキャプテン
第29位:古畑奈和(28,553票)SKE48 Team KII
第30位:惣田紗莉渚(28,369票)SKE48 Team KII
第31位:竹内彩姫(28,282票)SKE48 Team KII

ネクストガールズ(33位~48位)

第35位:江籠裕奈(25,963票)SKE48 Team KII

フューチャーガールズ(49位~64位)

第49位:二村春香(20,618票)SKE48 Team S
第54位:竹内舞(19,326票)SKE48 Team S
第55位:谷真理佳(19,274票)SKE48 Team E
第63位:酒井萌衣(15,994票)SKE48 Team E
第64位:北川綾巴(15,793票)SKE48 Team S(AKB48チーム4兼任)

アップカミングガールズ(65位~80位)

第65位:宮前 杏実(15,716票)SKE48 Team S
第67位:熊崎晴香(15,600票)SKE48 Team E
第68位:木本花音(15,057票)SKE48 Team E
第71位:山内鈴蘭(14,550票)SKE48 Team S
第74位:鎌田菜月(13,882票)SKE48 Team E
第75位:佐藤すみれ(13,657票)SKE48 Team E
第79位:日高優月(13,204票)SKE48 Team KII

※兼任メンバーも表記

以上が、2016年(第8回)の選抜総選挙のSKE48メンバーたちの最終順位です。

2016年は、SKE48だけに限らず、全体的にトップ4は速報通りの4名(渡辺麻友さん・指原莉乃さん・松井珠理奈さん・山本彩さん)が入るガチガチの総選挙で、ここに割って入るメンバーは誰一人いませんでした。

そして、松井珠理奈さんは速報通り3位と、上の2人を抜くことは出来ず、取り敢えず昨年と比較してトップ3の一角である柏木由紀さんを抜き、3位に入りることは出来たと言えそうです。

それにしても、指原さんは強すぎた…

2位の渡辺麻友さんとの差でも約7万票も差を付け圧勝でしたし、松井珠理奈さんとは約13万票差もつけられています。

この票数は、元メンバーの大島優子さんが最後に出馬した、第5回(2013)選抜総選挙で獲得した136,503票に近い数字で、その途方も無い差は、壁云々レベルではなく、塔のようにそびえ立つかのような絶対に越えられない壁とでも行った方が良いかもしれません。

本当に、誰もが語っていることですが、指原莉乃さんはある意味モンスターで、一方、松井さんと約6万票差をつけて2位に入った渡辺麻友さんは、第1回選抜総選挙の頃から唯一神7(厳密には5位以内)に入り続けているレジェンド…

この2人を追い抜くことは到底できないと見てもいいくらい、前を走る壁はとてつもなく高いのだと、改めて痛感させられた2016年のSKE48としての選抜総選挙だったような気がします。

ただ、SKE48メンバーにとっては明るい結果もあり、須田亜香里さんが速報から2つ順位を落としたものの、初めて神7入りしましたし、速報9位だった竹内彩姫さんも、31位と大きく順位を落としたものの、なんとかアンダーガールズに入ることが出来ました。

須田亜香里

須田亜香里

順位を落としたと言っても速報から落としているだけに過ぎず、最終結果としては、昨年まで圏外だったわけですから、いきなり31位に入ったことは大したものだと思います。

残念ながら第1党(圏内(80位以内)にランクインした数)としては、再びAKB48に抜かれ、選抜入りも出馬辞退したメンバー(柴田阿弥さん・松村香織さん)もいるので2人に減ってしまい、少し寂しい結果になってしまいました。

そして、再び選抜入りでき喜ぶ須田亜香里さんの裏側では、昨年、須田さんが味わったかのように、20位に落ちて選抜入りをのがした高柳明音さんの姿も見え、やはり天国と地獄が分かれた2016年選抜総選挙となったような気がします。

ただ、それでもまだまだSKE48の勢いは凄まじく、AKB48 を脅かす筆頭は、SKE48だろうと、今回の総選挙で感じさせてくれましたね。

来年以降も上位はそれほど変動しないとしても、中位以降で波乱が起きてもおかしくないでしょうし、いろんな意味で、ここからの1年がまた楽しみになりました。

高柳明音さん、大場美奈さん、古畑奈和さんと、おなじみのメンバーと共に、2013年の第1回AKB48グループ ドラフト会議で、5巡目指名を受け加入となった惣田紗莉渚さん、速報で9位に入り楽しみを与えてくれた竹内彩姫さんが入ったアンダーガールズ…

彼女たちも来年以降が非常に楽しみですし、きっと来年、SKE48が選抜総選挙の嵐を巻き起こしてくれると期待しています。

 

SKE48の2016年(第8回)選抜総選挙の総括

松井珠理奈

松井珠理奈

松井玲奈さんがSKE48を卒業したことで完全にグループの顔となり、これまでの兼任も解除し、SKE48を牽引する立場となった松井珠理奈さん。

彼女にかかる重責はとてつもなく大きく、やはり、彼女には、トップ3(指原莉乃さん・渡辺麻友さん・柏木由紀さん)の牙城を崩して欲しいと、SKE48のファンが誰しも願っていることではないでしょうか。

松井さんも常に1位を狙っていて、これまで、神7に入り続けていながらも、その牙城を崩し切れずに悔しい思いをずっとしてきました。

そして昨年も1位宣言を高らかに掲げてくれた中で迎えた選抜総選挙…

確かに、その宣言どおりの結果とはなりませんでしたが、昨年の5位から二つ順位を上げ過去最高の3位に入り、センターまで後2歩というところまでようやくたどり着きました。

もちろん、ここから先の壁は果てしなく高くて、険しい道程になることに違いありません。

しかし、まだまだ5年はSKE48を続けていくということですし、きっと彼女なら、その壁を突破してくれることと期待しています。

さて、その他にもSKE48メンバー他としての、2016年の選抜総選挙は実に見どころ満載で、須田亜香里さんが、1度選抜落ちという地獄を経験してからの巻き返し(7位ランクイン)も見られましたし、その他も若い世代のメンバーたちが続々ランクインしてきました。

さすがに今回は、出馬辞退した2人のこともあり、選抜枠から2枠減ってしまいましたが、また新たなメンバーたちが、この枠に滑り込んで、SKE48としての選抜総選挙を盛り上げてくれることと思います。

そして、再び、圏内のメンバー数がAKB48より上回り、SKE48 が第1党と呼ばれる日が訪れてくれることを願っています。

 

まとめ

松井珠理奈さん、須田亜香里さんなど、一部のSKE48メンバーにとっては、まさに一歩前進となった今回の選抜総選挙。

もちろん、その裏では、選抜から落ちてしまったメンバーなど、涙を流し、悔しい想いを募らせるメンバーもいたことと思いますが、決してここが終わりというわけではありません。

AKBドラフトから一気に注目され始めている惣田紗莉渚さんや、速報で9位に入るという衝撃を与えてくれた竹内彩姫さんなど、期待の若手も台頭し、これからもSKE48は走り続けます。

松井さんのセンターも期待していますが、SKE48全体でAKBグループの頂点に立てるよう、名古屋を軸にそれぞれがファンたちを賑わせて欲しいと願っています。

選抜総選挙の記事はコチラもよく読まれています!

AKB48選抜総選挙2016(第8回)の速報と最終順位結果一覧まとめ

NMB48の選抜総選挙2016(第8回)の速報・最終順位・得票数の結果一覧

HKT48の選抜総選挙2016(第8回)の速報・最終順位・得票数の結果一覧

AKB48第8回選抜総選挙2016順位速報!指原莉乃か渡辺麻友か?

NGT48の選抜総選挙2016(第8回)の速報・最終順位・得票数の結果一覧

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-AKB