星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

AKB

SKE48選抜総選挙2017(第9回)の最終結果順位と得票数一覧をチェック

更新日

松井珠理奈さんをエースとして、一時は、圏内(80位以内)入りしたメンバー数でAKB48を上回り、第一党となりました。

ただ、着実に世代交代の波は押し寄せ、再び第一党をAKB48に奪われてしまったSKE48。

そんな彼女たちが迎えた2017年のAKB48選抜総選挙(第9回)。

果たして、松井珠理奈さんの指原莉乃さん・渡辺麻友さん超えは達成できるのか。

また、他のメンバーの飛躍は見られるのか。

その結果を気にしている人は多いと思います。

そこで本記事で、SKE48メンバーに焦点を当てながら、2017年の選抜総選挙の速報順位・最終結果順位・得票数を紹介し、総括していきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

SKE48メンバーの2017年(第9回)の選抜総選挙速報順位

小学生時代から活動し、絶対的エースとして牽引し続けるメンバー松井珠理奈さん。

彼女を筆頭に、須田亜香里さん、高柳明音さんなど、数々のメンバーが活躍し続けるアイドルグループSKE48。

愛知(栄)を拠点としたAKB48の姉妹グループとして誕生したSKE48が、本家AKB48と肩を並べるまでの大きなアイドルグループへと進化したことは実に頼もしい話です。

それも地元・愛知のファンと共に成長し続けてきた一つの形なのだろうと思います。

さて、そんなSKE48にとっての選抜総選挙は、それぞれのメンバーが選抜入りを目指して戦う一つの舞台だとは思います。

しかし、それ以上に

『SKE48が第一党を獲る』

という気持ちのこもった舞台であると筆者は考えています。

とくに、絶対的エースである松井珠理奈さんにとっては、2017年、選抜総選挙ラストとなる指原莉乃さん(HKT48・STU48兼任)・渡辺麻友さん(AKB48)という絶対的ライバルに勝つことができるラストチャンス。

気持ちの入れようは、今までと違っていたと思います。

また、他のメンバーにとっても、2016年の選抜入りメンバーのうち六人が卒業及び出馬辞退しています。

(山本彩さん、柏木由紀さん、島崎遥香さん、兒玉遥さん、武藤十夢さん、小嶋陽菜さん)

ここは空席に入る絶好のチャンスと、いつも以上に気合が入っていることでしょう。

では、速報順位をおさらいしてみたいと思います。

2017年(第9回)AKB48選抜総選挙速報順位(SKE48メンバー抜粋)

選抜メンバー(1位~16位)

2位:松井珠理奈(チームS)獲得票数:34,641
6位:須田亜香里(チームE)獲得票数:24,947

アンダーガールズ(17位~32位)

18位:竹内彩姫(チームKII)獲得票数11,127
22位:後藤楽々(チームE)獲得票数:10,489
32位:鎌田菜月(チームE)獲得票数:8,312

ネクストガールズ(33位~48位)

36位:髙畑結希(チームE)獲得票数:7,302
38位:荒井優希(チームKII)獲得票数:6,984
40位:古畑奈和(チームKII)獲得票数:6,954
42位:小畑優奈(チームKII)獲得票数:6,785
43位:熊崎晴香(チームE)獲得票数:6,753
46位:青木詩織(チームKII)獲得票数:6,516

フューチャーガールズ(49位~64位)

53位:内山命(チームKII)獲得票数:5,612
54位:谷真理佳(チームE)獲得票数:5,594
56位:高柳明音(チームKII)獲得票数:5,523
57位:一色嶺奈(チームS)獲得票数:5,393
62位:惣田紗莉渚(チームKII)獲得票数:5,159
64位:井田玲音名(チームE)獲得票数:5,148

アップカミングガールズ(65位~80位)

67位:北川綾巴(チームS)獲得票数:4,972
73位:大場美奈(チームKII)獲得票数:4,692

次点(81位から100位まで)

85位:日高優月(チームKII)獲得票数:4,388
86位:高木由麻奈(チームKII)獲得票数:4,324
87位:市野成美(チームE)獲得票数:4,290
91位:松村香織(チームKII)獲得票数:4,111
99位:末永桜花(チームE)獲得票数:3,682

以上が、2017年(第9回)のAKB48選抜総選挙での、SKE48メンバーたちの速報順位です。

今回の選抜総選挙の速報順位を見ていくと、松井珠理奈さんが、指原莉乃さん・渡辺麻友さんを抜いて2位に入ったとは喜ばしいことです。

ただ、その他のメンバーを見ていくと、シビアな速報順位となっていて、選抜入りの残りのメンバーは須田亜香里さんのみ…。

もちろん、これは速報順位なので、ここから巻き返しは可能です。

しかも、SKE48は、ここ数年、毎年圏外からいきなりジャンプアップし、アンダーガールズ、ネクストガールズにランクインするシンデレラ・ガールを輩出させる実績もあります。

このままでは、せっかくのチャンスを逃してしまう寂しい選抜総選挙となってしまいそう…。

ちなみに、速報順位では、アンダーガールズ以降の順位で、一番選抜入りに近い位置にランクインしているのが竹内彩姫さんです。

果たして、竹内彩姫さんは、選抜入りを果たすことができるのか…。

一方、松井珠理奈さんは、指原莉乃さん・渡辺麻友さんという大きな壁を追い越す事ができるのか…。

 

SKE48メンバーの2017年(第9回)選抜総選挙最終結果順位

速報順位では、松井珠理奈さんの2位を除くと、厳しい結果となってしまった印象のSKE48。

それでも多くのシンデレラガールを輩出し続けてきた実績があるSKE48ですから、大どんでん返しも、大いに期待はできるでしょう。

さすがに松井珠理奈さんと須田亜香里さんの神セブン入りは、ほぼ安泰だと思います。

ただ、彼女たち以外のメンバーがどこまで選抜入りを果たすのか、そこは非常に気になるところです。

では、その最終結果順位を見ていきましょう。

2017年(第9回)AKB48選抜総選挙最終結果順位(SKE48メンバー抜粋)

選抜メンバー(1位~16位)

3位:松井珠理奈(チームS)獲得票数:113,615

松井珠理奈

6位:須田亜香里(チームE)獲得票数:63,124

須田亜香里

8位:惣田紗莉渚(チームKII)獲得票数:52,475

惣田紗莉渚

14位:古畑奈和(チームKII)獲得票数:40,202

古畑奈和

15位:高柳明音(チームKII)獲得票数:38,576

高柳明音

アンダーガールズ(17位~32位)

18位:松村香織(チームKII)獲得票数:34,977

松村香織

22位:大矢真那(チームS)獲得票数:30,236

大矢真那

26位:大場美奈(チームKII)獲得票数:28,554

大場美奈

ネクストガールズ(33位~48位)

36位:江籠裕奈(チームKII)獲得票数:25,731

江籠裕奈

44位:鎌田菜月(チームE)獲得票数:24,108

鎌田菜月

46位:後藤楽々(チームE)獲得票数:23,225

後藤楽々

フューチャーガールズ(49位~64位)

56位:竹内彩姫(チームKII)獲得票数:19,919

竹内彩姫

58位:荒井優希(チームKII)獲得票数:19,467

荒井優希

63位:熊崎晴香(チームE)獲得票数:18,299

熊崎晴香

64位:北川綾巴(チームS)獲得票数:18,052

北川綾巴

アップカミングガールズ(65位~80位)

66位:谷真理佳(チームE)獲得票数:17,744

谷真理佳

68位:佐藤すみれ(チームE)獲得票数:17,320

佐藤すみれ

72位:小畑優奈(チームKII)獲得票数:16,511

小畑優奈

78位:高畑結希(チームE)獲得票数:15,804

高畑結希

以上が、2017年(第9回)の選抜総選挙のSKE48メンバーたちの最終結果順位です。

2017年の選抜総選挙では、空席が多数できたことで、惣田紗莉渚さんが8位、古畑奈和さんが14位、高柳明音さんが15位と、それぞれ選抜入りを果たしています。

そして、選抜入りメンバーのみで見れば、五人のメンバーが選抜入りしているので第一党という風に見えがちです。

しかし、アンダーガールズ以降、上位メンバーに続くことができず、AKB48に第一党の座を奪われた印象が伺えますね。

そういう意味では、明暗がくっきり分かれた選抜総選挙と言えそうです。

そして、やはり予想はしていたのですが、松井珠理奈さんが、指原莉乃さん・渡辺麻友さんに勝つことは、最後までできませんでした。

彼女自身、相当悔しかったのか、

「来年もう一回戦わせて欲しい!」

と、ステージでのスピーチで、まだ呼ばれていない二人に対してスピーチされていましたよね。

指原莉乃さんは『無理!』とジェスチャーしていましたし、渡辺麻友さんはAKB48を卒業すると発表しているので、その夢が実現することは、もう二度とありません。

ただ、過去の選抜総選挙での対決も含めて、これまでの経験は絶対に活かされていくはずです。

2018年以降の選抜総選挙は、松井珠理奈さんが間違いなくセンター(第1位)候補の一角になりうる存在として参加していくでしょう。

ぜひ2018年、念願の選抜総選挙で頂点に立ってくれることを期待したいものです。

 

一方、2016年より一つ順位を上げ、再び神セブン入りを果たした須田亜香里さんにも注目したいです。

須田亜香里さんは、一度選抜入りしながらも、2015年の選抜総選挙で選抜から落ちてしまい、その時の悔しさを胸にリベンジを果たしたメンバー。

今では、SKE48になくてはならない中心メンバーとなっています。

渡辺麻友さん・指原莉乃さんが抜ける2018年以降の選抜総選挙となれば、SKE48だけでなく、AKB48グループ全体の中でも中心となりうる存在です。

彼女には松井珠理奈さん同様、神セブン常連メンバーとして活躍を期待したいところです。

また、須田亜香里さん同様、選抜落ちから這い上がってきた高柳明音さん。

今回、初の選抜入りとなった、惣田紗莉渚さん、古畑奈和さん。

彼女たちを中心に、多くのメンバーが、選抜常連組として、栄光を手にして欲しいと思います。

ちなみに、筆者個人としては、次世代の代表として、

竹内彩姫さん

に期待したい気持ちがあります。

残念ながら2017年は、速報18位ながらも、最終結果順位で56位と大きく沈んでしまいました。

2018年こそは、選抜入りを果たしてくれると信じています。

そして、本記事で名前を挙げたメンバーを軸に、SKE48がAKB48グループの第一党となることを期待しています。

スポンサーリンク

アドセンス

SKE48の2017年(第9回)選抜総選挙の総括

SKE48メンバーにとっての2017年の選抜総選挙の目玉は、やはり松井珠理奈さんの動向にあったといえるでしょう。

2016年に3位になるも、それでも指原莉乃さんの前人未到の2連覇を前に大差を付けられ、渡辺麻友さんの牙城をも切り崩すことができなかった悔しさ。

それは計り知れないものがあったと思います。

その悔しさを胸に秘め、挑んだ今回の選抜総選挙でしたが、残念ながら2017年も3位という結果。

またしても悔しさだけが残った選抜総選挙となったのではないでしょうか。

しかし、それでも彼女は、悔しさをにじませながらも元気で明るく振る舞い、スピーチでファンを笑顔にしてくれていました。

まさに、SKE48の明るさの象徴となってくれているような気がします。

松井珠理奈さんに、トップ2(指原莉乃さん・渡辺麻友さん)の牙城を崩して欲しいと、SKE48のファンが誰しも願っていたことと思います。

残念ながら、それは叶わぬ夢として散ってしまいました。

しかし2018年、指原莉乃さん・渡辺麻友さんが選抜総選挙に出ないことで、確実に1位への期待はふくらんでいると思います。

おそらく、2018年の選抜総選挙は、松井珠理奈vs宮脇咲良というライバル対決がカギになっていくことでしょう。

当然、SKE48ファンとしては、松井珠理奈さんに勝って欲しいと思っているはずです。

ただし、そこで終わりではなく、彼女に続くメンバーが現れていくことを何よりも期待しているはずです。

そういう意味合いでは、今回選抜入りを果たした他の4名(須田亜香里さん、古畑奈和さん、惣田紗莉渚さん、高柳明音さん)にかかる期待値は高まっていくことでしょう。

松井珠理奈さんと、この4名を軸に、そしてさらなる若い世代が飛躍しつつ、2018年こそは、AKB48より圏内入りのメンバーの数が上回り、

SKE48 が第1党

と呼ばれる日が訪れることを期待しましょう。

そして、NGT48メンバーが旋風を巻き起こしたように、SKE48メンバーから、再びシンデレラガールが誕生することを期待したいものですね。

 

まとめ

2017年も神セブン入りを果たし、AKB48メンバーとしても中心的存在になっている松井珠理奈さん、須田亜香里さん。

彼女たちを軸に、2017年の選抜総選挙(第9回)では、安定した結果をもたらしているSKE48 。

しかし、2017年に限って言えば、いつも見られるシンデレラガール(圏外からいきなり飛び出てくるような若手メンバー)は誕生していません。

勢いだけで見れば、完全にNGT48に持って行かれた印象です。

また、結局は指原莉乃・渡辺麻友という大きな壁を切り崩すことができず、悔しい選抜総選挙となってしまったことも事実。

それだけに、2018年こそはSKE48が第一党と言われる結果を出して欲しいと、選抜総選挙での奮起を期待したいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-AKB